クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

相葉雅紀「これまでの僕とは対極のイメージに!」 ドラマ『今日からヒットマン』で会社員兼殺し屋役で主演

ドラマ

金曜ナイトドラマ『今日からヒットマン』ティザービジュアル
金曜ナイトドラマ『今日からヒットマン』ティザービジュアル(C)テレビ朝日

 相葉雅紀が主演するドラマ『今日からヒットマン』が、テレビ朝日系にて10月より毎週金曜23時15分に放送されることが決まった。

【写真】相葉雅紀&櫻井翔が『夜会』で共演

 本作は、2005~15年に「週刊漫画ゴラク」(日本文芸社)にて連載されたむとうひろしによるガンアクション漫画をドラマ化。平凡なサラリーマンが、ある日突然、伝説の殺し屋の名を継ぐことに?

 主人公・稲葉十吉(いなば・とうきち)を演じるのは相葉雅紀。連続ドラマ主演は『和田家の男たち』(2021年/テレビ朝日系)以来、2年ぶりとなるが、「お話をいただいた時から、今までにやったことのないヒットマンという役柄をすごく楽しみにしていました!」と、初のヒットマン役を演じることに相葉自身もワクワクしている様子で、新たな挑戦に瞳を輝かせる。

 妻に頭の上がらない平凡なサラリーマン・稲葉十吉。彼はある日、偶然にも《二丁》と呼ばれるすご腕ヒットマンと出会ってしまう。《二丁》は突然、自分の標的を殺して自分の女を助けろと命令し、助からなかった時は、十吉と家族を皆殺しにすると言い出し…。

 サラリーマンとヒットマンの《二刀流》の生活を送ることになる十吉だが、その根底にあるのは妻子を守るという“家族愛”。十吉のオモテの顔とウラの顔を、相葉がどのようなアプローチで体現してくれるのか。

 さらに、今作の見どころのひとつとなるのが、原作漫画でも存分に描かれているガンアクション。相葉は主に銃の構えから入念に練習し撮影に臨んでいるそうで、基本的な構造や、実際にどのように持つのかなどを重点的に事前に練習していた様子。また、十吉がサラリーマンからヒットマン《二丁》へと変身する際には「これまでの僕のイメージにはない、まさに対極」と語り、優しくさわやかな相葉から一転、“ハードモード”な相葉を見せる。

 脚本は『ゴッドタン』(テレビ東京系/毎週土曜25時50分)や『バナナサンド』(TBS系/毎週火曜20時)など人気バラエティー番組の構成作家を務めるオークラが担当。監督を務めるのは『トリック』シリーズ(テレビ朝日系)や『警視庁アウトサイダー』(テレビ朝日系)を手掛けた木村ひさし。

 金曜ナイトドラマ『今日からヒットマン』は、テレビ朝日系にて10月より毎週金曜23時15分放送。

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る