クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

『鷹の爪GO』主題歌にまさかのm‐floが決定! 監督のダメもとオファーを快諾

アニメ・コミック

  • twitter
  • facebook
m‐floが話題の女性ラッパーdaokoと初コラボ!
m‐floが話題の女性ラッパーdaokoと初コラボ!

関連 :

m-flo

DAOKO

FROGMAN

 前作から3年ぶりとなる「秘密結社 鷹の爪」シリーズの劇場版最新作『鷹の爪GO~美しきエリエール消臭プラス~』のエンディングテーマが、m‐flo+daoko「IRONY」に決定した。

【関連】監督のダメ元オファーで実現! 主題歌を歌うm‐flo+daoko フォト拡大

 これまでにも「鷹の爪」劇場版では、イギリスの注目バンド“the HOOSiERS”や、世界中が感動した奇跡の歌声“スーザン・ボイル”など、思いもよらないアーティストを主題歌に起用し、話題をさらってきた。鷹の爪史上最高に泣けると謳われている本作では、VERBALと☆Takuからなるプロデュースユニット“m‐flo”と、16歳の高校生ラップ女子“daoko”による主題歌が起用される。daokoはニコニコ動画/ニコラップに投稿した楽曲で注目を集め、昨年にはファーストアルバムを出すなど今後の活躍が期待される女性ラッパー。

 m‐floと本作の監督FROGMANとの出会いは、もともと監督の作品を好きだった☆TakuがDJをしているイベントで会ったのが最初で、その際「何か一緒に仕事が出来たらいいな」と話をしたという。そして今回、監督がm‐floの音楽性を尊敬していたということもあり、ダメもとでオファーをしたところ快諾を得た。

 初めて曲を聴いたFROGMAN監督は、「m‐floの懐の深さと感性の鋭さには脱帽しました。木漏れ日、憧憬という非常にデリケートで微妙なニュアンスを伝えていましたが、それらを余すことなく再現されてました」と完成度の高さに驚いた様子。また、「ささやかな幸福感と寂寥感、悲しいような希望があるような、いろんな感情がない交ぜになった雰囲気」と曲の印象を語った。

 daokoは「聴いていて心地の良い曲だなと感じました。予想外の組み合わせで不安もたくさんあり、どんな楽曲に仕上がるのかドキドキしていたのですが、完成したものを聴いてドキドキがワクワクに変わりました」と初めてのコラボをとても楽しんだ様子。

 一方、m‐floのVERBALも「FROGMAN監督の作品にも見られるような一瞬ハッとするような毒(ウィット)やとがった表現を盛り込んだ作品に仕上がっています」とコメント。「久しぶりにメロウな曲調に仕上がり、初期のm‐floの懐かしさに今のm‐floのエッセンスをプラスした満足いく作品になりました」とも語っており、完成した楽曲に期待が高まる。

 m‐flo+daoko「IRONY」は9月11日よりiTunes、レコチョク他配信限定リリース。ジャケットはFROGMAN監督による特別描き下ろし。

 『鷹の爪GO~美しきエリエール消臭プラス~』は9月13日より全国公開。

関連情報

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

クランクイン!トレンド最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access