クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

松本人志監督最新作『R100』 熱烈オファーで3度目のトロント国際映画祭正式出品

映画

  • twitter
  • facebook
松本人志監督最新作『R100』衝撃の場面写真公開!
松本人志監督最新作『R100』衝撃の場面写真公開!(C)吉本興業株式会社

関連 :

松本人志

大森南朋

冨永愛

 10月5日公開の松本人志監督最新作『R100』が、9月5日(現地時間)より開催される第38回トロント国際映画祭において、最高賞である“観客賞”が設けられた「ミッドナイト・マッドネス部門」に正式出品されることが決定した。

【関連】大森南朋に冨永愛の蹴りが炸裂! 松本人志監督『R100』衝撃フォト解禁

 本映画祭は「映画祭のなかの映画祭」と呼ばれ、北米最大かつ最多プレミア数を誇り、「オスカー・レースはここからはじまる」と言われるほど国際的注目度が高い。さらに、今回出品される「ミッドナイトマッドネス部門」は、最高賞である“観客賞”が設けられている3部門の1つで、独特の世界観を持つ作品を上映していることで有名。「エッジの効いた才能の聖地」とも呼ばれている。

 松本監督の同部門への出品は、初監督作品『大日本人』、2作目『しんぼる』に続く3回目。すでに過去2作品で熱狂的な観客を獲得しており、本作に対しては完成前より映画祭側から熱烈なオファーを受けていたという。また、同部門への3作品の出品は異例ともいえ、松本監督の才能がいかに高く評価されているかが伺える。

 同映画祭のプログラミングディレクターであるコリン・ゲデス氏は「松本監督は映画祭の観客が大喜びする最高傑作を作り上げた。彼のワイルドな演出スタイルは大いに話題。そのイマジネーションと独特の世界観に彩られた作品を楽しみしている」とコメント。

  すでに作品を観たという主演の大森は「松本人志監督のぶっちぎりの世界観の中に居させて頂いた事がとても幸せであり、楽しかったです」と感想を述べており、トロント映画祭の観客に向けて「深夜の上映になるとお聞きしておりますが、この作品は、眠気が襲ってくる事は決してありません。是非お楽しみください」とメッセージを寄せている。

 さらに今回、衝撃の予告映像に続き、場面写真も公開された。ボンテージ美女の1人でもある冨永愛が、主人公の大森南朋に蹴りを入れるという衝撃的な瞬間だ。秘密のベールが徐々に脱がされ、公開への期待もどんどん高まっていく。

 松本人志監督が描く、究極の未体験リアル・ファンタジー・エンターテイメント『R100』は、10月5日より全国ロードショー。

関連情報

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access