ライオン・キング 関連記事

  • 映画『万引き家族』メインビジュアル

    『万引き家族』、地上波初放送決定 『ペット』『ONE PIECE』も

    映画

     リリー・フランキーと安藤サクラが出演した、是枝裕和監督の映画『万引き家族』が、フジテレビ系にて本編ノーカットで地上波初放送されることが決定した。他にも『ワイルド・スピードMEGA MAX』『ライオン・キング』『ペット』『ONE PIECE FILM GOLD』といった話題作も放送される。@@cutter 『万引き家族』は第71回カンヌ国際映画祭最高賞“パルムドール”受賞、第42回日本アカデミー賞最優秀賞最多8部門受賞、第91回アカデミー賞外国語映画賞ノミネートなど、世界中で大絶賛の嵐を巻き起こした作品。“家族”をテーマにして多くの作品を描いてきた是枝監督が、“家族を越えた絆”を描いた感動作だ。共演は、松岡茉優、城桧吏、樹木希林ら。  高層マンションの谷間にポツンと残された今にも壊れそうな平屋に、治(リリー)と信代(安藤)の夫婦、息子の祥太(城)、信代の妹の亜紀(松岡)の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝(樹木)の年金だ。足りない生活品は、万引きで賄っていた。社会という海の底をはうような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れて帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく。  他にもこの夏は話題映画が続々放送。シリーズ最新作『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』が公開間近のアクションエンターテインメント映画『ワイルド・スピードMEGA MAX』や、8月に“超実写版”が公開されることで話題となっている、アカデミー賞最優秀オリジナル作曲賞、最優秀主題歌賞を受賞した感動作『ライオン・キング』。『ミニオンズ』の生みの親、イルミネーションが手掛け、放送当日に『ペット2』も公開となる大ヒット作『ペット』は地上波初・本編ノーカットで放送され、さらに、今年がアニメ放送20周年で、劇場版最新作『ONE PIECE STAMPEDE』の劇場公開を8月9日に控える、『ONE PIECE FILM GOLD』もラインナップされている。  土曜プレミアム 映画『万引き家族』はフジテレビ系にて7月20日21時放送。  土曜プレミアム 映画『ワイルド・スピードMEGA MAX』はフジテレビ系にて7月6日21時放送。  映画『ライオン・キング』はフジテレビ系にて7月19日21時放送。  金曜プレミアム 映画 『ペット』はフジテレビ系にて7月26日20時放送。  土曜プレミアム 映画『ONE PIECE FILM GOLD』はフジテレビ系にて8月10日21時放送。

  • 映画『ライオン・キング』場面写真

    未来の王“シンバ”誕生『ライオン・キング』特報解禁

    映画

     往年の名作アニメを“超実写版”としてよみがえらせるディズニー最新作『ライオン・キング』より、特報映像が解禁された。未来の王となるシンバの誕生に、詰めかけた多くの動物たちがひれ伏すオープニングシーンが、圧巻のスケールで描かれている。@@cutter 本作は、雄大なアフリカの大地を舞台に、王家の一族に生まれた子ライオンのシンバが自らの運命を受け入れ、“真の王”となる姿を描く。  1994年のアニメ版『ライオン・キング』は、全世界観客動員数がディズニーアニメ史上No.1、サウンドトラックの全世界売り上げがアニメーション史上No.1を記録。さらに、ミュージカル版は、演劇や映画、コンサートなどを含めた興行作品として史上最高の累計62億ドル(約6700億円)を稼ぎ出した。  その名作を、実写もアニメも超えた“超実写版”として復活させた本作。監督は『アイアンマン』シリーズ、『ジャングル・ブック』のジョン・ファヴロー。声優には主人公シンバ役で、俳優、歌手、作曲家など多彩な才能を持つドナルド・グローヴァー、その幼なじみで雌ライオンのナラ役には世界の歌姫ビヨンセが決定している。全米で予告編が解禁になった際は、全世界から動画サイトにアクセスが集中し、わずか24時間で2億4200万回という再生回数をたたき出した。  特報映像は、壮大なアフリカの地平線に浮かび上がるオレンジの太陽で幕を開ける。「プライド・ランド」の新たなる未来の王が誕生し、生命が永遠に引き継がれることを意味する“サークル・オブ・ライフ”が流れる中、キリンやシマウマ、ゾウなど、たくさんの動物たちが新たな命の誕生を祝福するために「プライドロック」に集まってくる。  母の腕の中で眠りから目覚めた子ライオンのシンバは、あどけない表情ながらも、青く丸い瞳には意志の強さと輝きが宿っている。「いつの日か、おまえが新たな王となるのだ」というナレーションとともに、王国の呪術師ラフィキがシンバを抱き上げて群衆の前に掲げると、集まった動物たちがその場にひざまずく様子が映し出される。  映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

