クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

おっさんずラブ 関連記事

  • (左から)田中圭、林遣都

    『劇場版おっさんずラブ』田中圭&林遣都らオフショットにファン興奮「続編を作って欲しい!」

    エンタメ

     俳優の田中圭が主演を務めるドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)の公式インスタグラムが2日、2019年に公開された『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』のオフショットを投稿。主演の田中と相手役を務めた俳優・林遣都の並ぶ姿に、ファンからは「最高のふたり」「続編を作って欲しい!」などの声が殺到した。@@cutter 2日は『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』が地上波初放送を迎え、公式インスタグラムは撮影時のオフショットとしてフリース姿の田中と林の2ショットを披露。笑顔でカメラにピースサインを向ける田中と林の姿に、ファンからは「もうもう、このツーショットに嬉しすぎて既に泣いてます」「最高のふたり」「ずっと大好きです」といったコメントが相次いだ。  そして放送の直前、公式インスタグラムは劇場版キャストの集合写真を公開。スーツ姿の主要キャストが笑顔を見せる姿に、ファンからは「このメンバーで!続編を作って欲しい!」「続編、切に願って待ってます!!」などの投稿が集まった。  また劇場版の放送がスタートすると、本編の前に主演の田中のメッセージVTRが流され、その中で相手役の林に対して「遣都見てるかぁ~?」と優しい声色でコメント。田中が林に語りかけると、ネット上には「心臓止まるかと思った!」「興奮すごいんですけど」「ときめくやん…」といった反響も寄せられていた。   引用:『おっさんずラブ』公式インスタグラム(@ossanslove)

  • 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』メインビジュアル

    『劇場版おっさんずラブ』、完全ノーカットで地上波初放送 連ドラ再放送も決定

    映画

     2019年公開の映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』が、テレビ朝日系にて8月2日21時に完全ノーカットで地上波初放送されることが決定。これに先駆け、連続ドラマ『おっさんずラブ』が、7月24日~8月1日深夜にテレビ朝日系(一部地域を除く)にて再放送されることも決まった。@@cutter 2018年4月期に放送された連続ドラマ『おっさんずラブ』は、モテないポンコツサラリーマン“はるたん”こと春田創一(田中圭)を巡って繰り広げられる、おっさん同士の恋模様を描き、社会現象を巻き起こした。2019年には、ドラマの完結編となる『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』が公開され、興収26.8億円を突破。同年10月期には空を舞台にした新たな連続ドラマ『おっさんずラブ‐in the sky‐』も放送されるなど、OL(おっさんずラブ)旋風を巻き起こした。  劇場版には、田中や林遣都、吉田鋼太郎ら連続ドラマを彩った俳優陣が再結集するほか、沢村一樹、志尊淳が新たな恋敵として参戦。ドラマの三角関係を上回る極限状態の五角関係で、おっさんたちが愛の頂上決戦<ラブ・バトルロワイアル>を繰り広げる。また、春田らが勤務する天空不動産を揺るがす前代未聞の大事件も発生する。  モテないポンコツサラリーマン春田創一(田中)はある日突然、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ“おっさん上司”黒澤武蔵(吉田)と、同居しているエリートでドSな後輩・牧凌太(林)から、壁ドン告白をされてしまう。この未曽有のモテ期により、黒澤と30年連れ添ってきた妻・蝶子(大塚寧々)から不倫の疑いをかけられ、牧の元彼だという主任の武川政宗(眞島秀和)らは嫉妬の炎で荒れ狂い、さらには幼なじみの荒井ちず(内田理央)の淡い恋心にも火をつけて、事態はとんでもない方向へ。春田はやがて、2人の真っすぐすぎる思いに心動かされ、悩みの果てに黒澤との結婚式を飛び出し、牧に号泣プロポーズして結ばれる。  しかし…物語は終わっていなかった。劇場版では、結ばれたはずの春田と牧に襲い掛かる人生の壁、そして思いを諦めたはずの黒澤の衝撃的ラブ復活、新たな強力ライバルの出現、サウナでの爆笑バトル・ロワイアル(?)、夏といえば浴衣で花火デート、そしておっさんたちの三角関係を見守ってきた愛すべき登場人物たちの“恋のその先”が描かれる。  映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は、テレビ朝日系にて8月2日21時放送。ドラマ『おっさんずラブ』は、テレビ朝日系(一部地域を除く)にて、7月24日~8月1日深夜再放送。

  • 『おっさんずラブ‐in the sky‐』最終話より

    『おっさんずラブ‐in the sky‐』最終回、おっさんたちの“ラストフライト” 愛の終着地とは?

    エンタメ

     俳優の田中圭が主演し社会現象を巻き起こしたドラマ『おっさんずラブ』の新シリーズ『おっさんずラブ‐in the sky‐』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)第8話が今夜放送される。最終回となる第8話では、電撃的な引退宣言をした黒澤キャプテン(吉田鋼太郎)が突如、相撲大会を開催。キャプテンのラストフライトで、機内アナウンスを志願した春田が最後に紡ぐ言葉とは?@@cutter 「さよならだ、春田」。突如告げられた黒澤キャプテン(吉田)のパイロット引退宣言。その決断に春田(田中)は、自分でも驚くほどに激しく動揺する。 @@insert1  一方、社員寮を出て行ったシノさんこと整備士・四宮(戸次重幸)の行方を心配する成瀬(千葉雄大)だが、ひょんなことから、シノさんが“黒澤家”に居候していることが発覚。黒澤の“愛の境地”を学ぶべく、シノさんは魁黒澤塾に弟子入りしたようで…。  尊敬するグレートキャプテンの退役を受け入れられない面々に、ある日黒澤から、呼び出し状が届く。約束の時間、土手に現れた黒澤は、おもむろに「黒澤杯相撲大会」の開催を告げ…?  そして迎えたクリスマスイブ。黒澤機長のラストフライトに自ら機内アナウンスを志願した春田が、最後に紡ぐ言葉とは?おっさんたちの青春(アオハル)、ついに完結する。  土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ‐in the sky‐』最終回は、テレビ朝日系にて12月21日23時15分放送。

