クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

刑事ゼロ 関連記事

  • 『刑事ゼロ スペシャル』場面写真

    沢村一樹が財前直見にプロポーズ! 『刑事ゼロ』元夫婦の過去が明らかに

    エンタメ

     俳優の沢村一樹が主演し、今年1月クールに放送されたドラマ『刑事ゼロ』のスペシャルドラマとなる『刑事ゼロ スペシャル』(テレビ朝日系/9月15日21時)より、場面写真が解禁された。沢村演じる“記憶ゼロ”の刑事・時矢暦彦が記憶を無くす以前、敏腕弁護士の元妻・奥畑記子(財前直見)にプロポーズした瞬間が写し出される。@@cutter 本作は、刑事拝命以来20年間の記憶を失った“記憶ゼロ”の時矢刑事(沢村)が、難事件をズバズバ解決する姿を描いたミステリーのスペシャルドラマ。1月クール放送時、初回2時間スペシャルは視聴率14.7%を記録。全10話の平均視聴率も11.6%と、1月スタートの全局連続ドラマ中、平均視聴率第1位を獲得した(※視聴率はすべてビデオリサーチ調べ。関東地区)。  出演は沢村のほか、彼の記憶を補う“トリセツ”的役割を担う新人刑事・佐相智佳を瀧本美織が演じ、寺島進、横山だいすけ、猫背椿、渡辺いっけいといった京都府警捜査一課13係のおなじみのメンバーも集結する。  解禁となったのは、記憶を取り戻した時矢が、敏腕弁護士の元妻・奥畑記子(財前)にしたプロポーズの回想シーン。これまで時矢と記子の過去についてレギュラーシリーズで描かれたのは、<7年前に起きた殺人事件をきっかけに2人が知り合い、結婚したこと>と、<2人が2年前に離婚という道を選択したこと>という事実のみ。時矢と記子がどのように愛を育んだのかは、今までベールに覆われていた。  そんな深い謎に包まれていた2人の愛の1ページが、ついに本作で描かれる。神戸まで婚前旅行に出かけた2人がプロポーズの舞台に選んだのは、カップルたちの聖地“永遠の愛の鐘”。ベタなスポットで2人そろって鐘を鳴らし、時矢が跪いて指輪を差し出すという、意外にも古風でロマンチックなラブラブシーンが披露される。はたして時矢が記子に贈ったプロポーズの言葉とはいったいどのようなものだったのか?  スペシャルドラマ『刑事ゼロ スペシャル』は、テレビ朝日系にて9月15日21時放送。

  • 『刑事ゼロ スペシャル』9月15日放送決定!

    沢村一樹主演『刑事ゼロ』が帰ってくる! SPドラマで9月15日放送決定

    エンタメ

     俳優の沢村一樹が主演し、今年1月クールに放送されたドラマ『刑事ゼロ』(テレビ朝日系)のスペシャルドラマが9月15日に放送されることが決まった。沢村演じる“記憶ゼロ”の刑事・時矢暦彦が、京都と神戸を舞台に不気味な連続殺人に挑む。@@cutter 本作は、刑事拝命以来20年間の記憶を失った“記憶ゼロ”の時矢刑事(沢村)が、難事件をズバズバ解決する姿を描いたミステリーのスペシャルドラマ。1月クール放送時、初回2時間スペシャルは視聴率14.7%を記録。全10話の平均視聴率も11.6%と、1月スタートの全局連続ドラマ中、平均視聴率第1位を獲得した。(※視聴率はすべてビデオリサーチ調べ。関東地区)  出演は沢村のほか、彼の記憶を補う“トリセツ”的役割を担う新人刑事・佐相智佳を瀧本美織が演じ、寺島進、横山だいすけ、猫背椿、渡辺いっけいといった京都府警捜査一課13係のお馴染みのメンバーも集結する。  今回時矢たちは、管轄外の神戸・六甲山へ慰安旅行に出発。たどり着いた山上のホテルには、“謎の招待状”によって招集された6人の宿泊客が滞在していた。ところが、何者かによってホテルは外界との連絡手段を一切断たれ、時矢、佐相、そして6人は“陸の孤島”と化した館内に閉じ込められることに。そこで、次々と不可解な殺人事件が発生し、閉ざされた館からひとりずつ姿が消えていく。“陸の孤島”を舞台に“記憶ゼロ”の名刑事が、複雑かつ恐ろしい事件に挑む。  主演の沢村は「13係の皆さんと久々に集合し、視聴者の皆さんと約半年ぶりにお会いできるのが、今から楽しみです。今回のスペシャルでは、神戸に慰安旅行に出かけた僕らが連続殺人に遭遇しますが、管轄外の場所で事件が起きたとき、我々はどうするのか…。そして、もしかしたら“旧・時矢”が現れるかも! とにかく、すべてがみどころですので、ぜひご期待ください」と意気込みを語った。  瀧本は「私が演じる佐相智佳にとってはとても切ない展開があって、演じながら『まさか、こうなるんだ…!』と自分でもビックリしちゃいました。何が起きるのか、楽しみにご覧ください!」とコメントを寄せている。  スペシャルドラマ『刑事ゼロ スペシャル』は、テレビ朝日系にて9月15日21時放送。