  • 映画『ライオン・キング』場面写真

    ディズニー最新作 “超実写版”『ライオン・キング』8.9日本公開

    映画

     ディズニー・アニメーション史上最高の全世界観客動員数を誇る名作アニメ『ライオン・キング』が、実写もアニメーションも超えた“超実写版”として映画化され、8月9日から日本公開されることが決定。サバンナの“王”となる運命を背負った主人公シンバの誕生の瞬間をとらえた場面写真が解禁された。@@cutter 本作は、雄大なアフリカの大地を舞台に、ライオンの子・シンバが、仲間の愛を支えに運命を切り開いていく壮大な物語を描く。監督は『アイアンマン』シリーズ、『ジャングル・ブック』のジョン・ファヴロー。声優には主人公シンバ役で、俳優、歌手、作曲家など多彩な才能を持つドナルド・グローヴァー、その幼なじみで雌ライオンのナラ役には世界の歌姫ビヨンセが決定しており、彼らの声がキャラクターにどのような命を吹き込み、ミュージカルナンバーをどう歌い上げるのかが期待される。  解禁となった場面写真は、未来の王“シンバ”の誕生の瞬間を捉えた1枚。つぶらな瞳に“もふもふ”とした毛に覆われたシンバは、思わず手に取って抱きかかえたくなるようなかわいさ。シンバがどのように成長して、偉大な王になっていくのか期待が高まるカットとなっている。  1994年のアニメ版『ライオン・キング』は、全世界観客動員数がディズニーアニメ史上No.1、サウンドトラックの全世界売り上げがアニメーション史上No.1を記録。さらに、ミュージカル版は、演劇や映画、コンサートなどを含めた興行作品として史上最高の累計62億ドル(約6700億円)を稼ぎ出し、劇団四季の『ライオンキング』は日本の演劇史上No.1の観客動員数を誇っている。  映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開。

  • 『インディ・ジョーンズ』第5弾は2020年7月10日より全米公開予定

    『スター・ウォーズ』『アナ雪』『インディ…』、話題作の全米公開日が決定

    映画

     SF映画の金字塔『スター・ウォーズ』シリーズのエピソード9や世界を席巻したアニメ『アナと雪の女王』の続編など、全世界が待望視するディズニーやルーカスフィルムの話題作の全米公開日が続々と発表された。E!Newsなどの海外メディアが伝えた。@@cutter 2015年に公開された新三部作の第1弾『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に続き、今年12月15日に世界公開される『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。その後に続くエピソード9は、2年後の2019年5月24日に全米公開の見通しとなった。監督を務めるのは映画『ジュラシック・ワールド』(15)のコリン・トレヴォロウ。2016年12月に急死したキャリー・フィッシャー演じるレイア・オーガナ将軍は当初、主要キャラクターの1人として登場する予定だったが、実現しなくなったという。  ハリソン・フォードがタイトル・ロールに返り咲く『インディ・ジョーンズ』第5弾は、2020年7月10日の全米公開に。当初の公開予定日が2019年7月19日だったため、約1年先にずれ込む形になった。監督はスティーヴン・スピルバーグが務めるとあり、黄金コンビの復活に期待は高まるばかりだ。  アナとエルサの姉妹愛が再びスクリーンを賑わせるのは2019年11月27日。アメリカでは2013年11月、日本では2014年3月に公開された1作目から約6年後となり、どんな新しい物語が展開するのか、待ちきれないファンも多いはず。また、映画『アイアンマン』(08)のジョン・ファヴロー監督がメガホンを取る、アニメ『ライオン・キング』の実写版は、『アナと雪の女王』続編より2ヵ月早い2019年7月19日の全米公開が予定されているという。

  • ディズニー・アニメの傑作『ライオン・キング』が実写映画化(※『ライオン・キング』(94)の場面画像)

    『ライオン・キング』実写映画化が決定!

    映画

     『ジャングル・ブック』や『美女と野獣』などのアニメーションを実写化している米ディズニーが、1994年のヒットアニメでミュージカル化もされている『ライオン・キング』を実写映画化するという。ウォルト・ディズニー・スタジオズが現地時間28日に発表したと、Peopleなどの海外メディアが伝えた。@@cutter 監督を務めるのは『アイアンマン』シリーズの監督で今年公開されたディズニーの『ジャングル・ブック』実写版でもメガホンを取ったジョン・ファヴロー。『ジャングル・ブック』では狼に育てられた人間の少年モーグリ以外、主要登場人物の殆どが動物でCGだったが、『ライオン・キング』でもCGがフル活用されることが予想される。  アニメ『ライオン・キング』は、動物達の王国プライドランドの次期王として生まれたラインのシンバが、父王を殺され王国を追われながら、新しい仲間と共に成長し、王国を取り戻すべく父王を殺した者達と対決するさまを描く。  『ライオン・キング』実写版は、女優エマ・ワトソンが主人公のベルを演じる『美女と野獣』実写版と同じように、アニメ版の楽曲を使用するという。同作からはエルトン・ジョン作曲、ティム・ライス作詞『愛を感じて』が第67回アカデミー賞オリジナル歌曲賞、ハンス・ジマーがオリジナル楽曲賞を受賞している。

