初めて恋をした日に読む話 関連記事

  • 『初めて恋をした日に読む話』主演の深田恭子

    深田恭子の“髪アップ”&横浜流星の“舌ペロ”に視聴者歓喜『初めて恋をした日に読む話』初回

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の初回が15日に放送され、深田演じるヒロインが仕事への意欲を取り戻して髪をアップにする仕草や、そんな彼女の生徒となる不良高校生役の横浜流星が舌を出しておどけるポーズに「色っぽいまじで」「かわいすぎか!?」などの声がSNSに殺到した。@@cutter 本作は持田あきの同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっているアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。  アラサー女子の順子は、やる気も希望もなくクビ寸前な三流予備校「山王ゼミナール」の講師。そんな順子に、いとこで東大出のエリート商社マン・八雲雅志(永山)は、ひそかに思いを寄せているのだが、彼女は雅志の気持ちに気付いていない。ある日、ひょんなことから知り合ったピンク髪の不良高校生・由利匡平(横浜)が「俺を東大に入れてくんない?」と順子のいる山王ゼミナールにやって来る…。  順子との出会いをきっかけに、勉強への意欲が芽生えた匡平は彼女に「勉強なんか長いことやってねぇからやり方がわかんねーんだよ。頼む、教えてくれ」と依頼。順子は匡平の受験への意欲に感化され、一度退職を考えた予備校講師を続けることを決意する。本編の終盤、順子が匡平の待つ教室へ足を運び、彼に笑顔で「お待たせ!」と挨拶すると、すでに着席していた匡平は舌をペロっと出して、おどけてみせる。彼のこの仕草に視聴者から「かわいすぎか!?」「舌ペロやばい横山くん」「ハート撃ち抜かれました」「きゅんきゅんする」などの歓喜のツイートが殺到。  順子は匡平の前に着席すると、肩にかかっているロングヘアを束ねて髪をアップに。やる気に満ちた笑顔で「では、授業を始めます」と一言。SNS上には、順子を演じる深田が髪をアップにしたシーンについて「色っぽいまじで」「うなじ全開にされたら勉強が頭に入らない」「眼福…」「深キョンが可愛すぎて勉強が頭に入らない」などのコメントも多数寄せられた。

  • 『初めて恋をした日に読む話』に出演する深田恭子

    深田恭子、横浜流星らとの仲良しショットに反響「深キョンかわいすぎ」

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)公式インスタグラムが15日、本作に出演する深田、永山絢斗、横浜流星、中村倫也の4ショットを公開。「深キョン可愛いすぎる」と反響が届いている。@@cutter 15日に初回を迎えた本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)にて連載中の、持田あきによる同名コミックをドラマ化。恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘。タイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリーを描く。順子を取り巻くタイプ違いの男性3人を、永山、横浜、中村が演じる。  第1話が放送されるやツイッターでは「深キョン」「深田恭子」がトレンド入り。視聴者からは、すぐさま「深キョンかわいい」の声が殺到し、“どのシーンの深キョンがかわいいか?”と大盛り上がりとなった。  本作のインスタグラムでは、ほかにも深田たちのオフショットを多数公開中。気になったらチェックしてみよう。 引用:https://www.instagram.com/hajikoi_tbs/

  • 『初めて恋をした日に読む話』に出演する深田恭子

    深田恭子が犬とお散歩、ドレス姿&肩出しウェア オフショットをチェック!

    エンタメ

     本日15日にスタートするドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の公式インスタグラムにて、主演を務める深田恭子をはじめ、共演する横浜流星、中村倫也らのオフショットが公開されている。ファンからは「深キョンかわいすぎる」「放送スタート、楽しみにしています」との声が届いている。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)にて連載中の、持田あきによる同名コミックをドラマ化。恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘。タイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリーを描く。順子を取り巻くタイプ違いの男性3人を、永山絢斗、横浜流星、中村倫也が演じる。  インスタグラムには、深田演じる順子と順子の愛犬・とろろの2ショットをはじめ、深田が華やかなドレスをまとった12月開催のクリスマスイベントの模様、肩出しウェアでゲームに奮闘した『関口宏の東京フレンドパーク元日SP』に出演した際の様子、そして初回放送を翌日に控えた深田の笑顔を収めた写真などが投稿されている。  ファンからは「放送スタート、楽しみにしています」「深キョンかわいすぎる」といった声や、深田が演じる主人公が塾講師ということで「深キョンが、先生だったらいいのにな~」などのコメントが寄せられている。 引用:https://www.instagram.com/hajikoi_tbs/

