BG~身辺警護人~ 関連記事

  • (左より)広瀬すずの『anone』、石原さとみの『アンナチュラル』、深田恭子の『隣の家族は青く見える』など、女優陣が主演を務めた作品も話題を集めた

    <18年1月期ドラマ総括>ジャニーズ勢強し! 松本潤『99.9』と木村拓哉『BG』が視聴率争い

    エンタメ

     “平成最後の年末”である2018年の年の瀬。今年のテレビドラマを振り返ってみると、社会現象を巻き起こした作品や話題をさらったものも多かった。そこで、今回は1月期(2018年1~3月)から、注目を集めたドラマを振り返ってみたいと思う。@@cutter 話題作がズラリと並び、視聴率争いも激化した2018年1月期。中でも注目は、嵐の松本潤が主演した人気作の第2弾『99.9‐刑事専門弁護士‐SEASONII』(TBS)と、木村拓哉が主演した『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日)のジャニーズ視聴率対決だ。  『99.9‐刑事専門弁護士‐SEASONII』は、松本が超型破りな弁護士・深山大翔を演じ、香川照之演じる敏腕弁護士・佐田篤弘と共に、99.9%有罪と思われる事件に真実を求めて追求していくドラマ。事件の真実を執念とも言える調査で明かしていく謎解き的楽しみはさることながら、個性豊かなキャラクターとギャグをふんだんに入れた軽快な脚本が広く支持され、『相棒』を抜いて平均視聴率は17.4%で1位を獲得。優秀な弁護士ながらも、かなりの変わり者で真実のためならどこまでも突き進む深山は、松本にとって当たり役とも言える役柄となった。  一方の『BG~身辺警護人~』は、木村が『エンジン』以来13年ぶりに脚本家・井上由美子とタッグを組んだ作品。木村が、民間警備会社のボディーガードとなり、泥臭い戦いの日々をリアルに描いて好評を博した。視聴率的には『99.9』に続く15.1%となったが、江口洋介、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗、石田ゆり子、上川隆也と共演者も豪華で、濃密な人間ドラマをじっくりと描いたことが高視聴率につながったのだろう。  1月期にはこのほかにも、亀梨和也が初の復讐劇に挑んだ『FINAL CUT』(関西テレビ・フジテレビ)、Hey! Say! JUMPの山田涼介主演の痛快コメディー『もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~』(日本テレビ)など、ジャニーズ主演作が多数放送されている。@@separator 人気脚本家による、質の高いドラマが冴えたのもこの1月期の特徴だ。広瀬すずの10代最後の主演ドラマとなった『anone』(日本テレビ)は『Mother』『Woman』で知られる坂元裕二が真実の人間愛を描いたオリジナルストーリー。「ニセモノの家族、ニセモノの人生、ニセモノの記憶…」とニセモノをキーワードに、生きる意味や大切さを重厚に描き、高い評価を得た。  また、石原さとみ主演、『逃げるは恥だが役に立つ』の野木亜紀子・脚本による『アンナチュラル』(TBS)も名作との呼び声が高い。同作は、石原演じる法医解剖医・三澄ミコトが、「不自然な死(アンナチュラル・デス)」を遂げた遺体から「死」の裏側にある謎や事件を解明していく一話完結型の法医学ミステリー。時事ネタを見事に取り込み、テンポよく、ハラハラドキドキの展開で、多くの視聴者を引きつけた。漫画の実写化や海外ドラマのリメイクなど、なんらかの原作があるドラマが多い昨今において、完全オリジナルで質の高いドラマを完成させた野木の脚本に拍手を贈りたい。ちなみに、ロングヒットを記録している米津玄師の「Lemon」は、同作のために書き下ろされた楽曲。毎話、神がかったタイミングで流れ、物語を盛り上げるのに一役も二役も買っていたことを特筆しておく。  ネットを中心に大きな反響を呼んだのは、深田恭子と松山ケンイチが主演した『隣の家族は青く見える』(フジテレビ)。奈々(深田)、大器(松山)夫婦が住む集合住宅“コーポラティブハウス”を舞台に、家族や人間関係を描いたドラマで、特に注目されたのは渉(眞島秀和)と朔(北村匠海)の同性愛カップルだ。同性愛の社会的側面に真正面から向き合い、明るく、そしてリアルな悩みを織り込みながら映し出して好感を誘った。さらに、不妊治療や子連れ再婚など、現代ならではの悩みも提示し、多くの視聴者の共感を集めた。(文:嶋田真己) ※文中視聴率は全てビデオリサーチ調べ/関東地区