  • 『おっさんずラブ‐in the sky‐』第7話より

    今夜の『おっさんずラブ‐in the sky‐』田中圭、千葉雄大をイルミネーションに誘い…

    エンタメ

     俳優の田中圭が主演し社会現象を巻き起こしたドラマ『おっさんずラブ』の新シリーズ『おっさんずラブ‐in the sky‐』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)第7話が今夜放送される。第7話では、実は執行役員だった獅子丸(山崎育三郎)が、春田(田中)らに冷徹な“組織改革”を勧告。一方、四宮(戸次重幸)との関係に思い悩む成瀬(千葉雄大)を放っておけず、春田はイルミネーションに誘う。@@cutter 突然やってきたCA・獅子丸怜二の正体は、なんと執行役員だった! オフィスに現れた獅子丸は、春田(田中)たちに冷徹な“組織改革”を告げる。親友がひょう変し、“最強の敵”として帰ってきたことに、春田はどうにも納得がいかず…。 @@insert1  一方、整備士・四宮要は、機長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)に、春田と“1週間お試し”で付き合った結果、フラれたことを報告。黒澤もまた、娘の緋夏(佐津川愛美)に、自分の気持ちを正直に告白する決意をする。  そんな中、春田は寮で、四宮と副操縦士・成瀬竜のギクシャクした雰囲気を察する。話を聞くと、「キスまでにやるべきことが分からない…」と成瀬は思い悩んでいる様子。あまりの不器用すぎるアプローチを放っておけず、春田は成瀬をイルミネーションに誘い…?  それぞれの片想いが加速する中、獅子丸に課せられた「お客様感謝デーイベント」がついに開催。しかし、突如“ある事件”が発生し、黒澤が絶体絶命の窮地に立たされる。ついにおっさんたちの恋は、最終決戦へ…。  土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ‐in the sky‐』第7話は、テレビ朝日系にて12月14日23時15分放送。

  • 『おっさんずラブ‐in the sky‐』記者会見に登場した(左から)田中圭、千葉雄大

    『おっさんずラブ』田中圭&千葉雄大、密着ツーショットにファン悶絶

    エンタメ

     俳優の田中圭が主演を務めるドラマ『おっさんずラブ‐in the sky‐』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)の公式インスタグラムが22日、田中と共演の千葉雄大のツーショットを公開。二人が壁際で密着する姿に、ファンからは「眼福」「ほんとお似合い」などの声が寄せられている。@@cutter 投稿されたのは、主人公で「天空ピーチエアライン」キャビンアテンダントの春田を演じる田中と、副操縦士・成瀬役の千葉のツーショット。写真では千葉が壁にもたれてながらキリッとした表情でカメラを見つめ、一方の田中は、そんな千葉の方にもたれかかり、振り返るような体勢でカメラを見つめている。  田中と千葉が接近するツーショットに、ファンからは「ひぃぃ!眼福」「こーゆーの待ってました」「ほんとお似合いだー!たまらない!」「可愛すぎてちょっと平常心が保てませんっ」といった声が相次いでいる。  23日放送の第4話では、整備士・四宮(戸次重幸)の誕生日パーティーが催され、そこで春田に想いを寄せるおっさんたちによる卓球対決が勃発する。 引用:「おっさんずラブ」公式インスタグラム(@ossanslove)

  • 田中圭

    田中圭&志尊淳ら『おっさんずラブ』メンバー、純白バスローブで“色気”

    エンタメ

     俳優の田中圭が主演を務める『おっさんずラブ』の公式インスタグラムが25日、8月に公開された『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』のオフショットを投稿。写真では田中をはじめ、志尊淳ら出演者のバスローブ姿が公開されている。@@cutter 投稿されたのは、主人公・春田創一役の田中を含む出演陣のバスローブ姿を収めた複数の写真。1枚目には純白のバスローブを来た田中が、花束を片手に笑顔でカメラにピースサインを向けている。2枚目の写真では劇場版に登場した新キャラクター・狸穴迅を演じた沢村一輝が、バスローブ姿で花束片手にニッコリ。続いての写真は、同じく劇場版の新キャラクター・山田正義役の志尊淳が、バスローブを羽織ってリラックスした笑顔を見せている。そして最後の写真は、本作のヒロインとしてファンから愛される黒澤武蔵役・吉田鋼太郎のバスローブ姿。達成感に満ちた表情でカメラに向かって親指を立てポーズを決めている。  豪華俳優陣の色気あふれる姿に、ファンからは「バスローブ良いですねぇ」「尊い」「可愛すぎる」などの声が寄せられている。 引用:『おっさんずラブ』インスタグラム(@ossanslove)

  • 『おっさんずラブ‐in the sky-』への出演が発表された千葉雄大

    千葉雄大、新『おっさんずラブ』に「出し惜しみなく」全力投球を宣言

    エンタメ

     俳優の千葉雄大が27日、自身のインスタグラムを更新し、11月スタートの新ドラマ『おっさんずラブ‐in the sky‐』(テレビ朝日系/11月2日より毎週土曜23時15分)に出演することを報告。ファンからは「たのしみ!すぎてまちきれない!」など、反響の声が挙がっている。@@cutter モテないポンコツサラリーマン“はるたん”こと春田創一(田中圭)を巡って繰り広げられる、おっさん同士の恋模様を描き、2018年流行語大賞トップ10入り、東京ドラマアウォード作品賞グランプリ、第97回ザテレビジョンドラマアカデミー賞6冠、世界Twitterトレンドで1位獲得など、社会現象を巻き起こした本作。夏に公開された劇場版は、167万人を動員し、興収22億円を突破(9月24日現在)。現在も上映中で、全国で応援上映なども繰り広げられ、“OL(おっさんずラブ)旋風”を巻き起こしている。  『おっさんずラブ‐in the sky‐』では、航空会社Peachの撮影協力のもと、航空業界を舞台に、おっさんたちが泣いて、笑って、全力で恋をする新たな物語が紡がれる。主演を田中が務め、吉田鋼太郎は機長・黒澤武蔵役。さらに新メンバーの戸次重幸が、熱血でストイックな職人肌の整備士・四宮要を演じる。  同じく新キャストの千葉は、黒澤とペアを組む副操縦士の成瀬竜役として登場する。インスタグラムでは意欲をつづり「いろんな人がいて然るべきで、好きな人がいたら取られたくない人、好きだから一歩引いてしまう人、そもそも人を好きになるってなんなのかわからない人、他にもたくさん形があって。成瀬なりの愛を見つけられたらいいな。当たり前だけどね、出し惜しみなくいくんで、よろしく。11月2日(土)よる11時15分からです。がんばります」とした。  コメント欄には「千葉ちゃん!頑張ってね!応援してる!」「もう最高過ぎます」「めっっっちゃ楽しみです!!!」など、千葉への書き込みが殺到した。 引用:「千葉雄大」インスタグラム(@yudaichibaofficial)

  • 土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ‐in the sky‐』ビジュアル

    『おっさんずラブ』次は“空” 田中圭がCAに! 新キャストに千葉雄大&戸次重幸

    エンタメ

     俳優の田中圭が主演し、社会現象を巻き起こしたドラマ『おっさんずラブ』が、舞台を空へ移し、タイトルを『おっさんずラブ‐in the sky‐』として11月よりスタートする。引き続き主演を田中が務め、ヒロインを吉田鋼太郎が、さらに新メンバーとして千葉雄大、戸次重幸が出演する。@@cutter モテないポンコツサラリーマン“はるたん”こと春田創一(田中)を巡って繰り広げられる、おっさん同士の恋模様を描き、2018年流行語大賞トップ10入り、東京ドラマアウォード作品賞グランプリ、第97回ザテレビジョンドラマアカデミー賞6冠、世界Twitterトレンドで1位獲得など、社会現象を巻き起こした本作。夏に公開された劇場版は、167万人を動員し、興収22億円を突破(9月24日現在)。現在も上映中で、全国で応援上映なども繰り広げられ、“OL(おっさんずラブ)旋風”を巻き起こしている。  『おっさんずラブ‐in the sky‐』では、航空会社Peachの撮影協力のもと、航空業界を舞台に、おっさんたちが泣いて、笑って、全力で恋をすることになる。田中が演じるのは主人公の春田創一。35歳にして突然のリストラとなり、転職して航空会社で働くことになった新人CA(客室乗務員)。間が悪くてお人よし、まっすぐで優しくて、ちょっぴりおバカ。そんなモテないポンコツ独身男・春田に、突然のモテ期がやってくる。  一方、田中演じる春田に思いを寄せる機長・黒澤武蔵を演じるのが吉田。黒澤は“グレートキャプテン”と呼ばれるほど技術・人柄ともに優れたパイロットで、各所からの信頼も厚く、春田にとっても憧れの存在。仕事に厳しく、初日から遅刻してきた春田をフライトから外すなど、後輩への指導にも熱心な黒澤が、熱く、一生懸命、お客さまのために奔走する春田とフライトを重ねるうちに、少しずつ彼を認めるようになり、いつの間にかうっかり恋をしてしまうことになる。  そして新たにラブバトルに参戦するのが、映画『帝一の國』(2017)やドラマ『家売るオンナ』『プリティが多すぎる』(ともに日本テレビ系)など、振り切った演技で活躍中の千葉と、日本一チケットが取れないと名高い演劇ユニット・TEAM NACSのメンバーで、ドラマ、映画、バラエティーともに定評のある戸次。千葉は黒澤とペアを組む副操縦士の成瀬竜を、戸次は熱血でストイックな職人肌の整備士・四宮要を演じる。  田中は「“人を想うこと”というのが、『おっさんずラブ』の一番のテーマだと思う。鋼太郎さん、雄大、戸次さんと一緒にお芝居をしていく中で、その“想うこと”が、今回はどういう形になるのか、とても楽しみです」とコメント。一方吉田は「舞台が地上から空になるので、とてもスケールが大きくなるんだろうなと思っています。一世を風靡した風間杜夫さんに負けないように…教官を超える飛行機モノのドラマにしたいです(笑)」とコメントした。  新たなキャストとなる千葉は「皆さんすごく優しく迎えてくださったし、プレッシャーを感じていてはダメかなと思うので、楽しんでいこうと思います!」と意気込む。戸次は「実はあまり恋愛モノに出演したことがなく、もちろん相手がおっさんというのも初めてですが…鋼太郎さんに負けず、千葉くんにも負けず、僕もおっさんを愛し抜きたいと思います!」と誓っている。  土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ‐in the sky‐』は11月2日より毎週土曜23時15分放送。

  • (左から)『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台挨拶に登場した林遣都、田中圭、吉田鋼太郎

    田中圭、『おっさんずラブ』公開に「感謝しかない」 吉田鋼太郎の言葉に涙こらえる

    映画

     俳優の田中圭が吉田鋼太郎、林遣都と共に23日、都内で開催された『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台挨拶に登壇。田中は集まった観客に、「僕たちと一緒に作品を愛して、僕たち以上に盛り上げてくれた皆さんのおかげ」と感謝。また吉田からの言葉に涙をこらえる一幕があった。@@cutter モテない独身ダメ男・春田創一(田中)と、理想の上司・黒澤武蔵(吉田)、イケメンでドSな後輩・牧凌太(林)の三角関係をピュアに描き、社会現象を巻き起こしたラブコメディドラマを映画化した本作。舞台挨拶は全国の劇場と生中継され、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、瑠東東一郎監督も出席した。  314館、325スクリーンで公開され、本日の動員と土日の座席予約数を考慮すると、興行収入30億円超えを狙える大ヒットスタート。田中は「感謝しかありません」と言い、「映画化は僕らがプレゼントをもらった感じで、それを倍返しにしないといけないと葛藤してましたが、恩返しできるものになったかと思います」と胸を張ってアピール。  吉田も「心から愛してやまない人たちを肉眼で見られてうれしい」と笑顔を見せ、林は「改めてすごい作品に携わっていたんだと実感しました。幸せな1年間でした」と感極まった表情で振り返った。  トークでは本作の「ラブが止まらない」というキャッチコピーにかけて、「最近●●が止まらない」ものを明かす一幕も。林は「感謝」と答え、「ファンの皆さんあっての作品。『おっさんずラブ』に携わったこの1年間で僕自身もいろいろな変化があって。自分の頑張り以上にご褒美のような経験をいっぱいさせていただき、感謝しきれません」と思いを告白。  続いて、吉田は「田中圭」と回答。本作は3年前の単発ドラマで放送され、反響を呼び連ドラ化。そして社会現象を巻き起こし映画化されたが、「この仕事に携わっている者としては夢のような段階を踏んでいて、この中心に圭がいる。僕は、圭が“寅さん”の代わりになってくれると思っていて。圭がいろんな人に好かれるパターンで映画を続けて、圭にずっとこの役を演じてもらえたら。圭の代表作にしてほしい」と熱いコメントを。  涙をこらえながらその言葉を聞いていた田中は「ありがとうございます」と吉田に頭を下げ、「おっさんずラブ」と回答。「キャストやスタッフさんをはじめ、『おっさんずラブ』は大切な仲間を与えてくれました。これから皆さんの手で『おっさんずラブ』をより大切な作品にしてほしい。この作品がどこまでも進んでもらえたら」と思いを打ち明けていた。

  • (左から)田中圭、黒柳徹子

    田中圭に徹子が無茶ぶり「抱き合って!」 『おっさんずラブ』トリオにご満悦

    エンタメ

     俳優の田中圭、吉田鋼太郎、林遣都の3人が22日、『徹子の部屋』(テレビ朝日系/毎週月曜~金曜12時)に出演。『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』(8月23日公開)に出演する3人が、MCの黒柳徹子からの突然のムチャぶりに対応し、徹子を喜ばせた。@@cutter 『おっさんずラブ』は、結婚願望はあるがモテないサラリーマンの春田創一(田中)がある日突然、直属の上司である黒澤武蔵(吉田)と後輩の牧凌太(林)から告白されたことから始まる“おっさん同士の恋愛”を描いたラブコメディ。23日公開の劇場版では、その1年後が描かれる。  田中が同作について説明をすると、徹子が「ちょっとそこの2人で抱き合って」とムチャぶり。突然の注文に苦笑しながらも、吉田が田中の腕を取り始める。これに林も負けじと、田中を奪おうとすると、田中が「この2人すぐに喧嘩するんですよ」と仲裁に入った。    ドラマでもお馴染みの展開に、実は『おっさんずラブ』のファン=“OL民”だという徹子は「相当おかしい」と大爆笑しご満悦の表情。その後も、3人とのトークでは目尻が下がりっぱなしで終始ご機嫌だった。

  • 『劇場版おっさんずラブ ~ LOVE or DEAD ~』メインカット

    『劇場版おっさんずラブ』公開直前! おさらい&気になるポイントまとめ

    映画

     “おっさん同士の純愛”を真正面から描き、Twitter世界トレンド1位や2018年度の新語・流行語大賞トップ10入りを果たすなど社会現象的な人気を巻き起こした『おっさんずラブ』。『劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD』(8月23日公開)の封切りを控えた今、映画をより楽しむために押さえておくべきポイントをまとめてみた。@@cutter■ “おっさん同士”が繰り広げるド直球の純愛ファンタジー  『おっさんずラブ』は、結婚願望はあるがモテないサラリーマンの春田創一(田中圭)がある日突然、直属の上司である黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と後輩の牧凌太(林遣都)から告白されたことから始まる“おっさん同士の恋愛”を描いたラブコメディ。春田への気持ちをストレートにぶつける黒澤の乙女っぷりや、同性との交際経験のない春田との恋愛に苦悩する牧の姿をときにコミカルに、ときにシリアスに描いた物語は、世代や性別を超えて多くの視聴者の共感を生んだ。また黒澤や牧からのアプローチに困惑するものの、2人を拒絶せず真剣に向き合おうとする春田の姿も本作の人気を後押しした。 @@insert1 ■ “はるたん”と“牧くん”は交際継続中も…  本作のメインとなるのは春田とパートナーの牧の恋愛だ。ドラマ版の前半では2人の出会いからルームシェア、そして交際へ至る過程を笑いを交えつつ活写。そして後半では同性との恋愛経験のなかった春田の困惑や、彼にとっての幸せを考え苦悩する牧の姿がエモーショナルに描き出された。紆余曲折を経たドラマ版の最終回では改めてお互いの思いに気づき2人は晴れて結ばれることに。ラストシーンでは愛と笑顔にあふれた2人の幸せなキスシーンで視聴者の涙を誘った。劇場版では1年に及ぶ遠距離恋愛を終えて日本で交際を続けることになる春田と牧。しかし牧はある会社のプロジェクトを巡って春田に立ちはだかることに…。 ■ 恋に破れた部長、そのほかのキャストの恋路は?  春田への思いと乙女チックなアプローチでファンの間では“ヒロイン”として知られる武蔵(吉田)。劇場版ではある事故をきっかけに記憶喪失になってしまい春田への恋心が再燃するという展開に。そのほか、ドラマ版最終回で、優男風のイケメンをゲットしたちず(内田理央)や、ちずの兄・鉄平(児嶋一哉)と交際することになった春田の同僚“まいまい”こと舞香(伊藤修子)、武蔵の元妻・蝶子(大塚寧々)に猛烈にアタックをしていた春田の後輩・歌麻呂(金子大地)ら、それぞれのカップルの進展は描かれるのだろうか。 @@insert3@@separator■ 新キャスト・沢村一樹&志尊淳は恋にどう絡んでくる!?  俳優の沢村一樹と志尊淳が劇場版新キャストとして発表されるとSNSにはファンからの「凄いメンバー!」「ヤバすぎですね」などの歓喜の声が殺到。沢村が演じるのは、春田の勤める天空不動産で新たに発足したプロジェクトチーム「Genius7」のリーダーで、春田の前に立ちふさがる強敵・狸穴迅(まみあなじん)。狸穴は本社勤務となった牧をプロジェクトに巻き込むだけでなくただならぬ感情を抱いているようで…。一方の志尊が演じるのは、春田が所属する天空不動産第二営業所に配属された新入社員・山田正義(ジャスティス)。陽気な性格の彼は春田を兄のように慕い、やがてその気持ちに変化が訪れていく。 @@insert2 ■ 爆発、本社VS支社…ドラマからのスケールアップ!  劇場版は言うまでもなくドラマ版から格段にスケールアップ。ドラマ版で描かれた春田、牧、武蔵の三角関係は、狸穴とジャスティスを含めた五角関係に発展。ドラマ版は、ほとんどが天空不動産の東京第二営業所内での出来事だったが、劇場版では新たなプロジェクトを立ち上げる本社との対立も描かれる。さらに大規模な爆破シーンの撮影や香港ロケも行われており、劇場版はまさに“LOVE or DEAD”のサブタイトルにふさわしい内容にスケールアップへの期待が募る。23日、われわれ観客はスクリーンでどんな“LOVE”と“DEAD”を目撃するのだろうか。 @@insert3

  • 田中圭

    田中圭 “お腹出し”熟睡ショットにファン興奮 Tシャツの文言にも注目集まる

    映画

     『おっさんずラブ』シリーズの公式インスタグラムが22日に、田中圭演じる“はるたん”のお休みモード写真を掲載。うたた寝をしている田中のキュートな姿に、多くのファンが興奮の声を送っている。@@cutter 「本日より夏休み 突入ということで…はるたんもお休みモード」というコメントとともに投稿されたのは、ソファーでうつぶせ寝をしている“はるたん”こと田中のショット。横腹とパンツがチラ見えしている、セクシーかつかわいらしい一枚だ。  同アカウントは「#春田さんの悪い所のうち1コうつ伏せで寝るぅー!の現場をおさめました」と説明。また、田中が着用する背中に大きく「ポンコツ」と記されたTシャツにも着目し、「#てかポンコツTシャツて…」「#はみ出るわがままボディ」など、ユーモアたっぷりのハッシュタグも添えられている。  この投稿を受け、ファンからは「かわいすぎでしょ」」「腰がぁ~!!!」「存在が罪~~~~~~~~!!!!」といった歓声が殺到。そのほかにも「お腹ありがとうございます」「癒されました」などの感謝の声のほか、やはりファンも気になったのか「ポンコツ」の文字に「ポンコツシャツ面白い!」などと注目する声も集まっている。 引用:https://www.instagram.com/ossanslove/

  • 田中圭&瑠東東一郎監督、『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』公開記念!連続ドラマイッキ見上映会に登場