  • 『初めて恋をした日に読む話』第1話場面写真

    深田恭子がしくじり鈍感女子に 『初めて恋をした日に読む話』今夜スタート

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務めるドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)が今夜スタート。第1話では、深田演じるヒロインが、横浜流星扮するピンク髪のイケメン不良高校生と出会う。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。順子を取り巻くタイプ違いの男性3人を、永山絢斗、横浜流星、中村倫也が演じる。  恋も受験も就職も失敗した32歳のアラサー女子・春見順子は、やる気も希望も何もなくクビ寸前な三流予備校「山王ゼミナール」で講師をする日々を送っていた。  そんな順子に、いとこで東大出のエリート商社マン・八雲雅志(永山)は、ひそかに想いを寄せているのだが、恋愛方面には全く免疫がなく、スーパー鈍感な順子は雅志の気持ちに全く気付いていない。ある日、ひょんなことから知り合ったピンク髪のイケメン不良高校生・由利匡平(横浜)が「俺を東大に入れてくんない?」と順子のいる山王ゼミナールにやって来る。  名前を書けば入れるおバカ高校の生徒が東大合格なんて…ましてや東大受験に失敗した私が人を東大に合格させるなんて、絶対に無理!と断る順子だったが…。  火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』第1話は、TBS系にて今夜15日22時放送。

  • 新ドラマ『初めて恋をした日に読む話』で深田恭子の相手役を演じる横浜流星

    横浜流星、深キョン相手役にプレッシャーも「ドキドキしてもらえるように」

    エンタメ

     主演作が続き飛躍の年となった昨年、舞台挨拶などのイベントでもひときわ大きな歓声を集めるようになった俳優・横浜流星。今年は1月から連続ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)で主演・深田恭子の相手役、さらに1月25日公開の映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』で主演を務める。充実一途の印象を受ける横浜が、2018年に得たこと、そして2019年につなげていきたいことを語った。@@cutter 「縁を感じた1年でした」と2018年を振り返る横浜。それもそのはず、GReeeeNをモデルにした2017年公開の映画『キセキーあの日のソビトー』で出会った製作陣との縁で『愛唄 ー約束のナクヒトー』の主演が決まり、GReeeeNのプロデューサー・JINプロデュースでアーティストデビューも果たした。また、昨年公開の主演映画『兄友』のプロデューサーが、今年3月公開の映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」が ふたつ。』でも横浜を起用したのだ。  「環境に恵まれた」と話すが、横浜が人を惹きつけるのは、魅力的な人間力を持っているからではないだろうか。横浜と共演した人々は、口をそろえて「全力投球」と評する。  「僕は先頭に立ってリーダーシップをとれるタイプではないので、とにかく現場では一生懸命頑張ること。その姿を見て、感じてもらえればいいなと思ってやっていました」と語る。そんな真摯な姿が、一緒に仕事をした人たちを魅了するのだろう。 @@insert1  そして、同じく昨年公開の映画『青の帰り道』では、藤井道人監督と共にドイツで行われた映画祭にも参加。「海外での舞台挨拶をしたのは初めて。目の前でドイツの方々が一生懸命拍手をしてくれているのを見て、ものすごく感動しました。自分たちが携わった作品が、海外の人に観てもらえて、しかも称賛していただけてうれしかったです」。  こうした経験も、横浜の心を動かした。中学時代、極真空手の大会で世界一になった横浜だけに「『流星はアクションがいいから、海外でも活躍できる。絶対英語を覚えていた方がいい』とおっしゃってくれる方がいたので、自分でも意識しています。でも、英語がまだまだなので少しずつでもマスターしたい」と思いを馳せる。海外の映画祭を経験したからこそ、夢は明確な形として横浜の心に宿り、目標として定まった。  そして2019年。数々の話題作を世に送り出してきたTBS火曜22時枠の連続ドラマに、メインキャラクターの由利匡平として出演する。「匡平は、原作ではとても格好いい役。これまで出演した映画の中では、僕は特にキュンキュンさせる役ではなかったので、プレッシャーはあります」と率直に語りつつ、「見ている方にしっかりドキドキしてもらえるよう、見え方も意識して臨んでいます」と意欲を見せる。 @@insert2  ドラマ開始と同時期に主演映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』の公開も迎える。前述したように、多くの縁を感じた作品だけに、横浜にとっても非常に思い入れが強い映画となっているようだ。「『愛唄』の撮影を通して、一日一日を後悔しないように生きようと素直に思えました。とにかくたくさんの人に観てもらいたいと思っているので、宣伝をしっかり頑張りたい」と主演として強い意気込みを見せる。  自身を「完璧主義なところがある」と話す横浜は、現状について「まだまだ思い描いているところには到達していない」と分析する。足りない部分を問うと「コミュニケーション能力」と即答。「10代では大人との接し方がわからなかったのですが、最近はお仕事をしていく中で、だいぶコミュニケーションは取れるようになってきました。でもやっぱり『真面目すぎる』と言われるので、そのあたりは課題ですね(笑)」。  真面目過ぎるほど全力投球。それでいながら人を惹きつけるこだわりと不思議な落ち着きもある。ブレイク間違いなしの2019年を、横浜がどう過ごし、何を得て、いかように変化していくのか注目したい。

