ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~ 関連記事

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』最終話場面写真

    今夜『ラジエーションハウス』最終回、父の難手術に臨む本田翼に窪田正孝は…

    エンタメ

     窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の最終回が今夜放送される。唯織(窪田)の活躍で父の病気の正体を突き止めた杏(本田翼)は、自らが父の手術をすることを買って出る。それに対して、唯織はある決断をして…。@@cutter 本作は、レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  唯織は、杏の父で、甘春総合病院の前院長・正一(佐戸井けん太)が、うつ病ではなく別の病気ではないかと考える。全身の慢性的疲労感、起立性頭痛に苦しんでいる正一は、発症前、自転車に追突され、その後、飛行機に乗っていた。ヒントになったのは、裕乃(広瀬アリス)が手伝っていた造影CTの際に、チューブから造影剤が漏れたことだった。  小野寺(遠藤憲一)らの協力を得て唯織が行ったのは、MRI検査と、髄液漏れの検査だった。その画像を見た唯織は、正一が低髄液圧症であることを確信する。正一は、追突事故で硬膜に穴が開き、飛行機に乗った際の気圧の変化と乱気流の振動によって低髄液圧症を発症したものと考えられた。髄液が減って脳が下垂したために、起立時に頭痛やめまいに襲われていたのだ。正一の病気が手術で治る可能性があると知り、喜ぶ杏。  ところがその矢先、正一が突然意識障害を起こす。辻村(鈴木伸之)ら甘春総合病院の医師には正一の治療をできる人間がいなかった。すると杏は、自分がやると言い出す。そんな杏を見つめる唯織はある決断をし…。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』最終回は、フジテレビ系にて今夜6月17日21時放送(15分拡大)。

  • 窪田正孝から上野樹里へ、月9バトンタッチ!

    窪田正孝から上野樹里へ 月9バトンタッチで“エール交換”

    エンタメ

     17日にいよいよ最終回を迎える月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)で主演を務める窪田正孝から、7月から放送される月9ドラマ『監察医 朝顔』主演の上野樹里へ、バトンタッチが行われた。@@cutter レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く『ラジエーションハウス』。まもなくクランクアップを控える窪田が、『監察医 朝顔』で上野演じる主人公・朝顔が暮らす家のセットに登場。  上野から「お疲れさまです!」と窪田に花束が渡され、また、窪田からは激励の思いを込めて朝顔の絵柄の風鈴が手渡された。同風鈴はそのまま朝顔の家に飾られることが決定し、今後は『監察医 朝顔』の劇中で登場することとなっている。  2人は『ラジエーションハウス』の現場の雰囲気や、『監察医 朝顔』の放送がこれから始まるにあたってのアドバイスを上野が窪田へ尋ねるなど終始和やかな雰囲気で話に花を咲かせ、まさに“エール交換”のひと時となった様子。  7月8日から放送されるドラマ『監察医 朝顔』は、同名漫画作品を原作に、ドラマ化をするにあたって大きくアレンジをした感涙のヒューマンドラマ。  主人公の万木朝顔(上野)は、神奈川県にある興雲大学の法医学教室に勤める新米法医学者。法医学者とは、事件性の疑いの有無にかかわらず、死因不明の遺体の死因を究明することを職務としている医師であり、朝顔は時に犯罪を看破し、時に遺族の悲しみを癒やし、何より遺体が最後に伝えたかった思いをくみ取る。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』最終回は、フジテレビ系にて6月17日21時放送(15分拡大)。

