クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ハルカの陶 関連記事

  • 奈緒、映画『ハルカの陶』公開記念舞台あいさつに登場

    奈緒、“特別な劇場”で初主演映画上映に「とても幸せな気持ちです」

    映画

     女優の奈緒が1日、東京・渋谷のユーロスペースで行われた映画『ハルカの陶』公開記念舞台あいさつに出席。初主演映画がこの地で公開されたことに感慨深い表情を浮かべていた。イベントには村上淳、笹野高史、末次成人監督、主題歌を担当したサボテン高水春菜も登壇した。@@cutter 本作は、第13回岡山芸術文化賞功労賞を受賞した陶芸コミックを実写映画化。東京のOL人生から抜け出し、岡山県備前市で陶芸に情熱を燃やす主人公・小山はるか(奈緒)らの姿を活写する。    奈緒は観客で埋め尽くされた劇場を見渡すと「この映画館には思い入れがありました」と語り出す。およそ3年前、作品撮りで、ユーロスペースを訪れたという奈緒は、劇場で自分が好きな映画を観ている姿を撮影してもらったという。そのとき「自分が出演している作品がいつかユーロスペースで上映されたらいいな」と思っていたというと「それがいま叶ったんだなと思うと、とても幸せな気持ちです」と感慨深い表情を浮かべていた。    そんな奈緒が今後挑戦したいことが「バンジージャンプ」だという。その理由を「いまありがたいことにお仕事が充実しているため、なかなかマネージャーさんとお話する時間が少なくなってきているんです。絆を深めるために、バンジーをやりたい」と説明。村上は「バンジーならバリがすごいらしいよ」と助言すると、奈緒は「えー海外ならマネージャーさんじゃなくて友達と行きたいです!」と発言し、客席を笑わせていた。    挑戦について聞かれた村上は「僕はいま46歳なのですが、50歳までには映画監督をしたい。この劇場の音響、スクリーン、椅子……すべてが僕の基準。歴史あるユーロスペースで上映してもらえるような映画を作りたい」と熱い思いを吐露すると、奈緒は「私も出たいです」とおねだりしていた。

  • 奈緒

    奈緒、取材時に見せた透明感あふれる笑顔【写真特集】

    映画

     透明感あふれる――ありきたりだが、そう形容したくなるほどピュアな輝きを見せる女優の奈緒。『ハルカの陶』で映画初主演を果たす彼女にインタビューをおこなった10月の朝。街が動き出す前の澄み切った空気の中、自然な笑顔を見せた奈緒の写真を紹介したい。@@cutter この日、舞台の稽古期間中だった奈緒は、稽古が始まる前の朝早くから、インタビューに応じてくれた。地元・福岡で暮らしていた頃に芝居と出合い、オーディションやワークショップに参加しながら、がむしゃらに女優を目指した日々を語った奈緒。それは女優への強い思いを持った人の言葉だった。 @@insert1  インタビューが終わると撮影へ。天気も良かったので、外で撮影をおこなうことに。草木の多いロケーションを生かし、緑をバックに撮らせてもらう。彼女のパープルの洋服と緑のコントラストが、なんとも鮮やかだ。柔らかな笑顔を見せながらも、大きく口を開けて笑う瞬間もあった。 @@insert2  撮影中、突如強い風が吹き、ロングヘアがなびく。その瞬間を捉えようと、カメラマンが急いでシャッターを切った。 @@insert3 @@insert4  最後にはすぐ近くの川沿いへ移動。水面が輝く中で、屈託のない笑顔をカメラに向ける奈緒を収め、撮影を終える。写真撮影は数分だったが、その間もずっと、まわりを明るくさせるような自然な笑顔を見せてくれた奈緒だった。 @@insert5  本記事では、インタビュー記事のアザーカットを多数掲載中。(【写真特集】のリンクより見られます)。(写真:高野広美)