  • 火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』完成披露試写会・舞台挨拶にて

    中村倫也、生徒役・横浜流星を笑いと優しさでフォロー

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演する火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の完成披露試写会・舞台挨拶が8日、都内で行われ、深田をはじめ、永山絢斗、中村倫也、横浜流星が出席。劇中では深田をめぐる恋のバトルが、男性陣の間で展開されるが、中村が緊張する横浜に優しいフォローをするなど、チームワークの良さが垣間見えるイベントとなった。@@cutter 隔月刊「クッキー」に連載中の持田あきの同名コミックを実写ドラマ化した本作。深田演じる、人生なにもかもうまくいかないアラサー女子・春見順子が、教え子の東大受験を機に、人生を取り戻そうと奮闘する姿を描いたラブコメディ。    深田は、自身が演じるキャラクターについて「東大に落ちてから人生が止まってしまった女の子ですが、私からみるとしっかりとした言葉で相手に物事を伝えるなど、立派に生きている女性だと思うんです」と共感できる役柄であることを強調すると「物事を言い切れる格好いい女性。私も順子のようになりたい」と語っていた。    順子と共に東大を目指すことになる由利匡平を演じる横浜は、オーディションで役柄をつかんだと述べると「原作を読んで素敵だなと思ったし、魅力的で格好いい匡平をどうしてもやりたかった」と並々ならぬ思いで作品に挑んでいることを明かす。    そんな思いが強かったのか、横浜は最初の挨拶で「友達や恋人を誘って……」とドラマなのに映画と勘違いするようなコメントをするなど、緊張感が伝わる。すると、匡平の担任教師・山下一真役を務める中村が「お友達や恋人を誘って映画館に……」と横浜の発言に被せるように挨拶し、場内を笑いに変える。    さらに中村は、横浜のトークを温かい目で見守ると、ときに突っ込み、ときにはフォローしながら緊張をほぐす。やっと流ちょうに会話ができるようになった横浜に「良かったよ。なんでそれができなかったんだよ」と劇中さながら教師と生徒のようなトークを展開し、客席は大いに盛り上がった。    ここ数年、映画、ドラマと出演作が相次ぐ中村だが、「少女漫画原作で恋の相手というのはやったことがない」と語ると「話をいただき原作を読むと、山下という役があまりにも容姿端麗なので腰が引けました」と率直な胸の内を吐露していた。    火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』は、TBS系にて1月15日より毎週火曜22時放送。