  • (左から)瀧本美織&沢村一樹、『刑事ゼロ』制作発表会見にて

    沢村一樹、今年こそ“エロ男爵”を返上「なかったことにします!」と宣言

    エンタメ

     俳優の沢村一樹が5日、京都市内で開催された主演ドラマ『刑事ゼロ』(テレビ朝日系/毎週木曜20時)制作発表に、共演の瀧本美織らと出席。沢村が自身の異名にもなっている“エロ男爵”を返上したいと語る一幕があった。@@cutter 本作は、ある事件がきっかけで20年間の“記憶”をなくした京都府警捜査一課・時矢暦彦(沢村)が主人公のミステリードラマ。記憶をなくしたことで得た“生まれたての五感”と“洞察力”を武器に、パートナーの佐相智佳(瀧本)と共にさまざまな事件の解決に挑む姿を描いていく。  会見に出席した沢村は、司会者から2019年の抱負を問われると「毎回、記者さんの前で“アレは封印します”とか“なんとか男爵は返上します”と言っていますけど…」と語ると、会見に出席していた瀧本や、寺島進、渡辺いっけいらは思わず笑顔に。沢村は続けて「今年こそ、ゼロからのスタートにして、アレはなかったことにしたいと思います!」と力強く宣言。これを聞いた司会者から「“アレ”って…?」と質問されると、沢村はうつむいて「エ…エロですよ…」と返答し、共演者や集まった記者から笑いを誘った。  そんな沢村演じる主人公のバディ役を務める瀧本は、2019年の抱負として「完璧主義者なところがあるのか…? って自分で思っていまして、高田純次さんのようないい適当さも取り入れていきたいなと」と語ると、隣にいた沢村が「それは去年まで俺が目指していたところじゃん」とコメント。この一言に驚いた瀧本が笑いながら「ホントですか!?」と応える一幕も。  また沢村は今回のドラマについて「本当に面白い刑事ドラマになっていると思います。強い手応えを自分では感じています」と語り、主演作への自信をのぞかせた。  この日の会見には横山だいすけ、猫背椿、財前直見、武田鉄矢も出席した。  ドラマ『刑事ゼロ』は、テレビ朝日系にて1月10日より毎週木曜20時放送(初回は2時間スペシャル)。