  • “BGロス”続出『BG~身辺警護人~』

    “BGロス”続出、映画化希望の声も 『BG~身辺警護人~』最終回

    エンタメ

     木村拓哉が主演を務めるドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の最終回が15日に放送され、“BGロス”な視聴者の間で「続編に期待」「『相棒』のような息の長いシリーズに!」「スペシャルからの続編、映画化もどうか!」など作品の継続を望む声がSNS上に殺到した。@@cutter 『BG~身辺警護人~』は、武器を持たず人を守る民間の警護人“BG=ボディガード”を主人公にしたドラマ。ある出来事をきっかけに工事現場の一警備員となった元敏腕ボディガードを主人公に、彼が過去を隠し新人ボディガードとして復帰し、チームの仲間と共に一癖も二癖もある依頼者の警護にあたる姿を描いていく。  身辺警護課課長・村田(上川隆也)が発砲事件で命を落とした。現場の状況を伝える村田の品であるICレコーダーも警察の手によってデータが消去され、真相は闇の中へ。週刊誌などでは「民間のボディガードが無謀な行動により銃で撃たれた」など面白おかしく書き立てられ、悔しい思いを抱く章(木村)。しかし諦めることなく村田の汚名をそそごうと誓った矢先、厚生労働大臣の職を辞した愛子(石田ゆり子)が“私が真実を話します”と名乗りを上げた。  証拠が隠滅された今、残された方法は現場にいた人間が証言をしてくれることだけ。愛子の申し出を受けた章たちは真相を語ろうとする彼女の警護をすることに。しかしそのことによって身辺警護課のメンバーにも危険が迫る。一方、そのころSPの落合(江口洋介)は上司の氷川(宇梶剛士)に“みずから事件の処理をする”と宣言し、驚きの行動に出る…。  リアルな描写で身辺警護の世界を描いた本作。警察や政界を巻き込んだ壮大なストーリーもさることながら、主人公・章と政治家の愛子の恋愛に発展しそうな絶妙な関係性も話題に。インターネット上では「章と愛子の大人の恋を見せて」「男女の駆け引きめいたものを匂わせつつ最後まで恋愛に持って行かなかった関係性サイコー!」などの声も上がっていた。  一方、早くも“BGロス”を表明する視聴者からは今後の展開を期待する声が殺到。「まずはスペシャルで復活して続編、そして映画化もどうか!」といった具体的な展望から「『相棒』のような息の長いシリーズになってほしい」と同局の人気ドラマを引き合いに出し、シリーズ化を希望する声も寄せられた。さらにドラマのラストで新人ボディガードとして健太郎が登場したことから「新人BG健太郎くんが投入された続編を期待!」「同じメンバーでの続編に期待!」などのツイートも寄せられていた。

  • 石田ゆり子、斎藤工と仲良しツーショットを公開 ※「石田ゆり子」インスタグラム

    石田ゆり子、“みんなの親戚”斎藤工と仲良しツーショット

    エンタメ

     女優の石田ゆり子が8日、放送中のドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)で共演している斎藤工との仲睦まじいツーショット写真を自身のインスタグラムに投稿。石田は斎藤のことを「みんなの親戚、斎藤工」と評している。@@cutter 『BG~身辺警護人~』は、主人公の島崎章(木村拓哉)が所属する民間警備会社・日ノ出警備保障を舞台に、ボディガードたちが繰り広げる戦いの日々を描く人間ドラマ。石田は厚生労働大臣・立原愛子を、斎藤は章の同僚・高梨雅也を演じている。  「BGの撮影もラストスパート」と近況を明かした石田は、かつて『医師たちの恋愛事情』(フジテレビ)でも共演した斎藤と、椅子に座りながら仲良く寄り添い、笑顔を見せる写真を投稿した。  「高梨さんを演じる、たくみくんと。ひさびさに共演できてとても嬉しいです」と斎藤との共演の喜びを綴った石田は、「なんか、親戚みたいな気持ちになるのは何故なんだろう。これは板谷由夏ちゃんもおなじことをいっています」とも。そして「みんなの親戚、斎藤工」「いつも楽しい話題をありがとう」と感謝の気持ちを伝えている。  写真を見たファンからは、「お二人とも可愛い」「私もたくみくんと親戚になりたいです」「医師たちの恋愛事情、懐かしいです!」「ゆりちゃん、ゆでたまごのようなお肌」「見た目も生き方もカッコつけていないところがカッコいい二人」などのコメントが寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/yuriyuri1003/