  • 2019年1月期には実力派人気女優の主演作がズラリ (左から)北川景子、常盤貴子、竹内結子、深田恭子

    <19年1月期新ドラマ>人気実力派女優の主演作が勢ぞろい ネクストブレイク若手にも注目

    エンタメ

     昨年を振り返ると、田中圭や中村倫也、志尊淳など、ドラマから大ブレイクを果たした俳優が多い。彼らの共通点は、イケメンであることはもちろん、確かな演技力を持っていること。ブレイク後も、ドラマ、映画に引っ張りだこなのは、その証拠ともいえよう。その反動か、2019年1月期のドラマラインナップを見ると、女優が主演する作品が多く見られる。果たして、2019年はどの作品、俳優・女優がブレイクするのか。注目作の見どころを紹介しよう。@@cutter 北川景子が主演する大ヒットシリーズ『家売るオンナ』の続編となる『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/1月9日より毎週水曜22時)は高視聴率が期待されるドラマの一つだ。同ドラマは、テーコー不動産新宿営業所で働く営業ウーマン・三軒家万智(北川)があらゆる手段を使って家を売りまくる物語。第1シリーズは2016年7月期に放送され、平均視聴率11.6%を記録。続く、2017年5月に放送されたスペシャル版でも13.0%を獲得した。待望の続編では、仲村トオル、工藤阿須加、千葉雄大、イモトアヤコらおなじみのメンバーに加え、本作から松田翔太が万智のライバル役で出演し、物語を盛り上げる。  このほか1月期には、常盤貴子主演で、大人気の米ドラマをリメイクしたリーガルドラマ『グッドワイフ』(TBS系/1月13日より毎週日曜21時)、木村佳乃が遺産を狙う悪女を演じる『後妻業』(関西テレビ・フジテレビ系/1月22日より毎週火曜21時)、竹内結子が情報を操作し影で社会を動かす“スピン・ドクター”に扮する『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系/1月10日より毎週木曜22時)、深田恭子が永山絢斗と横浜流星、中村倫也から想いを寄せられるラブコメディー『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/1月15日より毎週火曜22時)など、人気・実力ともに備わった女優が主演するドラマが並ぶ。@@separator 一方、菅田将暉が主演する学園ミステリードラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系/1月6日より毎週日曜22時30分※初回は22時スタート)は、菅田が初めて教師役を務めることで話題になっている。卒業まで残り10日となったある日、担任教師の柊一颯(菅田)は、生徒を前に「今から皆さんには、人質になってもらいます」と言い放つ。そして、柊は「最後の授業」として、数ヵ月前に自ら命を落とした「ある一人の生徒の死の真相」についての授業を行い…。  生徒役には、永野芽郁、GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太、上白石萌歌、川栄李奈を始め、若手実力派がずらりと並ぶ。さらに、ネクストブレイクの期待がかかる新人俳優・女優も加わり、豪華な顔ぶれが実現。2011年放送の『高校生レストラン』(日本テレビ)が神木隆之介や川島海荷、野村周平、2012年放送の『黒の女教師』(TBS)が土屋太鳳、千葉雄大、山崎賢人を輩出したように、本作からもブレイクする俳優・女優が出るのか、注目だ。  最後に、宮藤官九郎が五輪をテーマに描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK総合/1月6日より毎週日曜20時)も紹介しておこう。同作は、日本で初めてオリンピックに参加した男と日本にオリンピックを誘致した男を中心に描く作品。中村勘九郎がストックホルム五輪に出場した金栗四三を、阿部サダヲが組織委員会事務総長として東京オリンピックを成功に導いた田畑政治を務め、綾瀬はるか、生田斗真、杉咲花、永山絢斗、竹野内豊、中村獅童ら豪華キャストの共演で贈る。  果たして、2019年にブレイクをするのは誰か。また、どの作品がブームを巻き起こすのか。期待しながら放送を待ちたい。(文:嶋田真己)   ※文中視聴率は全てビデオリサーチ調べ/関東地区

  • back number、深田恭子主演『初めて恋をした日に読む話』主題歌を担当

    back number、深田恭子『初めて恋をした日に読む話』主題歌を担当 異例の2クール連続

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務める新ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の主題歌に、back numberの新曲「HAPPY BIRTHDAY」が決定。back numberは2018年10月期放送のドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)に続き、2クール連続でドラマ主題歌を担当することになる。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。順子を取り巻くタイプ違いの男性3人を、永山絢斗、横浜流星、中村倫也が演じる。  本作の主題歌となるback numberの2019年最初の新曲「HAPPY BIRTHDAY」は、2018年10月に行われたドームツアーの最終公演である京セラドーム公演終了直後に、ドラマの台本を読んだ上で書き下ろした楽曲で、1月5日15時から放送のTBSのドラマナビ番組『TBS 冬の新ドラマ祭』で楽曲の一部が初オンエアされる。  主演の深田は「back numberさんに主題歌を担当していただける事をお聞きした時に心から嬉しく思いました」と語ると、主題歌について「淡い青春時代の儚さや刹那を表現されていて、ドラマを更に盛り上げて頂けるのではと楽しみにしております」とコメント。  さらにback numberの清水依与吏は「主題歌、と呼ばれるものの完成は、その物語の最終話と共にやって来る気がしているので、この歌がドラマの中で、どの登場人物のどんな気持ちに寄り添っていくのか、とても楽しみにしています」とメッセージを寄せている。  火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』は、TBS系にて1月15日より毎週火曜22時放送。

