アシュトン・カッチャー、ドラマ1話分のギャラは7000万円以上!

海外ドラマ

  • twitter
  • facebook
アシュトン・カッチャー、ドラマ1話分のギャラはなんと7000万円以上!
アシュトン・カッチャー、ドラマ1話分のギャラはなんと7000万円以上!(C)AFLO

関連 :

マーク・ハーモン

クレア・デインズ

マイケル・ウェザリー

ピーター・ディンクレイジ

アシュトン・カッチャー

ジェイソン・シーゲル

ロビン・ウィリアムズ

 米テレビ情報誌の「TV Guide」は現地時間8月20日、毎年恒例の「テレビで最も稼いだスター」のランキングを発表。ドラマ部門、コメディ部門、リアリティ番組部門、深夜のトーク番組部門、ニュース部門、昼間の番組/シンジケーション部門の6部門で、出演料を最も稼いだセレブをそれぞれ5名選出した。

【関連】歴代海外ドラマで最もホットな女優は誰!? TOP10ランキングが発表

 ドラマ部門とコメディ部門では1エピソードあたりの出演料で順位が決定しているが、栄えある1位に輝いたのは、日本でもお馴染みの『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』のギブス役=マーク・ハーモン。マークの1エピソードあたりの出演料は52万5000ドル(約5160万円)。プラス、局が本番組で得た利益の一部が加算されるとのこと。

 同部門では共演者のマイケル・ウェザリーもマークの約半額である25万ドル(約2460万円)で3位にランクインしている。

 コメディ部門では、チャーリー・シーンに代わって2011年から出演している『ハーパー★ボーイズ』のアシュトン・カッチャー。1エピソードあたり75万ドル(約7370万円)の獲得で、ドラマ部門のマークよりも高額の設定だ。

 今回は日本でもお馴染みの名前や番組名が並ぶドラマ部門とコメディ部門のランキングを紹介する。

ドラマ部門(1エピソードあたりの出演料)
1位 マーク・ハーモン/『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』/52万5000ドル(約5160万円)+利益の一部
2位 クレア・デインズ/『HOMELAND/ホームランド』/25万ドル(約2460万円)
2位 マイケル・ウェザリー/『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』/25万ドル(約2460万円)
4位 ピーター・ディンクレイジ/『ゲーム・オブ・スローンズ』/15万ドル(約1470万円)
5位 タチアナ・マスラニー/『Orphan Black(原題)』/5万ドル(約491万円)

コメディ部門(1エピソードあたりの出演料)
1位 アシュトン・カッチャー/『ハーパー★ボーイズ』/75万ドル(約7370万円)
2位 ジェイソン・シーゲル/『ママと恋に落ちるまで』/22万5000万ドル(約2210万円)
3位 エイミー・ポーラー/『Parks and Recreation(原題)』/20万ドル(約1960万円)
4位 ロビン・ウィリアムズ/『The Crazy Ones(原題)』/16.5万ドル(約1620万円)
5位 マックス・グリーンフィールド/『New Girl ~ダサかわ女子と三銃士』/7万5000ドル(約736万円)

関連情報

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access