Dlife『HELIX -黒い遺伝子』『デビアスなメイドたち』特集:最新ドラマが集結する「サタデーナイト・ドラマ」がアツい!

海外ドラマ

Dlife
Dlife

無料のBSテレビ局Dlifeにて、毎週土曜日の夜に最新イチオシ海外ドラマを放送する“サタデーナイト・ドラマ”ゾーンが話題を集めている。1月からそのゾーンでスタートするのが、真田広之がメインキャストの1人を務める『HELIX -黒い遺伝子』、ゴシップ系サスペンスコメディ『デビアスなメイドたち』の2作品だ。本放送を前に、両作の見どころを探った。

Dlife

『ソウ』『CUBE』『パニックルーム』『遊星からの物体X』など、密室系のサスペンス映画には傑作が多い。そして、これらの名作以上に興奮を覚えるのが、ドラマ『HELIX -黒い遺伝子』だ。本作では、北極の研究所という閉ざされた空間を舞台に、未知のウィルス発生による恐怖や、そこに渦巻く陰謀や謎、複雑な人間関係などが息つく暇なくつづられていく。なかでも最大の特徴が、1日の出来事を1話かけてじっくり描写していく点。それにより、個々のキャラクターや物語の世界観が深まるだけでなく、恐怖や不安感が倍増! また、謎が謎を呼ぶ後引く展開も、ドラマだからこそ成し得たものだ。このように、映画とドラマの良さを合わせもった、次世代型密室サスペンス『HELIX -黒い遺伝子』。楽しめる要素は抜群に多いので、ぜひ隅から隅まで堪能してほしい。

Dlife

『ラストサムライ』でハリウッド進出を果たした俳優・真田広之。彼がすごいのは、ハリウッド映画への出演をキャリアの1つに留めて終わりではなく、ロサンゼルスへと拠点を移し、映画やドラマで通用するレベルにまで英語を猛特訓したことだろう。そのうえで、ハリウッドのシステムに慣れ、人脈を広げと、新たな土地で奮闘すること数年、ダニー・ボイル監督の『サンシャイン2057』、ジャッキー・チェンと共演した『ラッシュアワー3』、ウォシウスキー兄弟の『スピード・レーサー』等の映画に出演。その活躍は映画だけに留まらず、ドラマ業界へ。しかし、『LOST』や『リベンジ』といった人気作に出演しても、ゲスト出演の域を抜けることはなかった。だが、遂に『HELIX -黒い遺伝子』でレギュラー出演者の1人に! しかも、同作では謎の鍵を握るキーパーソンとして登場するのだ。ビリー・キャンベルやニール・ネイビアと対等に渡り合う真田広之の雄姿、とくと見よ!!

Dlife

真田広之がメインキャストの1人で出演する『HELIX -黒い遺伝子』の日本語吹き替え版に、本人役で真田広之が登場するほか、ヒュー・グラントやマシュー・マコノヒーの吹き替え以外にも、『半沢直樹』の岸川部長や『3年B組金八先生』での乾先生役でお馴染みの俳優・森田順平、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 』のマリ役、『攻殻機動隊 ARISE』の草薙素子役を担当する坂本真綾、『クレヨンしんちゃん』の野原ひろし役で知られる藤原啓二など、実力派声優陣が勢揃い。物語を最高に盛り上げてくれる。

Dlife

エミー賞に輝く大ヒットドラマシリーズ『デスパレートな妻たち』で製作総指揮と脚本を務めたマーク・チェリーが手がけ、同ドラマのガブリエル・ソリス役で一躍人気を博したエヴァ・ロンゴリアが製作総指揮の1人に名を連ねる『デビアスなメイドたち』は、『デス妻』同様、秘密とスキャンダルが満載だ。物語は、セレブが多く住むビバリーヒルズの豪邸が舞台。そこに勤めるメイドたちの視点から、セレブたちのスキャンダラスな日常が暴かれていくなか、衝撃の秘密を握っていたメイド仲間のひとりが惨殺される事件が発生してしまう。この事件の真相を追うサスペンスでありながら、セレブたちのスキャンダルはあくまでもコミカルかつユーモラスに描き、笑いと謎を同居させることに成功! 謎めいた主人公マリソルを演じる、『アグリー・ベティ』のアナ・オルティスの熱演にも注目だ。

Dlife

本作の中心人物は、豪邸に暮らすセレブではなく、そんなセレブに雇われているラテン系メイドたち――マリソル、ロージー、カルメン、ヴァレンティナの4人だ。一番の新参者がマリソルである。彼女は頭が良く、どのような仕事でも見つかるはずなのに、なぜかメイドを志願。実は、殺人の汚名を着せられた息子の無実を晴らすために、この世界へ足を踏み入れたのであった。

Dlife

そして、故郷のメキシコに一人息子ミゲルを置いて、アメリカに働きにやって来たロージー、世界的ラテン歌手アレハンドロの家に雇われた歌手志望のカルメン、恋多き女性ジュヌヴィエーヴの息子レミに夢中のヴァレンティナと、それぞれが野望や夢を抱えた、個性的な面々が揃う。そんな4人が豪邸のなかを動き回るのだから、セレブの秘密は丸裸にされたも同然。浮気現場を筆頭に、犯罪すれすれの悪趣味、のぞき部屋からの盗撮など、確実にゴシップ記事になるネタをごろごろと発見されてしまう。それをエサにメイドたちがどう振る舞っていくのか。ここも見どころの1つだ。

Dlife

『アグリー・ベティ』でベティの姉ヒルダを演じたアナ・オルティスを筆頭に、『WITHOUT A TRACE/FBI失踪者を追え!』のロゼリン・サンチェス、『HEROES / ヒーローズ』のダニア・ラミレスなど、米国生まれであってもラテンの血を引く女優をメイド役に抜てきする徹底ぶり。もちろん、ここまでの美貌を有するメイドは現実では難しいが、ラティーナ同士ゆえの友情や結束、一方、女だからこその嫉妬や妨害等、リアルが詰め込まれている。スキャンダラスな日常とともに、メイドたちの横のつながりも楽しんでほしい。

Dlife

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access