  • 浜中文一、『初めて恋をした日に読む話』に出演

    浜中文一、深田恭子主演『初めて恋をした日に読む話』で連ドラ初出演

    エンタメ

     俳優の浜中文一が、深田恭子主演のドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)で連続ドラマ初出演することが決定、「まさか僕が!」と喜びを見せている。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)が、自分の人生を取り戻すべく奮闘し、かつタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブストーリー。順子を取り巻くタイプ違いの男性3人を、永山絢斗、横浜流星、中村倫也が演じる。  浜中が演じるのは、エリート商社に勤める西大井司。西大井は、東大出のエリート商社マン・八雲雅志(永山)と同じ会社の後輩という役どころ。雅志が順子に片思いしていることを知っており、時折雅志に恋愛に関するアドバイスや辛辣なコメントをする。  浜中は、2013年に音楽劇『ザ・オダサク』に初出演、2016年には初主演を務め、以降、舞台を中心に演技力を磨いてきた。今回、初めて連続ドラマに出演するにあたって、「地上波に! ドラマに! まさか僕が! と思いました。ですが、ドラマに出るのを目標としていたのでとてもうれしかったです」と大喜び。そして、「永山さん演じる雅志の会社の後輩の役ですが、雅志さんを見守りつつ、このドラマ全体が少しでも楽しくなるように努めようと思っています!」と意気込みを見せている。  また、順子と婚活サイトで知り合い付き合うも、順子を振る相手・安田を、お笑いコンビ・麒麟の川島明が演じる。  火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』は、TBS系にて2019年1月15日より毎週火曜22時放送。

  • 火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』Xmasスペシャルイベントにて

    32歳になった中村倫也、コメントを自画自賛「こんなにうまいこと言える」

    エンタメ

     女優の深田恭子、俳優の横浜流星、中村倫也が、24日に都内で開催された新火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)Xmasスペシャルイベントに出席した。当日に32歳の誕生日を迎えた中村は、エジソンが32歳の時に電球を開発したことを紹介し「電球のように、日本を照らすような作品になればいいなと。こんなにうまいこと言える人、いるんですかね?」と白い歯を見せた。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)にて連載中の、持田あきによる同名漫画をドラマ化。東大受験に失敗してから恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー塾講師・春見順子(深田)が、八雲雅志(永山絢斗)、由利匡平(横浜)、山下一真(中村)という、タイプの違う3人の男性からアプローチされる姿を描いていく。  イベント当日は、ピンク髪のイケメン不良高校生・匡平(横浜)の担任教師で、順子の同級生でもある一真を演じる中村の、32回目の誕生日。深田から花束を受け取った中村は「エジソンって、電球をつくったの、32歳らしいんですよ。すごいですよね」と発言。続けて「僕も、この『初めて恋をした日に読む話』という作品が、32歳になって最初の仕事なので、電球のように、日本を照らすような作品になればいいなと。こんなにうまいこと言える人、いるんですかねえ」と、自画自賛を交えたコメントで会場を沸かせた。  主演の深田は本作の見どころを聞かれると「順子が『15歳の君へ』っていう風に語り掛けるシーンがあるんですけど、皆さんも15歳の時にどんなことを思っていたかなとか、将来に誇れる自分かなとか、人生を思い返したりとか、いろいろなことを思えるドラマだと思います」とアピール。また「見終わって元気になれるような、そして胸がキュンとするようなドラマで、たくさんの方にご覧いただけたらと思います」と笑顔で続けた。  一方の横浜は「アプローチにドキドキしてくれたらうれしいなと思いますし、個人的に僕は、匡平は順子と一緒に東大合格に向けて一生懸命、頑張っていくので、皆さんに応援して見てもらえたらうれしいなと思っています」と話していた。  火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』は、TBS系にて2019年1月15日より毎週火曜22時放送。