    田中圭、35歳の誕生日サプライズに感謝 『おっさんずラブ』への熱い思い明かす

    映画

     俳優の田中圭が9日、都内で開催された『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』公開記念!連続ドラマイッキ見上映会に、監督の瑠東東一郎ともに登壇。田中のサプライズ誕生会が行われ、田中が『おっさんずラブ』への熱い思いと共に35歳の抱負を明かした。@@cutter モテない独身ダメ男・春田創一(田中)と、理想の上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、イケメンでドSな後輩・牧凌太(林遣都)の三角関係をピュアに描き、社会現象を巻き起こしたラブコメディドラマを映画化した本作  イベントでは、劇場版最新ポスタービジュアル・予告編解禁やゆいP(おかずクラブ ゆい)の出演、オフィシャルブック発売、劇場前売特典内容、完成披露試写会&イベント「おっさんずフェス」開催など、さまざまな情報が解禁に。  発表ごとに集まったファンからは大歓声が起こり、田中は「作品を愛してくださってる皆さんだから、声やばいっすね」と満足げな表情。さらに、「なんで瑠東ちゃんなんだろう…、遣都だろう。って話だよね」とニヤリ顔で瑠東監督に突っ込み、会場の笑いを誘っていた。  田中は本作への思いを聞かれると、「連ドラでたくさんの方に愛していただける作品になって。映画はみんなで『連ドラを越えるぞ』と言って始め、プレッシャーや不安もありましたが、やってみるとできちゃいました」と照れ笑い。まだ作品は見てないと言うが、「キャスト全員やり切っていて、悔いが全くないんです。僕らの思いは絶対届くと思うし、めちゃくちゃ面白いので純粋に楽しみにしていてください」と自信をのぞかせた。  最後には、10日で35歳になる田中の誕生日サプライズも。田中は、春田の顔が描かれた弁当を模倣したケーキとファンからのたくさんの「おめでとう」に、満面の笑みで感謝。  35歳の抱負を聞かれると、「『おっさんずラブ』の現場で学んだことがたくさんあって」と切り出し、「自分ひとりでできることはたかがしれていて、みんなでやると作品が何倍も膨らむんです。全ての現場でこうあるべきと言えるくらい、僕はこの現場が好きだったので、違う作品でもそういう現場を目指してやっています」と真剣な表情で告白。  続けて、「『おっさんずラブ』の世界って、キャストもスタッフも話も全く悪意がないんですよ。人も環境も違うんでそのときそのときでベストの形は変わると思うけど、どの現場も作品もそういう風にしてみんなに楽しんでもらいたい。35歳も『おっさんずラブ』で学んだものを少しずつでも広めていきたい」と熱く誓っていた。  『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は、8月23日より全国公開。

  • 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』ポスタービジュアル

    『劇場版おっさんずラブ』新ポスター&予告解禁 最終追加キャストはおかずクラブ・ゆいP

    映画

     本日都内にて開催された『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』公開記念、連続ドラマ一気見上映会のイベント内にて、劇場版の最新ポスターと予告編、追加キャストが解禁。併せて、劇場版のオフィシャルブック発売決定、「おっさんずフェス」開催も発表された。@@cutter 本作は、2018年4月期にテレビ朝日系で放送され、社会現象的大ヒットを巻き起こしたテレビドラマを映画化。テレビ版では、結婚願望はあるが女性からモテない33歳のサラリーマン・春田創一(田中)を主人公に、彼に恋する上司の黒澤武蔵(吉田)と後輩・牧凌太(林)の三角関係が描かれたが、劇場版では、春田と牧が結ばれた“その後”のストーリーが展開する。  最新ポスタービジュアルは春田、黒澤、牧に加え、狸穴(沢村一樹)、ジャスティス(志尊淳)という映画版でさらにスケールアップした“五角関係”の5名と、連続ドラマからおなじみのメンバー、ちず(内田理央)、マロ(金子大地)、舞香(伊藤修子)、鉄平(児嶋一哉)、武川(眞島秀和)、蝶子(大塚寧々)が勢ぞろいした賑やかな1枚に。  予告映像には春田を中心とした新たなラブ・バトルロワイアルを繰り広げる狸穴のキャラや、ジャスティスとの出会いのシーンを盛り込みつつ、本社VS営業所の対立構造までもが描かれる。さらに、黒澤が階段から転落し、春田のことだけ忘れる記憶喪失になるという衝撃展開も。ほかにも、結ばれたと思った春田と牧の「別れよう」というショッキングなセリフや、「最悪の事件」というテロップののち、春田が爆破事件に巻き込まれる模様も映し出され、物語の行方が気になる映像となっている。  今回、劇場版最終追加キャストが解禁となり、お笑いコンビ・おかずクラブのゆいPが出演することが判明。ゆいPは天空不動産会長の御令嬢を演じる。なお、おかずクラブの2人は『おっさんずラブ』の大ファンで知られるが、相方のオカリナは「好きすぎるので出演できません!!」とオファーを断ったとのこと。  そのほか、『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』のオフィシャルブックが公開初日の8月23日に発売されることが決定。ここでしか見られないビジュアルやインタビューが満載となっている。また、本作の前売券が7月12日より全国上映劇場にて販売開始。特典として、全国合計3万名限定でオリジナルポストカード3枚セット(選べる3種)が付いてくる(無くなり次第終了)。  8月13日には「おっさんずフェス」と題し、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて全国一度限りの試写会を開催。同日は試写会のほかにも、六本木ヒルズアリーナにて各種イベント開催を予定している。  『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は8月23日より全国公開。

  • 田中圭

    『おっさんずラブ』“はるたん”を香港で隠し撮り!? 部長のインスタに感謝の声が殺到

    映画

     ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)に登場する武蔵部長の公式インスタグラムが2日、香港滞在中の“はるたん”こと春田創一演じる田中圭の“隠し撮り”に成功。はるたんの近影を写した投稿に、ファンからは「かわいい」といった声や、部長に対する感謝の声も寄せられている。@@cutter 本作は、2018年4月期にテレビ朝日系で放送され、社会現象的大ヒットを巻き起こしたテレビドラマ。テレビ版では、結婚願望はあるが女性からモテない33歳のサラリーマン・春田(田中)を主人公に、彼に恋する上司の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と後輩・牧凌太(林遣都)の三角関係が描かれた。8月公開の『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』では、春田と牧が結ばれた“その後”のストーリーが展開され、春田が上海・香港転勤を経て帰国し、天空不動産第二営業所に久しぶりに戻ってくるという。  ドラマ本編では恋に破れた部長。インスタグラムには1日の夜「世は働き方改革ということで、黒澤武蔵、夏休みとりま~す」「#というわけで香港到着なう」というコメントとともに香港の写真が投稿されていた。  その数時間後である2日に、香港で偶然にも遭遇した春田の隠し撮りショットを披露。「ちょ待、ちょ待てよ!!なんてこった!!こんな偶然があっていいのだろうか否ない!!でもあった!!パニック!!武蔵大パニック!!」とパニックになった様子を表現。結局春田にバレてしまったことを明かし、彼が饅頭を決められないキュートな表情を撮影した写真を公開した。部長はハッシュタグにて「#いや本当にもう可愛いかよ」「#はるたん罪深みマジで罪深み」と心の叫びを表している。  この投稿を受け、コメント欄には「可愛いぃぃぃぃぃ!!はるたんも部長も超可愛い!!!罪深イイ!!!」「はるたんまた無自覚の可愛み溢れさせてる」といったファンの悲鳴が殺到。また、はるたんの近影が投稿されたことに、「部長ありがとう!! 感謝しかないっす」といった声も集まっている。 引用:https://www.instagram.com/musashis_room/

