クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

村上虹郎、初めて“役者”を演じ「難しかった」 『ソワレ』特別映像公開

映画

  • twitter
  • facebook
映画『ソワレ』場面写真
映画『ソワレ』場面写真(C)2020ソワレフィルムパートナーズ

関連 :

村上虹郎

芋生悠

小泉今日子

豊原功補

 若手俳優の村上虹郎と新進女優の芋生悠がダブル主演し、若い男女の切ない逃避行を描く映画『ソワレ』より、特別映像が公開された。村上が演じた役柄や本作の魅力などを語る姿を収めている。

【写真】村上虹郎&芋生悠、2人の切ない表情も『ソワレ』場面カット

 本作は、2018年9月に小泉今日子、豊原功補、外山文治監督らで立ち上げた映画制作会社「新世界合同会社」の第1回プロデュース作品。和歌山を舞台に、ある事件をきっかけに追われる身になった若い男女が、逃避行の中でそれぞれに「生きる理由」があることを発見するまでを描く、ひと夏の物語だ。老老介護の厳しい現実を見つめた短編『此の岸のこと』(2010)や長編デビュー作『燦燦‐さんさん‐』(2013)で世界から高評価を受けた外山監督がオリジナル脚本でメガホンをとる。

 キャストには、村上と、100人以上のオーディションから抜てきされた芋生のほか、岡部たかし、康すおん、塚原大助、花王おさむ、田川可奈美、江口のりこ、石橋けい、山本浩司らが出演する。

 俳優を目指して上京するも結果が出ず、今ではオレオレ詐欺に加担して食い扶持を稼いでいる翔太(村上)。ある夏の日、故郷・和歌山の海辺にある高齢者施設で演劇を教えることになった翔太は、そこで働くタカラ(芋生)と出会う。

 数日後、祭りに誘うためにタカラの家を訪れた翔太は、刑務所帰りの父親から激しい暴行を受けるタカラを目撃する。とっさに止めに入る翔太。それをかばうタカラの手が血に染まる。逃げ場のない現実に絶望し佇むタカラを見つめる翔太は、やがてその手を取って夏のざわめきの中に駆け出していく。こうして、二人の「かけおち」とも呼べる逃避行の旅が始まった。

 これまで多様な役柄を演じてきたものの、自身と同じ「役者」役は本作がはじめてだという村上。そういったことから、村上は翔太役を演じるのが「難しかった」と口にすることが多く、外山監督と事前に密に連絡を取り合ったり、豊原や小泉とも相談しながら役を詰めていったという。

 特別映像で、村上は本作を「脚本を読まずに出演を決めた特殊な作品」だと語り、その理由として過去に短編で組んだことのある外山監督とのタッグ、さらに、豊原と小泉による映画プロデュース1作目ということを挙げた。かつての自分の仕事ぶりを評価されたような形でのオファーに対しては「嬉しかったですね。(脚本を読まずに出演を決めたのは)そういうのは初めてです」と明かしている。

 自身が演じた翔太については「自分がどういうことを努力すればいいのかわからないし、どういう心持ちでいけば正解かもわからないし。不明確というか、確固たるものがない」と評し、「そこが演じる上での面白さでした」と役柄への手応えをにじませた。

 映画『ソワレ』は8月28日より全国公開。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv