ゆうべはお楽しみでしたね 関連記事

  • 本田翼『ゆうべはお楽しみでしたね』インタビューカット

    本田翼、大人になって気づいた『ドラクエ』の難しさの意味

    エンタメ

     MMORPG(多人数同時参加型のオンラインRPG)『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』を題材にした1月スタートの新ドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』。同ドラマで岡山天音と共にダブル主演を飾る本田翼が、本作や大好きな『ドラゴンクエスト』(以下、『ドラクエ』)シリーズへの思いを語ってくれた。@@cutter 『ゆうべはお楽しみでしたね』は、金田一蓮十郎による同名漫画を原作とするラブコメディ。『ドラゴンクエストX』がきっかけでルームシェアをすることになった「さつきたくみ」(パウダー/岡山)と「おかもとみやこ」(ゴロー/本田)の心情を描く。  原作は「元々知っていた」と話す本田。「たくみ君とみやこは、オンラインという現代的で、新しい出会い方をしています。ただ、どんなにインターネット技術が発達しても、気持ちを伝えるのは、人間の言葉やちょっとした勇気が必要だと分かるドラマです。でも特別な何かや事件が起こるわけではありません。観てほっこりしていただけたら」。 @@insert2  第1話は、本田いわく「ちぐはぐな2人が出会う話」。「2人の見た目は正反対。たくみ君はオタクでコミュ障。でも使用キャラはかわいい。みやこちゃんは女の子だけど、使っているキャラは硬派。ちぐはぐ感がよく表れている出会いになっています」と解説してくれた。  本田演じるみやこは、“強気なギャル系女子”というキャラクター設定。「みやこちゃんは見た目が派手だけど、心は普通の女の子。監督からは『ギャルっぽくしないで』とか『ツンツンし過ぎないで』とかアドバイスがありました」。  岡山の印象については「優しくて、すごくマイペースな方。お芝居にしっかり取り組む方で、一緒にやっていて安心します。監督がなかなかカットをかけないときがあって、私がアドリブを続けることがあるんですが、しっかり受け止めてくれます。ドシッと構えている方ですね」と明かす。  今回のドラマの題材は、芸能界きってのゲーマーである本田が、長年愛好する『ドラクエ』。シリーズの中で好きな作品については、「天空シリーズ(IV~VI)が好きです」と明かす。「特にV(『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』)です。珍しいですよね。1つのゲームの中で、親子どちらもプレイできて、かつ花嫁が選べる。物心ついたときにプレイして感動しました。“神ゲー”と呼ぶにふさわしい作品だと思います」。 @@insert1  本田は、そんな『ドラクエ』シリーズの魅力の1つを「絶対に報われるわけではない」ことだという。「悲しい現実もきちんと描いている。皆が幸せになったけど自分は幸せになっていないとか、どこか悲しさや虚しさを残すストーリーも多い。そういうところが好きです」。  『ドラクエ』について語りだしたら、とにかく止まらない。本田にとって、『ドラクエ』はどんな存在なのか。「『ドラクエ』って、難しいんですよ。途中、『ここからどうしたらいいのか分からない!』っていう瞬間がよくあって、いろんな街で村人から話を聞き出して、ゼロから情報収集しないといけなかったりします。子どもながら『なんでこんなに大変なんだろ!?』って思いました。でも大人になってから、現実でどうしようもない瞬間に遭遇したりして、『ドラクエ』の大変さの意味が分かるようになりました。何と言えばいいのか…。少し大げさかもしれませんが、『ドラクエ』に生き方を教えてもらった気がします」と話し、ほほ笑んだ。(取材・文・写真:桜井恒二)  ドラマイズム『ゆうべはお楽しみでしたね』は、MBSにて毎週日曜24時50分放送。TBSにて1月8日より毎週火曜25時28分(初回は25時33分)放送。そのほか、HBCにて1月14日より毎週月曜25時27分、CBCにて1月31日より毎週木曜25時29分放送。

