クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『ドラゴン・タトゥーの女』続編、『セブン』脚本家がリライト!?

映画

 出演者や監督が決まらず、製作が未着手状態だったソニー・ピクチャーズ『ドラゴン・タトゥーの女』(12)の続編『The Girl Who Played With Fire(原題)』だが、前作の監督デヴィッド・フィンチャーの1995年作品『セブン』で脚本を担当したアンドリュー・ケヴィン・ウォーカーが本作の脚本に参加すると、エンタメサイトIndiewireを含む複数のメディアが報じた。

『ドラゴン・タトゥーの女』続編の製作が難航中。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access