チャイルド・プレイ 関連記事

  • 着々と進んでいる 『チャイルド・プレイ』テレビドラマ企画

    『チャイルド・プレイ』、テレビシリーズ化が始動

    海外ドラマ

     連続殺人鬼の魂が宿った人形チャッキーが、人間を殺しまくる異色ホラー『チャイルド・プレイ』シリーズ。オリジナルシリーズのドン・マンシーニ氏とデヴィッド・カーシュナー氏が、ドラマ企画を進めていると昨年辺りか、伝えられていたが、米SyFy局がテレビドラマ版の権利を獲得したという。@@cutter Deadlineによると、マンシーニ氏が映画シリーズに引き続き、脚本を担当するという。SyFy局はもともとSFドラマを中心に制作していたが、ホラーにも積極的とのこと。マンシーニ氏は同局で2016年から2018年に放送されたホラー・ミステリーシリーズ『Channel ZERO:キャンドル・コーヴ』に脚本・製作として参加していた。  ドラマ版の設定やあらすじ、キャストなどの詳細は不明。SyFy局のビル・マックゴールドリック社長は「チャッキーのようなアイコニックなキャラクターを扱うドラマを、そのキャラクターの生みの親と製作できるなんてことは滅多にありません。ドン、デヴィッド、ニック(・アントスカ)と共に血と汗と、さらなる血を注いで、チャッキーの物語をテレビで展開することを楽しみにしています」と、ドラマシリーズにかける意気込みを語った。    マンシーニ氏はオリジナルシリーズに忠実でありつつ、「新たな解釈でチャッキーというキャラクターを、ドラマだからこそできるユニークな形で掘り下げていく」とコメントしている。

  • 『チャイルド・プレイ』リブート版の殺人人形は殺人鬼の魂ではなくプログラミングの問題!?

    『チャイルド・プレイ』再映画化、新しい殺人人形は現代的な“欠陥品”

    映画

     殺人鬼の魂を受け継いだ人形が人間に襲いかかる恐怖を描く人気ホラーシリーズ『チャイルド・プレイ』。米大手スタジオのMGMがリメイク企画を進めていると報じられていたが、今度の人形には大きな変更点があるという。@@cutter オリジナル版では逃亡中の殺人鬼が死ぬ直前に逃げ込んだ玩具店で、ブードゥー教のまじないを使って人形に自分の魂を移す。しかし、ComicBook.comによると、新しいチャッキーは“欠陥品”の人形で「プログラミング・コードがハッキングされたため、知識の習得や暴力化に制限がなくなり」、殺人人形と化すらしい。現代的な要素を取り入れて、人形は人工知能的なものを有するか、人間の指示を聞き入れるタイプのものになるようだ。  ほかの登場人物には、「リプログラミングを行って、人形の制限を解いた直後に自殺する中国系の工業の従業員」も登場するとのことだ。  同企画はヒットホラー『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のデヴィッド・カッチェンバーグと、セス・グレアム=スミスが製作。ノルウェー出身の監督ラース・クレヴバーグが、メガホンを取ると報じられている。  特筆すべき点は、ドン・マンシーニやデヴィッド・カーシュナーが製作を務めるオリジナルシリーズが続く可能性があることだ。次回作とテレビシリーズの企画が動いていると報じられている。つまり、オリジナルシリーズが続く中で、リブート版が公開される可能性があるという。

  • 『チャイルド・プレイ』のドラマ企画が進行中(映画『チャイルド・プレイ』より)

