クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

エド・ウッド 関連記事

  • <サイテー映画の大逆襲2020!>『死霊の盆踊り』HDリマスター版、『プラン9・フロム・アウタースペース』総天然色版ポスタービジュアル

    サイテー映画の大逆襲2020!『死霊の盆踊り』&『プラン9~』、爆笑必至の特報解禁

    映画

     伝説の史上最低作品として映画史に残る『死者の盆踊り』(1965)と『プラン9・フロム・アウタースペース』(1959)。この2作をHDリマスター&総天然色版で新宿シネマカリテのスクリーンに復活させる上映イベント<サイテー映画の大逆襲2020!>より、各作品の迷場面を抜粋した爆笑必至の特報が解禁された。@@cutter その邦題を聞いただけで誰もが笑ってしまう究極のカルト・ムービーにして、映画批評サイト・ロッテントマトで0%と驚異の最低評価を記録した『死霊の盆踊り』、そしてティム・バートン監督の『エド・ウッド』でもその誕生過程が笑いと涙で描かれた、“史上最低の映画監督”エドワード・D・ウッド・JrによるSFホラー『プラン9・フロム・アウタースペース』。  全編を貫く哀しいまでの才能の欠如にもかかわらず、そこには映画への愛が濃厚に満ちあふれている。世界中で愛され続けるこの“サイテー映画”の2大金字塔が、『死霊の盆踊り』の名づけ親であり、『ムトゥ 踊るマハラジャ』『処刑人』などの話題作を日本へ紹介したことでも知られる映画評論家・江戸木純の総合プロデュースによる<サイテー映画の大逆襲2020!>と銘打ち、再びスクリーンにHDリマスター&総天然色版で奇跡の復活を遂げる。  特報は、第1弾として上映される『死霊の盆踊り』の映像からスタート。「ついに蘇る、“サイテー映画”の決定版!」「墓場に迷い込んだカップルが体験した想像を絶する悪夢の一夜」のテロップに続き、墓石に縛り付けられたカップルの目の前で、裸の女たちが珍妙なダンスを繰り広げる姿が映し出され、「ヒドすぎて、狂おしい。」「これぞ、一生の語り草。」というテロップが流れる。  続く第2弾の上映作品『プラン9・フロム・アウタースペース』では、「映画史に語りつがれるサイテー映画の金字塔、極彩色で奇跡の復活!」「映画愛が試される、究極の映画体験。」「ヒドすぎて、愛おしい。」というテロップのもと、UFOが襲来するチープな特撮映像や棒読みの大根演技を繰り広げる役者たちが次々と映し出されている。 ■『死霊の盆踊り』HDリマスター版 @@insert1  満月の夜、真夜中。人気のない荒れ果てた墓地。黒衣の男が棺桶の中から目覚める。男は夜の帝王クリスウェル。クリスウェルは闇の女王に命じて、不幸な死を遂げた女たちの浮ばれない霊を呼び出す。次々と蘇った女たちの霊は、墓場でヌードになり豊満な肉体を揺らしながら踊り狂うのだった。一方、ホラー小説家のボブは、小説のインスピレーションを得ようと恋人のシャーリーを連れて夜のドライブをしていたが、事故を起こして墓場に迷い込んでしまう。やがて二人はミイラ男と狼男に拉致されて囚われの身となり、墓石に縛り付けられて死霊たちの裸踊りを延々と見せられることになる…。12月28日より新宿シネマカリテにて公開。 ■『プラン9・フロム・アウタースペース』総天然色版 @@insert2  アメリカの各地で空飛ぶ円盤が目撃される。それは、軍拡競争で自滅の道をたどる人間たちに警告するため、外宇宙からやってきた宇宙人が乗った円盤だった。宇宙人は合衆国政府にコンタクトを試みるが、軍上層部は平和のメッセージが理解できずに拒絶し、逆に円盤を攻撃してしまう。宇宙人は仕方なく、墓場に眠る死者を蘇らせて人間を驚かせ、地球を征服する<第9計画>を発動する…。2020年1月11日より新宿シネマカリテにて公開。 @@insert3

  • 映画『死霊の盆踊り』HDリマスター版、『プラン9・フロム・アウタースペース』総天然色版ポスタービジュアル

    サイテー映画の二大金字塔『死霊の盆踊り』『プラン9・フロム・アウタースペース』奇跡の公開決定

    映画

     伝説の史上最低作品として映画史に残る『死者の盆踊り』『プラン9・フロム・アウタースペース』の2作が、<サイテー映画の大逆襲2020!>と銘打ち、東京・新宿シネマカリテにて公開されることが決定。両作の世界観をポップに表現したカラフルなポスタービジュアルが解禁された。@@cutter 『死霊の盆踊り』は、不幸な死を遂げた女たちの霊がよみがえり、墓場で裸踊りをするという、究極のカルトムービーにして映画批評サイト・ロッテントマトで0%と驚異の最低評価を記録した作品。『プラン9・フロム・アウタースペース』は、宇宙人が墓場に眠る死者をよみがえらせて地球を征服しようとする話で、ティム・バートン監督の『エド・ウッド』でもその誕生過程が笑いと涙で描かれた“史上最低の映画監督”エドワード・D・ウッド・JrによるSFホラー作品だ。  驚くほど緩くいい加減な演出と台本棒読みのダイコン演技、大仰でナンセンスなせりふの数々、説得力皆無の大胆なストーリー、女幽霊たちが狂ったように踊り続けるトップレスダンスの無間地獄、ダサ過ぎる衣装とチープな特撮…。全編を貫く哀しいまでの才能の欠如にもかかわらず、しかし、映画への愛が濃厚に満ちあふれた両作は、公開から半世紀以上経た今もなお世界中で愛され続けている。  この“サイテー映画”の二大金字塔が、『死霊の盆踊り』の名づけ親であり、『ムトゥ 踊るマハラジャ』『処刑人』などの話題作を日本へ紹介したことでも知られる映画評論家・江戸木純氏の総合プロデュースにより、令和最初の年越しに復活を遂げる。  『死霊の盆踊り』は製作から54年ぶり、1987年の日本初公開から32年ぶりのHDリマスター版によるリバイバル。『プラン9・フロム・アウタースペース』は製作から60年、デジタル・カラライズドによる“総天然色版”での日本初公開となる。また、2作品とも製作時の撮影監督が設計したビスタサイズによる日本初DCP上映となる。  江戸木氏は「映画史とは、今も繰り返し見続けられている傑作、名作だけでなく、その何倍もの駄作と失敗作の死屍累々が築いてきた歴史です」とし、この2本について「その栄光の歴史にひときわ輝く、最低を極めて珠玉となった2つの伝説」と強調。「これも間違いなく、映画の神様が起こした奇跡のかたち。失笑、嘲笑、爆笑の果て、壮絶なヒドさの中にも溢れる真の映画への愛を見つけたとき、あなたはきっと、かつて体験したことのない映画的感動に震え、涙することでしょう」としている。  映画『死霊の盆踊り』12月28日より、『プラン9・フロム・アウタースペース』は2020年1月11日より東京・新宿シネマカリテにて公開。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access