  • 奈緒

    奈緒、不遇の時期に受けた厳しい言葉「選ばれていない人間なんだ」

    映画

     今年のブレイク女優を語る上で欠かせない存在となったのが、ドラマ『あなたの番です』でヤバイ女“尾野ちゃん”を怪演した奈緒。『ハルカの陶』では、夢に向かって奮闘する女性として映画初主演を果たす。2019年は「自分のやりたかったことが叶った年」という彼女だが、開花するまでには、なかなかオーディションの結果も出ずに不遇の時期も過ごした。そんなときに背中を押してくれたのは、恩人からの厳しい言葉だった。@@cutter◇初めて芝居に出合ったとき「涙が出てしまった」 @@insert1  『ハルカの陶』は、「第13回岡山芸術文化賞功労賞」を受賞したコミックを映画化したもの。東京でOL生活をしていたハルカが備前焼と出合い、職人に弟子入り志願。備前焼作りの夢へと突き進む姿を描く。  オール岡山ロケで撮影が行われ「備前焼の先生も『奈緒さんの初主演映画がこの作品だなんてうれしい』と言ってくださって」と地元の人々にも支えられながら、映画初主演を担った奈緒。「やっぱり主演のあり方次第で現場が明るくなったりするのかなと思うんです。私はこれまでたくましい主演の方たちの背中をたくさん見させていただいてきました」というが、中でも大きな刺激をくれたのは、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で共演した永野芽郁。「たくさんの先輩がいる中で、芽郁ちゃんは主演として大きな重圧を背負いながらも、長い期間を走り抜けていた。芽郁ちゃんの姿を思い出すといつも元気と勇気が湧いてきます」と笑顔を浮かべる。 @@insert2  演じたハルカは、備前焼の大皿を見かけたことをきっかけに、新たな道を歩み始める女性。その猪突猛進ぶりには大いに共感できたそうで、「私にとっての大皿は、お芝居。私もハルカとまったく同じ思いだったのでものすごく共感できた」と述懐。「福岡でスカウトをしていただいてこの世界に入ったんですが、モデルやリポーターなどいろいろなお仕事をやらせていただきました。そんな中、初めてお芝居のレッスンを受けたときに『これはなんだろう。分からないことがたくさんある。やりたい!』と思ったら、涙が出てきてしまって」と理屈ではない衝動が湧き上がってきたという。 ◇選ばれなかった子 @@insert3  それからは女優への道をがむしゃらに目指した。「母の反対を押し切ってまでやりたいと思いました。それまでの私は母を安心させることが一番だと思っていたんです。不安定で安心の対極にあるようなお仕事なのに、『このお芝居への思いは手放してはいけない』『ここまで突き動かされる理由は何か知りたい』という思いが抑えられなかった」。オーディションやワークショップへの参加を重ねて修行を積んだが、その期間は「怒られることが多かった」という。  そんな日々に心が折れそうになったことはないだろうか?「ものすごくへこみますよ! でも次の日にはちょっと強くなっている自分がいたりして。1年前、2年前と振り返ってみても、今の自分はずいぶん強くなっているなと思うので、へこむごとに強くなっているんじゃないかな」と笑うが、その中でも最も強烈だった一言があるとか。 @@insert4  「まだ福岡にいる10代の頃、グ・スーヨン監督のワークショップをお手伝いさせていただいたんですが、監督から『奈緒ちゃんは、この年齢で今ここにいるということは、“選ばれていない人間”なんだ。それを知っておかなければいけないし、もしチヤホヤされたいだけだったら辞めた方がいいよ』と言われて。ものすごくショックを受けました。でもその瞬間、私も自分の状況に気づけた。チヤホヤされたいわけではない、改めて頑張りたいと思った。あの厳しい言葉があったから、今も自分を叱りながら前に進んでいけるんです。それからも監督とはずっと仲良くさせていただいて、いつも頑張れよと背中を押し続けてくれる存在。大きな出会いでした」と恩人への感謝をあふれさせる。@@separator◇『あな番』の尾野ちゃんへの反響は「プレッシャーにはなりません」 @@insert5  「お芝居のことをもっと知りたい」という探究心が一番のエネルギーになるという奈緒。どんなにへこんでもその情熱は消えず、今年のブレイクへと結実した。『あなたの番です』の“尾野ちゃん”については、「役名で声をかけていただくようになって! 尾野ちゃんは予想のつかない人間だったので、“(犯人だと)疑っている”というメッセージが来たと思うと、だんだん応援してくれる方が増えてきたり。尾野ちゃんは、一緒に戦った親友のような人。その人が好かれたり、嫌われたりといろいろな反応をいただけるのは、役者として多くのやりがいを感じました」としみじみ。  「尾野ちゃんは、これからの励み。反響はプレッシャーにはなりません」とキッパリと語り、「これからも人がやっている意味が伝わるような、温かみのあるお仕事をしていきたい」と柔らかなほほ笑みの中に、強い意志をのぞかせる。苦労を経て手にした女優への思いは本物。奈緒がこれからもたくさんの足跡を残していくことだろう。(取材・文:成田おり枝 写真:高野広美)  映画『ハルカの陶』はイオンシネマ岡山にて先行公開中。11月30日より全国公開。

