クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ダコタ・ファニングが美術評論家の妻役に!脚本を手掛けるのは女優エマ・トンプソン

映画

  • twitter
  • facebook
妻役を演じるまでに成長しました!
妻役を演じるまでに成長しました! (C)AFLO

関連 :

ダコタ・ファニング

エマ・トンプソン

トム・スターリッジ

ジュリー・ウォルターズ

デレク・ジャコビ

リチャード・ラクストン

  「ランナウェイズ」のダコタ・ファニングが、新作で19世紀の美術評論家ジョン・ラスキンの9歳年下の妻ユーフィミア(愛称エフィー)を演じる。

【関連写真】ダコタ・ファニング、名門ニューヨーク大学に進学;




  二人は結婚後、実際の夫婦生活がなかったことから6年後に離婚。エフィーは夫と交流のあった画家ジョン・エヴァレット・ミレーと結婚した。

  脚本は「ナニー・マクフィー」などの脚本を手掛ける女優エマ・トンプソン。監督はTV映画出身のリチャード・ラクストン。

  エフィーの夫ジョン・ラスキン役は、脚本のエマの夫グレッグ・ワイズ。エマ自身もエフィーが信頼するレディ・イーストレイク役で出演。後にエフィーの夫となるミレー役は「パイレーツ・ロック」のトム・スターリッジ。エフィーの両親を「英国王のスピーチ」のデレク・ジャコビと「ハリー・ポッター」シリーズのジュリー・ウォルターズが演じる。 

  ジョニー・デップ、オーランド・ブルームらBIGアクターズ最新インタビューが掲載!SCREEN10月号は絶賛発売中。(SCREEN 11月号より)

関連情報

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

クランクイン!トレンド最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access