クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ウエスト・サイド物語 関連記事

  • 『ウエスト・サイド物語』リメイク版を監督するスティーヴン・スピルバーグ

    『ウエスト・サイド物語』リメイク版、スピルバーグ監督がクランクアップを報告

    映画

     現地時間2020年12月18日に全米公開が予定されているスティーヴン・スピルバーグ監督の『ウエスト・サイド物語』リメイク版。今年7月に米ニューヨークで始まった撮影がクランクアップしたという。スピルバーグ監督がキャストたちとの写真を公開すると共に、心温まる感謝のメッセージを送っている。@@cutter ニューヨークの下町を舞台に、若者たちで構成される2つの敵対グループの抗争や愛を描く『ウエスト・サイド物語』。スピルバーグ版には、映画『ベイビー・ドライバー』の俳優アンセル・エルゴートや、マリア役に抜擢されて映画デビューを飾る新人女優のレイチェル・ゼグラーなどが出演する。  スピルバーグ監督は自身の映画製作会社アンブリアンの公式インスタグラムにキャストやスタッフとの写真を投稿。長文メッセージは、「今は2019年9月28日午前12時1分。偉大なる都市ニューヨークのブルックリン・ネイビーヤードにあるスタイナー・スタジオにいる。たった今、我々の『ウエスト・サイド物語』の撮影が終わった」という言葉で始まり、物語と音楽にはたびたび感動と驚きを味わったと語っている。  キャストとスタッフに関しては、「まぶしいほどの才能をもって献身的に働いてくれた、寛大で疲れ知らずのキャストとスタッフのみんなが、この映画にすべてを注いでくれた」と、謝意を表した。  撮影はブルックリンのフラットブッシュやマンハッタンのフォート・タイロン・パークなど、ニューヨーク中で行われたという。隣州のニュージャージー州のパターソンでも3週間にわたる撮影が行われたとのことで、スピルバーグ監督は両市の市民にも感謝の言葉を忘れなかった。 引用:「アンブリン」公式インスタグラム(@amblin)

  • スピルバーグ監督『ウエスト・サイド物語』リブート版でトニーを演じるアンセル・エルゴート

    スピルバーグの『ウエスト・サイド物語』リブート、A・エルゴートが主演

    映画

     スティーヴン・スピルバーグ監督がメガホンを取る往年のミュージカル名作『ウエスト・サイド物語』のリブート版。映画『ベイビー・ドライバー』の俳優アンセル・エルゴートが、トニー役に決まったとVarietyやE!Onlineなどの海外メディアが報じた。@@cutter 1957年のブロードウェイ・ミュージカルをベースに、1961年に映画化された『ウエスト・サイド物語』。ヨーロッパ系の非行グループ・ジェット団とラテン系グループのシャーク団の抗争、そしてその中で生まれた悲恋を描く。トニーはジェッド団を形成した元リーダーで、シャーク団リーダーの妹マリアと恋に落ちる青年という役どころだ。1961年版ではリチャード・ベイマーが演じた。  リブート版の脚本は映画『リンカーン』のトニー・クシュナーが執筆する。スピルバーグ監督は、映画『RENT/レント』の製作総指揮を務めたケヴィン・マックコラムや、映画『レディ・プレイヤー1』のクリスティ・マコスコ・クリーガーらと共に製作にも名を連ねる。  歌唱力とダンス力を要求されるトニー役だが、アンセルはニューヨーク・シティ・バレエ団付属のスクール・オブ・アメリカン・バレエに5年間在学していたという経歴の持ち主。最初はミュージカル舞台の俳優を目指していたとのことで、どのようなトニーを披露してくれるのか楽しみだ。  2019年夏から撮影予定とのことで、ラテン系のマリアやベルナルドなど、残りのキャストが誰に決まるのか、今後の続報に注目したい。

  • 『グーニーズ』

    「中学生になるまでに見ておくべき映画55作品」米サイトが発表

    映画

     子どものころに大好きだった映画。子どものころに見ておいてよかったと思える映画は誰にでもあるはず。そんな映画を「13歳までに見るべき映画」として、Entertainment Weeklyが発表した。@@cutter 一番多いのはディズニー作品。『ピノキオ』(52)、『メリー・ポピンズ』(65)、『美女と野獣』(92)、『ライオン・キング』(94)、『トイ・ストーリー』(96)、『ウォーリー』(08)など、9作品が紹介されている。  ただ楽しいだけの子ども向け作品ではなく、思春期や大人になってから見直して、新しい発見ができるような名作がピックアップされている。掲載された全55作品の中から、家族で楽しむのにぴったりな作品をピックアップして紹介したい。(カッコ内は日本公開年) <親には懐かしい作品> 『スター・ウォーズ』(78) 『レイダース/失われたアーク 聖櫃』(81) 『アニー』(82) 『E.T.』(82) 『ベスト・キッド』(85) 『グーニーズ』(85) 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85) 『スタンド・バイ・ミー』(87) 『プリンセス・ブライド・ストーリー』(88) 『ビッグ』(88) 『ホーム・アローン』(91) 『シザーハンズ』(91) 『ジュラシック・パーク』(93) 『ベイブ』(96) 『アイアン・ジャイアント』(00) 『ハリー・ポッターと賢者の石』(01) 『ロード・オブ・ザ・リング』(02) 『皇帝ペンギン』(05) <往年の名作> 『キッド』(21) 『オズの魔法使』(54) 『素晴らしき哉、人生!』(54) 『34丁目の奇蹟』(48) 『雨に唄えば』(53) 『赤い風船』(56) 『ウエスト・サイド物語』(61) 『サウンド・オブ・ミュージック』(65)  このほか、『ヒックとドラゴン』(10)や『LEGO(R) ムービー』(14)などが選出された。

  • 「レ・ミゼラブル」12月21日(金)、TOHOシネマズ 日劇ほか、全国ロードショー

    「レ・ミゼ」ファン必見!“これだけはおさえておきたい名作ミュージカル”6本

    映画

     ヒュー・ジャックマン主演、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド出演のミュージカル映画「レ・ミゼラブル」がヒットしている。この作品でミュージカルに目覚めたという人も多いようだ。今回クランクイン!では、そんな“なりたてホヤホヤ”ミュージカル映画ファンにお勧めしたい名作ミュージカル映画を集めてみた。@@cutter ひと口にミュージカルといっても「レ・ミゼラブル」のような歴史大作から、笑えるコメディもの、家族そろって楽しめるファミリー向け、ロマンスやサスペンス、ホラー、そして歌メインのものから華麗なダンスシーンを堪能できるダンスものまでそのジャンルは様々である。  今回は、「レ・ミゼラブル」でミュージカル映画デビューした人にお勧めの“これだけは抑えておきたい名作ミュージカル”をご紹介。もちろん、このラインナップ以外にも名作・傑作ミュージカル映画は数多く存在するが、これらをおさえておけば基礎固めはオッケーである。スターの美声と絢爛豪華な衣装やセット、軽快なダンスステップを堪能して欲しい。  以下、“これだけは抑えておきたい名作ミュージカル”(順不同) ・ファミリーミュージカルならコレ! 「サウンド・オブ・ミュージック」(65) ・ショービジネスの裏側を軽快に描いた作品 「雨に唄えば」(53) ・これぞ青春!ニューヨーク版「ロミオとジュリエット」 「ウエスト・サイド物語」(61) ・マリリン・モンローの魅力満載、小悪魔コメディ 「紳士は金髪がお好き」(53) ・美しくも哀しいラブ・サスペンス 「オペラ座の怪人」(05) ・異色ホラーミュージカルの決定版! 「ロッキー・ホラー・ショー」(76)  また、最近では米TVシリーズ「glee」や「SMASH」などTV界でもミュージカルものが大ヒット中。本格的なミュージカルブーム到来前に“勉強”して、周りの人に差をつけてみては?

  • 「サウンド・オブ・ミュージック」(65)

    これだけはおさえておきたい名作ミュージカル映画選

    映画

    ヒュー・ジャックマン、アン・ハサウェイ主演映画「レ・ミゼラブル」でミュージカルに目覚めたあなたにお勧めする、名作ミュージカル映画フォト特集

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access