  • 『ライオン・ガード ゆうしゃのでんせつ』場面画像

    『ライオン・キング』シンバの息子の活躍描く ディズニー最新作、4月日本初放送

    アニメ・コミック

     ディズニーの名作映画『ライオン・キング』のDNAを受け継ぐ最新TVアニメーション『ライオン・ガード ゆうしゃのでんせつ』が、ディズニー・チャンネルにて4月16日14時30分から日本初放送されることがわかった。@@cutter 『ライオン・ガード ゆうしゃのでんせつ』は、TVアニメーションシリーズ『ライオン・ガード』の序章となる長編作。プライドランドの王シンバの第二子カイオンが、伝説のガーディアン“ライオン・ガード”の新たなリーダーとなり、個性豊かな仲間たちとともに、時にぶつかり、時に協力し合いながら、さまざまな事件を乗り越えて王国を守る姿を描く感動と成長のストーリーだ。  シンバの声を担当して20年以上の声優・宮本充は、「こうしてひとつの役をいつまでも演じられるのは、本当に嬉しいことです。見どころは、ライオン・ガードとなったカイオンたちがいろいろなことを学んで成長していく過程。さりげない台詞の中に多くの教訓が含まれているような気がします。そしてやはり歌。僕も歌います」とコメント。  ティモン役の三ツ矢雄二は「『ライオン・キング』の世界そのままに新しい『サークル・オブ・ライフ』が始まります。『ライオン・ガード』の活躍をおたのしみに。ティモンの活躍もね!」とアピールし、プンバァ役の畠中洋は「改めてプンバァの持つ可愛らしさにノックアウトされてます。とっても思慮深いところ、それとは真逆の抜けたところ、全てが愛しいキャラクターです」と、長い付き合いの作品とキャラクターへの愛を語った。

  • 『ライオン・ガード』 ディズニー・チャンネルにて4月放送開始

    『ライオン・キング』新たな伝説、4月放送開始 シンバの息子“カイオン”の活躍描く

    アニメ・コミック

     ディズニーの大ヒットアニメーション『ライオン・キング』のその後を描いた最新作『ライオン・ガード』が、ディズニー・チャンネルにて4月放送開始となる。本作では、プライドランドの王座を受け継いだシンバの第二子“カイオン”の活躍を描く。@@cutter 『ライオン・キング』は、自然界の“サークル・オブ・ライフ(生命の輪)”の中で、ライオンが果たす使命を描き、アカデミー賞を始め数多くの賞に輝いた世界的大ヒット作品。同作の劇場公開20周年を記念して制作されたのが、最新作『ライオン・ガード』だ。  主人公は、プライドランドの平和を守る伝説のガーディアン“ライオン・ガード”のリーダーを受け継いだカイオン。個性豊かな仲間たちと共に、時にぶつかり、時に協力し合いながら、王国に起きる様々な事件を乗り越えるストーリーは、まさに『ライオン・キング』を彷彿とさせる。

  • 「最も美しい歴代アニメ映画トップ10」1位『言の葉の庭』(13)

    「最も美しい歴代アニメ映画トップ10」発表、1位に日本アニメ『言の葉の庭』

    アニメ・コミック

     最近では『アナと雪の女王』のように、時として長編映画を凌ぐスケールと人気を博す長編アニメ。そんな秀逸なアニメの中でも観客の想像力を掻き立て、最も深遠な感情を刺激するアニメとして、CineFixが「最も美しい歴代アニメ映画トップ10」を選出。1位に新海誠監督による作品『言の葉の庭』が選ばれた。@@cutter 芸術としてのアニメを完璧に表現しているという評価の『言の葉の庭』(13)。「アニメだと信じられなくなるほどに美しい」とのことで、特に雨や雨に反射する景色、レンズのフレアなどは比類ないという。同作は独シュトゥットガルト国際アニメーション映画祭の長編アニメ部門で最優秀賞を受賞している。  日本の作品はほかに、アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされた高畑勲監督の『かぐや姫の物語』(13)が4位にランクイン。水彩画のミニマリズムをもって表現豊かに描かれているとのことで、日本の伝統的な絵画の手法に現代的な解釈を加えた風情溢れる作品になっていると評価。  古くは、1927年製作のドイツの影絵アニメ『アクメッド王子の冒険』(日本公開は1929年)から、レゴを使った初めての長編アニメ『LEGO(R)ムービー』(14)まで、バラエティに富んだ選出となっている。 CineFix選出「最も美しい歴代アニメ映画トップ10」は以下の通り。 1位 『言の葉の庭』(13) 2位 『ガフールの伝説』(10) 3位 『ファンタスティック Mr.FOX』(11) 4位 『かぐや姫の物語』(13) 5位 『戦場でワルツを』(09) 6位 『LEGO(R)ムービー』(14) 7位 『アクメッド王子の冒険』(29) 8位 『The Boxtrolls(原題)』(未) 9位 『ウォーリー』(08) 10位 『ライオン・キング』(94)

