クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

庵野秀明監督『マイティジャック』実写化を希望!豪華メンバーがSF作品を熱く語る

海外ドラマ

  • twitter
  • facebook
「GALACTICA/ギャラクティカ」10周年イベントも出席した、樋口真嗣、坂口芳貞、庵野秀明、出渕裕
「GALACTICA/ギャラクティカ」10周年イベントも出席した、樋口真嗣、坂口芳貞、庵野秀明、出渕裕

関連 :

庵野秀明

樋口真嗣

坂口芳貞

出渕裕

 SF海外ドラマ『GALACTICA/ギャラクティカ』のスピンオフ作品『BLOOD&CHROME/最高機密指令』ブルーレイ&DVDリリースを記念したイベントが、26日、都内で開催され、庵野秀明、樋口真嗣、坂口芳貞、出渕裕ら豪華監督たちがトークショーを行った。

【関連】庵野秀明、樋口真嗣、坂口芳貞、出渕裕らが激論を交わした『GALACTICA』イベントの様子

 2003年にアメリカで放送が開始されて以来、世界各国で多くのファンに支持されてきたSFサバイバル・アクション『GALACTICA/ギャラクティカ』。この日のイベントは、根強い人気を持つ同シリーズの『BLOOD&CHROME/最高機密指令』のフルHDによる試写会の前に、『GALACTICA/ギャラクティカ』ファンの庵野、樋口両監督と「宇宙戦艦ヤマト2199」監督・メカニックデザイナーの出渕、そして『GALACTICA/ギャラクティカ』シリーズのウィリアム・アダマ艦長の吹き替えを担当している坂口が、『GALACTICA/ギャラクティカ』の魅力を語り合おうというもの。

 会場の観客と共に、約10分間のダイジェスト版を見た4人。出渕が「ヤマトとギャラクティカには似ている部分がある、お互いフィードバックをしあう関係。あえてアナログにしている部分に共通点があると思います」と、シリーズの魅力についてコメントすると、樋口は「既成概念を疑ってその中の人間関係をどこまでギチギチにできるかとか、『ダークナイト』は『GALACTICA』のパクリですね。『ダークナイト』に足りないのが(主人公)アダマ艦長の父性。アダマの内面での艦長と父親の対立は、『ダークナイト』にはないものです」と独自の視点から絶賛。庵野も「SFに限らず、アメリカの作品で船をちゃんと扱っている作品はあまりないですが、『GALACTICA』は戦艦をちゃんと描写しています。素晴らしいです。本当に、NCC‐1701(エンタープライズ号)の使い方も良くない! 船を描く時に必須なのは、撃ち合い。これはね、(宇宙戦艦ヤマト)2199にも足りない! もっとやろうよ、撃ち合い!」と、出渕に猛プッシュも。

 更に「『マイティジャック』を実写でやりたいです」と伝説の国産SFテレビシリーズのリメイクに手を挙げた庵野は、「でも、今はCGだからアニメと一緒。旧海軍の艦艇とオリジナルの『宇宙戦艦ヤマト』が好きでした。もともと、大きいものに大砲が付いているのが好きですが、『GALACTICA』は本当に溜飲が下がる映像です。船はこうでなくちゃというシーズン4のラストが良いですね。戦艦の最後は体当たり、これは外せません」と、軍艦愛を語り続けた。あっという間に予定時間が過ぎ、最後は坂口からアダマ艦長としてサーガ10周年の訓示が。「当然のことながら字幕版も素晴らしいが、日本語吹き替え版はもっと素晴らしい。GALACTICAという希望を載せた艦の同乗者を更に増やしていこうではないか!」と、熱く檄を飛ばした。

 『GALACTICA/ギャラクティカ』製作10周年記念スピンオフ『BLOOD&CHROME/最高機密指令』ブルーレイ&DVDは6月26日発売。同日、『GALACTICA/ギャラクティカ』シーズン3、シーズン4のブルーレイBOXも発売。

この記事の写真を見る


関連情報

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access