人生が楽しくなる幸せの法則 関連記事

  • 夏菜

    夏菜の“生きづらさ”にファンから共感の嵐『人生が楽しくなる幸せの法則』

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の初回が11日に放送され、ヒロインが抱える“生きづらさ”に、視聴者から「痛いくらいわかる」「全ての言葉が自分に刺さる」「耳が痛いよw」などの共感がSNSに寄せられた。@@cutter 本作はお笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイの人気エッセイを原作にしたラブコメディ。夏菜、高橋メアリージュン、小林きな子の3人のイケてない女性たちが仕事も恋愛もスマートにこなす生き方上手な女性を目指す姿が描かれる。  ジャストライト物産に勤務する中川彩香(夏菜)、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)は、ある晩、流れ星の光に飲まれ“ちょうどいいブスの神様”(山﨑ケイ)と出会う。神様は彩香、里琴、佳恵の3人に「あなた達は、私に選ばれました。私についてくれば、あなた達は必ず幸せになれます!」と語りかけるが…。  会社の飲み会が終わり、なぜか二次会に誘われず店の前に取り残された彩香と里琴、佳恵の3人。なんとなく一緒に帰路につく3人は歩道橋の上で流れ星を発見。星に願掛けをする3人だったが、流れ星は軌道を変えて、3人の急接近。驚きの事態に顔を歪めて絶叫する3人は、まばゆい光に包まれると宮殿風のある部屋へ。そこには“ちょうどいいブスの神様”を自称する女性の姿が。ネット上には神様を自称する原作者・山崎ケイの登場に対して「え?原作者が出てくるんだ?ww」「ケイちゃんだ!」「この人が原作者なの?笑」などの反響が。  “3人の生きづらそうな姿を見て、いたたまれなくなった”という神様は「今の自分を変えないと!」と一言。自己主張が下手で存在感が薄いものの、内心では同僚への憧れや、さまざまな感情が渦巻いている彩香に対して、神様は「存在感はないのに、中身はフル回転。まるでエアコンの室外機みたいな人ね!」と言い放つ。神様が言い当てたヒロインの“生きづらさ”に、視聴者から「痛いくらいわかる」「全ての言葉が自分に刺さる」「耳が痛いよw」などの共感の声がネット上に寄せられた。

  • 夏菜

    夏菜の“女子高生”ブレザー姿に反響「まだいける!」「違和感ない」

    エンタメ

     女優の夏菜が11日、自身のインスタグラムに女子高校生の制服姿を投稿。ファンからは「超絶かわいい」「似合う」といったコメントが集まっている。@@cutter 10日夜、主演ドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)がスタートした夏菜。同作は、お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイによる人気エッセイ『ちょうどいいブスのススメ』(主婦の友社)を原作に、オリジナルストーリーでドラマ化したラブコメディー。3人の女性会社員が「ちょうどいいブスの神様」のレクチャーを受けて成長していく姿を描く。夏菜は、主人公の“自己表現下手くそ女子”中川彩香を演じる。  「人生が楽しくなる幸せの法則 見て頂きありがとうございます どうでしたか? 来週も楽しみにしててくださいね」といったコメントとともに夏菜が投稿しているのは、自身の制服姿。第1話では、彩香の女子高生時代が描かれ、夏菜本人が演じていた。  チェックのスカートにブレザー、紺色のハイソックスというかわいい出で立ちの夏菜だが、ひざには大きな絆創膏が。これについて夏菜はハッシュタグで、「#足の絆創膏は衣装合わせのときにリアルにケガをしてたんだけどそれがあやかっぽいねってなって撮影したときはケガ治ってたけど貼ってみた笑」と撮影秘話も紹介している。  現在29歳の夏菜だが、制服姿にはファンから「まだまだ似合うなあ」「制服全く違和感ないですね~。すんごい」「制服似合い過ぎる」「超絶かわいいです!!!」「まだいける!」といった好意的な声が集まっている。 引用:https://www.instagram.com/natsuna_official/

  • 『人生が楽しくなる幸せの法則』第1話場面写真

    夏菜『人生が楽しくなる幸せの法則』今夜スタート “神様”と運命の出逢い!?