  • (左から)田中圭、眞島秀和、金子大地

    『おっさんずラブ』田中圭&眞島秀和&金子大地、“お喋り中”ショットにファン歓喜

    エンタメ

     ドラマを飛び出し映画化が決定した『おっさんずラブ』の公式ツイッター、およびインスタグラムが15日、主演の田中圭、共演の眞島秀和、金子大地のスリーショットを掲載。天空不動産に勤める3人の自然体な姿に「ずーっと見ていられます」「素敵な3人」と歓喜の声が続出している。@@cutter 「お喋り中の天空不動産トリオをパシャり」というコメントと共に投稿されたのは、田中演じる“はるたん”こと春田創一、金子演じる“マロ”ことモンスター社員の栗林歌麻呂、眞島演じるミステリアスな独身貴族の武川政宗が横並びに座り、何かを話している最中のショット。  写真には「#話すのに夢中な春田」「#とりま聞いてます風なマロ」「#もはや話よりも前方が気になって仕方ない武川主任」といったハッシュタグが添えられつつ、熱弁している田中を見つめる金子や、シュールな表情でじっとこちらを見つめる眞島など計3枚が披露された。  コメント欄には、「素敵な3ショット」「イケメントリオ」といった称賛はもちろん、劇場版の内容に興味津々なファンが殺到しており、撮影場所が病院のように見えることから、「ん? 場所は病院なの?? 牧くんは?」「牧くんはどこにいったんでしょう?」と、同作に出演する牧凌太(林遣都)の行方を気にする声が数多く寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/ossanslove/    https://twitter.com/ossans_love

  • (左から)田中圭、志尊淳

    『おっさんずラブ』志尊淳、田中圭&沢村一樹との仲良しショット公開!

    エンタメ

     俳優の志尊淳が22日、自身のインスタグラムを更新。『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』で共演する田中圭、沢村和樹らとの仲良しショットを投稿し、ファンからの大きな反響を呼んでいる。@@cutter 本作は、2018年4月期にテレビ朝日系で放送され、社会現象的大ヒットを巻き起こしたテレビドラマを映画化。テレビ版では、結婚願望はあるが女性からモテない33歳のサラリーマン・春田創一(田中)を主人公に、彼に恋をする上司の黒澤武蔵(吉田)と後輩・牧凌太(林)の三角関係が描かれたが、劇場版では、春田と牧が結ばれた“その後”のストーリーが描かれる。  新キャストとして発表され、沢村と共に早くもファンの間で話題となっている志尊。この日、「8月23日公開映画‬ 『劇場版 おっさんずラブ〜LOVE orDEAD〜』‬に新入社員・山田正義役で出演させて頂きます!!‬」というコメントとともに、主演の田中との仲睦まじく寄り添ってピースサインを掲げる2ショットを投稿した。  続いて志尊は「沢山の愛の中、撮影してます!‬皆さんとどのように絡んでいくか…お楽しみに!‬」と語り、「#楽しみにしててだお‬」などといったお茶目なハッシュタグを添えている。その次の投稿では「ダンディーで紳士でカッコよすぎる方」と、同じく新キャストである沢村との2ショットを披露。しゃがみ込む2人のキュートな写真を投稿している。  コメント欄には、「笑顔が素敵」「可愛い」といった称賛が殺到しているほか、「おっさんずラブに出てほしいなって思ってました!嬉しすぎる」「新キャストが志尊くんと沢村さんで嬉しい」など、志尊や沢村の出演決定に対しての歓喜の声も多数寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/jun_shison0305/

  • 『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』沢村一樹&志尊淳が新たに参戦

    志尊淳&沢村一樹が嵐を巻き起こす! 『劇場版 おっさんずラブ』新キャスト解禁

    映画

     俳優の田中圭が主演を務めたドラマ『おっさんずラブ』の劇場版のタイトルが『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』に決定。田中や吉田鋼太郎、林遣都らテレビ版からのキャストに加え、新たに俳優の沢村一樹と志尊淳が出演することも発表された。@@cutter 本作は、2018年4月期にテレビ朝日系で放送され、社会現象的大ヒットを巻き起こしたテレビドラマを映画化。テレビ版では、結婚願望はあるが女性からモテない33歳のサラリーマン・春田創一(田中)を主人公に、彼に恋をする上司の黒澤武蔵(吉田)と後輩・牧凌太(林)の三角関係が描かれたが、劇場版では、春田と牧が結ばれた“その後”のストーリーが展開する。  沢村が演じるのは、春田の勤める天空不動産で新たに発足したプロジェクトチームのリーダーで、春田たちの前に立ちふさがる強敵・狸穴迅(まみあなじん)役。沢村は「現場では皆さんの人間関係や人間関係を超えたラブみたいなものが出来上がっているとすごく感じました。今回は仲間というよりは、少し敵対するような役柄ですので、みなさんの輪の中にずっと入っていられないのが残念なのですが、楽しく演じさせてもらっています」と話す。  志尊は、春田が所属する天空不動産第二営業所に配属されたキラキラネームの陽気な新入社員・山田正義(ジャスティス)役。撮影の雰囲気について「普段のみなさんの関係性が作品に色濃く反映されていると感じる現場です。今回映画から参加させて頂くということで、チームのみなさんの空気感に早く馴染めるように心掛けました」と明かし、役柄について「テンションを高くキープすること、また現場で感じる生の空気感を真っ直ぐ受け取って発信するということを意識し大切にしています」としている。  主演の田中は「沢村さん演じる狸穴とは、営業所と本社でぶつかりあいますが、沢村さんの大きな瞳に吸い込まれながら楽しく撮影をしています。志尊くんは早くも東京第二営業所の仲間みたいな感じで一つのシーンを皆で作る時も参加してくれるので、新キャストのような感覚は既にないです(笑)」とコメント。劇場版の内容については「ドラマの時は三角関係がどうなるのか?というのが大きなテーマだったと思うのですが、映画はスケールアップして五角関係になっています。爆破あり、笑いあり、涙あり、そしてアクションありのスペクタクル超大作! となっていますので、ぜひ劇場でお待ちしております」と語っている。  映画『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』は8月23日より全国公開。

