夏目三久、大好きな『ドラえもん』出演に感無量!自身の冒険についても語る

アニメ・コミック

感想が耳に入ってくるのも怖い!? 夏目三久、映画『ドラえもん』 アフレコについて語る
感想が耳に入ってくるのも怖い!? 夏目三久、映画『ドラえもん』 アフレコについて語る クランクイン!

 “充実一途”。夏目三久にはそんな言葉がぴったり当てはまる。2011年に日本テレビを退社後、タレントに転身、報道番組からバラエティーの進行、ラジオのMCと活躍の場は広がり、4月からはTBS『朝ズバッ!』の後を受けた情報番組の司会を務める。そんな飛ぶ鳥を落とす勢いの夏目が新たにチャレンジしたのが声優だ。

【関連】上品なスカートで美脚も披露、夏目三久インタビュー フォトギャラリー

 「小さいころから大好きだった」という国民的アニメ『ドラえもん』の劇場公開作品『ドラえもん 新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊~』で、国を背負う王女スピアナ姫を演じた夏目が、映画の見どころや“声の仕事”への思いを語った。

 春休み映画として毎年の風物詩となっている映画『ドラえもん』。本作は原作者の藤子・F・不二雄氏生誕80周年記念作品と銘打たれているが、そんな特別な作品に夏目はゲスト声優として参加している。「お話をいただいたときには、ただただ嬉しいなと。小さいころから大好きだった映画のスクリーンの向こう側に自分がいるなんて、とても幸せなことです」。

 夏目は日本テレビアナウンサー時代の2008年に、映画『それいけ!アンパンマン 妖精リンリンのひみつ』で声優を経験しているが、演技を伴う本格的なアフレコは今回が初めてだという。「やってみると想像以上に大変で、自然にスクリーンの中に存在することの難しさを実感しました。キャラクターが設定されたうえで、最後に自分が命を吹き込むという作業、感情を乗せて人柄を作っていく部分はとても困難でしたね」。

 夏目によって命を吹き込まれたスピアナ姫は、信念を持ち、王子の帰りを待つという女性であるが「覚悟を持った強い女性ですよね。姫のその部分はとても魅力的ですが、一方で、大切な王子との再会によって感情が湧き出してくるシーンは、より心情が理解できました」と自身が演じた役柄を分析。そんなスピアナ姫がスクリーンで躍動する姿を鑑賞したという夏目は、苦笑いを浮かべながら「もう恥ずかしいの一言ですね。一生懸命演じましたし、公開されたら観に行きたいのですが、(鑑賞した人の)感想が耳に入ってくるのも怖い気がします。とにかく見ている人が、違和感なく物語に入り込んでいただければと願うばかりです」と謙遜する。

 タレントという肩書きを持つ夏目。「日常会話の延長のような仕事だと思います。それを職業にできることはすごいことだなって……。だからこそ『これでいいのかな』って自問自答する毎日ですし、とても奥深い仕事だなって感じます」。また“伝える”仕事に重要なのが声。「声は人なりという言葉もありますが、声ってその人自身を表しているような気がして、いつも怖いなって思います。だからこそ『正直にまっすぐ生きよう』と常に自分自身を見つめ直すように心がけています」。

1ページ(全2ページ中)

あわせて読みたい


関連記事

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access