『マジェスティックプリンス』イズル役の相葉裕樹「オーディションで役を勝ち取った」

アニメ・コミック

『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』主人公イズルの声を担当する相葉裕樹
『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』主人公イズルの声を担当する相葉裕樹

 『刀語』『ヨルムンガンド』の元永慶太郎を監督に迎え、『機動戦士ガンダムSEED』『蒼穹のファフナー』等で、個性豊かなキャラクター達を描き出した平井久司がキャラクターデザイン、『けいおん!』の吉田玲子がストーリーを紡ぐ、完全オリジナルアニメーション『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』。今回、本作の主人公ヒタチ・イズルの声を担当する俳優・相葉裕樹に単独インタビューを行った。

【関連】クオリティが高い!『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』場面写真

 主人公イズルの声を担当する彼は、現在放送中のドラマ『35歳の高校生』に出演する俳優であり、主にドラマや映画、舞台などで活躍、声優としての仕事は今回で3度目である。それでも"自信"を持って話す背景には「オーディションで勝ち取った」という理由があるからだろう。

 だからと言ってプレッシャーを感じないわけではない。「プレッシャーはあります。(今まで)俳優としてやってきたので…」と正直に告白する。「ですがそういうことに関係なく、僕が俳優として培ってきたものを前提に、今回の現場ではぶつかって行こうと。もちろん、足りない部分はあるのですが、それは先輩から見て学んで、やって学んでという感じです。とにかく真摯に!なんせ経験がないですから、やれることを全部やろうと思って臨んでいます」とキッパリ。最近よく見かける、アニメの声優に挑戦する"有名人"とはひと味もふた味も違うようだ。

 とはいえ、アニメの主役を演じることについては「僕なんかがというのがあるのですが、本当に光栄です」と素直に喜ぶ。「決定の連絡が来たときは、『ホントですか!?』と(笑)。『なぜ?なぜ僕だったのでしょう?』そんな気持ちでした(笑)」とキャスティングに決まった当時を振り返る。現在は、「まさか自分がアニメの主役で声優をやれるとは思っていなかったので…。このような形で『マジェスティックプリンス』のイズルという役を出来ているということが幸せですね」とのこと。

1ページ(全2ページ中)

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access