    エンタメ

     女優の夏菜が主演を務めるドラマ『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)が今夜スタート。第1話では、夏菜演じる主人公・彩香ら3人の女性が、突然目の前に現れた「ちょうどいいブスの神様」(相席スタート・山崎ケイ)から「あなたたちは私に選ばれました」と告げられる場面が描かれる。@@cutter 本作は、お笑いコンビ「相席スタート」の山崎ケイによる人気エッセイ『ちょうどいいブスのススメ』(主婦の友社)を原作に、オリジナルストーリーでドラマ化したラブコメディー。3人の女性会社員が「ちょうどいいブスの神様」のレクチャーを受けて成長していく姿を描く。主人公の中川彩香を夏菜が演じるほか、原作者の山崎も「神様」役で出演する。  ジャストライト物産に勤務する中川彩香(夏菜)、木原里琴(高橋メアリージュン)、皆本佳恵(小林きな子)は、ある晩、流れ星の光に飲まれ、「ちょうどいいブスの神様」(山崎)と出会う。  神様は、“自己表現下手くそ女子”の彩香、“融通の利かない女子”の里琴、“開き直り女子”の佳恵に、「おめでとう。あなたたちは私に選ばれました。私についてくれば、あなたたちは必ず幸せになれます!」と語りかけるが…。  『人生が楽しくなる幸せの法則』第1話は、読売テレビ・日本テレビ系にて今夜1月10日23時59分放送。

  • 夏菜、『人生が楽しくなる幸せの法則』インタビューフォト

    夏菜、20代最後に挑む連ドラ主演は「プレッシャーしかない」

    エンタメ

     女優の夏菜がOLの制服に身を包み、笑いあり涙ありのラブコメディーに挑戦する。10日スタートのプラチナイト 木曜ドラマF『人生が楽しくなる幸せの法則』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)はお笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイのエッセイを原作に、放送開始前から注目を集めている作品だ。高橋メアリージュン、小林きな子ら女子3人の“心”がどう成長し、“生き方”がどう変わっていくのか、主演を務める夏菜に聞いた。@@cutter 開口一番、「プレッシャーしかないです」と笑う。全国ネットでの連ドラ主演は、2012年度後期のNHK連続テレビ小説『純と愛』以来、実に約6年ぶり。  「全国ネット主演の責任を、あの頃以上に感じています。近年は、自分に寄せても大丈夫な役が多かったんです。昨年の『デイジー・ラック』(NHK)もそうでしたが、楽しんでお芝居しちゃえ、という感じで思い切ってやれた。今回は、そういうふうにはできない役だしプレッシャーも大きいです。でも、朝ドラの頃には演技的な意味で十分な表現ができなかったかもしれませんが、今はもうちょっとうまくできるんじゃないかなって」。  控えめながら自信もちらりとのぞかせる。“自己表現下手くそ女子”彩香(夏菜)、“融通の利かない女子”里琴(高橋)、“開き直り女子”佳恵(小林)の3人が、“ちょうどいいブスの神様”(山崎)と出会うことから始まる物語。役柄的には演じたことのない役だという。  「私自身は彩香とは真逆のタイプなので、どう演じるのが良いか毎日悩みながらやっています。少女時代なんかリカちゃん人形には全く触らず、男子とドッジボールして、ほぼ男子みたいな。長女だったので言いたいこと言って、弟たちから『鬼!』って言われてたぐらいなので」。 @@insert1  そんな夏菜だが、女優デビューは2006年1月期のドラマ『ガチバカ!』(TBS)の生徒役。すでに13年のキャリアがある。  「入る前は、芸能界はもっと華やかな世界だと想像していたんです。でも、実際にやってみると、売れている人ほど地道に頑張っているし努力している。真面目な人だらけだって感じました。自分には何ができるだろうと思ったとき、モデルをやりたかったんですがオーディションに受からず、最初は仕方なくドラマの仕事をしたんだと思います。で、怒られながら分からないままやって、でも演技レッスンが楽しくて、お芝居することがいつの間にか生活の一部になっていたんです」。  そこからキャリアを積み重ねて、気がつけば今年の5月で30歳になる。今回が、20代最後の作品となるわけだ。  「ホントだわ。そういう意味でも、幸せってなんだろうって思うことがここ最近多くて。周りには結婚する人がいっぱいいたり、仕事を頑張っている子たちもいたり、その狭間で『どうする?』って考える時期なんだと思います。今回のドラマは、まさに人生の幸せとは、みたいなことに向き合える作品でもあります。これがクリアできたら、気持ちいい30代を送れるんじゃないかなと思いますね」。 @@insert2  その30代、どういうふうにありたいと思っているのだろうか。  「いつの間にか自分よりも若い子たち、後輩たちが増えてきて、最初は席を譲れなかったんですよ。でも、これからは譲れる大人になりたいですね。心を広くというか、次の世代にどんどん担ってもらって、自分自身も時代の変化に合わせられる柔軟な頭を持っていたい。かっこいい大人になりたいなと思います」。  女優としての覚悟も、改めて強く感じているようだ。  「私たちの年代には、生きづらさを感じている人がいっぱいいると思うんです。これからどうしよう、と不安に思っている人もいるし、会社で辛いなとか、あの人苦手だなとか、そういうふうに思っているときって自分にも原因がある事が多かったりするんですよね。このドラマのOL達は、その原因や変わっていく方法をなかなか見つけられない人たちで、同じような悩みを持つ人たちには特に見ていただけるとうれしいですね。皆さんのバイブルになれるようなドラマにしたいです」。  幸せになるヒントが、いっぱい落ちているドラマになりそうだ。(取材・文・写真:志和浩司)  『人生が楽しくなる幸せの法則』は、読売テレビ・日本テレビ系にて1月10日より毎週木曜23時59分放送。

