クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

綾野剛「カオス状態だった」 満島ひかりと共演した『夏の終り』撮影を振り返る

映画

  • twitter
  • facebook
『夏の終り』完成披露試写会に登場した綾野剛
『夏の終り』完成披露試写会に登場した綾野剛 

関連 :

綾野剛

満島ひかり

小林薫

熊切和嘉

瀬戸内寂聴

 満島ひかり、綾野剛、小林薫らが14日、都内で行われた映画『夏の終り』の完成披露試写会に型染のオリジナル浴衣姿で登場した。

【関連】オリジナルの浴衣姿で登場した『夏の終り』完成披露試写会フォトギャラリー

 それぞれの浴衣はキャスト自身が色味を指定した一点もの。灰色を選んだ綾野は「撮影現場は混沌としたカオス状態だったので……。この色味が浅くて深くてカッコ良くて『これで』と。その会話しか覚えていません」とその理由を説明。また撮影については「凄い現場だったので、非常にグチャッとした状態で芝居をしていたし、勇み足で走ったのでブイって。監督は素敵なややこしい人なので、グチャッとした(印象)しか残っていません」と独特過ぎる言いまわしで振り返っていた。

 同作は、瀬戸内寂聴が自身の体験をもとに書いたロング・ベストセラー小説の映画化。妻子ある小説家・慎吾(小林)と長年暮らしている和子(満島)が、過去に駆け落ちした年下の男・涼太(綾野)と再会したことから、深い愛欲の淵に落ちていく様を描く。

 型染で生計を立てる役どころを演じた満島は「1ヵ月くらいの準備期間の中で、週3で文化服装学院に通って、お家の中でも型染をしていました」と役作りに余念がなかったようだが「今まであった仕事の中で型染が一番楽しかったですね。お芝居よりも」と女優業をも超える型染の魅力にゾッコン。一方、撮影を「グチャッ」とまとめた綾野は「作品はグチャッとなっているのかな? と思ったけれど、結構整頓されて見やすくなっている」と完成には手応えを感じていた。

 映画『夏の終り』は8月31日より、全国公開

この記事の写真を見る


関連情報

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv