クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

マフィア×タフガイ×カウボーイ 豪華キャスト集結の斬新クライム・アクション大作『VEGAS/ベガス』が日本初上陸!

海外ドラマ

マフィア×タフガイ×カウボーイ 豪華キャスト集結の斬新クライム・アクション大作が日本上陸!「VEGAS」
  • 公式サイト
  • 予告編

『ウルヴァリン:SAMURAI』『ナイト&デイ』のジェームズ・マンゴールド監督が製作総指揮を務めた、クライム・アクション大作ドラマ『VEGAS/ベガス』は、1960年代のラスベガスを舞台に、保安官ラルフ・ラムと、街を牛耳ろうとするマフィア、ヴィンセント・サヴィーノとの攻防や、マフィア同士の熾烈な争い、許されぬ恋など、様々なフックを盛り込み、全米で初回視聴者数1490万人獲得の大ヒットに。そんなヒット作の見どころを探る。(文:安保有希子)

  • リアルな60年代と豪華キャスト
  • いますぐ取り入れたい要素満載
  • プライベートでもタフガイの2人
リアルに再現された1960年代のラスベガスを舞台に、豪華キャストたちが熱演

 全米での初回視聴者数1490万人。日曜夜のNFL中継やエミー賞受賞式に匹敵する驚異的な数字を叩き出し、大ヒットを記録したクライム・アクション大作ドラマ『VEGAS/ベガス』。物語の舞台は1960年代のラスベガス。カウボーイから保安官となった実在の人物ラルフ・ラムと、カジノを仕切るマフィア、ヴィンセント・サヴィーノとの激しい攻防戦を大軸に、ラルフの抜群の洞察力と推理力で事件を解決していく1話完結型のサスペンスあり、ラルフの弟で保安官ジャックの許されざる恋、ラルフと幼馴染みキャサリンとの大人の恋ありと、様々なドラマが描かれていく。

驚かされるのが、メインの舞台となる“目抜き通り”を筆頭に、現在も営業する“ゴールデン ナゲット ホテル&カジノ”などが完璧に再現された1960年代のラスベガスの街並みだ。建物に貼られているポスターや看板、カジノの内装、キャストの衣装、当時の車等、細部も忠実に再現されているので、目をじっと凝らして見てほしい。歴史的価値だけでなく、急速に都市化が進んでいくラスベガスの“熱”も感じられるだろう。

 そんなリアルなラスベガスを背景に、『デイ・アフター・トゥモロー』『オールド・ルーキー』のデニス・クエイド、『ファンタスティック・フォー』シリーズのマイケル・チクリス、『マトリックス』シリーズのキャリー=アン・モスら豪華キャストが集結。彼らの本気の演技バトルは引き込まれること必至。ラスベガス以上に熱すぎる!!

保安官ラルフは、地方検事補キャサリンの協力を得ながら、弟のジャック、息子のディクソンとともに、カジノ・ホテル“サヴォイ”を拠点にラスベガスを牛耳ろうとするマフィアのヴィンセント・サヴィーノに立ち向かう。だが、政治にも裏から手を回すサヴィーノの手口は狡猾で、一筋縄ではいかない。そんなとき、ジャックがマフィアの幹部の娘ミアと惹かれ合ってしまい…。

人物相関図

黄金の60年代と呼ばれるほど、アメリカ経済は活気に満ちていた。その繁栄を象徴するかのように、ファッションは色鮮やかで開放的なものとなり、生活水準は世界がうらやむ高レベルへ。一方、ラスベガスの街は“エンターテインメント”ではなく、“ギャンブル”のイメージが強かったが、華やかそのもの。そんな60年代には、男女ともに酔いしれポイントがたくさん。ぜひ“今”に取り入れてみたい。