  • ドラマ『ちょうどいいブスのススメ』出演キャスト

    佐野ひなこ、モテ女子に 『ちょうどいいブスのススメ』新キャスト発表

    エンタメ

     グラビアモデルでタレントの佐野ひなこが、2019年1月スタートのドラマF『ちょうどいいブスのススメ』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)に出演することが分かった。佐野の他、追加キャストとして和田琢磨、忍成修吾、伊藤修子、徳井優、田山涼成の出演も発表された。@@cutter 本作はお笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイの同名エッセイを原作にした新感覚の生き方指南&共感ラブコメディ。夏菜、高橋メアリージュン、小林きな子の3人のイケてない女性たちが、山崎演じる“ちょうどいいブスの神様”に導かれ、仕事も恋愛もスマートにこなす生き方上手な女性を目指す姿が描かれる。  佐野が演じるのは、夏菜演じる中川彩香が勤める商社「ジャストライト物産」の、営業部商品企画班の鴨志田萌。かわいく、人当たりも良いアイドル系女子というキャラクターだ。萌を演じる佐野は「出来る女、モテる女、そんなイメージの役どころなので、撮影までの間、所作を気を付けてみたりモテ仕草を研究しようかなと思っています」と語ると、続けて「自分も『ブス』ではないかと思うことが多々あります...この作品で一緒に勉強していきたいです」とコメント。  このほかにもヒロインの彩香が思いを寄せる営業部商品企画班の佐久間涼太役に和田、高橋メアリージュン演じる里琴と犬猿の仲の営業部営業班社員・森一哉役に忍成、総務部課長で、ちょうどいいブスの成功例、松澤初美役を伊藤修子が演じる。  さらに総務部部長・吾妻博和役に徳井優、「ジャストライト物産」代表取締役社長・神原重吉に田山涼成がキャスティングされている。  ドラマF『ちょうどいいブスのススメ』は、読売テレビ・日本テレビ系にて2019年1月10日より毎週木曜23時59分放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access