グッドワイフ 関連記事

  • 『グッドワイフ』に出演する村上佳菜子

    村上佳菜子、『グッドワイフ』で女優デビュー「アクセル成功くらいの達成感」

    エンタメ

     プロフィギュアスケーターの村上佳菜子が、常盤貴子が主演を務める日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)第2話にゲスト出演することが決定。今作で女優デビューを果たした村上は、自身の演技を「70点くらいかな(笑)?」と評し「私はダブルアクセルが苦手なのですが、アクセルが決まったときくらいの達成感はありました(笑)」とコメントを寄せている。@@cutter 2009年から7年間アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』を原作とする本作。かつて優秀な弁護士として活躍していたが、結婚後16年間専業主婦として家庭を守ってきた蓮見杏子(常盤)。しかしある日突然東京地検特捜部長の夫・壮一郎(唐沢)が汚職疑惑で逮捕されたうえに女性問題が発覚する。杏子は子どもたちを守るために16年ぶりに弁護士に復帰し、困難に立ち向かっていく。  今回、第2話に出演する村上が演じるのは宝飾店の店員。常盤演じる杏子が、夫の汚職容疑に対して疑いを深める大事なシーンで登場する。役を演じるにあたって、知り合いを通じて宝飾店店員の所作や言葉遣いなどのリサーチをするなど入念に準備したという村上が、渾身の芝居を披露する。  「フィギュアスケートも演技をするのですが、言葉を発して表現するのは本当に初めてだったので、同じ“表現する”ということでも全く違うなと感じました」と、演技後に語った村上。 ドラマ初出演にとても緊張したそうで「フィギュアスケートとはまた全然違う緊張でした。やってきたことが1回のチャンスの中でできるかというスケートの緊張とは全然違ったもので。でも通じるところもあって」と振り返る。そして「自分にとってはすごくいい経験になりましたし、今後のスケートにつなげられたらいいなと思いました」と充実感をにじませた。  また、共演を果たした常盤の印象について「目力がすごくて、何回か吸いこまれそうになりました」とコメント。続けて「初めてのドラマ撮影なのでそわそわしながら現場に入ったのですが、優しく声をかけていただいて、リラックスしてできました」と撮影当時の様子を明かしている。  日曜劇場『グッドワイフ』第2話は、TBS系にて1月20日21時放送(20分拡大)。

  • 『グッドワイフ』に出演する常盤貴子

    常盤貴子46歳、変わらぬ美ぼうに「綺麗すぎ」と称賛の声 『グッドワイフ』初回

    エンタメ

     女優の常盤貴子が主演を務めるドラマ『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)の第1話が13日に放送された。19年ぶりの日曜劇場主演、現在46歳の常盤貴子に対し、ネット上では放送直後から「常盤貴子さんが可愛すぎ」「綺麗」といった声が相次いでいる。@@cutter 本作は、2009年から7年間アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』が原作。夫が逮捕され弁護士に復帰した蓮見杏子(常盤)が困難に立ち向かう姿を描く。夫役で唐沢寿明が出演するほか、小泉孝太郎、水原希子らが共演。第1話には武田鉄矢が人気キャスター役でゲスト出演した。  かつて優秀な若手弁護士として活躍していたが、出産を機に引退し専業主婦として東京地検特捜部長の壮一郎(唐沢寿明)を支える日々を過ごしていた杏子。しかし壮一郎の汚職疑惑と女性スキャンダルが発覚したことをきっかけに、家族のために16年ぶりの弁護士復帰を決意する。  第1話で杏子の相手となったのは、ネット配信で人気を博している日下部(武田鉄矢)。番組で幼女行方不明事件を取り上げた際、犯人は母親の可能性が高いと配信したばかりに、風評に追い詰められた母親が自殺。そんな日下部を名誉棄損で訴えるべく、父親(泉澤祐希)が依頼に来たのだった。法律事務所代表の多田征大(小泉孝太郎)と共に事件を担当することになった杏子は、日下部が裏取りをせずに発言したという証拠を調べ始める。  2000年に大ヒットしたドラマ『Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』以来、19年ぶりの“日曜劇場”主演となる常盤。その変わらぬ美ぼうと好演に、ネットでは「常盤貴子全然変わらない!!めっちゃ美人」「なんかもう全体的に美」「過去たくさんドラマに出てる時と全然変わらない」といった驚がくの声が多数投稿された。  そのほかにも、このまま裁判に勝っても妻は戻ってこないと嘆く失意の夫(泉澤)を励ます際「テレビもネットも見ないで、日常を大切にして過ごすんです」と言い放ったシーンには「グっときた」など反響が寄せられた。

  • 『グッドワイフ』第1話場面写真

    常盤貴子、19年ぶり日曜劇場主演! 『グッドワイフ』今夜スタート

    エンタメ

     女優の常盤貴子が主演を務める日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)が今夜スタート。第1話では、専業主婦から弁護士に復帰した主人公・杏子(常盤)が、人気キャスターと表現の自由を巡り対決する姿が描かれる。@@cutter 本作は、2009年から7年間アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』が原作。夫が逮捕され弁護士に復帰した蓮見杏子(常盤)が困難に立ち向かう姿を描く。夫役で唐沢寿明が出演するほか、小泉孝太郎、水原希子らが共演。第1話には武田鉄矢が人気キャスター役でゲスト出演する。  蓮見杏子は、かつて優秀な若手弁護士として活躍していたが、出産を機に引退。専業主婦として、2人の子供や夫である東京地検特捜部長の壮一郎(唐沢)と幸せな日々を送っていた。だが、壮一郎の汚職疑惑、さらに女性スキャンダルまで発覚し、法曹界を揺るがす大スキャンダルに。記者会見で壮一郎は汚職を否定する一方、女性との関係は認めて謝罪するが、逮捕されてしまう。杏子は夫の裏切りに深いショックを受けるが、家族のために16年ぶりの弁護士復帰を決意する。  そんな杏子に手を差し延べたのが、司法修習で同期だった法律事務所代表の多田征大(小泉)だった。杏子の能力を高く評価する多田は、採用に反対する共同経営者・神山佳恵(賀来千香子)を何とか説き伏せた。ただ、あくまでも仮採用。杏子は、半年後までにたった1席の本採用を賭け、若手弁護士の朝飛光太郎(北村匠海)と競うことになる。  杏子の最初の対決相手となるのは人気キャスターの日下部(武田)。ネット配信している日下部の番組で幼女行方不明事件を取り上げた際、犯人は母親の可能性が高いと放送。風評に追い詰められた母親は自殺し、日下部を名誉毀損で訴えるべく父親が依頼にきたのだ。多田とこの事件を担当することになった杏子は、日下部が裏取りをせずに発言したという証拠を調べ始めるのだが…。  一方、新たに特捜部長に就任した脇坂(吉田鋼太郎)は、壮一郎の腹心だった検事の佐々木(滝藤賢一)を担当に指名するが、壮一郎側もある策を講じていた。  日曜劇場『グッドワイフ』第1話は、TBS系にて今夜1月13日21時放送(初回25分拡大)。

  • 常盤貴子『グッドワイフ』インタビューカット

    常盤貴子、恩師・大林宣彦監督の「教え」が女優業のいしずえに

    エンタメ

     1月13日より放送開始の連続ドラマ『グッドワイフ』で、『Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜』以来 19年ぶりにTBS日曜劇場に帰ってきた女優の常盤貴子。「現場へは一人で来なさい」という恩師・大林宣彦監督の“教え”を頑なに貫きながら、マネージャーを介さず、常に生身の“役者”として作品と向き合ってきた彼女が、満を持して挑む連ドラで、女性弁護士・蓮見杏子(はすみきょうこ)の激動の人生に命を吹き込む。@@cutter 本作は、巨匠リドリー・スコットが製作総指揮を務め、2009年から2016年までの7年間、アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』を原作としたリーガルヒューマンエンタテインメント。エリート検事の夫・蓮見壮一郎(唐沢寿明)がスキャンダルで逮捕され、主婦として家事に子育てに家庭を支えてきた妻・杏子(常盤)が、16年ぶりに弁護士に復帰し、数々の困難に立ち向かう姿を爽快に描く。  2012年放送のドラマ『松本清張没後20年特別企画 疑惑』(フジテレビ系)で弁護士役を務めた常盤は、当時、勉強のために裁判を傍聴したそうだが、それからやみつきとなり、今では月1ペースで通うほどのマニアに。今回、再び弁護士を演じるにあたり、「これまで客観的な視点で見てきたさまざまな裁判劇を自分の中にたくさん蓄積してきたので、それをうまく生かすことができたら」と目を輝かせる。 @@insert1  特に今回、法廷シーンが多く、弁護士ならではの長ゼリフがふんだんに用意されているそうで、裁判好きの常盤にとっては腕の見せどころだが、「顔の筋肉が動かなくなるくらい、一日中、ずっとしゃべっている日もあって、もう大変なんです!(笑)。撮影中、“明日は一言もしゃべらない日になりますように”と願うくらい。このドラマが終わる頃には、力尽きているかもしれません」と苦笑いを浮かべるも、どこか楽しそう。  さらに、「決してスーパー弁護士ではなく、主婦として、親として、妻としての目線も組み込まれているところに大いに共感する」という常盤。「当初は、アメリカ版のアリシア(ジュリアナ・マルグリーズ)を意識しすぎて“弁護士はどこに居てもかっこよくなければ”と、偏った役づくりをしていたのですが、演出の塚原あゆ子さんから、“もっと間口を広げてみては?”と助言をいただき、凄く演じやすくなりました。弁護士のときは弁護士の顔、子供と対峙するときは母の顔、夫と向き合うときは妻の顔…いろいろな面を自然に演じることで、より人間味のあるヒロインになったと思います」と自信をのぞかせた。 @@insert2  女優として30年近いキャリアを積み重ね、もはやベテランの域に達した常盤。弁護士役にも大いに期待が高まるが、彼女をここまで支えてきたものは何なのか? これは、昨年、映画『花筐/HANAGATAMI』(2017)の舞台挨拶で明かされたことだが、映画界の恩師ともいえる大林宣彦監督の「現場には1人で来なさい」という教えが、大きな影響を与えているようだ。改めて常盤に聞いて見ると、「デビューして間もないころ、ある映画雑誌のインタビューで“黒澤(明)監督か大林監督の作品に出てみたい”と言ったことがあるんですが、たまたまその記事を読んでくださった大林監督が、それをずっと覚えていてくれたんです!」と声を弾ませる。  「20年後、私が大河ドラマの『天地人』、大林監督が『この空の花 長岡花火物語』(2012)の撮影で、偶然、長岡で一緒になったときに、花火大会に呼んでいただいたのですが、これはもう最初で最後のチャンスだと腹を決め、“監督のファンなんです!”と思い切って告白したんです。そうしたら“知ってるよ、いつか一緒に何か作りたいね”とおっしゃっていただいて」とうれしそうに振り返る。その後、約束どおり、『野のなななのか』(2014)の主演に抜てきされたが、なんと20年前のインタビュー当時から大林監督の考えを知っていた常盤は、早くからこのスタイルを採り入れ、1人で現場に行き、直接映画のスタッフとコミュニケーションを取ることで、女優としてのスキルをコツコツと磨いていたのだという。  「守られたタレントではなく、一人の役者として自分の足で生きていけるようになったのは、大林監督のあの言葉のおかげです。わがままに思われるかもしれませんが、このスタイルだけはこれからも続けたい」。どんな困難にも屈することなく、自らの力で壁を乗り越えていく常盤の生き様が、本作のヒロインに重なる。(取材・文:坂田正樹 写真:菅慎一)  日曜劇場『グッドワイフ』は、TBS系にて本日1月13日より毎週日曜21時放送。

  • 『グッドワイフ』に出演する相武紗季

    相武紗季、『グッドワイフ』出演 唐沢寿明のスキャンダル相手役

    エンタメ

     女優の相武紗季が、常盤貴子が主演を務める日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)に、唐沢寿明扮する主人公の夫とスキャンダルを起こす女性新聞記者・亜紀役として出演することがわかった。@@cutter 2009年から7年間アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』を原作とする本作。かつて優秀な弁護士として活躍していたが、結婚後16年間専業主婦として家庭を守ってきた蓮見杏子(常盤)。しかしある日突然、東京地検特捜部長の夫・壮一郎(唐沢)が汚職疑惑で逮捕されたうえに女性問題が発覚する。杏子は子どもたちを守るために16年ぶりに弁護士に復帰し、困難に立ち向かっていく。  相武演じる亜紀は優秀な新聞記者で、壮一郎と情報提供を通じて信頼関係を築いていたが、ある日2人は一線を超えてしまう。さらに、そのことがマスコミに報道されて大きなスキャンダルとなる。  亜紀は杏子と壮一郎の夫婦の絆を壊し、壮一郎を窮地に追い込むきっかけとなる存在だ。物語の重要なキーパーソンとなる女性を演じる相武は「登場人物の誰もがそれぞれの思惑をもっているので、亜紀がそこにどう絡んでいくのか、観る人の気持ちをザワつかせ、楽しんでいただけるように演じたいと思います」とコメントを寄せている。  東仲恵吾プロデューサーは「本作の大きな魅力である夫婦の問題。その原因を作った亜紀は本作のキーパーソンです」とコメント。続けて「また、(亜紀は)日本版としてのキャラクター設定で、大幅にオリジナル要素を入れました。そんなとても大事な役を、相武紗季さんに演じていただけることになりました。ぜひお楽しみください」とメッセージを送った。  日曜劇場『グッドワイフ』は、TBS系にて1月13日より毎週日曜21時放送(初回25分拡大)。

  • 日曜劇場『グッドワイフ』プレミアム試写会&舞台挨拶に登場した常盤貴子

    常盤貴子、もう仕事納め?「こんなにセリフをしゃべっていることがない」

    エンタメ

     女優の常盤貴子が7日、都内で開催された日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)プレミアム試写会&舞台挨拶に出席した。19年ぶりに同枠で主演を務め、弁護士を演じる常盤は「人生の中では、こんなにセリフをしゃべっていることがないくらい、今セリフをしゃべっている(笑)」と明かした。@@cutter リドリー・スコット製作総指揮で放送された海外ドラマ『グッド・ワイフ』を原作とする本作。物語は、夫がスキャンダルで逮捕され、16年ぶりに弁護士に復帰した蓮見杏子(常盤)が、家族のために数々の困難に立ち向かう姿を描く。共演する小泉孝太郎、水原希子、北村拓海、滝藤賢一、賀来千香子、吉田鋼太郎、唐沢寿明も出席した。  19年ぶりにTBSの日曜劇場で主演を務める常盤は「(杏子の)『弁護士としてはブランクだけど、16年間私は家事も育児もやってきて、それが無駄になっているとは思わない』っていうセリフが、私は大好きで。私も、日曜劇場に19年、ブランクはあるんですけども、私なりに一生懸命やってきた仕事の数々を踏まえて、今ここに立てているのかなと思います」とコメント。  セリフには難しい言葉が多く登場すると明かし、「『明日は我が身』っていうのを合言葉に、みんなで助け合いながら。『大丈夫だよ! 大丈夫、うまいよ!』って励まし合いながらやっています」と撮影の雰囲気を明かした。さらに今年の抱負を聞かれると「人生の中では、こんなにセリフをしゃべっていることがないくらい、今セリフをしゃべっているので、もう今年はこれで(仕事を)納めてもいいんじゃないかって思っているんですよね」と笑顔で語った。  一方、杏子の夫で次期検事総長として期待されていた元東京地検特捜部長の蓮見壮一郎を演じる唐沢は、同じ質問を受けると「(仕事は)全てに恵まれないとうまくいかないので、そういう意味では、出だしとしては、本当にラッキーな出だしだなと。感謝しております」と、本作への出演の喜びを語ったうえで「一歩一歩、やっぱりトム・クルーズに近づけるように」とジョークを飛ばして会場を沸かせていた。  日曜劇場『グッドワイフ』は、TBS系にて1月13日より毎週日曜21時放送(初回25分拡大)。

  • 2019年1月期には実力派人気女優の主演作がズラリ (左から)北川景子、常盤貴子、竹内結子、深田恭子

    <19年1月期新ドラマ>人気実力派女優の主演作が勢ぞろい ネクストブレイク若手にも注目

    エンタメ

     昨年を振り返ると、田中圭や中村倫也、志尊淳など、ドラマから大ブレイクを果たした俳優が多い。彼らの共通点は、イケメンであることはもちろん、確かな演技力を持っていること。ブレイク後も、ドラマ、映画に引っ張りだこなのは、その証拠ともいえよう。その反動か、2019年1月期のドラマラインナップを見ると、女優が主演する作品が多く見られる。果たして、2019年はどの作品、俳優・女優がブレイクするのか。注目作の見どころを紹介しよう。@@cutter 北川景子が主演する大ヒットシリーズ『家売るオンナ』の続編となる『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系/1月9日より毎週水曜22時)は高視聴率が期待されるドラマの一つだ。同ドラマは、テーコー不動産新宿営業所で働く営業ウーマン・三軒家万智(北川)があらゆる手段を使って家を売りまくる物語。第1シリーズは2016年7月期に放送され、平均視聴率11.6%を記録。続く、2017年5月に放送されたスペシャル版でも13.0%を獲得した。待望の続編では、仲村トオル、工藤阿須加、千葉雄大、イモトアヤコらおなじみのメンバーに加え、本作から松田翔太が万智のライバル役で出演し、物語を盛り上げる。  このほか1月期には、常盤貴子主演で、大人気の米ドラマをリメイクしたリーガルドラマ『グッドワイフ』(TBS系/1月13日より毎週日曜21時)、木村佳乃が遺産を狙う悪女を演じる『後妻業』(関西テレビ・フジテレビ系/1月22日より毎週火曜21時)、竹内結子が情報を操作し影で社会を動かす“スピン・ドクター”に扮する『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系/1月10日より毎週木曜22時)、深田恭子が永山絢斗と横浜流星、中村倫也から想いを寄せられるラブコメディー『初めて恋をした日に読む話』(TBS系/1月15日より毎週火曜22時)など、人気・実力ともに備わった女優が主演するドラマが並ぶ。@@separator 一方、菅田将暉が主演する学園ミステリードラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系/1月6日より毎週日曜22時30分※初回は22時スタート)は、菅田が初めて教師役を務めることで話題になっている。卒業まで残り10日となったある日、担任教師の柊一颯(菅田)は、生徒を前に「今から皆さんには、人質になってもらいます」と言い放つ。そして、柊は「最後の授業」として、数ヵ月前に自ら命を落とした「ある一人の生徒の死の真相」についての授業を行い…。  生徒役には、永野芽郁、GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太、上白石萌歌、川栄李奈を始め、若手実力派がずらりと並ぶ。さらに、ネクストブレイクの期待がかかる新人俳優・女優も加わり、豪華な顔ぶれが実現。2011年放送の『高校生レストラン』(日本テレビ)が神木隆之介や川島海荷、野村周平、2012年放送の『黒の女教師』(TBS)が土屋太鳳、千葉雄大、山崎賢人を輩出したように、本作からもブレイクする俳優・女優が出るのか、注目だ。  最後に、宮藤官九郎が五輪をテーマに描いた大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK総合/1月6日より毎週日曜20時)も紹介しておこう。同作は、日本で初めてオリンピックに参加した男と日本にオリンピックを誘致した男を中心に描く作品。中村勘九郎がストックホルム五輪に出場した金栗四三を、阿部サダヲが組織委員会事務総長として東京オリンピックを成功に導いた田畑政治を務め、綾瀬はるか、生田斗真、杉咲花、永山絢斗、竹野内豊、中村獅童ら豪華キャストの共演で贈る。  果たして、2019年にブレイクをするのは誰か。また、どの作品がブームを巻き起こすのか。期待しながら放送を待ちたい。(文:嶋田真己)   ※文中視聴率は全てビデオリサーチ調べ/関東地区

  • 日曜劇場『グッドワイフ』ポスター

    常盤貴子主演『グッドワイフ』 BUMP OF CHICKENが主題歌書き下ろし

    エンタメ

     女優の常盤貴子が主演を務める日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)の主題歌が、BUMP OF CHICKENの楽曲『Aurora』に決定。本作のために『Aurora』を書き下ろしたBUMP OF CHICKENは、「主題歌オファーをいただきまして、大変光栄に思いました。トレーラー映像の時点で凄くわくわくしました。本編の放送を楽しみにしています」とコメントを寄せている。@@cutter 2009年から7年間アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』を原作とする本作は、夫がスキャンダルで逮捕され、16年ぶりに弁護士に復帰した蓮見杏子(常盤)が、家族のために困難に立ち向かう姿を描く。常盤の夫役で唐沢寿明が出演するほか、小泉孝太郎、水原希子、北村匠海、滝藤賢一、博多華丸、賀来千香子、吉田鋼太郎らが共演する。  主題歌に決定したBUMP OF CHICKENの『Aurora』は、東仲恵吾プロデューサーと塚原あゆ子監督から直接思いを伝えられた藤原基央(Vo/G)が詞曲を手掛けた最新曲。芯の強さを感じさせる歌詞、優しく背中を押すような藤原の歌声、軽やかで爽快なサウンドが印象的な楽曲となっている。人生の岐路に立たされた登場人物たちが、信念やプライドを武器に運命を切り開いていくストーリーを盛り上げる。  東仲プロデューサーは「“最悪な状況”に立ち向かう主人公に寄り添いながら、そっと背中を押してくれる曲をと考えた際に、真っ先にBUMP OF CHICKENさんにお願いしたいと思いました」とオファーした理由を説明。なお、『Aurora』は、TBS公式YouTubeで公開中の『グッドワイフ』スペシャルロング予告動画で聴くことができる。  日曜劇場『グッドワイフ』は、TBS系にて1月13日より毎週日曜21時放送(初回25分拡大)。

  • 武田鉄矢(上段左)、橋爪功(上段右)ら、『グッドワイフ』ゲスト出演者発表

    常盤貴子主演『グッドワイフ』、武田鉄矢&橋爪功&泉澤祐希らゲスト発表

    エンタメ

     女優の常盤貴子が主演を務める日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)に、武田鉄矢、橋爪功、泉澤祐希らがゲスト出演することが発表された。@@cutter 2009年から7年間アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』を原作とする本作は、夫がスキャンダルで逮捕され、16年ぶりに弁護士に復帰した蓮見杏子(常盤)が、家族のために困難に立ち向かう姿を描く。常盤の夫役で唐沢寿明が出演するほか、小泉孝太郎、水原希子、北村匠海、滝藤賢一、賀来千香子、吉田鋼太郎らが共演する。  武田は第1話にゲストとして出演。本作で扱われるのは「いつ、誰が巻き込まれてもおかしくない」事件。第1話では、杏子の前に“表現の自由”を盾に、武田が人気キャスター・日下部直哉として立ちはだかる。歯に衣着せぬ発言からネット上で絶大な人気を誇る日下部が、法廷で朗々と主張を繰り広げ、杏子と対決する。また日下部を訴える依頼人役として泉澤が出演。さらに、1話には野間口徹、お笑いコンビ「ライセンス」の井本貴史、「北陽」伊藤さおりなど、多彩なキャストも出演する。  第2話では賀来演じる神山の父・大輔役で橋爪が登場。大輔は酒酔い運転で事故を起こし逮捕されるが冤罪を主張。しかし有罪となる証拠もそろい、絶体絶命のピンチに。そんな中、弁護を担当する杏子は裁判でどんな“らしさ”を見せるのか? また第2話では、松本紀保、「TKO」木本武宏のゲスト出演も決定している。  日曜劇場『グッドワイフ』は、TBS系にて2019年1月13日より毎週日曜21時放送(初回25分拡大)。

  • 日曜劇場『グッドワイフ』にレギュラー出演する博多華丸

    博多華丸、『グッドワイフ』レギュラー出演 物語の鍵を握る弁護士役

    エンタメ

     お笑い芸人・博多華丸が、常盤貴子主演の日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)に物語の鍵を握る弁護士役で出演することが発表。華丸は「メインのみなさんのシリアスな場面の途中途中で出てくる感じなので、ちょっとホっとできる、そういう存在として活躍できたらいいなと思います」と意気込みを明かしている。@@cutter 2009年から7年間アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』を原作とする本作は、夫がスキャンダルで逮捕され、16年ぶりに弁護士に復帰した蓮見杏子(常盤)が、家族のために困難に立ち向かう姿を描く。華丸が演じるのは、汚職疑惑と女性スキャンダルが持ち上がり逮捕される杏子の夫で元特捜部長・蓮見壮一郎(唐沢寿明)を弁護する顧問弁護士・林幹夫だ。林は壮一郎の疑惑を晴らすために弁護を務めるとともに、検察庁内部の人間関係を熟知して策を講じる。  林はとてもリベラルな弁護士で、法曹界を揺るがす大きな事件を担当している最中でも、杏子に対して常に笑顔で接するものの、その目の奥は笑っておらず、何を考えているのか読めない男だという。また、林は壮一郎の命を受けて、杏子の様子や、汚職事件について調査する重要な役どころ。林が壮一郎に渡す情報が、後々物語に大きな波紋を与えることになる。  華丸は出演について「とても光栄なことですし、ありがたいというか、責任を感じております。お邪魔にならないようにお邪魔させていただく所存でございます(笑)」とコメント。常盤との共演に関しては「本当に面と向かって向かい合う場面が来るとは思いませんでした。この世界に入っておきながら別世界の方なので、緊張しましたし、とても『愛していると言ってくれ』とは言えなかったですね(笑)。そんな余裕は無かったということですね」と回想。  また、唐沢については「唐沢さんが出演されるドラマが好きで結構見ているので、間近でご本人を見られるのはうれしいなっていうのはあるんですけど、ドラマの前半は僕が一方的にしゃべるばかりなので、オーディションを受けているような気持ちになるんじゃないかなというのが心配ですね(笑)」と話している。  日曜劇場『グッドワイフ』は、TBS系にて2019年1月より毎週日曜21時放送。

  • 『グッドワイフ』で常盤貴子の夫役を務める唐沢寿明

    唐沢寿明、『グッドワイフ』で常盤貴子と初の夫婦役 “疑惑”の検事に

    エンタメ

     俳優の唐沢寿明が、常盤貴子主演の日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系/毎週日曜21時)で、常盤が演じる主人公・杏子の夫である壮一郎役を務めることが発表された。スキャンダルで逮捕された疑惑のエリート検事という役どころに挑む唐沢は「家族を支えるため16年ぶりに弁護士復帰する杏子の奮闘と、次々に真相が明らかになっていく壮一郎の事件。毎回目の離せないストーリーになっておりますので、ぜひご期待ください!」とコメントしている。@@cutter リドリー・スコットが製作総指揮を務めて、2009年から7年間アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』を原作とする本作は、夫がスキャンダルで逮捕され、16年ぶりに弁護士に復帰した蓮見杏子(常盤)が、家族のために数々の困難に立ち向かっていく姿を描く。  唐沢が演じるのは、杏子の夫で、次期検事総長としても期待されていた元東京地検特捜部長の蓮見壮一郎だ。壮一郎はある日突然、汚職疑惑と女性スキャンダルが持ち上がったことで逮捕され、一瞬にして家族も地位も名誉も失う。取り調べでは、壮一郎との出世争いに敗れたものの、壮一郎の失脚によって特捜部長に就任した脇坂(吉田鋼太郎)、そして元部下で腹心の間柄だった佐々木(滝藤賢一)から追い詰められていくこととなる。  唐沢が日曜劇場に出演するのは、2015年に放送された『ナポレオンの村』以来4年ぶり。常盤とは2009年公開の映画『20世紀少年<最終章> ぼくらの旗』以来の共演で、今回が初の夫婦役となる。唐沢は出演に向けて「常盤さんは映画で共演したこともあり、他にも何名か共演したことのある俳優さんがいらっしゃるので、楽しみです。この作品の原作を見たとき本当に面白くて、これを日本に置き換えたらどうなるんだろうと思っていました」とコメント。  また唐沢は「家族を支えるため16年ぶりに弁護士復帰する杏子の奮闘と、次々に真相が明らかになっていく壮一郎の事件。毎回目の離せないストーリーになっておりますので、ぜひご期待ください!」と、ドラマの見どころをアピールしている。  日曜劇場『グッドワイフ』は、TBS系にて2019年1月より毎週日曜21時放送。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access