クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

女子的生活 関連記事

  • 志尊淳、胸キュンから怪演まで…LGBTもリアルに この6年の進化と真価

    志尊淳、胸キュンから怪演まで…この6年の進化と真価

    エンタメ

     放送中の連続テレビ小説『半分、青い。』をはじめ、『女子的生活』(ともにNHK)、『トドメの接吻』(日本テレビ系)など、2018年上半期はLGBTに関わる役が多かった志尊淳。だが、今月15日公開の『劇場版ドルメンX』、今秋の『走れ!T校バスケット部』ではそれらの役とは全く違った表情を見せている。彼がさまざまな作品に引っ張りだこな理由を探る。@@cutter 志尊の俳優デビューは、2011年の「ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン」。赤髪のおかっぱ頭が特徴の向日岳人役を約3年間演じた後、2014年にスーパー戦隊シリーズ『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日系)の主役に抜てき。間を置かず主演映画『先輩と彼女』の撮影に入り、同年7月期の連続ドラマ『表参道高校合唱部!』(TBS系)のオーディションを勝ち抜き、重い心臓病を抱える美青年・夏目快人役を好演した。  どちらかというと爽やかな役柄が多かった志尊に、新たな魅力が垣間見えたのは、2016年の連続ドラマ『そして、誰もいなくなった』(日本テレビ系)。会社の先輩に嫉妬し、元カノに執着し、上司を殺害して横領金を奪い行方不明になる衝撃的なキャラクター・五木啓太役で志尊はまさに“怪演”を見せ、俳優としての振り幅を証明してみせた。前述の『トドメの接吻』でも、No.1ホストに恋い焦がれるあまり凶行に走る後輩ホスト・小山内和馬役を、再び「これでもか!」と怪演。山崎賢人や新田真剣佑、菅田将暉ら同作に出演した人気俳優陣の中でもひと際異彩な存在感を見せつけた。  一方で、2017年に出演したドラマ『きみはペット』(フジテレビ)では、美人OL・スミレ(入山法子)の“ペット”として飼われるバレエダンサー・モモ役を愛くるしさいっぱいで熱演し、女性視聴者を胸キュンさせることに成功。同年4月公開のヒット映画『帝一の國』でも、親友の赤場帝一(菅田)を頭脳でサポートするキュートな高校生・榊原光明役で、“ニャン”という口癖を違和感なく使いこなして話題に。二十歳を超えた大人になったからこそ目立つ甘いルックスを余すことなく生かし、世の女性陣の心にしっかりと刻まれることになった。@@separator その裏には、俳優としての着実な経験の蓄積がある。2017年5月の初主演舞台『春のめざめ』では、多感な思春期を迎えた少年の憤りや苦悩を生々しくも幻想的に表現。公演前に本人が「自分の全てをさらけ出したい」と言っていた通りの体当たり演技で高評価を得ている。また、見た目や声はもちろん、所作やオーラまで完ぺきなトランスジェンダーの女性・小川みきを演じた『女子的生活』では、事前の勉強をもって入念に役作りに取り組み、「女よりも女らしい」という評価を得た。  実は志尊はデビュー直後の2012年に『青空の卵』(BS朝日)でも女装の青年役に挑んでいる。原作は『女子的生活』と同じ坂木司の小説だ。彼が演じた“人魚姫”は、盲目の大学生の後をつける謎の人物で、実は歌舞伎の女形役者。トランスジェンダーではないものの、女装や女性のしぐさを取るという部分では『女子的生活』と共通点が多い。当時から抜群に美しい女性姿の志尊は、一つひとつの動きが丁寧でキレイだったが、俳優業を始めたばかりのフレッシュ感がありありと見えて微笑ましさも誘う。 それがわずか約6年後、同じ原作者の『女子的生活』では女性姿に艶めかしさもプラスし、たとえ仕草が男性的になったとしてもしっかり女性の匂いを残す名演を披露。所作そのものの技巧より、存在ごと役の人生を生きるようになった。この2作の違いに、役者としての志尊の進化と真価が見られる。  端正な見た目を活かした美青年、その清廉さを容易に裏切る演技力の基盤の厚さ。年齢を問わないキューティーさを自在に操り、時には性別すらも超えて“魅せる”こともできる。『半分、青い。』では「ボクって…」が口癖の藤堂誠(通称:ボクテ)を演じ、朴訥(ぼくとつ)さとかわいらしさを併せ持ったゲイになりきっているが、『劇場版ドルメンX』ではピュアでがむしゃらな宇宙人役。今秋の『走れ!T校バスケット部』では生来の運動能力を生かし高校生を熱演している。今後はどんな予想外の演技を見せてくるのか。楽しみでならない。(文/松木智恵)

  • ドラマ『女子的生活』でトランスジェンダー役を演じる志尊淳

    『女子的生活』第1話、キレイすぎる“ヒロイン”志尊淳に女性ファンも絶句!?