  • (左から)田島さくら役の黒崎レイナ、江藤美香役の吉川愛、今井桃役の加藤小夏

    深田恭子主演『初めて恋をした日に読む話』女子高生キャストに吉川愛ら決定

    エンタメ

     女優の深田恭子が主演を務める2019年1月スタートの火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)の追加キャストとして、吉川愛、黒崎レイナ、加藤小夏が女子高生役を演じることが発表された。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)連載中の持田あきによる同名漫画が原作で、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)がタイプの違う3人の男性からアプローチされるラッキー・ラブコメディー。順子にアプローチする3人の男性を横浜、永山絢斗、中村倫也が演じる。  ピンク髪の不良高校生・匡平(横浜流星)を好きになり、彼を追いかけて順子が働く予備校へ通うようになった“エトミカ”こと江藤美香役には、子役として数々のドラマや映画、CMに出演し、今年公開の映画『虹色デイズ』でヒロインを務めた吉川愛。吉川は自身の役柄について「エトミカは原作の中でもドラマの中でも一途でかわいいけど芯は強い女の子です。演じられることが本当にうれしかったです」と語っている。  美香の友人・今井桃役には、今作が地上波連続ドラマ初出演となる加藤小夏。加藤は兼ねてから原作者・持田のファンとのことで「桃役として関わらせていただけることがとても感慨深いです」とコメント。  同じく美香の友人・田島さくら役には、雑誌「ニコラ」「Seventeen」などで専属モデルを務め、現在放送中のドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)にも出演した黒崎レイナが決定。黒崎は「精一杯楽しくフレッシュでキラキラな女の子を演じさせていただきます」と語り、意気込みをあらわにした。  ドラマ『初めて恋をした日に読む話』は、TBS系にて2019年1月より毎週火曜22時放送。

  • 深田恭子

    深田恭子のクランクイン報告ショットが麗しい…「かわいい!」の声殺到

    エンタメ

     女優の深田恭子が24日、自身のインスタグラムで主演ドラマのクランクインを報告。台本を手に微笑みを向ける深田の姿に、ファンから「相も変わらずかわいい!」「綺麗です」「輝いてます」などの声が殺到した。@@cutter 深田は2019年1月スタートの連続ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)で、タイプの違う3人の男性からアプローチされるアラサー女子を演じる。この日の投稿では、青色の衣装を着た深田がカメラに笑顔を向ける写真と共に、「一昨日からTBS火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』クランクイン致しました」と報告。「久しぶりの連続ドラマ、初日はやっぱり慣れず中々眠れません… これから寒くなりますが楽しく撮影出来たらいいなぁ」と思いをつづった。  この写真にファンからは「めちゃめちゃかわいいです」「ヤバイ!! かわいすぎるよ」「深キョンずっと変わらずかわいいです」「相変わらず美しいですね」「美人すぎですよ~」といったコメントが殺到。さらに「風邪に気を付けて撮影頑張って下さいね」「ドラマ楽しみ」「絶対見ます!」「毎週恭子ちゃんを拝めるなんて とっても楽しみです!」など、ドラマを楽しみにする声も多数寄せられた。 引用:https://www.instagram.com/kyokofukada_official/

  • 『初めて恋をした日に読む話』横浜流星がピンクヘア披露

    横浜流星がピンク髪に 『初めて恋をした日に読む話』安達祐実ら出演発表

    エンタメ

     女優の深田恭子主演で2019年1月にスタートする火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/毎週火曜22時)で、東大を目指す不良高校生を演じる横浜流星が役作りのため髪をピンク色に染めたビジュアルが公開された。@@cutter 本作は、隔月刊「クッキー」(集英社)連載中の持田あきによる同名漫画が原作で、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子・春見順子(深田)がタイプの違う3人の男性からアプローチされるラッキー・ラブコメディー。順子にアプローチする3人の男性を横浜、永山絢斗、中村倫也が演じる。  ドラマは、三流予備校講師である順子の元にピンクの髪をしたイケメン不良高校生・由利匡平(横浜)がやってきて、一緒に東大合格を目指すことから物語が急速に展開していく。そんな重要人物を演じる横浜が、今回役作りのため大胆にも髪をピンク色に染め大変身。  横浜は「匡平が髪をピンクに染めている、というのはこのお話でとても大切な部分だと思っています。実写でリアルに存在する感じで自然なピンクにするのは大変でしたが、監督、スタッフの皆様もこだわってくださり、試行錯誤を重ね今の髪色になりました。このピンク髪とともに、ただの不良少年ではなく、根は真面目で真っ直ぐな匡平が、厳格な父親との関係性を丁寧に、繊細に、作っていきたいと思います!」と語っている。  さらに、本作を彩る追加キャストも続々と決定。順子の親友でキャバクラのオーナー松岡美和役に安達祐実、順子の父・春見正役に石丸謙二郎、文科省局長で堅物な匡平の父・由利菖次郎役に鶴見辰吾が扮する。さらに順子が働く塾「山王ゼミナール」の塾長・梅岡道真役に生瀬勝久、順子が東大受験に失敗してから険悪な仲になってしまった鬼母・春見しのぶ役に檀ふみと、ベテラン俳優陣が勢ぞろいした。さらに高橋洋、皆川猿時など個性豊かなキャストが出演し、ドラマを盛り上げる。  ドラマ『初めて恋をした日に読む話』は、TBS系にて2019年1月より毎週火曜22時放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access