保安官ラルフとマフィアのサヴィーノ。立場や目的はまったく違うが、ラスベガスへの思いは深い。そんな2人だからこそ、熱さほとばしる名言が続々!ラルフは荒くれ者どもに対して、「今は俺こそが法だ」「カウボーイの帽子と人の女には絶対触るな」と睨みを利かせ、一方のサヴィーノは「時期を見て俺が何とかする。物事は1歩ずつだ」と熱くなる部下を諭しつつも、罪のない人を殴った部下に対しては「俺が殴れと言ったか?ケダモノを扱うのが仕事か?」と、すさまじい勢いで恫喝する。このような熱い言葉、ちょっとマネしてみたい。

今シーズン最新トレンドの“ペンシルスカート”。鉛筆のようなほっそりとしたシルエットが特徴で、ハイウエストのものは脚長&ウエスト細見え効果があるため、若い女性を中心に大ブレイク。実はこのペンシルスカート、1960年代に流行ったスタイルで、劇中のキャリー=アン・モスやサラ・ジョーンズも、もちろん身に着けており、ベルトの使い方、スカート丈とヒールの高さのバランス、ブラウスとスカートの配色など、どうやればエレガントに着こなせるか、参考になることが多い。要チェックだ。

キャラクター同様プライベートもタフな男たち

正義感の塊のような人物で、周囲からの信頼も厚く、喧嘩やライフルの腕前も一流。まさにパーフェクトなタフガイの保安官ラルフ。そして、彼の好敵手サヴィーノは、優秀な頭脳と凶暴性を兼ね備えた人物。そんな男っぷり抜群の2人を演じるデニス・クエイドとマイケル・チクリス、実はプライベートもかなりのタフガイ。そんな2人の私生活とは?

戦争中に軍警察として活躍した経歴から保安官に就任したラルフは、実直で正義感が強く、腕っぷしの強さはもちろんのこと、ライフルの腕前も一流と、まさに男のなかの男。そんなタフガイを演じるのが、『エデンより彼方に』で数々の賞を受賞した名優デニス・クエイドだ。彼は俳優として活動するかたわら、“ the Sharks”というロックバンドでギターとボーカルを担当。ラスベガスやロサンゼルスなど、全米各地で熱唱し、フェスに呼ばれるほどの人気ぶり。さらに、パイロットの資格も有しており、男っぷりは抜群だ。

カジノ・ホテル“サヴォイ”の新支配人としてやって来たマフィアの一員、サヴィーノは過激で凶暴な一面もあるが、政治に裏から手を回す狡猾さも有する侮れない人物。そんな二面性が魅力なサヴィーノに扮するのが、ドラマ『ザ・シールド ルール無用の警察バッジ』でヴィック・マッキー刑事を演じて大絶賛されたマイケル・チクリス。彼は妻と娘2人という女だらけの家庭で、孤立せず、最高のパパっぷりを発揮!家族4人で仲良く歩いている姿などがよくパパラッチされている。女ばかりのなかで上手くやるには相当の忍耐と努力が必要。まさにタフガイだ!

オススメ番組
  • 10月3日(木)22時スタート!毎週木曜22時ほか

    美しきヴァンパイア兄弟と女子高生とのラブ・トライアングルを描く、今アメリカの若者の間で最も話題を集めている大ヒット・ドラマ。シーズン3日本初放送スタート!

  • 10月11日(金)22時スタート!毎週金曜22時ほか

    ピーター・ビショップが存在しない「第三の世界」が幕を開け、二つの平行世界の人々が破滅を回避すべく協力し合う新シーズン! 映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のJ.J.エイブラムスが放つ超大作、シーズン4日本初放送スタート!

  • 11月5日(火)22時スタート!毎週火曜22時ほか

    刑事サラ・ルンド、最後の事件。デンマーク発、英国アカデミー賞 BAFTA 受賞の大ヒットミステリー。ファイナル・シーズン、独占日本初放送!

  • 11月20日(水)23時

    ジェームズ・スペイダー主演、映画並みのスケールで描かれる迫力のアクションと練り上げられた心理サスペンス!全米放送開始前から「2013年新番組の大本命」と話題沸騰の最新超大型サスペンス、早くも日本初上陸、第1話先行プレミア放送!


あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access