    殺人人形チャッキーの恐怖を描くホラー『チャイルド・プレイ』、ドラマ企画が浮上

    海外ドラマ

     凶悪犯の魂が宿る人形チャッキーが人間の命を狙う1988年のホラー映画『チャイルド・プレイ』。原案&脚本を担当したドン・マンシーニと製作のデヴィッド・カーシュナーが、テレビドラマ企画を進めているという。@@cutter トム・ホランド監督がメガホンを取った1作目の『チャイルド・プレイ』は、シングルマザーと幼い息子アンディがチャッキー人形に襲われる恐怖を描き、世界的に大ヒットした。以後、続編『チャイルド・プレイ2』(90)からシリーズ最新作の『チャイルド・プレイ ~チャッキーの狂気病棟~』(劇場未公開・17)まで7作品が製作され、マンシーニは2004年の5作目『チャイルド・プレイ/チャッキーの種』から、同シリーズの監督も務めている。  マンシーニはBloody Disgustingとのインタビューで、カーシュナーと共に『チャイルド・プレイ』ドラマ版の企画を進めていることを明かし、「意図的にシリーズ最新作のフィナーレから続く構成にしてある」「全体のトーンはダークで不穏だ」と語っているという。  ドラマ版のタイトルにも『チャイルド・プレイ』を使う予定で、「かつてないほどダークな内容で攻めるつもりだ。非常に不気味なドラマになる」とドラマの方向性について語る。また、映画シリーズを通じてチャッキーの声を努めた俳優ブラッド・ドゥーリフが、ドラマ版でもチャッキーの声を担当するという。ドラマ版は現在、1話1時間の8話構成で進めているとのこと。

  • 『チャイルド・プレイ DVDコンプリート・コレクション』

    祝30周年!チャッキー is Back『チャイルド・プレイ~チャッキーの狂気病棟~』発売

    映画

     大ヒットホラー・シリーズ『チャイルド・プレイ』の30周年記念最新作『チャイルド・プレイ~チャッキーの狂気病棟~』のブルーレイ+DVDセットが、11月8日に発売されることが決定した。また、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにチャッキーのアトラクション「チャッキーの狂気病棟」が登場することも発表された。@@cutter 1988年に第1作目『チャイルド・プレイ』が公開されてから、『チャイルド・プレイ』および『チャッキー』シリーズは、世界中でファンを抱える定番の人気ホラー・ブランドとなった。前作の日本版トレーラーが、再生回数100万回を突破するほどの人気ぶりで話題を呼んだことも記憶に新しい。  そんなシリーズの最新作『チャイルド・プレイ~チャッキーの狂気病棟~』では、チャッキーとの闘いの後に精神科病院に入院したニカ(フィオナ・ドゥーリフ)が病院で治療を受けていたものの、精神科医がセラピーでチャッキー人形(CV:ブラッド・ドゥーリフ)を使い始めたことから事態が急変。ピンチに陥ったニカは、チャッキーのことを知るアンディ(アレックス・ヴィンセント)と共にチャッキー、そして花嫁のティファニー(ジェニファー・ティリー)と壮絶な闘いを始める。  解禁されたブルーレイのジャケット写真には、ボーダーシャツにオーバーオールをまとった赤毛のチャッキーが、笑顔を浮かべながら注射器を持つ不気味な姿が収められている。30年近くに渡りホラー映画の定番キャラクターとして人気を博してきたチャッキーは、本作ではどんな恐怖を見せてくれるのか。チャッキーの暴れっぷりに期待したい。    映画『チャイルド・プレイ~チャッキーの狂気病棟~ ブルーレイ+DVDセット』は11月8日発売。価格は3990円(税別)。レンタルも同時リリース。

