クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

このマンガがすごい! 関連記事

  • 『このマンガがすごい!』最終回場面写真

    蒼井優、『このマンガがすごい!』最終回で大橋裕之描き下ろし作を実写化

    エンタメ

     女優の蒼井優がナビゲーターを務めるドキュメンタリードラマ『このマンガがすごい!』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)が今夜最終回を迎え、蒼井がマンガ家・大橋裕之の描き下ろしマンガの実写化に挑むことが発表された。@@cutter 本作は、人気マンガランキング本『このマンガがすごい!』(宝島社)とタッグを組み、蒼井が、毎回変わる豪華ゲスト俳優陣に好きなマンガへの愛情や、マンガのキャラクターを演じるための役作りのアプローチを聞く。そしてマンガのコマに俳優が入るという特殊な方法で、マンガを実写化するまでの過程を記録していく。  なかなか自分が実写化したいマンガを決められなかった蒼井は、悩んだ末に大橋にマンガの描き下ろしを依頼。彼女からの申し出に大橋は蒼井を主人公にしたマンガを作ることに。  最終回でついに自分がマンガの実写化に取り組むことになった蒼井は「自分がマンガになるということで、恥ずかしさの方が大きいかなと思いました」と明かすと、続けて「もちろん恥ずかしさもありますが、自分の中のこれでよかったのかとか、何かできたのかというもやもやを、大橋裕之先生がマンガを描いてくださったことで、一つ風穴を開けてもらえたように感じます」とコメント。さらに「自分が描かれているから嬉しいというよりも、マンガに関わらせてもらえた気がして嬉しいです」と語っている。  一方の大橋は「錚々たる漫画作品が登場した後に自分みたいなものがと思って気が引けたのですが、蒼井さんからのご依頼を無駄にしてはなるまいと全力で取り組みました」とコメントを寄せている。  ドキュメンタリードラマ『このマンガがすごい!』最終回は、テレビ東京系にて12月21日24時52分放送。

  • (左から)『行け!稲中卓球部』を実写化する新井浩文と山本浩司

    実写作品解禁“でんでん×おそ松くん”“新井浩文×稲中”『このマンガがすごい!』

    エンタメ

     女優の蒼井優がナビゲーターを務める10月スタートのドキュメンタリードラマ『このマンガがすごい!』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)で、実写化されるマンガと演じる俳優が一部発表された。新井浩文は『行け!稲中卓球部』を、でんでんが『おそ松くん』の実写化に挑戦する。@@cutter 本作は、人気マンガランキング本『このマンガがすごい!』(宝島社)とタッグを組み、蒼井が、毎回変わる豪華ゲスト俳優陣に好きなマンガへの愛情や、マンガのキャラクターを演じるための役作りのアプローチを聞く。そしてマンガのコマに俳優が入るという特殊な方法で、マンガを実写化するまでの過程を記録していく。  古谷実の代表作ともいえる青春コメディ『行け!稲中卓球部』を実写化するのは新井浩文。主人公の前野を演じる新井は「映像化不可能と言われた伝説のギャグ漫画の実写化!」と一言。そんな新井は劇中に登場する『あしたのジョー』オタクの井沢役に、名バイプレイヤー・山本浩司を抜擢。  さらに赤塚不二夫の不朽の名作『おそ松くん』の実写化に挑むのは、個性派俳優のでんでん。でんでんは「僕が初めて自分の小遣いで買ったマンガが、少年サンデー『おそ松くん』でした」と語り作品との出会いを明かすと、続けて「まさかあの赤塚不二夫先生の名作『おそ松くん』を自分が演じるとは夢にも思いませんでした。感謝、感謝です」と心境を語った。  さらに中川大志が皆川亮二作『ARMS』の高槻涼役に挑むほか、女優の神野三鈴が手塚治虫のライフワークとして知られる『火の鳥』のムーピー役に、映画監督の塚本晋也がつげ義春作『やなぎ屋主人』の主人公を演じることも発表された。  ドキュメンタリードラマ『このマンガがすごい!』は、テレビ東京系にて10月5日より毎週金曜24時52分放送。

  • 『このマンガがすごい!』にゲスト出演する東出昌大

    『このマンガがすごい!』に東出昌大、中川大志ら豪華ゲスト集結

    エンタメ

     女優の蒼井優がナビゲーターを務める10月スタートのドキュメンタリードラマ『このマンガがすごい!』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)に俳優の東出昌大、中川大志、森山未來、女優の森川葵、山本美月らがゲスト出演することが発表された。@@cutter 本作は、人気マンガランキング本『このマンガがすごい!』(宝島社)とタッグを組み、蒼井が、毎回変わる豪華ゲスト俳優陣に好きなマンガへの愛情や、マンガのキャラクターを演じるための役作りのアプローチを聞く。そしてマンガのコマに俳優が入るという特殊な方法で、マンガを実写化するまでの過程を記録していく。  このたび、出演が発表されたゲスト俳優は、主演クラスのスターから、映画やドラマに欠かせない名バイプレイヤーまで幅広いラインナップ。主演映画『寝ても覚めても』が第71回カンヌ国際映画祭に正式出品された東出昌大や、主演映画『覚悟はいいかそこの女子。』の公開も10月に控えている中川大志、さらに2019年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』への出演が決定している森山未來がラインナップ。  またドラマ『賭ケグルイ』『GIVER 復讐の贈与者』や宮藤官九郎演出・脚色の舞台『ロミオとジュリエット』のジュリエット役でも話題の森川葵や、映画『ピーチガール』やドラマ『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』でのヒロイン役で高い評価を得た山本美月の出演も決定している。  このほかにも、映画からテレビドラマまで幅広く活躍する新井浩文&山本浩司、でんでんといった実力派俳優や、2012年に紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞した女優の神野三鈴、大人計画の平岩紙といった舞台でも存在感を発揮する女優陣、さらに映画監督・俳優として活躍する塚本晋也といった国際派も、カメラの前でマンガの魅力とリアルな役作りを披露する。  ゲスト俳優が番組の中で実写化する作品は後日、発表される予定。  ドキュメンタリードラマ『このマンガがすごい!』は、テレビ東京系にて10月より毎週金曜24時52分放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access