  • 山口紗弥加

    『ラジエーションハウス』 山口紗弥加、赤ちゃんあやす表情が「絶妙」と話題

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第10話が10日に放送され、山口紗弥加扮する放射線技師・黒羽たまきが赤ちゃんをあやすシーンに、視聴者から「ちょっとコワい(笑)」「絶妙な顔」などのツイートが寄せられた。@@cutter 辻村(鈴木伸之)は、嶋田茜(西原亜希)の1歳8ヵ月になる息子・光の診察をしていた。光は3ヵ月前にも右上腕骨骨折の疑いで検査を受けている。  光の検査をすることになったものの、赤ちゃんの検査をしたことがない裕乃(広瀬アリス)。不安な彼女は、通りかかったたまきに光の検査を依頼する。検査を引き受けることになったたまきは、痛みのため大声で鳴き続ける光をおとなしくさせようと「ベ~ロベ~ロバ~」と言いながらあやすが、子どもの扱いに慣れていない彼女は引きつったような表情になってしまい、さらに光を怖がらせてしまう。  このシーンにSNS上には「子どもに最も慣れてなさそう」「余計泣いた(笑)」などのツッコミが寄せられた。特にたまき演じる山口のあやす際の表情については「ちょっとコワい(笑)」「たまきさん、おもしろい」「絶妙な顔だった」「なぜか毎週山口紗弥加さんがいじられキャラ(笑)美人さんなのに」などのツイートが寄せられた。  泣きわめく光に困ったたまきだったが、そこに威能圭(丸山智己)がさっそうと現れ、光を抱き上げて「ハ~イ、ヨチヨチ…検査しまちょうね~」と甘い声でささやくと、光はすっかり大人しくなってしまう。この描写にネット上には「威能さん、すげぇぇぇ」「やはりイケメンは強いな」「うーんこのイケボ」などの声が投稿されていた。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第10話場面写真

    今夜『ラジエーションハウス』、窪田正孝らの前に本田翼の父親が現れる

    エンタメ

     窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第10話が今夜放送される。唯織(窪田)のもとに恩師から、人工知能を使った読影補助ソフトの開発メンバーに迎えたいとのメッセージが届いた。そんな折、ラジエーションハウスに杏(本田翼)の父で元院長の正一(佐戸井けん太)が現れる。@@cutter 本作は、レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  出勤途中の唯織のもとに、放射線科の世界的権威である恩師・ピレス教授(Dutch)からメッセージが届く。人工知能を使った読影補助ソフトを開発することになったピレスは、そのメンバーに唯織を迎えたいと考えていた。  鏑木(浅野和之)は、辻村(鈴木伸之)の父で、麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)から系列病院の院長を任されたことを家族に報告する。妻の聡子(梅沢昌代)と娘の加奈子(丸川ゆい)に、給料も倍になるから3人でハワイ旅行に行こう、とうれしそうに話す鏑木。  そんな折、ラジエーションハウスに杏の父親で、元院長の正一が突然現れる。正一がうつ病の状態だと知る小野寺(遠藤憲一)やたまき(山口紗弥加)らは、努めて明るく彼を出迎える。  同じ頃、辻村は、嶋田茜(西原亜希)の1歳8ヵ月になる息子・光の診察をしていた。骨折の疑いでレントゲン検査のオーダーを受けた裕乃(広瀬アリス)は、赤ちゃんの検査に尻込みし、軒下(浜野謙太)に助けを求める。そこで、3ヵ月前にも右上腕骨骨折の疑いで光の検査をしたことを思い出すたまき。検査の結果、光は鎖骨を骨折しており、虐待の疑いが…。  鏑木は、院長の渚(和久井映見)に辞表を提出する。院長室を後にした鏑木は、椅子に座っていた正一に気づいた。正一も鏑木にあいさつしようと立ち上がるが、そのとき突然頭痛に襲われ、倒れてしまう。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第10話は、フジテレビ系にて今夜6月10日21時放送。