  • 木村拓哉主演ドラマ『BG~身辺警護人~』、共演者の豪華な顔ぶれにスピンオフ期待の声

    木村拓哉主演『BG~身辺警護人~』、豪華キャストに「スピンオフも期待!」の声

    エンタメ

     木村拓哉が主演を務めるドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第1話が18日に放送され、江口洋介や石田ゆり子といった共演者の豪華な顔ぶれに、「スピンオフもできそう!」と今後の展開に期待する声が集まった。@@cutter 『BG~身辺警護人~』は、武器を持たず人を守る民間の警護人“BG=ボディガード”を主人公にしたドラマ。ある出来事をきっかけに工事現場の一警備員となった元敏腕ボディガードを主人公に、彼が過去を隠し新人ボディガードとして復帰し、チームの仲間とともに一癖も二癖もある依頼者の警護にあたる姿を描いていく。  第1話は、敏腕ボディガード・島崎章(木村)が人気サッカー選手・河野純也(満島真之介)の身辺警護に当たっている姿からスタート。そして時は移って現代。章は道路工事の警備員をしていた。そこに一台の黒塗りの車が通りかかると、後部座席には連日のようにマスコミを賑わせる現職大臣・立原愛子(石田)の姿が。記者に追われ急を要する気配を感じた章は車に抜け道を指示する。  その翌日、章は自身が勤める日ノ出警備保障の社長・今関(永島敏行)に呼び出され、身辺警護課の新設とボディガードとしての着任を打診される。ボディガードの世界から身を引いていた章は戸惑いながらも、今関の強い希望を受け入れることに。厳しい訓練を終えた章はチームの仲間とともに、初の任務に挑んでいく。  木村をはじめ江口、石田、斎藤工、菜々緒など主演級キャストが集結した本作。ドラマの冒頭からSNS上では「キャストが超豪華!」「これだけ主演級がいたらスピンオフとかできそう」などの投稿が寄せられた。章と同じ身辺警護課に所属しながらメンバーと距離を置く高梨雅也(斎藤)や、チーム唯一の女性ボディガード菅沼まゆ(菜々緒)といった個性豊かなキャラクターが登場すると、「斎藤工と菜々緒のバチバチが最高」「高梨は過去に何があったの?」など今後の展開に期待するツイートも寄せられた。  さらに視聴者の間では、劇中で木村が着用していた衣装が注目され、ネット上ではユーザーが早々にブランドの“特定”に乗り出した。ドラマ前半のトレーニングシーンで木村が来ていたパーカーが都内を中心に柔術道場を展開するCARPE DIEM(カルペディエム)のものであることがわかると、さらにドラマの終盤で木村が着用していた蜂の刺繍の付いたシャツが話題に。これがDior Homme(ディオールオム)のものであることも特定され、「さすが!」「オシャレBG!」などの声が集まった。

