『ハリー・ポッター』ダニエル・ラドクリフ×『アメイジング・スパーダーマン2』デイン・デハーン、美しく危うい愛憎劇で夢の競演:『キル・ユア・ダーリン』特集

映画

『ハリー・ポッター』ダニエル・ラドクリフ×『「アメイジング・スパーダーマン2』デイン・デハーン美しく危うい愛憎劇で夢の競演 『キル・ユア・ダーリン』特集

 若き日のビートニク詩人たちが繰り広げる衝撃の学園サスペンス『キル・ユア・ダーリン』が、ついにそのベールを脱ぐ。1944年、コロンビア大学で実際に起きた殺人事件をめぐり、注目の2大若手スターが火花を散らす、美しくも危うい愛憎劇とは?(文:坂田正樹)

INTRODUCTION

 米文学界でひときわ異彩を放ったグループ“ビート・シェネレーション(俗称:ビートニク)”。彼らが青春時代を謳歌するなか、なぜ悲劇的殺人事件は起きたのか? 本作では、血気盛んな知的異端児たちが、禁断の世界にのめり込んでいく姿をサスペンス仕立てでえぐり出していく。『ハリー・ポッター』シリーズのダニエル・ラドクリフと『アメイジング・スパイダーマン2』のデイン・デハーンの、男の友情を越えた“愛の絡み”は必見!

STORY

 1944年、名門コロンビア大学に合格したアレン・ギンズバーグ。だが、喜びも束の間、大学の正当過ぎる姿勢に不満を感じたアレンは、常識や道徳に囚われない友人ルシアン・カー、ウィリアム・S・バロウズ、ジャック・ケルアックらに引き寄せられていく。中でもルシアンに友情以上の愛を感じ始めたアレンは、その思いを詩作に投影していくが、彼にしつこく付きまとう同性愛者デヴィッド・カマラーの存在が、嫉妬渦巻く愛憎劇を生み、やがて取り返しのつかない殺人事件へと発展していく。

 ビートニク誕生のきっかけとなった過激な大学時代に焦点を当てた本作。のちに中心人物としてグループを牽引するゲイの詩人アレンと、彼の創作活動の原動力となったルシアンとの“禁断の愛”はゾクゾクするほど刺激的だ。『ハリー・ポッター』のイメージ脱却を図るためアレン役に挑んだダニエルと、反骨と悲哀が混在するミステリアスなルシアン役でさらに演技に磨きをかけたデイン。一線を越えるか、越えないか、とりわけ愛の駆け引きを象徴する“濃厚なキスシーン”は、そんな二人の役者魂が爆発する最高のクライマックスと言えるだろう。

デイン・デハーン(ルシアン・カー役)

1987年、米ペンシルヴェニア州生まれ。2012年、映画『クロニクル』の主演で一躍注目を浴びた次世代スター。その謎に満ちた美しい顔立ちと確かな演技力は、若き日のレオナルド・ディカプリオを彷彿させる。本作では、ダニエル扮する友人アレン・ギンズバーグを翻弄し続ける破滅型の青年ルシアン・カーを好演。持ち前のミステリアスな魅力をいかんなく発揮している。

ダニエル・ラドクリフ(アレン・ギンズバーグ役)

1989年、英ロンドン生まれ。2001年、『ハリー・ポッターと賢者の石』のオーディションで数多くの応募者の中から見事主役を射止め、世界的な人気スターに。本作では、ビートニクを代表する詩人アレン・ギンズバーグ役に抜てきされ、大人の俳優として新たなキャリアをスタート。男性同士の愛の駆け引きを繊細に演じると共に、濃厚なラブシーンにも体当たりで挑んでいる。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access