  • 『おっさんずラブ』公式インスタグラムが公開した映画新キャストバックショット ※『おっさんずラブ』公式インスタグラムより

    『おっさんずラブ』新キャストは誰? うしろ姿公開に予想コメント多数

    映画

     劇場版の公開が8月23日に決定した『おっさんずラブ』公式インスタグラムが20日、劇場版新キャストのバックショットを公開した。突然の発表にファンからは「わわわわ!誰?誰?」「気になりすぎます」などのコメントが殺到している。@@cutter 「ここで突然シークレット発表」というコメントと共に投稿されたのは、背広を着た2人の男性の後姿を捉えた1枚の写真。さらに公式アカウントはコメント欄に「映画ではなんと...強力な新キャラクターがラブバトルに参戦!?」と書き込んでおり、公開された写真が劇場版に登場する新たなキャストであることをほのめかしている。  突然公開された新キャラクターのバックショットに、ファンからは「焦らしすぎです!」「強力な新キャラクター!期待しています」などのコメントが殺到。  さらに一部のファンからは「右側、西島秀俊さんに見える!」「左 片寄涼太に見える...」「希望的に佐々木蔵之介さん!」といった予想や願望のコメントが多数投稿されており、正式な発表が注目される。 引用:https://www.instagram.com/ossanslove/

  • 田中圭

    田中圭 『おっさんずラブ』“おかえりはるたん”ショットにファン歓喜

    エンタメ

     ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)の公式インスタグラムが6日、はるたんこと春田創一を演じる俳優の田中圭が、「春田」家の表札を手にほほ笑んでいる写真を投稿。昨年発表された映画『劇場版 おっさんずラブ(仮)』の撮影進行が順調であることを報告し、ファンからの大きな反響を呼んでいる。@@cutter 「劇場版 おっさんずラブ 春田家の表札前にて おかえり、はるたん」というコメントとともに投稿されたのは、「春田」と書かれた表札を手ににっこりとほほ笑む田中の姿。バックに写るのは、ドラマ版でもさまざまな悲喜こもごものドラマが繰り広げられた春田の自宅とみられる。  さらに、表札を見つめるキュートな横顔が披露されている。続いて「#懐かしすぎるぅー」「#相変わらず存在が罪」「#ロケ現場は春といえどまだ寒み」「#てなわけで休憩中はフリース装着」「#でも中身は...」「#半袖半パンだお」「#夏verはるたんをお楽しみに」「#撮影は順調」と、ハッシュタグを用いて撮影の様子を報告。そして公開まであと139日とカウントダウンを行った。  コメント欄には、待ちに待った報告に歓喜の声をあげるファンが殺到。「お帰りはるたん」「やっぱりはるたん好き!」といったエールの他、ドラマ内の部長(吉田鋼太郎)のように「はるだぁぁぁぁん!!」と絶叫する者も現れるなど、大きな盛り上がりを見せている。 引用:https://www.instagram.com/ossanslove/

  • 「2019年 エランドール賞授賞式」に登場した田中圭

    田中圭、ブレイクで態度変わったと言われショック「僕は何も変わってない!」

    エンタメ

     俳優の田中圭、中村倫也、女優の永野芽郁らが7日、都内にて開催された2019年「エランドール賞」授賞式に出席。志尊淳、葵わかな、松岡茉優と共に新人賞TVガイド賞に輝き、プレゼンターとして佐藤健、菅田将暉ら豪華俳優陣もお祝いに駆けつけた。@@cutter 『おっさんずラブ』(テレビ朝日)などで昨年大ブレイクした田中は、「とてもうれしい。自分はもちろんだけど、周りの人からおめでとうって言ってもらえて、いい一日になりそう」とニッコリ。  ただ、各局のプロデューサー陣が集まったこの授賞式だからこそ言いたいことがあると言い、「3名のプロデューサーから『売れたら態度変わるんだな』と言われて。俺もそんな風に見られたんだとショックだった」と打ち明け、「僕は何も変わってないので、今後とも上から僕にどんどん言っていただけたら」と力強く呼び掛けていた。  また昨年、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロインとしてブレイクした永野は、「自信がなくなる瞬間もあるけど、それを乗り越えられるのは作品のおかげ。今ここに立ててることを誇りに思う」と満面の笑み。  同作で共演した佐藤がプレゼンターを務めたが、「弱音を吐かないだけで、裏では心を削って演技をしていたことを、一番近くで見ていて少しは理解してるつもり。『半分、青い。』はあなたの存在なしではありえませんでした。18歳の貴重な期間をこの作品に捧げてくれてありがとう」と感謝の思いを贈った。  17歳でデビューし、15年を経て念願の賞を受賞した中村は「長い道のりでしたが、僕はこの仕事が好きで、少しでもいい芝居をしていい作品を作って、見てくれる方が考える機会になるような疑似体験をしてほしいと思ってやってきました。賞は責任だと思う。今日からまた靴紐を結んで、頑張っていきたい」と意気込みを明かした。  そんな中村のプレゼンターとして、事務所の後輩でもある菅田がサプライズ登場。菅田は自ら立候補したらしく、「大好きで尊敬する先輩の晴れやかな日に立ち会えて、本当にうれしい」と白い歯を見せ、「中村さんの言葉で何回も救われた。こんなに巧みでユーモアがあってかっこいい人がいるのに、なんでもっと見てくれないかなと思ってたんです。本当におめでとうございます」と熱い思いをぶつけていた。  当日はほかに、プロデューサー賞を『劇場版コード・ブルー ‐ドクターヘリ緊急救命‐』の増本淳、『半分、青い。』の勝田夏子、プロデューサー奨励賞で『カメラを止めるな!』の上田慎一郎、市橋浩治、『おっさんずラブ』の三輪祐見子、貴島彩理、特別賞を『万引き家族』製作チームが受賞した。

  • 『おっさんずラブ』で田中圭が、『半分、青い。』で中村倫也が大ブレイク

    <18年4月期ドラマ総括>『おっさんずラブ』が社会現象化 田中圭&中村倫也が大ブレイク!