    エンタメ

     俳優の志尊淳が主演を務めるドラマ『女子的生活』(NHK/毎週金曜22時)の第1話が放送され、志尊が扮する“ヒロイン”の美しさに、SNSでは絶賛の声が多数寄せられた。@@cutter 本作は坂木司の同名短編小説を映像化。“カワイイ女子的な生活”に憧れ、田舎から都会へ出てきたみき(志尊)は、見た目と心は女性だけど身体は男性、そして恋愛対象は女性というトランスジェンダー。ファストファッション会社のOLとして働きながら理想の“女子的生活”を満喫しているみきを主人公に、日常に潜む様々なモヤモヤを、彼女の持ち前の自己肯定力の高さでぶっ飛ばしていく痛快ガールズストーリーだ。  第1話では、みきの元に同級生だった後藤(町田啓太)が訪ねてくるところから物語はスタート。すっかり美女となったみきの姿に驚く後藤だったが“お金がなく頼る人がいない”と助けを求めにきたのだった。みきはそんな後藤の頼み事を“合コンのセッティング”を条件に渋々快諾することに。合コン当日、みきの前にゆい(小芝風花)という自然派気取りの女が登場。みきとゆきは男そっちのけで女同士のバトルに火花を散らせるのだが…。  ドラマでは冒頭から徹底的な役作りでヒロインになりきった志尊の女子っぷりが堪能できる構成に。特に志尊演じるみきの脚が画面に映し出された時には、SNS上に「志尊さん脚細い…」「脚キレイすぎる」という投稿が殺到。女性ファンからは「自分より女子力高い志尊淳くんに絶句(笑)」「私よりよっぽど女性らしいよ!」といった彼の“女子力”の高さを賞賛するツイートが挙がっていた。  さらに、ヒロインの同僚かおりを演じているももいろクローバーZ・玉井詩織の活躍ぶりにも反響が多く「しおりんの演技自然!安心して見られる!」「これ、ももクロのしおりん?女優してるー!」など、彼女の女優としてのポテンシャルの高さを評価する声も寄せられていた。

  • 志尊淳、ドラマ『女子的生活』完成試写会に玉井詩織と登場

    志尊淳、「女子力をフル回転」 初めての“ヒロイン役”で男性スタッフを虜に

    エンタメ

     俳優の志尊淳が、15日に兵庫県・神戸で開催された、2018年1月5日にスタートする新ドラマ『女子的生活』(NHK総合/毎週金曜22時)の完成試写会に出席した。本作でトランスジェンダーのみき役に扮する志尊は、初めてヒロインを演じるにあたっての苦労を語った。@@cutter 坂木司の同名小説をドラマ化した本作は、トランスジェンダーの主人公と彼女を取り巻く個性的なキャラクターとの“バトル”エピソードをコミカルに描く痛快ガールズストーリー。  “カワイイ女子的な生活”に憧れ、田舎から都会へ出て来たみきには大きな秘密があった。それは彼女が、見た目は美女でありながら身体は男性で、さらに恋愛対象は女性という“複雑”な人物であるということ。ある日、みきの家に同級生だった後藤(町田啓太)が転がり込み共同生活がスタートする。彼女の日常に潜む様々なモヤモヤを、オロオロする後藤をよそに、みきはその圧倒的な自己肯定力でぶっ飛ばして行く。  スイーツ好きで料理が得意ということから、ファンの間では“女子力が高い”と評判の志尊は、初のヒロインを演じるにあたり、声の出し方や女性的な所作など1日8~9時間のレッスンに挑んだと明かす。志尊は「“女子力が高い”というイメージを持たれているんですけど、普段は肌のケアとかあまりしないです。でも今回は自分の中の女子力をフル回転させました」と語る。「肌のケアや体型の維持、毛の処理とか(笑)、いろんなところに気を使って、僕なりに女性心を感じるところもありました」と告白。「たくさんの男性スタッフの方から“みきちゃんイケてるわ”と言ってもらえるのが一番嬉しいです」と笑いを誘った。  この日の会見には、ヒロインが勤める会社の同僚・かおり役の玉井詩織、同じ会社で働く先輩・仲村さんを演じる玄理、会社の上司・板倉役の羽場裕一も登壇。玉井は志尊のヒロインっぷりに「みきちゃんのクオリティが高くて、普段の志尊さんの顔が思い出せない」と絶賛。一方で神戸でのロケを満喫しているようで、「芳根京子ちゃんにオススメのお店を教えてもらいました」と語る一幕もあった。  ドラマ10『女子的生活』は、NHK総合にて2018年1月5日より毎週金曜22時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access