メゾン・ド・ポリス 関連記事

  • 『メゾン・ド・ポリス』に出演する(左から)高畑充希、西島秀俊

    高畑充希『メゾン・ド・ポリス』初回  西島秀俊ら“イケおじ”の活躍に反響

    エンタメ

     女優の高畑充希が主演するドラマ『メゾン・ド・ポリス』(TBS系/毎週金曜22時)の第1話が11日、放送された。西島秀俊をはじめ個性豊かな中年俳優を多数起用した本作に、視聴者の間では「まさにおじキュン」「なんでこのイケおじだらけのドラマは」「おじさんの可愛いが大渋滞」と話題になっている。@@cutter 本作は、主人公の若手刑事・牧野ひより(高畑)が、退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やらワケありの“おじさま”たちに振り回されながらも事件を解決していく姿を、1話完結で描く刑事ドラマ。  念願かなって刑事課に配属された新人刑事・牧野ひより(高畑充希)。そんなある日、所轄内で人が焼かれる動画が投稿サイトにアップされる事件が発生。捜査本部は5年前に起きた焼殺事件の模倣犯と見て捜査を開始。ひよりは事件の手がかりを探るべく、5年前の事件を担当していた元刑事・夏目惣一郎(西島)から話を聞くため、高級住宅街にある古びた洋館「メゾン・ド・ポリス」を訪れる。  そこには、オーナーで元警察庁のキャリア・伊達有嗣(近藤正臣)、元所轄の熱血刑事・迫田保(角野卓造)、元科学捜査のプロ・藤堂雅人(野口五郎)、元警務課勤務・高平厚彦(小日向文世)、そして高平の下で雑用係をしている元警視庁捜査一課の敏腕刑事・夏目が暮らしていた。  自由奔放なおじさんたちに圧倒されつつも、事件の説明をするひより。昔の血が騒いだのか、彼らは事件解決に向けてやる気満々。元警察官とはいえ今や一般人が捜査に介入しようとすることに慌てるひよりをよそに、次々と事件解決へのヒントが明るみになっていく…。  その後、犯人に拘束されたひよりを身を挺して助ける夏目(西島)や、現場に落ちていた花粉から真犯人を突き止めた藤堂(野口)、そして刺されそうになった夏目を「夏目、何ぼさっと突っ立ってんだ! お前死にてぇのか!」と間一髪のタイミングで助ける迫田(角野)など、“超一流のくせ者おじさん”たちにより解決されていく事件に視聴者は大興奮。「謎っぽい変なおじさんたちサイコー」「正におじキュン」「急におじさんたちかっこいい」などの声が寄せられた。  また、警察官になった理由を上司の杉岡沙耶(西田尚美)に問われたひよりが「それは、ドラマに憧れて…」と答えた際「あれか! 『ストロベリーナイト』か! 竹内結子か!」というやり取りに「局もちがうのにまさかストロベリーナイトって出てくるとは」「まさかのストロベリーナイトwww」など、西島の出演作を小ネタに使うコミカルさに大きな反響が寄せられた。

  • 『メゾン・ド・ポリス』第1話場面写真

    高畑充希&おじさま元刑事が事件を捜査 『メゾン・ド・ポリス』今夜スタート

    エンタメ

     女優の高畑充希が主演を務める金曜ドラマ『メゾン・ド・ポリス』(TBS系/毎週金曜22時)が今夜スタート。第1話では、高畑演じるヒロインの新人刑事と元刑事のおじさんたちが出会い、焼殺事件の謎を追う姿が描かれる。@@cutter 本作は、主人公の若手刑事・牧野ひより(高畑)が、退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やらワケありの“おじさま”たちに振り回されながらも事件を解決していく姿を、一話完結で描く刑事ドラマ。メゾンの雑用係・夏目役で西島秀俊、オーナーの伊達役で近藤正臣も出演する。  柳町北署の新人刑事・牧野ひよりは念願かなって、ついに刑事課に配属される。そんなある日、所轄内で人が焼かれる動画が投稿サイトにアップされる事件が発生。捜査本部は5年前に起きた焼殺事件の模倣犯と見て捜査を開始。ひよりは事件の手がかりを探るべく“デスダンス事件”と呼ばれたその5年前の事件を担当していた元刑事・夏目惣一郎(西島)から話を聞くため、高級住宅街にある古びた洋館を訪れる。  この洋館には、元警察庁のキャリア・伊達有嗣(近藤)や、ジャージ姿の元熱血刑事・迫田保(角野卓造)、キザな口調の元科学捜査のプロ・藤堂雅人(野口五郎)、管理人として家事全般を担当する元警務課勤務・高平厚彦(小日向文世)、そして雑用係をしている元警視庁捜査一課の夏目が暮らしていた。  ひよりは夏目に話を聞きにきたのだが、当の夏目は口を割ろうとせず藤堂や迫田のペースで事が進んでいく。警察を退職したおじさんたちが捜査に介入しようとすることにひよりは慌てるが、「上には私が一声かけておきましょう」という伊達の一言で話は進んでいってしまう。  こうしてひよりとおじさんたちの不思議な捜査会議が始まった。老眼、腰痛、高血圧だが捜査の腕は超一流のくせ者おじさんたちと共に、ひよりは事件を追っていくことになるのだが…。  金曜ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第1話は、TBS系にて今夜1月11日22時放送(初回15分拡大)。

  • 『メゾン・ド・ポリス』主演高畑充希

    高畑充希、初の刑事役も「疑うよりは信じている方が楽しい」

    エンタメ

     『アンナチュラル』や『大恋愛~僕を忘れる君と』など話題作が多いTBS金曜ドラマ枠の最新作『メゾン・ド・ポリス』(TBS系/毎週金曜22時)で主演を務める女優・高畑充希。本作で高畑は、自慢のロングヘア―を約20cmカットし、自身初となる刑事役を務める。近年、映画やドラマで主演を務めることが多くなった高畑が「すごく新しい発見がある」と語った撮影現場や、作品の見どころについて語った。@@cutter 高畑演じる新米刑事・牧野ひよりは、ひょんなことから、退職警察官が集まるシェアハウス『メゾン・ド・ポリス』に足を運び、一筋縄でいかない元警察官たちと共に事件を追うことになる。その元警察官たちを務めるのが、西島秀俊をはじめ、近藤正臣、角野卓造、小日向文世ら“大”のつくベテラン俳優たちだ。  さぞかし現場では緊張しているかと思われたが「皆さんめちゃくちゃ優しいですし、どんなことが起こってもキャッチしてくれる安心感があります。そのぶん、セリフをこぼしてはいけないというプレッシャーはありますが、撮影前に想像していたより緊張感はないんです」と屈託ない笑顔で語る。 @@insert1  また、毎回メーンとなる“事件”を追うという物語の構成上、相手の芝居を受け物語を展開していく、ストーリーテラー的な役割を担うのも高畑にとっては新しい挑戦だという。「ここ2~3年、主演をやらせていただく機会が少しずつ増えてきたのですが、これまでの作品は、私が演じるキャラクターが場をひっくり返して、そこからドラマを動かしていく役割だったのですが、今回はゲスト役の犯人や被害者、『メゾン・ド・ポリス』の方々に影響を受けていく役なので、撮影を通じて吸収することが多いんです」。  これまでロングだった髪を20cmほど切って役柄に挑んだ高畑。「連続ドラマのときは、約3ヵ月間にわたってキャラクターと付き合っていくので、衣装や髪形に助けてもらうことが多い。台本を読んで感じたことを提案することはあります」と語ると「ひよりという役は、なにかをしっぱなしな印象を持ったんです。例えば髪も切りっぱなしみたいな…。だから『髪の毛切るのはどうでしょうか』と言ってみたら賛成していただいて」と断髪理由を述べる。 @@insert2  ひよりは、事件を解決するたびに、刑事としての厳しさを学んでいく。特に性善説を信じているきらいのあるひよりにとって「人を簡単に信じるな」という教えは胸をえぐる。「私も、周囲にいい人が多いと勝手に思い込んでいるので、ひよりちゃんと似ているところがあります」と語ると「だからこそ、急に意図していないところから、わかりやすい悪意が飛んできたとき、うまく対応ができないんです。『こんな風に攻撃してくる人がいるんだ』とびっくりしちゃうんです」と苦笑い。それでも「人を疑って生きるよりは、信じている方が楽しいのかなと思うんです」と高畑は持論を展開する。  2019年、本作からスタートする高畑は「この作品のスタッフさん、キャストさんは、作品に対して皆さん『面白いものにしたい』という愛のある方ばかり」と充実した表情を浮かべる。大先輩とのシーンでは、どんなことでも吸収してくれる安心感からのびのびと演技ができ、事件を追う立場では、被害者や容疑者たちの思いをしっかり吸収する受けの芝居を見せる。「どの現場も新鮮なのですが、この作品はまた新しい感覚を得ることができています」と語ったように『メゾン・ド・ポリス』では、これまでとは違う高畑のさらなる魅力が堪能できそうだ。(取材・文:磯部正和)  ドラマ『メゾン・ド・ポリス』は、TBS系にて1月11日より毎週金曜22時から放送。

  • 金曜ドラマ『メゾン・ド・ポリス』特別試写会&舞台挨拶に登場した高畑充希

    高畑充希、新ドラマで「“おじキュン”という言葉をはやらせたい」

    エンタメ

     女優の高畑充希が6日、都内で行われたTBS系連続ドラマ『メゾン・ド・ポリス』特別試写会&舞台挨拶に出席。これまでのロングヘアを約20センチ切って臨んだ本作に「女の子らしいことを私生活で忘れてしまうぐらい」、役柄に没頭して撮影に臨んでいることを明かした。@@cutter なにかワケありな“おじさま”たちに振り回されながら、高畑ふんする新米女性刑事・牧野ひよりが、難事件を解決していく姿を描く本作。この日の舞台挨拶には、高畑のほか、西島秀俊、小日向文世、野口五郎、角野卓造、近藤正臣も出席した。  高畑にとっては、初の刑事役となったが「スーツも着て、髪も短くして、強くなれた気がしました」と明かすと「ひよりは気持ちも強い人なのですが、私もアクティブになれた気になっています」と語った。  また高畑は、監督たちと話し合っていくうちに、ひよりという女性は「装飾品も化粧もしない、女の子っぽくない子だなと思った」と役柄について理解を深めると「髪も長いよりも短い方がいいかなと感じた」と提案したという。短くなった髪形について「ドライヤーをする時間が3分の1になった。とてもすがすがしい」と笑顔を見せていた。  ひよりが迷い込むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」には、元警視庁捜査一課のエース刑事だった西島演じる夏目惣一郎をはじめ、さまざまな経歴を持つ元刑事だちが集結している。高畑は「初めての刑事役ということで、撮影前はドキドキしていたのですが、現場がとても和やかで楽しく撮影ができています」とベテラン俳優たちに助けられていることを明かす。  近藤や小日向がムードメーカーになっているそうだが、百戦錬磨の俳優たちが繰り広げる芝居に、西島が「シェアハウスでまったりしているときと、捜査モードのときの顔がみなさん違う。そのギャップがすごい」と絶賛。高畑も「おじさまたちのギャップがすごくて、とても素敵なんです。いろいろなタイプのおじさまたちがいるので、きっと大好きな人が見つかると思います」と太鼓判。さらに高畑は「“おじキュン”という言葉をはやらせたいんです」と目を輝かせて語るが、現在は「この言葉を使っているのは私だけなんです」と苦笑いを浮かべていた。  ドラマ『メゾン・ド・ポリス』は、TBS系にて2019年1月11日より毎週金曜22時放送。

  • 髪を20cm切って『メゾン・ド・ポリス』に主演する高畑充希

    高畑充希、髪の毛20cmバッサリ 『メゾン・ド・ポリス』クランクイン

    エンタメ

     女優の高畑充希が主演を務めるTBSの1月期金曜ドラマ『メゾン・ド・ポリス』(TBS系/毎週金曜22時)で、西田尚美、竜星涼、木村了、戸田昌宏が出演することが発表された。長髪をバッサリ20cm切ってクランクインした高畑は「どんな人なんだろう、と、監督はじめスタッフの方々と相談しているうちに『バッサリいくのもいいね』とみんなで盛り上がり、バッサリと(笑)」と、髪を切った経緯を明かしている。@@cutter 本作は、主人公の若手刑事・牧野ひより(高畑)が、退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やらワケありの“おじさま”たちに振り回されながらも事件を解決していく姿を、一話完結で描く刑事ドラマ。メゾンの雑用係・夏目役で西島秀俊、オーナーの伊達役で近藤正臣も出演する。  自身が提案したというショートボブ姿で初の刑事役に挑む高畑は「今回、ひよりという役をやらせていただくことになり、髪を20センチくらい切りました。最初に原作や台本を読んだ時に、ひよりはいい意味で“個性がない”女の子だな、と思いました」と回想。「どんな人なんだろう、と、監督はじめスタッフの方々と相談しているうちに『バッサリいくのもいいね』とみんなで盛り上がり、バッサリと(笑)。いざ切ってみるとすごく気持ちがスッキリして、スーツを着ると『よし、ひよりだぁ!』とスイッチが入る気がします」と役作りを明かしている。  西島との共演に関しては「西島さんとは朝ドラで親子役だったんですが、その時は1シーンしかご一緒できなくて。でも今回はタッグを組んで捜査出来るので、すごく嬉しいです。リハーサルでは『役の距離感が近い』と、監督に叱られてしまいました(笑)。序盤は仲の悪い設定なので、頑張って仲悪くやらなきゃって思ってます(笑)」と話している。  また、新たに出演が発表となった西田が演じるのは、ひよりも所属する柳町北署の鑑識係で、ひよりの良き相談相手・杉岡沙耶。竜星は買い物コーディネーターとしてメゾンに出入りする、おじさまたちの御用聞き・瀬川草介に扮する。一方の木村が演じるのは、柳町北署でひよりの先輩となる刑事・原田照之。そして戸田は、柳町北署刑事課長でメゾンとひよりをつなぐことになる新木幸司役を務める。  ドラマ『メゾン・ド・ポリス』は、TBS系にて2019年1月より毎週金曜22時放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access