  • 『BG~身辺警護人~』プレミアム試写会&制作発表記者会見にて

    木村拓哉、奥さん役「誰がいい?」希望を聞かれる 自身の警護人には江口洋介を指名

    エンタメ

     木村拓哉が、江口洋介、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗、石田ゆり子、上川隆也とともに、15日に都内で実施された新ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)のプレミアム試写&制作発表会見に出席。木村は、物語に絡めて共演者の中で誰に警護してもらいたいかを問われると、江口を指名。「兄貴分としても親しみを感じます」と魅力を語った。@@cutter 本作は、主人公の島崎章(木村)が所属する民間警備会社・日ノ出警備保障を舞台に、ボディガードたちの戦いの日々を描く人間ドラマ。木村はシングルファーザーでもある島崎について、「別れた奥さんが誰なのか分からないんですが、プロデューサーと話をしていて、(自分への)聞き方がちょっと怖かったんですけど、『誰がいい?』って(笑)」と述懐。続けて「スタッフの中では考えがあるみたいです」と付け足し、物語に島崎の妻が登場することを匂わせた。  当日は、一同が今年護りたいものを習字で披露する一幕も。木村が「約束」、島崎と対立する警視庁SPの落合義明に扮する江口が「縁」と回答する一方、厚生労働大臣・立原愛子を演じる石田は「鍛」の一文字を披露。理由を聞かれると「私は、すごく怠け者で。うちにいると、ダラダラダラダラ…ダラダラダラダラする生活を送りがちなんです(笑)」と自嘲。「年齢的にも、本当にまずいなと。体も心も、ちょっとちゃんと鍛えて、この『BG』で最後は皆さん(ボディーガード)の側に行きたい(笑)。出来たら最後は、アクションをやって終わりたい」と願望を明かして会場を沸かせた。  イベントでは、誰に警護してもらいたいかを一同が発表し合うコーナーも。木村は江口を指名し、「兄貴分としても親しみを感じますし、どこか柔らかい部分がないと、(一緒に)居てすごく窮屈だと思うので、江口さんです」と回答。これを受けた江口も木村を指名し、「約束守ってくれそうだし」とニッコリ。劇中では対立する関係ながら、相思相愛な様子を垣間見せた。  新ドラマ『BG~身辺警護人~』は、テレビ朝日系にて1月18日より毎週木曜21時放送。