  • 『科捜研の女 正月スペシャル』で沢口靖子と沢村一樹の初共演実現

    “科捜研”沢口靖子ד刑事ゼロ”沢村一樹、今夜放送正月SPでコラボ実現

    エンタメ

     女優の沢口靖子が主演を務めるドラマ『科捜研の女』(テレビ朝日系)の正月特番『科捜研の女 正月スペシャル』が今夜放送される。同局で1月10日よりスタートするドラマ『刑事ゼロ』(テレビ朝日系/毎週木曜20時)の主人公・時矢刑事(沢村一樹)が緊急参戦する本作では、マリコ(沢口)ら科捜研チームが連続爆破事件に挑む。@@cutter 物語は、カジノ運営を可能にする統合型リゾート(IR)誘致に立候補した京都府で、IRに繋がる道路建設予定地が爆破されるシーンから始まる。被害者は、工事を担当する建設会社の発破技士。マリコたちは京都府庁と爆発物処理班の協力を得て、所有者すらわからない現場に散らばる証拠を集めて分析し、犯人逮捕を目指していく。しかし、犯人はマリコたちの捜査をあざ笑うかのように爆弾を仕掛けていくのだった…。  沢口、そして土門薫役の内藤剛志らおなじみのレギュラー陣に加えて、マリコらに協力する京都府庁の巽省吾役に宅麻伸、京都府警爆発物処理班・黒部隆次役に堀部圭亮、事件現場となった山林の所有者・水野珠美役に宮崎美子がキャスティングされた。そして、被害者の発破技士の弟で、同じく発破技士の一ノ瀬駿役で、ダチョウ倶楽部の上島竜兵がゲスト出演する。  沢口は沢村との初共演を「『京都府警に時矢あり』、『一課の敏腕刑事』という異名を持つ、デキる刑事さんとご一緒できてとてもうれしかったです(笑)。先ほど急接近されるお芝居もあって、少しドキドキしました(笑)。とても頼もしくて、ジージャンの上にスーツを着るという非常におしゃれなスタイルの刑事さんだと思いました」と回想。    一方の沢村は「マリコさんは時矢とは初めてですが、僕はマリコさんのことはテレビで何回も見ているのでとても不思議な感じでした」とコメント。刑事になってからの記憶が全くない役柄については「(記憶喪失がバレないように)戸惑いながら、みんなと話を合わせながら事件を解決していく、ハラハラしながら推理を楽しんでいただけたら面白いと思います。ご期待ください」と話している。  また、今回のスペシャルでは、沢口靖子演じるマリコから重大発表も予定されており、最後まで見逃せない放送となりそうだ。  『科捜研の女 正月スペシャル』は、テレビ朝日系にて今夜1月3日21時放送。

  • 『刑事ゼロ』で初共演を果たす沢村一樹と瀧本美織

    瀧本美織、『刑事ゼロ』で沢村一樹と初共演 “記憶ゼロ”刑事の相棒に

    エンタメ

     女優の瀧本美織が、2019年1月スタートの木曜ミステリー『刑事ゼロ』(テレビ朝日系/毎週木曜20時)に出演し、主演の沢村一樹の相棒役を務めることが発表された。沢村と初共演となる瀧本は「沢村さんはカッコいいのに面白い一面があって、しかも幅広い役柄をこなす、“なんでもできる俳優さん”! まさに理想のタイプかも…(笑)」と語っている。@@cutter 本作は、ある事件がきっかけで20年間の“記憶”をなくした京都府警捜査一課・時矢暦彦(沢村)を主人公にしたミステリードラマ。記憶をなくした主人公が、残された才能である“生まれたての五感”と“洞察力”を武器に、“記憶喪失”という秘密を共有することになるパートナー・佐相智佳(瀧本)と共に“密室殺人”や“見立て殺人”などさまざまな事件の解決に挑む姿を描いていく。  瀧本演じる智佳は、捜査一課に異動してきた新人刑事。記憶をなくす前の時矢に憧れていた彼女は、彼が手がけてきた事件の調書を全て読破しており、さながら時矢の過去を収録したバックアップデータのような働きを見せる。さらに智佳は、小心者となってしまった現在の時矢をピシャリとやりこめたり、弱気な彼を励ましたりと、コミカルなやり取りもドラマの見どころとなる。  瀧本は自身の役柄について「ハキハキしていて、“ダメなものはダメ”とハッキリとした意見を持っている女性」とコメント。さらに時矢とのタッグについて「時矢刑事の影響を受け、頭でっかちだった智佳が、よい意味で柔軟になって、成長していくのではないかな」と語ると、続けて「この2人のやりとりは面白くて、私の“ツボ”に入りまくりです」と自信をのぞかせた。  また主演の沢村は、瀧本との初共演について「瀧本さんは“目ヂカラ”がスゴイですね。年を重ねて汚れてしまった僕のような人間から見ると(笑)」と語っている。  木曜ミステリー『刑事ゼロ』は、テレビ朝日系にて2019年1月10日より毎週木曜20時放送(初回は2時間スペシャル)。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access