  • 本田翼、岡山天音の“宮野真守ロス”を暴露

    本田翼、岡山天音の“宮野真守ロス”を暴露「ずっと、まもロスって仰ってました」

    エンタメ

     女優の本田翼と俳優の岡山天音が、26日、W主演を務める2019年1月放送スタートの連続ドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)の制作発表会に、共演の宮野真守、芦名星、筧美和子と共に出席。オンラインゲーム『ドラゴンクエストX』で知り合った男女を描く本作の出演に、ゲーム好きの本田は「本当に幸せでした!」と笑顔を見せた。@@cutter ドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』は、金田一蓮十郎による同名コミックを実写ドラマ化。オンラインゲーム『ドラゴンクエストX』で、女子キャラクターに扮していたオタク男子・たくみ(岡山)と、男子キャラクターを使っていたギャル系女子・みやこ(本田)が、現実世界で始めたシェアハウス生活を描いていく。  ゲーム好きの本田は、みやこについて「すごく自分と似ている」と発言。「(自分も)あんまり『ゲームをやってそう』と言われないタイプだったので。そこが、みやこちゃんと同じなんですよね」としたうえで「お芝居をしていくうえで、とても共感できるところが多くて…。あとはやっぱり私『ドラクエ』がもともと大好きで。今回、原作者の金田一先生の作品も大好きで、その2つのコラボのドラマに、出れるっていうのは、本当に幸せでした!」と嬉しそうに語った。 @@insert1  一方、たくみが働くアニメイトの店長・大仁田役の宮野は、僅か2日間の撮影ながら仲良くなったという岡山について「(撮影が)終わってから、どうやら天音くんは、“まも”(宮野の愛称)に会えなくて寂しかったらしいです(笑)」と暴露。照れ笑いを見せた岡山は「そうなんです。宮野さんがアップしちゃってから、ずっと現場で『まもさんは今何してるかな?』っていうのが口癖になってまして。家帰ってYouTubeで、まもさんの動画を見たりとか」と述懐。これを聞いた本田は「ずっと、まもロス、まもロス、って仰ってました(笑)」と明かしていた。 @@insert2  当日は、『ドラゴンクエストX』のオンラインゲームで、本田がどのキャラクターを操作しているのか、岡山・宮野・芦名が推理する一幕も。3人の回答は残念ながら不正解となったが、プレイヤーの1人として、みやこの親友・あやの役の筧がサプライズ登場して会場を沸かせていた。  ドラマイズム『ゆうべはお楽しみでしたね』は、MBSにて2019年1月6日より毎週日曜24時50分より放送(初回は25時20分~)、TBSにて2019年1月8日より毎週火曜25時28分より放送(初回は25時33分~)。 @@insert3

  • 『ゆうべはお楽しみでしたね』に出演する宮野真守

    宮野真守、『ゆうべはお楽しみでしたね』で10年ぶりのドラマ出演

    エンタメ

     声優の宮野真守が、女優の本田翼と俳優の岡山天音がダブル主演を務める、2019年1月スタートのドラマイズム『ゆうべはお楽しみでしたね』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)に出演することが発表。10年ぶりのドラマ出演となる宮野は、主人公・たくみ(岡山)のバイト先であるアニメイトの名物店長で誰よりもハイテンションで陽気な男を演じる。@@cutter 本作は、金田一蓮十郎による同名コミックを実写ドラマ化したラブコメディ。オンラインゲーム『ドラゴンクエストX』で、女子キャラクターに扮していたオタク男子のたくみ(岡山)と、男子キャラクターを使っていたギャル系女子・みやこ(本田)が、ひょんなことから現実世界で始めたシェアハウス生活を描く。  今回は宮野に加えて、新たなキャストが発表。みやこの親友・あやの役は、モデルとしての活動はもちろん、映画『犬猿』や『スマホを落としただけなのに』などにも出演している筧美和子。本作では髪を赤く染めて、ギャル系女子に初挑戦する。  たくみの勤務先であるアニメイトの後輩・外山役は、“可愛すぎる美少年”として注目を集め、映画『3D彼女 リアルガール』にも出演したカリスマショップ店員兼モデルのゆうたろう。みやこの務めるネイルサロンの後輩・れいな役は、ゆるめるモ!のアイドル活動でも話題のあのが務める。  みやこと何か訳アリ(!?)な好青年・タカシ役は、映画『春待つ僕ら』が公開中のほか、12月下旬放送のドラマ『平成ばしる』(テレビ朝日)では主演を務める稲葉友。そして、みやこの勤めるネイルサロンの店長・栗山は芦名星が演じる。  ドラマイズム『ゆうべはお楽しみでしたね』は、MBSにて2019年1月6日より毎週日曜24時50分放送(初回は25時20分~)。TBSにて2019年1月8日より毎週火曜25時28分放送(初回は25時33分~)。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access