クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

世界で最も有名な探偵“シャーロック・ホームズ”をドラマ&ドキュメンタリーで楽しむ

海外ドラマ

  • twitter
  • facebook
『シャーロック・ホームズの冒険』
『シャーロック・ホームズの冒険』(C)AFLO

 世界でもっとも有名な探偵、シャーロック・ホームズ。今秋、彼の魅力にどっぷりとはまれる番組が続々登場する。

【関連】ジェレミー・ブレッド演じる原作通りのシャーロック・ホームズ フォトギャラリー

 10月6日24時30分からBSプレミアムにてスタートする『シャーロック・ホームズの冒険ハイビジョンリマスター版』(毎週日曜24時30分から放送)。アーサー・コナン・ドイルが生んだ名探偵シャーロック・ホームズを、イギリスの名優ジェレミー・ブレットが演じ、「原作にもっともイメージが近い」とファンの間でも呼び声が高い本シリーズ。イギリスで1984年から制作され、日本ではNHKで85年から放送された伝説のドラマがハイビジョン映像で再び甦る。同シリーズの長編「バスカビル家の犬」は、10月27日15時より放送。

 11月2日19時からは、Eテレにて『地球ドラマチック 名探偵シャーロックは今も生きている!? 』(仮)を放送。シャーロック・ホームズの原作が書かれた頃、警察の捜査は極めて単純だったが、作品の影響で世界中に科学的な捜査手法が広がった。また、ホームズの特徴的キャラクターは、他の娯楽作品にも大きな影響を与えた。そんなホームズの愛好家や実際に犯罪捜査で活躍する人々、原作者コナン・ドイルの貴重なインタビュー、さらに新旧ホームズドラマの映像を交えながら、小説の中のホームズが実世界をどう変えたかを追う。

 11月5日、6日24時からは、BS1にて『BS世界のドキュメンタリー “科学捜査官”シャーロック・ホームズ』(仮)前後編を放送。歴史上初めて事件現場で科学的な捜査を行ったのは、小説の中のホームズだった。とび抜けた観察眼と推理力を持つ彼は、奇抜な手法で次々と謎を解明し、事件を解決。60編に及ぶシリーズ小説は警察の捜査の手本となり、悪質な犯罪の解決に役立ったという。

 最新技術を駆使している現代のCSI捜査官たちもホームズを崇拝しており、多くは彼の理論的な思考法を実践し、彼がいなければ今のCSIはなかったと断言するほど。ホームズが解決した数々の事件を例に、彼が現実の犯罪科学に及ぼした影響を検証する。

 秋の夜長は、名探偵シャーロック・ホームズと一緒に極上の謎解きに挑戦してみてはいかがだろうか…?

この記事の写真を見る


関連情報

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access