  • ドン・マンシーニ監督が『チャイルド・プレイ』第7弾の製作を示唆

    『チャイルド・プレイ』第7弾を製作か ドン・マンシーニ監督が示唆

    映画

     1988年から続くホラー映画『チャイルド・プレイ』シリーズの原案者で、これまで製作された6作品の脚本や監督を務めたドン・マンシーニが、第7弾の製作が間もなく始まることをツイッターでつぶやき、殺人人形チャッキーのファンを喜ばせている。@@cutter 2014年頃からColliderなどのインタビューで、第7弾の脚本を執筆し始めたことを明かしていたマンシーニ監督。当時はシリーズ第6弾『チャイルド・プレイ/誕生の秘密』(14・未)の続編になると話していたが、第4弾『チャイルド・プレイ/チャッキーの花嫁』(99)と第5弾『チャイルド・プレイ/チャッキーの種』(05)に出演した女優ジェニファー・ティリーが、第7弾に出演する可能性を報じたネット記事のリンクをツイートすると、それを肯定するかのようにリツイート。続けて「ヤツが戻ってくる(もうすぐ)」と「Chucky7」のハッシュタグ付きでツイートした。  さらに、第6弾の主演女優フィオナ・ドゥーリフが「カナダか、ルーマニアか、それとも南アフリカに向けて、荷物をまとめようかしら?」とツイートすると、マンシーニ監督はフィオナとジェニファー宛てに「車イスを持ってくるだけでいいよ。血は僕が用意するから」と2人の出演を肯定するかのようなツイートを返した。  2015年にも第7弾の製作をほのめかすツイートを発信していたマンシーニ監督。今回はジェニファーやフィオナの再出演を示唆する内容となっており、第7弾の製作が本格的に始動することへの期待が高まる。また、以前語っていたように第7弾がチャッキーの双子の子供グレンとグレンダのストーリーを掘り下げることになるのかも気になるところだ。

  • 映画史上最高のモンスター:エイリアン 『エイリアン』(79)

    「映画史上最高のモンスター」トップ10発表

    映画

     イギリスのメディアRadio Timesが、映画史上最高のモンスター”トップ10を発表。シガニー・ウィーバーがスターになるきっかけとなったSFホラー『エイリアン』のエイリアンが、読者の投票によってトップに選ばれた。@@cutter 記念すべきシリーズ1作目で、俳優ジョン・ハート演じるケインの腹を突き破って登場した“エイリアン”が、『アルゴ探検隊の大冒険』で当時の特撮技術を駆使し誕生した“骸骨剣士”を抑えて堂々の1位を獲得。  3位には、『遊星からの物体X』より、人や動物にとりつきおぞましい姿に変形する物体X、4位には『エルム街の悪夢』の殺人鬼フレディ・クルーガー、5位にスティーブン・スピルバーグ監督『ジョーズ』より人喰いザメのジョーズがそれぞれ続いた。  ほかにもドラキュラ、日本版のゴジラ、殺人人形チャッキーなどがトップ10入りを果たす中、近年公開された作品からは『ハリー・ポッター』シリーズの吸魂鬼と『パンズ・ラビリンス』のペイルマンの2作のみがランクインしている。 【映画史上最高のモンスター】 ※()内は日本公開年 1.エイリアン 『エイリアン』(79) 2.骸骨剣士 『アルゴ探検隊の大冒険』(63) 3.物体X 『遊星からの物体X』(82) 4.フレディ・クルーガー 『エルム街の悪夢』(86) 5.ジョーズ 『ジョーズ』(75) 6.ドラキュラ 『ドラキュラ』(31) 7.ゴジラ 『ゴジラ』(54) 8.ペイルマン 『パンズ・ラビリンス』(07) 9.吸魂鬼 『ハリー・ポッター』シリーズ 10.チャッキー 『チャイルド・プレイ』(88)

  • USJ期間限定ホラー・アトラクション「ストリート・ゾンビ」

    USJ史上最恐のハロウィーンイベント開催中! ゲストが絶叫で逃げ回る衝撃動画公開

    気になる

     大阪の人気テーマパーク・ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで、現在「ハロウィーン・ホラー・ナイト」(~11月9日)が毎週金・土・日・月曜日・祝日に開催中。パーク史上最恐の期間限定ホラー・アトラクションが、過去最多の7タイトル登場し、ハロウィーン当日を恐怖と絶叫と共に迎える。@@cutter 夕刻のパークに突如大量発生する「ストリート・ゾンビ」には、凶悪で残忍な「スーパー・ゾンビ」が初登場。オレンジ色の囚人服に身を包み、武器をもって無差別にゲストを追いまわすパーク史上最強・最悪のゾンビ軍団が、ゲストの大絶叫を呼び起こす。  また、今年は2つの新ホラーがパーク初登場。1988年の全米公開以来、世界中のホラーブームを牽引した『チャイルド・プレイ』をモチーフとした「チャッキーのホラー・ファクトリー」。そして、“日本国民が選ぶ最も怖い映画シリーズ”で堂々第1位の『呪怨』シリーズ最新作『呪怨 -終わりの始まり-』が他の人気アトラクションを乗っ取る「呪怨~呪われたアトラクション~」と、日米を代表するホラー作品が名を連ねた。  さらに和製ホラー『貞子』も負けじと、今年は人気の3アトラクションやレストランを呪い「貞子~呪われたアトラクション」「貞子~呪われたレストラン」を展開。なお、恐怖と食事を融合した新ホラー・アトラクションとして去年初登場し、チケット完売の盛況に沸いた「ダークレストラン~恐怖の晩餐会~」もパワーアップしている。  2012年の登場以来、多くのゲストをその恐怖で虜にした『13日の金曜日』をモチーフとしたアトラクションも「ジェイソンのブラッド・ダイナー3」として再登場。また、8月より好評開催中の「バイオハザード・ザ・リアル2」はイベント期間中、毎日終日開催される。イベント詳細は公式サイトまで。

  • 子供向けの人形なのに…極悪すぎるチャッキー(※映画『チャイルド・プレイ』の場面写真)

    ハリウッド映画に登場する「不気味で悪魔のような人形10選」

    映画

     大ヒットホラー『死霊館』(13)に登場した実在のアナベル人形を掘り下げたスピンオフ『Annabelle(原題)』。10月より全米を始めヨーロッパや南米などでも公開され、観客がアナベル人形の恐ろしさに縮み上がっているが、アナベル人形のように映画の中で “活躍”する不気味な人形10体がThe Wrapにより選出されたので紹介しよう。@@cutter 日本でも「人形には魂が宿る」というが、ハリウッド映画に登場する人形に宿る魂は極めて極悪。その中でも多くのシネマファンが思いつくのは、やはり“チャッキー”ではないだろうか。  The Wrapでは、“映画に登場する不気味で殺人鬼の人形”と辞書で調べれば、“チャッキー”と書いてあってもおかしくないと紹介される『チャイルド・プレイ』(89)のチャッキー。殺人鬼の魂が乗り移ったチャッキーは、ナイフを片手に子供の人形らしからぬ形相で人間に襲いかかってくる。1作目のヒットを受け、これまでにシリーズ第6作までが製作され、4作目『チャイルド・プレイ/チャッキーの花嫁』(99)ではチャッキーに“お似合い”なティファニー人形まで大暴れだ。  ほか、近年の作品ではアナベル人形のほか、『ソウ』シリーズに登場するビリー人形が選ばれた。もともとはジグソウが、生まれる息子への贈り物として用意した腹話術の人形だが、赤い目と頬の渦巻き状のスパイラル、乱れた黒髪が異様な雰囲気を醸し出している。腹話術の人形と言えば、映画『マジック』(79)でアンソニー・ホプキンス演じるマジシャンが用いるファッツという腹話術の人形も選ばれている。  The Wrapが選出した「ハリウッドの最も不気味で悪魔のような人形10選」は以下の通り。 ●『チャイルド・プレイ』(89)シリーズのチャッキー ●『ソウ』(04)のビリー ●『死霊館』(13)のアナベル ●『夢の中の恐怖』(12・未)の腹話術の人形 ●『ドールズ』(86)の人形たち ●『パペット・マスター』シリーズの人形たち ●『ポルターガイスト』(82)のピエロの人形 ●『マジック』(79)の腹話術の人形ファッツ ●『ドール・ハウス』(未)の人形たち ●『恐怖と戦慄の美女』(未)の木彫り人形アメリア

