クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

THE BOOMの「島唄」映画化決定、最新のサウンドで「島唄」も復活

映画

  • twitter
  • facebook
THE BOOMの名曲「島唄」が短編ドキュメンタリーに!
THE BOOMの名曲「島唄」が短編ドキュメンタリーに! 

 150万枚を超えるセールスを記録して、その後も世界各国でカバーされ広がりを続けている4人組のバンドTHE BOOMの「島唄」の映画化が決定。THE BOOMはレコード会社をよしもとアールアンドシーに移籍、2013年、THE BOOMの最新サウンドでニュー・レコーディングされた「島唄」が、シングルとして発売される。

ISSA、「琉神マブヤー」で沖縄ヒーローに!「普段の僕は方言丸出し」故郷・沖縄を語る

 「島唄」は20年前、東京のバンドTHE BOOMのアルバムの中の一曲として発表された。当初は沖縄県限定で発売したが、全国的に大ヒット。「島唄」はその後も100組近いアーティストにカバーされている名曲だ。今年新たによみがえる「島唄」(3月20日発売)は、これまで歌い繋いでくれた沖縄の人々への感謝の気持ちも込めて制作される。

 再度、沖縄の人々を撮影したPVの制作も行われ、その制作風景と、宮沢和史が提唱し昨年読谷村でスタートした「くるちの杜 100年プロジェクトin読谷」(沖縄文化の象徴・三線。その棹の原材料である黒木(くるち)を毎年植樹し、100年かけて育てていくプロジェクト)に託された未来への想いを盛り込んだ短編ドキュメンタリー映画「THE BOOM 島唄のものがたり」を制作することになった。過去から現在に至る20年という時間、現在から未来へとつながる100年の時間を込めた作品を目指す。

 映画に出演するのは、THE BOOMの宮沢和史、読谷村の人々、沖縄出身著名人。メガホンをとるのは沖縄県出身の真喜屋力監督。「島唄」楽曲誕生にまつわる話、沖縄での「島唄」の共感や反感にまつわるエピソード、三線の主要な材料である、くるちが輸入に頼っている現実などの内容が描かれるという。

 「THE BOOM 島唄のものがたり」は、2013年3月23日(土)~3月30日(土)開催の第5回沖縄国際映画祭に出品される。

関連情報

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access