  • 山口紗弥加

    山口紗弥加の“色仕掛け”が不発? 視聴者「いい女なのに!」 『ラジエーションハウス』第9話

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第9話が3日に放送され、山口紗弥加扮する放射線技師・黒羽たまきの“色仕掛け”が不発に終わったシーンに、SNS上には視聴者から「たまきさんにはなびかないのか」「いい女なのに!」などの声が寄せられた。@@cutter 甘春総合病院に政治家の安野将司(中村梅雀)が極秘入院することに。辻村(鈴木伸之)の父親で、麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)が、鏑木(浅野和之)に依頼したのだ。ところがその矢先、安野が甘春総合病院の裏口で、ゴルフスイングのまねごとをしている写真が週刊誌に掲載されてしまう…。  安野から入院するためのそれらしい理由を作って記者会見を開くように指示された鏑木は、辻村に適当な病名をでっち上げることを指示。そのためラジエーションハウスの面々は安野の検査をすることに。検査を渋る安野に頭部MRI検査をし終えると、技師長の小野寺俊夫(遠藤憲一)は裕乃(広瀬アリス)を「手伝ってくれ」と呼び出し、彼女に「笑顔ね」と一言。裕乃が笑顔で愛想よく「よろしくお願いします!」とあいさつすると、苛立っていた安野は思わず鼻の下を伸ばしてしまう。このシーンにSNS上には「色仕掛け(笑)」「裕乃ちゃんの笑顔は影響力があった」「アリスちゃんかわいいゾ」などの声が投稿された。  裕乃の働きでレントゲンを撮り終えると、小野寺は「次は超音波検査になります」と安野を誘導。「まだやるのか!?」と一気に不機嫌になった安野に対して、たまきがけだるい雰囲気で髪をかきあげなら「お待たせしましたぁ」と近づくと「あっついわぁ~」とつぶやきながら上着のホックを外して鎖骨を露出。しかし安野は「もういい!」とたまきの“色仕掛け”をスルーしてしまう。このやりとりに視聴者からは「何?!たまきさんのセクシー誘導に引っかからないだと?!」「たまきさんにはなびかないのか」「たまきさん、いい女なのに!若い子のが良いのか(笑)」「色仕掛け効いてなくて笑った」などのツイートが寄せられていた。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第9話場面写真

    今夜『ラジエーションハウス』、窪田正孝&鈴木伸之は大物政治家の入院に振り回され…

    エンタメ

     窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第9話が今夜放送。第9話では、偽装入院していた大物政治家のスキャンダルにラジエーションハウスの面々が振り回され…。@@cutter 唯織(窪田)は、病院内で意識を失って倒れ、エスカレーターから転落した杏(本田翼)に駆け寄る。杏は、エスカレーターを転がり落ちた際に頭部を強打していた。  同じころ、甘春総合病院に、大物政治家の安野将司(中村梅雀)が極秘入院することになった。辻村(鈴木伸之)の父親で、麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)が、鏑木(浅野和之)に依頼したのだ。安野は、政治資金に関するスキャンダルから逃れるために1週間ほど身を隠したいのだという。丈介は、辻村を安野の主治医にするよう、鏑木に頼んだ。  ところがその矢先、安野が甘春総合病院の裏口で、ゴルフスイングのまねごとをしている写真が週刊誌に掲載されてしまう。記事には「偽装入院」などという文字も踊っていた。押し掛けてきたマスコミに、出勤早々囲まれてしまう裕乃(広瀬アリス)や小野寺(遠藤憲一)、たまき(山口紗弥加)らラジエーションハウスの面々。  一方、記事に激怒した安野は、何かしらの入院理由をつけてすぐにでも発表するよう、鏑木と辻村に命じるが…。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第9話は、フジテレビ系にて今夜6月3日21時放送。

  • 月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』に出演する広瀬アリス

    広瀬アリスに恋の予感!? 窪田正孝への視線に視聴者興奮『ラジエーションハウス』第8話

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第8話が27日に放送され、五十嵐唯織(窪田)に対して“モヤモヤ”を抱える広瀬裕乃(広瀬アリス)の姿に、ネット上には「恋しちゃったのかな!?」「恋だね」などの声が寄せられた。@@cutter 甘春総合病院に、けいれん発作で魚谷久美(稲垣来泉)という少女が救急搬送される。MRI検査の結果、二相性急性脳症の特徴的な所見が見られ、入院しての治療が行われる。  久美の治療方針を話し合う席で、杏(本田翼)が目を合わせてくれないことにショックを受ける唯織。裕乃は、杏の仕打ちに唯織が落胆の表情を浮かべる瞬間を見てしまう。ラジエーションハウスに戻る際、杏との関係について軒下(浜野謙太)にからかわれる唯織の姿を遠目に見ながら、裕乃は「なんだろう…モヤモヤする」とつぶやき小首を傾げる。このシーンにネット上には「モヤモヤするの…!?」「広瀬も五十嵐くんに恋しちゃったのかな!?」「広瀬、恋じゃね?」などの声が寄せられた。  その後、杏と唯織は、一度虫垂炎と診断された女性が実は虫垂腫瘍であったことを発見。2人のお手柄にラジエーションハウスでは軒下が唯織に「おいお前、この勢いでデート誘っちゃえよ〜」とからかう。これを遠巻きに見ていた裕乃はハッとした表情を浮かべながら再び「なんだろう…やっぱりモヤモヤする…」と、胸に手を当てて小首を傾げる。  この描写にSNS上には「モヤモヤするみたいな恋の始まりが欲しい」「広瀬がモヤモヤしてる〜〜恋だね」「え、広瀬が恋?」などの投稿が上がっていた。さらに視聴者からは「広瀬ちゃんのモヤモヤは恋って確定?かわいいね!」「同期にこうゆう人になりたいと思える異性がいたら、気になっちゃうよね」「今後どうなっていくのか気になりすぎる」などのツイートも集まっていた。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話場面写真

    今夜『ラジエーションハウス』、窪田正孝は冷たい態度の本田翼にショックを受ける

    エンタメ

     窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第8話が今夜放送される。第8話では、杏(本田翼)の冷たい態度にショックを受ける唯織(窪田)だったが、なぜかその唯織を見て裕乃(広瀬アリス)がモヤモヤを覚える。一方、杏も複雑な思いを抱えているようで…。@@cutter 甘春総合病院に、けいれん発作で魚谷久美(稲垣来泉)という少女が救急搬送されてくる。唯織らは、久美のCT検査を行ったが異常は見られなかった。だが、別の日にMRI検査を行ったところ、二相性急性脳症の特徴的な所見である、脳が木の枝のように光る「ブライトツリーアピアランス」が見られ、入院しての治療が行われた。  杏は、久美への治療の効果を確認するため再度MRI検査を行うことを決める。その席で、杏が目も合わせてくれないことにショックを受ける唯織。それを知った裕乃は、何故かモヤモヤした気持ちになっていた。一方、杏が唯織を気にしていると見抜いたたまき(山口紗弥加)は、「素直になれば?」と杏に告げるが…。  小児科では、久美の強い希望により、季節外れのハロウィンパーティーを行うことに。枕元に願い事を書いた紙を置いて寝るとそれが叶うという言い伝えもあることから、唯織や小野寺(遠藤憲一)たちも久美から願いごとカードを手渡されていた。  同じ頃、内科には腹部の痛みを訴えて受診した若井陽子(佐藤めぐみ)の姿があった。陽子は、アルバイトを抜け出して病院に駆けつけた夫の祐一(板橋駿谷)に、盲腸だと診断されたが「薬で散らせるから普通に働ける」と言って安心させる。久美は陽子にも願いごとカードを手渡していた。  そんな折、MRI検査を受ける予定だった久美が突然けいれんを起こし…。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話は、フジテレビ系にて今夜5月27日21時放送。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話にゲスト出演する板橋駿谷