  • <18年1月期新ドラマ解説>木村文乃が『99.9』に参戦。石原さとみと広瀬すずは、人気脚本家とタッグ

    <18年1月期新ドラマ>キムタク、松潤の主演作が早くも話題に! 石原さとみと『逃げ恥』脚本家のタッグにも注目

    エンタメ

     『カルテット』『あなたのことはそれほど』『陸王』と、2017年ドラマは多数の良作を輩出しながらも、爆発的ブームには至らなかった印象がある。「そろそろ、大ブームを」という期待もかかる2018年1月期のドラマは、各局ともに力作がラインナップ。はたして、社会現象を巻き起こすドラマは出現するのか、注目作の見どころを紹介する。@@cutter 高視聴率獲得に期待がかかる『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系/2018年1月18日より毎週木曜21時)は、木村拓哉が、脚本家・井上由美子とタッグを組み、ボディーガード役に扮する人間ドラマ。木村と井上は、これまで『GOOD LUCK!!』『エンジン』という2作品でタッグを組んでおり、『GOOD LUCK!!』では平均視聴率30.6%、『エンジン』では平均視聴率22.6%(いずれもビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)と驚くべき視聴率を叩き出している。それだけに、本作では、どれほどの数字が得られるのか、注目度も高い。共演には江口洋介、斎藤工、菜々緒、石田ゆり子らが顔をそろえる。  ジャニーズで言えば、嵐の松本潤が主演する『99.9‐刑事専門弁護士‐SEASONII』(TBS系/2018年1月14日より毎週日曜21時)の前評判も高い。2016年4月期に放送されたリーガル・エンターテインメントドラマの続編で、松本と香川照之がコンビを組み、隠された事実を解き明かすストーリー。シーズン1では平均視聴率17.2%と同クール内でトップを記録した人気作品で、前作での榮倉奈々に代わり、木村文乃が登場する点も話題だ。本作の魅力は、何と言っても松本が演じる主人公・深山大翔のキャラクターにある。99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追求する型破りな弁護士で、趣味は料理。ストレス発散に極上料理を友人らに振る舞い、親父ギャグを呟いて一人満足する。そんな魅力的なキャラクターを、松本が見事に体現。まさに松本の当たり役で、本作は松本の代表作の1つといえるドラマであろう。@@separator 予告編が公開されて以降、視聴者からの反響が大きいドラマとして、石原さとみ主演の『アンナチュラル』(TBS系/2018年1月12日より毎週金曜22時)も挙げたい。2016年に社会的ブームを巻き起こした『逃げるは恥だが役に立つ』の脚本家・野木亜紀子による最新作で、解剖医を主人公に死の裏側にある謎や事件を解明していく法医学ミステリーだ。明るくキュートなイメージの役柄が続いた石原だが、本作では一転して、シリアスな役どころで新境地に挑む。  『Mother』『Woman』そして、『カルテット』と極上ドラマを次々と連発している脚本家・坂元裕二が広瀬すずとタッグを組む『anone』(日本テレビ系/2018年1月10日より毎週水曜22時)も注目作だ。全てを失った少女が、ある老齢の女との運命的な出会いから、真実の人間愛を見つけていく物語で、広瀬は人生初のベリーショートヘアでこの役に挑む。  このほかにも、吉岡里帆の連ドラ初主演作で、桐谷健太・向井理との三角関係を描く『きみが心に棲みついた』(TBS系/2018年1月16日より毎週火曜22時)、山崎賢人がクズ男役で連ドラ初主演する『トドメの接吻』(日本テレビ系/2018年1月7日より毎週日曜22時30分※初回は22時から)、東村アキコの人気コミックを芳根京子でドラマ化する『海月姫』(フジテレビ系/2018年1月15日より毎週月曜21時)など話題作も豊富。  ジャニーズ主演作も多く、木村、松本のほかにも、『FINAL CUT』(カンテレ・フジテレビ系/2018年1月9日より毎週火曜21時)では亀梨和也、『もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~』(日本テレビ系/2018年1月13日より毎週土曜22時)では山田涼介、『家族の旅路 家族を殺された男と殺した男』(東海テレビ・フジテレビ系/2018年2月3日より毎週土曜23時40分)では滝沢秀明が主演と、そろい踏みの状態。この中から、大ブームを巻き起こす作品は出るのか。期待しながら、放送を待ちたい。(文:嶋田真己)

  • 満島真之介と勝地涼が木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』に出演 

    木村拓哉新ドラマ『BG』、満島真之介がキーマンに 第1話ゲストで勝地涼も出演

    エンタメ

     木村拓哉が主演を務める2018年1月18日スタートの木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)で、満島真之介が物語のキーマンを演じることが明らかになった。併せて、木村演じる主人公を取り巻く共演者と、第1話のゲストとして勝地涼が出演することも発表された。@@cutter 本作は、主人公の島崎章(木村)をはじめとする民間警備会社のボディーガードチームが、武器を持たずに丸腰で警護対象者を徹底的に護る、熱く泥臭い戦いの日々をリアルに描く人間ドラマ。  満島が演じるのは、章が6年前まで警護に付いていたプロサッカー選手の河野純也。6年前、純也と章の間にどんな出来事が起きたのかも、物語の大きな鍵となってくるようだ。一方、第1話のゲストとして、章たち身辺警護課の最初の依頼主=警護対象者となるサスケフーズ会長・大久保佐助役を伊武雅刀が、厚生労働大臣・立原愛子(石田ゆり子)と懇意にしている雑誌記者・犬飼悟を勝地が演じる。  また、章が勤める日ノ出警備保障の社長・今関重信役を担当するのは永島敏行。自身も以前は身辺警護の職に就き、章を会社に引き入れた張本人でもあるという役どころだ。そして、章の息子・瞬役には、『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』(フジテレビ)でも木村と共演した田中奏生が抜擢された。思春期を迎えた中学生で、父である章との間には若干の距離があるという関係を演じる。  章たち民間の“身辺警護課=ボディーガード”と対極にいるのが、公的組織である警視庁警備部警護課の“SP”。武器を持たず丸腰で警護対象者を護るボディーガードに対し、拳銃なども装備して任務につくSPたちはどこか冷ややかな目を向けている。そんなSPたちをまとめる警視庁警備部警護課の係長・氷川修に宇梶剛士、その部下・清田春孝には阿部進之介がふんする。  木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』は、テレビ朝日系にて2018年1月18日より毎週木曜21時放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access