  • 奈緒、イオンシネマ岡山『ハルカの陶』舞台挨拶に登場

    奈緒にまっすぐ見つめられ…村上淳「かわいすぎるので離れてください」

    映画

     女優の奈緒が25日、岡山市内で行われた初主演映画『ハルカの陶』の先行公開舞台挨拶に登壇。奈緒と本作で共演した俳優の村上淳がユーモラスなやりとりをする一幕があった。@@cutter 映画『ハルカの陶』は、「週刊漫画TIMES」(芳文社)にて連載され、「第13回岡山芸術文化賞功労賞」を受賞した同名コミック(作:ディスク・ふらい/画:西崎泰正)を実写化。備前焼の魅力と、その土地に生きる人々の夢と情熱を描いていく。  オール岡山ロケで製作されたことから、25日から全国公開に先駆けて岡山で先行公開がスタート。この日の舞台挨拶には奈緒をはじめ、共演の村上、女優の八木景子、主題歌を手がけたサボテン高木春菜、本作のメガホンをとった末次成人監督が出席。  奈緒は観客に向かって「1年前の今頃、岡山県で撮影された作品なので、ここ岡山で初日を迎えられて本当に胸がいっぱいです」と感無量の表情で挨拶。そして映画初主演という本作のオファーが来た時の感想を聞かれると「モチーフが備前焼だったので“伝統の重み”という点にプレッシャーを感じました。でも、現場での立ち振る舞い方や空気の作り方など、この映画でたくさんの事を学ばせていただきました」とコメントした。  MCから初主演を務めた奈緒の演技について質問された村上。彼が褒めようとすると、奈緒がまっすぐな瞳で迫り「わたしの演技どうでしたか?」と一言。近い距離で見つめられた村上は「かわいすぎるので離れてください」と戸惑いつつも「見応えのある演技で、見ていて一瞬も飽きない。素晴らしい」と太鼓判。ふたりのやりとりを受けて末次監督は「キャスト全員、芝居のやり合い、演技合戦がすばらしかった」と嬉しそうに撮影を振り返った。今度はそんな監督の言葉を聞いた村上が「僕の演技はどうでした?」と尋ねると、会場からは笑いが起こっていた。  映画『ハルカの陶』はイオンシネマ岡山にて先行公開中。11月30日より全国順次公開。

  • 映画『ハルカの陶』ビジュアル

    奈緒、備前焼の世界に魅了される 主演映画『ハルカの陶』予告編解禁

    映画

     女優の奈緒が映画初主演を務める『ハルカの陶(すえ)』より、予告編と場面写真が解禁された。予告編は本物の窯を使った迫力ある鎌たきや、陶芸に魅了されるヒロイン・はるかを演じる奈緒のはつらつとした演技が存分に映し出された映像となっている。@@cutter 本作は、「週刊漫画TIMES」(芳文社)にて連載され、「第13回岡山芸術文化賞功労賞」を受賞した同名コミック(作:ディスク・ふらい/画:西崎泰正)を実写化。備前焼の魅力と、その土地に生きる人々の夢と情熱を、重要無形文化財保持者や備前焼陶友会による全面協力のもと描く。  NHK連続テレビ小説『半分、青い。』やドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)に出演した奈緒が、東京でのOL人生を一変させ備前焼作りという夢に向かって奮闘するヒロインを演じるほか、平山浩行、笹野高史、村上淳など実力派俳優が脇を固める。  日々を淡々と過ごしていた小山はるか(奈緒)は、デパートの展示でふと目にした大皿に強く引かれ、備前焼を知った。仕事中も休日も気付けば備前焼のことばかり考えていたはるかは、言葉にできない感動を胸に岡山県備前市へ。意気揚々と大皿の作者を訪ねるも、目の前に現れたのは頑固でぶっきらぼう、職人気質な修(平山)だった。ただ一人でろくろに向かう修を見て備前焼への興味はより強くなり、勢いのままに弟子入りを志願するも相手にしてもらえないはるかだったが、見兼ねた人間国宝の陶人(笹野)が間を取り持ち、“修行見習い”の日々がスタートする。一方、気鋭の作家として陶芸に向き合い続ける修には亡き父との約束があった…。  予告編は、備前市を訪ねたはるかが修の作陶を目の当たりにし、人の手によって土が形作られていく様に釘付けになるシーンから始まる。感動を抑えきれず「弟子にしてください!」と真っすぐな瞳で懇願するはるか。主人公を取り巻く個性豊かなキャラクターたちも登場する。  はるかに向かって「備前を作るんは、土、火、そして人じゃ」と備前焼の魅力を教える人間国宝の陶人、「ぎょうさんの人とつながって、備前焼こさえい」と語る修の父の生前の姿も映し出されるなど、備前焼に魅せられ、伝統をつなぐ人々が描かれる。  映画『ハルカの陶』はイオンシネマ岡山にて10月25日より先行公開。11月30日より全国公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access