  • 『グーニーズ』

    「中学生になるまでに見ておくべき映画55作品」米サイトが発表

    映画

     子どものころに大好きだった映画。子どものころに見ておいてよかったと思える映画は誰にでもあるはず。そんな映画を「13歳までに見るべき映画」として、Entertainment Weeklyが発表した。@@cutter 一番多いのはディズニー作品。『ピノキオ』(52)、『メリー・ポピンズ』(65)、『美女と野獣』(92)、『ライオン・キング』(94)、『トイ・ストーリー』(96)、『ウォーリー』(08)など、9作品が紹介されている。  ただ楽しいだけの子ども向け作品ではなく、思春期や大人になってから見直して、新しい発見ができるような名作がピックアップされている。掲載された全55作品の中から、家族で楽しむのにぴったりな作品をピックアップして紹介したい。(カッコ内は日本公開年) <親には懐かしい作品> 『スター・ウォーズ』(78) 『レイダース/失われたアーク 聖櫃』(81) 『アニー』(82) 『E.T.』(82) 『ベスト・キッド』(85) 『グーニーズ』(85) 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85) 『スタンド・バイ・ミー』(87) 『プリンセス・ブライド・ストーリー』(88) 『ビッグ』(88) 『ホーム・アローン』(91) 『シザーハンズ』(91) 『ジュラシック・パーク』(93) 『ベイブ』(96) 『アイアン・ジャイアント』(00) 『ハリー・ポッターと賢者の石』(01) 『ロード・オブ・ザ・リング』(02) 『皇帝ペンギン』(05) <往年の名作> 『キッド』(21) 『オズの魔法使』(54) 『素晴らしき哉、人生!』(54) 『34丁目の奇蹟』(48) 『雨に唄えば』(53) 『赤い風船』(56) 『ウエスト・サイド物語』(61) 『サウンド・オブ・ミュージック』(65)  このほか、『ヒックとドラゴン』(10)や『LEGO(R) ムービー』(14)などが選出された。

  • ディズニー・アニメの傑作『ライオン・キング』の続編がテレビシリーズ化(※『ライオン・キング』(94)の場面画像)

    ディズニー、『ライオン・キング』続編のテレビアニメ化を企画

    アニメ・コミック

     ディズニーの人気長編アニメーション『ライオン・キング』(94)の続編となるアニメシリーズとテレビムービーの企画が、米ディズニー・チャンネルとディズニー・ジュニアで進行しているそうだ。@@cutter Varietyによると、新しいシリーズは『The Lion Guard(原題)』。1994年の長編アニメ『ライオン・キング』に続くストーリーになるという。来年の秋頃を目処にまず、テレビムービーを放送し、2016年初旬にテレビシリーズ化を展開する予定とのこと。  ディズニー・ジュニア・ワールドワイドのナンシー・カンターは「ディズニーの往年の大切なキャラクターたちや新しい仲間たち、ヒーローたちを、新しい世代の子供たちに紹介できることを心待ちにしています」と話している。  新シリーズの主人公はシンバとナラの2番目の子供キオン(Kion)。家族の生息地プライド・ランドを守るグループのメンバーとして活躍するキオンの姿を描きながら、環境保護を提唱するメッセージ性の高い番組にする予定だそう。  また、キオンと共にプライド・ランドを守る仲間に、ラーテルのブンガ(Bunga)やチーターのフリ(Fuli)、カバのベステ(Beshte)などの新キャラクターが登場。お馴染みのキャラクター=シンバやナラ、ミーアキャットのティモン、イボイノシシのプンバァ、キオンの姉キアラなども特別出演するとのことだ。企画・製作総指揮はディズニー・アニメ『きんきゅうしゅつどう隊OSO』のフォード・ライリー。監督は『ジェイクとネバーランドのかいぞくたち』のハウィー・パーキンスが務める。  『ライオン・キング』(94)はアフリカのサバンナを舞台に、プライド・ランドの王子として生まれながら、叔父スカーの陰謀により父ムファサを殺され王国を追われたシンバが、故国の窮状のために立ち上がるというストーリー。キオンの姉キアラを主人公にしたDVDスルーの続編『ライオン・キング2 シンバズ・プライド』(98)や、『ライオン・キング3 ハクナ・マタタ』があるほか、2011年には1作目のデジタル3D版が公開されている。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access