    エンタメ

     2018年の春ドラマ(4~6月)は、“大ブレイク”を連発したクールだった。言わずもがな、田中圭が主演した『おっさんずラブ』(テレビ朝日)は連日SNSをにぎわせるなど、社会現象化。田中は、大ブレイクを果たした。@@cutter 『おっさんずラブ』は、田中と吉田鋼太郎と林遣都という“おっさん”による恋愛ドラマ。まったくモテない33歳のおっさん・春田創一(田中)が、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ上司の黒澤武蔵(吉田)と、同居中のイケメン後輩・牧凌太(林)から愛の告白をされ、驚き拒みながらも、いつしか心動かされていく。男同士の純愛を、ベタベタな恋愛ドラマに仕上げた本作は、多くの人々の心を鷲掴み。武蔵が春田を隠し撮りした写真をアップした公式インスタグラム「武蔵の部屋」は、春田の素顔が覗けるオフショットに武蔵の乙女なコメントが満載で、フォロワー数は44万人を超えるほどの人気となった。さらに、ドラマ版と同じキャストの映画の2019年夏公開も決定。ドラマ版のその後のストーリーが描かれるという。  一方で、視聴率的には、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合)が断トツのトップの20.3%(4~6月)を記録。同作は、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品で、永野芽郁演じるヒロインの鈴愛が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、一大発明を成し遂げるまでを描いた物語だ。鈴愛の幼なじみ・律役を佐藤健、律の友人・正人を中村倫也が務め、それぞれに注目を集めた(佐藤については7月期で言及)。  視聴率で、『半分、青い。』に次ぐ2位を獲得したのが、二宮和也が冷徹な天才外科医を演じた『ブラックペアン』(TBS)で14.3%。同作は、『チーム・バチスタの栄光』などで知られる海堂尊の小説『新装版 ブラックペアン1988』を原作に、嫉妬と陰謀が渦巻く大学病院で天才外科医の渡海(二宮)が不正や隠された過去を暴いていく医療エンターテインメントドラマ。権力や医学の限界に立ち向かう男の生き様を主軸に置きながらも、緊迫感ある手術室シーンは本格的で見るものを圧倒した。なんといっても、“オペ室の悪魔”と呼ばれるダークヒーローを、二宮が神がかった演技力で体現し、「二宮和也なんだけど二宮和也じゃない」「ニノの演技力に感服」と視聴者から絶賛の声が集まった。@@separator 2018年のブレイク俳優といえば、田中と並んで中村が挙げられる。その中村は『半分、青い。』と同時期に放送された、EXILE/三代目J Soul Brothersの岩田剛典が主演した『崖っぷちホテル!』(日本テレビ)にも出演。『半分、青い。』のフワフワモテ男子から一変し、同作では競艇好きなシェフをひょうひょうと演じている。さらに、「ダイワハウス」のCMでの気の弱い夫役、映画『孤狼の血』でのヤクザと、短期間のうちにタイプの違う役どころを次々に演じ分け、“カメレオン俳優”の異名も。これを機にブレイクを果たし、今やドラマに映画に舞台にCMに引っ張りだこだ。  ちなみに、紅白歌合戦に出演することで話題を集めている『刀剣男士』岩融役の佐伯大地も、『崖っぷちホテル!』に“存在感0のウエイター”服部役で出演し、いい味を出していた。  紅白といえば、同じく初出場するKing & Princeの平野紫耀が出演した『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS)も大きな注目を集めた。若手スターが集結した同作は、松本潤と井上真央出演ドラマでも知られる『花より男子』シリーズから10年後の世界で、新世代のキャラクターが繰り広げる“もうひとつの花男”。平野のほか、杉咲花、中川大志、今田美桜、飯豊まりえら、今後、さらなる活躍が期待される若手俳優・女優がずらりと並んだ。さらに、『花より男子』で道明寺司を演じた松本、花沢類を演じた小栗旬がサプライズ登場し、「10年前と変わらない」「すごい」とSNSを沸かせていた。(文:嶋田真己) ※文中視聴率は全てビデオリサーチ調べ/関東地区

  • 『おっさんずラブ』祝!映画化を喜ぶ田中圭

    『劇場版 おっさんずラブ』公開決定! 田中圭らメンバー全員続投

    映画

     俳優の田中圭が主演を務めたドラマ『おっさんずラブ』の劇場版が2019年夏に全国公開されることが決定。主人公を演じた田中は映画化について「お会いする人お会いする人に、続編の話を振られては、ずっと『ないです!』と答えていたのですが、すみません。『ありました!!』(笑)」と語っている。@@cutter 本作は、2018年4月期にテレビ朝日系で放送され、ツイッター「世界トレンド1位」や「新語・流行語大賞2018」にノミネートされるなど社会現象的大ヒットを巻き起こしたテレビドラマを『劇場版 おっさんずラブ(仮)』として映画化。  ドラマでは、結婚願望はあるが女性からモテない33歳のサラリーマン・春田創一(田中)を主人公に、彼に恋をする上司の黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と後輩・牧凌太(林遣都)の三角関係が描かれたが、劇場版では、春田と牧が結ばれた“その後”のストーリーが展開。映画にはドラマ版のキャストに加え、超豪華ゲスト俳優の出演も予定されている。  本作について田中は「ドラマと同じキャスト、スタッフでもう一度『おっさんずラブ』の世界を作れるというのは楽しみですし、みんなで最高のゴールを狙えるのではと思っています」と喜びをあらわに。また劇場版への“注文”として「みんなでアクションをしたり、牧が凄い戦闘のプロだったりと『アクションラブ』にしたいなと思います! …多分却下されて、そういう話ではないと思いますが(笑)」と語ると、続けて「ドラマの最後は、春田が上海に行くという設定だったので、海外ロケもしたいです!!」と提案。しかし「スタッフからちょっと予算が、、、と既に難色を示されているので、こちらも却下されてしまうかもしれません(笑)」とコメント。  さらに田中は「連続ドラマの時も『7話で完結』と思ってやってきたので、今回の映画も『これが完結編だ』という気合で臨んで、いい作品にしたいと思います!!」と意気込んだ。  映画『劇場版 おっさんずラブ(仮)』は2019年夏全国公開。

  • (左から)田中圭&吉田鋼太郎、「東京ドラマアウォード2018」作品賞<連続ドラマ部門>グランプリ:『おっさんずラブ』

    『おっさんずラブ』はるたん&部長の“3冠”オフショットが「安定のかわいさ」

    エンタメ

     2018年4月期に放送されたドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日)の公式アカウントが26日、インスタグラムを更新。25日に開催された「東京ドラマアウォード2018」で主演男優賞を獲得した田中圭と、助演男優賞を受賞した吉田鋼太郎の写真を投稿するとファンから「うれしくて涙でた」「安定の可愛さ」などの声が寄せられた。@@cutter 2017年7月から18年6月の間に放送された番組から“世界に見せたい日本のドラマ”を選出・表彰する「東京ドラマアウォード2018」。『おっさんずラブ』は、作品賞・連続ドラマ部門グランプリと、主演男優賞、助演男優賞の3冠を獲得。公式アカウントは「一緒にドラマを作り上げてくださったキャスト、スタッフ、そして応援してくださった全ての皆様に、感謝御礼申し上げます」という喜びのコメントと共に、田中と吉田のツーショット写真をはじめとした4枚の写真を投稿。  写真は、受賞のトロフィーを持った二人のツーショットや、主演男優賞のトロフィーを持っておどける田中の姿、真剣な表情でカメラに収まる吉田の姿を捉えており、ファンからは「更新嬉しい!可愛すぎるよ~~」「安定の可愛さだね」「マジで癒し」などのコメントが寄せられた。また、本作でヒロインを演じた吉田に対して「部長はなぜ助演女優賞じゃないのだ!?」との声も見られた。  さらに、今回の3冠達成について「おめでとうございまーす!」「うれしくて涙でたわ」といったお祝いの声のほか、「続編楽しみにしてます!」という期待の声も多数投稿されていた。 引用:https://www.instagram.com/ossanslove/

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access