明日の君がもっと好き 関連記事

  • 伊藤歩、『明日の君がもっと好き』インタビュー

    伊藤歩、11年ぶり市原隼人との共演作に自信 「人間の本質が浮き彫りになる作品」

    エンタメ

     「3話まで齧りついて見て欲しい(笑)! そうすると、すごいスピードでいろいろな人が絡んでいくことが面白くなってくるんです」。1月20日にスタートする新ドラマ『明日の君がもっと好き』(テレビ朝日系)についてそう語るのは、女優の伊藤歩だ。劇中でダメ男にばかり恋するキャリアウーマンを演じる伊藤に、役柄や物語に対する自身の考えや、11年ぶり3度目となる市原隼人との共演について話を聞いた。@@cutter 恋に冷めた造園デザイナー・松尾亮(市原)や、ダメ男とばかり関係を持つため恋を諦めかけている30代秘書・里川茜(伊藤)が織りなす人間模様を描く本作。伊藤は「色々なテーマがすごく複雑に絡み合っていて。もちろん、市原くん演じる亮が主人公ではあるんですけど、亮以外のキャラクターにも人物の輪郭があって、奥行きがあるんです」と台本に引き込まれたことを回想する。  「人間の本質みたいなものが、すごく浮き彫りになっている作品だと思うので、ぜひ若い人にも見てほしいですね。トランスジェンダーやLGBT的なテーマを、この作品でも扱っているのですが、とても大切に描いていますし、アイデンティティのようなものを、全ての人々が抱えて生きているということを感じてもらえたら嬉しい」とメッセージ性に富んだ作品になることを窺わせるが、「コメディ要素もあるので、それほどヘヴィにはならないと思います(笑)」とも語る。  役柄については「男性とも対等に仕事をするという意味ですごく共感できます」と明かし、「女優って、段々と男っぽくなっていくわけじゃないんですけど、女々しさがなくなるというか。すぐ切り替えたりできるようなところが、茜にも共通するのかな」と分析する。茜の恋愛観については「(ダメ男を)見抜けないって、ある意味人を疑わないからというか。まさか、相手がそういう人じゃないだろうという部分から入る純粋さのようなものがあるからだと思うんです」と愛情を込めて話す。@@separator 伊藤が演じる茜と恋模様を織りなすのが、『リリイ・シュシュのすべて』『チェケラッチョ!!』に続いて、11年ぶり3度目の共演となる市原が扮する亮だ。子役時代は伊藤の家によく遊びに来たという市原については「素敵な男性になっているなと思うんですけど、根っこにあるところは変わっていなくて。純粋でまっすぐだし、心根が本当に美しいんです。一緒にいると、私もすごく楽しいですね」とニッコリ。また「以前とは違って、色々な意見やアイディアを言ってくれるようになりました。何年か会っていない間に、素敵な俳優さんになっているんだなと思いましたね」と嬉しそうに語る。  亮や茜に加えて、性的アイデンティティに悩む丹野香(森川葵)や虐待された過去を持つ城崎遥飛(白洲迅)らも複雑に絡み合う本作。群像劇としての注目点を聞くと「3話まで齧りついて見て欲しい(笑)! そうすると、すごいスピードでいろいろな人が絡んでいくことが面白くなってくるんです」と熱弁。続けて「私が演じる茜だったり、白洲さんが演じる遥飛だったり、はたまたタクシー運転手のスピンオフもあるんです」と世界観の広さをアピールし、「ちょっと不思議な群像劇なんですよね。平和な感じじゃなくて、一人一人の輪郭がはっきりしている、とっても濃い作品なんです」と自信を込めて話していた。(取材・文・写真:岸豊)  土曜ナイトドラマ『明日の君がもっと好き』は、テレビ朝日系にて1月20日より毎週土曜23時5分放送。

  • 市原隼人、『明日の君がもっと好き』インタビュー

    市原隼人、自分の“居場所”は「芝居の中にしかない」 決意の背景にファンの手紙

    エンタメ

     俳優・市原隼人が、1月20日よりスタートする新ドラマ『明日の君がもっと好き』(テレビ朝日系)で、恋に冷めた造園デザイナーに扮する。「ジャズみたいに、色々なテンポで表現していく作品なんです。視聴者の方を必ず裏切れるような衝撃を、土曜の夜にお贈りできると思います」と語る市原に、今年20年目を迎える役者業への想いや、11年ぶり3度目の共演となった伊藤歩との秘話を聞いた。@@cutter 本作は、予想の“斜め上”をいく、新感覚のヒューマンラブストーリー。市原が演じるのは、恋に冷めた造園デザイナー・松尾亮だ。役柄の印象を問うと、市原は「亮は言葉にするのがすごく苦手な人間なんです。すごく繊細にいろいろなことを思っているがゆえに、言葉を一つ一つ選びきれないんですね」と語る。恋愛に冷めた姿勢については「求めているはずなんですよね。人のぬくもりとか、体とか。亮も、本来は求めていると思うんですけど、たまたまタイミングがないだけなのかな」と考えを明かす。  そんな亮が恋するきっかけになるのが、ダメ男とばかり関係を持つため、恋を諦めかけている30代秘書・里川茜との出会い。茜に扮する伊藤とは、11年ぶりの共演だ。「『リリイ・シュシュのすべて』で共演したころからずっと面倒見がよくて、人間臭くて、僕だけじゃなくて他の方々にも気を配って、腹を割って話してくださるので、今回もすごく居心地がいいんです」と言うが、“大人のラブストーリー”での共演ということで、「やりやすさもありつつ、恥ずかしさもあります」と照れ笑いがこぼれる。  人との繋がりが物語の主題となっていることに絡め、人と接する上で大切にしていることを聞くと、「亮もそうだと思うのですが、自分の経験で物事や人を見ていたいという気持ちは変わらないです。周りからの情報を聞いて、目の前にいる人をその情報と同じ目線で見ようという気には、100%ならない。自分の経験で、自分で見た人を、ちゃんと捉えようという気持ちは、ずっと変わらないですね」と明かす。@@separator 自分という軸を据えて人と真摯に向き合う市原は、芝居とも誠実に向き合ってきた。そのキャリアの中では、役者であることに迷いを感じたことはない。「自分は役者しかできないんだろうなということしか考えていないですね。結局、僕はこの世界しか知らないから。どんなに小さい箱でも、道端でも、映画でもドラマでも舞台でも、何か表現を発信できる場所があれば、そこが自分の居場所だなと思っていて。僕の居場所は、芝居の中にしかないんです」。  キャリアを歩む中では、共演者だけでなく、裏方のスタッフたちにも敬意を払うことを欠かさない。「役者は俳優部の一部であって、色々な部署がいる中の、横一列の一部なんです。そういう考えの役者でありたいというのは、変わらず思っていることですね」。その謙虚な姿勢のおかげか今年で芸歴20年目を迎えるが、役者を一生の仕事にすると決意した背景には、市原の芝居によって様々な悩みや不安が緩和されたファンからの手紙があった。「『あ、このために役者をしているんだ』と。じゃあ、もっとやり続けなきゃ、死ぬまで役者でいたいなと思えたんです」。  最後に、市原隼人の“これから”について聞いた。「今日と明日と明後日と、全部違う自分がいると思うので、その自分を全部認められるように。精一杯、現場一つ一つで、芝居一つ一つに向き合って行ける役者になれたらいいなというのが、今の気持ちですね」。語り口はクールだが、芝居への思いは熱く、深い。市原が明かす役者観からは、彼が20年にわたって支持されてきた理由が窺えた。(取材・文・写真:岸豊)  土曜ナイトドラマ『明日の君がもっと好き』は、テレビ朝日系にて1月20日より毎週土曜23時5分放送。

  • 市原隼人、『明日の君がもっと好き』記者会見に出席

    市原隼人、“運命の出会い”は病床のファン「笑顔を見ると頑張れる」の言葉に涙止まらず

    エンタメ

     新ドラマ『明日の君がもっと好き』(テレビ朝日系/20日より毎週土曜23時5分)の記者会見が18日、都内で行われ、同作に出演する市原隼人、伊藤歩、森川葵、白洲迅、渡辺大、志田未来、柳葉敏郎、三田佳子が出席した。主演の市原が、伊藤や柳葉から絶賛されテレた様子が見られた。@@cutter 本作は、恋に冷めた造園デザイナー・松尾亮(市原)、ダメ男とばかりの関係で恋に失望する女性秘書・里川茜(伊藤)、人懐っこいキャラクターとは反対に心に闇を持つ新社会人・城崎遥飛(白洲)、自身の性的アイデンティティーに悩みながら昼は工事現場、夜はガールズバーで働く丹野香(森川)の個性的な4人の恋模様を描いたストーリー。  2001年の映画『リリイ・シュシュのすべて』以来、約17年ぶりの共演となる市原と伊藤。再会の印象を市原は「繊細で、凛とする姿が素敵なお姉さんという印象があったけど、変わらない」と語る。一方、伊藤は出会った当時、市原の目の輝きに「天使が降りてきた」と魅了されたことを明かし、「純粋さ、男らしさを持っていて、再会して心が惚れましたね。役者としてもワンシーンに120%を注いで、頼りになる存在になったなと」と改めて惹かれた様子を明かす。  この日は自身の“運命の出会い”を聞かれ、市原はかつて余命わずかだというファンから『隼人くんの笑顔を見ると頑張れるんです』と言葉を掛けてもらったという思い出を告白。「そのときに涙が止まらなくなって。役者やドラマ、エンターテイメントってお客様のためにあるんだと、その根源を感じました」と、自身の“出会い”について口にした。  そんな市原に、初共演の柳葉は「男が男に惚れるというのは、今の時代に通用するかわからないけど、それを感じているんです」とコメント。市原に惹かれたことを明かすと、市原は恥ずかしそうに笑いながら、その言葉を喜んでいた。  森川が運命の出会いにあげたのは、「つま先だけを覆う5本指の靴下」。「私は本当に末端冷え性なんだけど、それを履くようにしたら、冷えが取れるようになって。本当に運命の出会い」と市原と落差のあるコメントで笑いを誘っていた。  新ドラマ『明日の君がもっと好き』は、テレビ朝日系にて1月20日より毎週土曜23時5分放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access