  • 『チャイルド・プレイ/誕生の秘密』場面写真

    恐怖の人形チャッキーの惨劇再び!『チャイルド・プレイ』最新作、戦慄映像入手

    映画

     生誕25周年を迎えた大ヒットホラー映画『チャイルド・プレイ』シリーズ最新作『チャイルド・プレイ/誕生の秘密』の戦慄映像をエンタメサイト「クランクイン!」が独占入手した。ジェイソン、フレディと並びホラー映画界の3大キャラクターの1つに数えられる“チャッキー”が原点に帰り、ナイフ片手に人々を冷酷非情に襲いまくる。@@cutter シリーズ1作目が公開されてから四半世紀、ドン・マンシーニ監督をはじめオリジナルスタッフが再結集し、コミカルな部分を一切排した純然たるドールホラーとして蘇生。「第0話」ともいえるストーリー展開は、タブーとされていたチャッキー誕生の秘密がついに解き明かされる。今回入手した映像では、チャッキーの顔に隠された“ある秘密”が暴かれそうになる緊張感MAXの戦慄シーンが展開する。  メガホンを取ったマンシーニ監督は、本シリーズが長年人気を博していることについて「人形師たちの努力の賜物。みんな、チャッキーに命が宿ることにワクワクして仕事に取り組んでいる」とスタッフを絶賛。さらに「時代を越えて若い人たちに支持されるのは、最後にはやられて欲しいと思いつつも、チャッキーの奇行を見るのが好きなんだ」と分析。  また、本シリーズ以外、映画を作らない理由についてマンシーニ監督は、「純粋な愛情だね。意地悪な人は『君はチャッキーを作る才能しかないのかい?』と言うけれど、僕はこう答える、『チャッキーこそが最高傑作だからさ』とね。いつか、チャッキーのミュージカルをやってみたいと思っているくらいだよ」と、チャッキーひと筋を強調した。  生まれてから車椅子の生活を余儀なくされているニカは、ある日、奇妙な小包を受け取る。その中には、一体の気味の悪い人形が横たわっていた。そしてこの日を境に、家族が次々と遺体となって発見される。ニカはその人形に原因があるのではないかと疑い始め、やがてネットの記事で驚愕の事実を知る。  『チャイルド・プレイ/誕生の秘密』ブルーレイ(税込3990円)&DVD(税込3360円)は2014年2月5日発売。先行で絶賛レンタル中。

  • 『チャイルド・プレイ/誕生の秘密』場面写真

    『チャイルド・プレイ』最新作が日本上陸!コミカル要素なし、チャッキーの怖さが復活

    映画

     生誕25周年を迎える大ヒットホラー映画シリーズ『チャイルド・プレイ』の最新作がついに登場。『チャイルド・プレイ/誕生の秘密』ブルーレイ&DVDが日本で来春発売されることが決定した。@@cutter ホラー界の3大キャラクターの1つに数えられる「チャッキー」は、殺人鬼の魂が封じ込められた呪われた人形。生身の体を求め、到底人形とは思えない強さと残忍さで、ナイフ片手に人々を襲いまくるのだが、怖さの中に笑いというエッセンスも加わり、ホラーファンのみならず映画ファンも魅了し続けている。  これまで『チャイルド・プレイ』シリーズは、5本製作されている。今回発売される本作は、シリーズ1作目の『チャイルド・プレイ』が公開された25年前の原点に戻るべく、コミカルな部分は排して、純然たるホラーとして描かれる。さらに「第0話」ともいえるストーリーが語られ、チャッキーの誕生の秘密がついに明かされる。四半世紀にわたって続く恐怖のストーリーはなぜ生まれたのか…?  生まれて以来、車椅子での生活を余儀なくされている女性ニカ。ある日奇妙な小包を受け取る。中には気味の悪い人形が横たわっていた。その日を境に、家族が次々と遺体となって発見される。ニカはその人形に原因があるのではないかと疑い始め、調べたネットの記事で驚愕の事実を知る…。  チャッキーの声は、シリーズでお馴染みのブラッド・ドゥーリフ、そして惨劇に巻き込まれるヒロインのニカ役は、ブラッド·ドゥーリフの娘フィオナ・ドゥーリフが演じている。親子共演にも注目したい。監督は『チャイルド・プレイ』シリーズすべての脚本を手がけているドン・マンシーニが担当。  『チャイルド・プレイ/誕生の秘密』ブルーレイ(税込3990円)&DVD(税込3360円)は2014年2月5日発売。レンタルは2013年12月20日より先行開始。

  • レコードかけちゃダメ!! 『ロード・オブ・セイラム』フォトギャラリー

    これはやっちゃダメ! ホラー映画にありがちな禁忌ネタって?

    映画

     ホラー映画では、定められた禁忌やタブーを破ったことによって、大変な出来事が起こってしまうという展開は定石。そこで、有名映画における禁忌ネタを集めてみた。@@cutter 『グレムリン』では、モグワイの飼育は、光に当てたり、水をかけたり、濡らすのがNG。真夜中12時過ぎに食べ物を与えるのも禁止! 『キャンディマン』では、「キャンディマン」という言葉を鏡の前で5回唱えてはダメ。  『フッテージ』では他人の忘れ物を興味本位で勝手に見ることが、サム・ライミ監督の長編デビュー作『死霊のはらわた』ではテープレコーダーを再生することが、『エルム街の悪夢』では眠ることが、『スペル』では老婆に親切にしないことが、『チャイルド・プレイ』では魂の入っている人形を買うことが、それぞれ禁忌。  そして、ホラー映画全般でいえるのは、テント内でのHは絶対にやっちゃいけないパターンといえる。もちろん集団から外れて、単独行動するのはもってのほかだ。  思わず、それはないだろ!と突っ込みたくなる禁忌ネタばかりだが、9月28日から公開される『ロード・オブ・セイラム』の禁忌ネタも面白い。  「送られてきたレコードをうかつにかけちゃダメ」なのだ。  『ロード・オブ・セイラム』の主人公でラジオDJのハイジが、ザ・ロードという人物から送られてきたレコードを再生したことがきっかけで、魔女の呪いが解き放たれてしまい、地獄絵図が繰り広げられるという、ロブ・ゾンビ監督の最新作だ。ショック・ロックの帝王と呼ばれ、リメイク版『ハロウィン』などホラー映画界のカリスマでもあるロブ監督が、3年ぶりに監督と脚本を務めた本作。極彩色の映像美で観るものの意識を飛ばせるかのような、極上の“サイケデリック・トリップ”ムービーに仕上がっている。

  • チャッキーファン待望の新作リリースは2013年

    「チャイルド・プレイ」シリーズ第6作目の製作が正式に発表

    映画

     「チャイルド・プレイ」シリーズ第6作目となる「Curse of Chucky(意:チャッキーの呪い)」の製作が正式に発表された。監督はシリーズすべての脚本を手がけているドン・マンシーニ。 @@cutter  以前から言われていたように、今回の新作は劇場公開用ではなくDVDスルー作品として製作される。9月5日付け米ユニバーサルのプレスリリースによると、最新作はシリーズすべての脚本を手がけ、第5作目「チャイルド・プレイ/チャッキーの種」(05)では監督も務めたマンシーニがメガホンを取る。特殊メイクには「チャイルド・プレイ/チャッキーの種」でもマンシーニとタッグを組んだトニー・ガードナーが決定した。  キャストはフィオナ・ドゥーリフ(「トゥルーブラッド」シリーズ)、ダニエル・ビスッティ、ブレナン・エリオット(「ダブル・ジョパディー」(00))、そしてチャッキーの声をこれまでと同じくブラッド・ドゥーリフが担当する。  製作を担当するユニバーサル1440エンターテインメントの取締役副社長兼ゼネラルマネージャー、グレン・ロスは、「今回の新作は長年のファンも、新たなファンも同じように驚かされるだろう」と自信を見せている。DVDは2013年、全米リリース予定。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access