    『なつぞら』番長・板橋駿谷、月9『ラジエーションハウス』に今夜出演

    エンタメ

     俳優の板橋駿谷が、今夜放送される俳優の窪田正孝が主演を務める『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート〜』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第8話にゲスト出演することが分かった。先月、NHK連続テレビ小説『なつぞら』に、34歳で高校生“番長”役として初出演を果たして話題を呼んだ板橋は、月9ドラマに出演するのも今回が初となる。@@cutter 「グランドジャンプ」(集英社)連載中の漫画『ラジエーションハウス』をドラマ化した本作は、レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  板橋が演じるのは、古びたアパートで妻の陽子(佐藤めぐみ)と2人暮らしをしている若井祐一。定職に就いておらず、アルバイトをしている祐一は、腹痛を起こして甘春総合病院で診察を受けた陽子を心配して病院にかけつける。家計を支えるために仕事を持っていた陽子は、そんな夫を気遣い、「盲腸だが薬で散らせるようなので普通に働ける」と伝える。陽子は、祐一との子どもを望んでいたが、金銭的な理由もあって祐一はまだそんな気になっていないようだった。さらに、祐一には、陽子に秘密にしていることがあり…。  今作で主演の窪田や広瀬アリスと初共演する板橋は、月9ドラマへの出演が決まったことについて「うれしさで体、爆発するかと思いました!!! 神さま、生きててよかった! って強く思いました。時間はかかったけど、その分、出会ったたくさんの人や時間が俺を作り上げてくれました」と率直に喜びを明かす。  続けて「“なつぞら”の現場でも監督をはじめ、たくさんのスタッフの皆様、キャストの皆様、たくさんの方々に助けてもらいました。現場での過ごし方、周りへの気配り、それぞれの芝居の仕方。目で見て、肌で感じることができたので、それをしっかりと形にできるよう生かしていきたいと思います」と抱負を語る。  祐一を演じることについては「感情は一つではないし、見えているところと見えないところがあると思うので、それを丁寧に掘り下げて、演じたいと思います」とコメント。最後に「“なつぞら”の番長とは違って、今回は実年齢に近い役です(笑)!日頃、月9を楽しみにしている皆様、“板橋駿谷”が初見の皆様、いつも応援していただいている皆様に新たな一面をお届けできるよう頑張りました。オンエアのその日まで楽しみにしていてください!」と視聴者へのメッセージも寄せている。  『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』第8話は、フジテレビ系にて今夜5月27日21時放送。

  • 山口紗弥加

    山口紗弥加の“イタズラ”に視聴者興奮「ドS」 『ラジエーションハウス』第7話

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第7話が20日に放送され、新人放射線技師・広瀬裕乃(広瀬アリス)にイタズラをする先輩技師・黒羽たまき(山口紗弥加)の姿に、ネット上には「魔性すぎ!」「ドS~|(笑)」などの声が寄せられた。@@cutter 初めての一人当直に不安げな裕乃。先輩技師たちが彼女を残して帰っていく中、たまきは「ハイこれ差し入れ~」と声をかけて飲み物や食事の入った大きなビニール袋を渡す。普段は素っ気ない先輩の気遣いに驚いた裕乃は「ええ~! ありがとうございます!」と礼を言うと、たまきは裕乃の肩を叩きながら笑顔で「頑張って~!」と励ます。このシーンにSNS上には「差し入れ!?優しくなってる!」「たまきさん毎度毎度イケメンだな」「気がきく!!ねぇさーーん!!」などのコメントが寄せられた。  裕乃への差し入れに不信感を抱く威能圭(丸山智己)や悠木倫(矢野聖人)に「初めての一人当直よぉ~…楽しんでもらいたいじゃな~い…」と不敵な笑みを浮かべるたまき。彼女の言葉に視聴者からは「ん?楽しむの?」「なんか企んでる?」「魔性すぎ!好き!」などのツイートが。  その後、一人ぼっちになった裕乃が「たまきさんありがとうございます!」とつぶやきながら差し入れのビニール袋に手を伸ばすと、その中に入った1枚のメモ用紙を発見。紙にはたまきの直筆で“うちの病院 一人で当直の時に 結構見ちゃう人多いから気をつけてね”と書かれており、それを見た裕乃は「嘘でしょ…」と恐怖におののいてしまう。新人へのたまきのイタズラに、SNS上には「ドS~(笑)」「たまきさんイタズラっ子属性だったのか」「ビビらせて楽しんでる」「こ、怖い…笑」などの声が寄せられていた。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第7話場面写真

    今夜『ラジエーションハウス』、浜野謙太は病院で初恋の相手と再会する

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第7話が今夜放送される。軒下(浜野謙太)の中学時代の初恋の人、蛭田真貴(松本若菜)が乳腺外科にやって来た。真貴のマンモグラフィー画像を読影した杏(本田翼)は、悪性の疑いがあると診断する。@@cutter 「グランドジャンプ」(集英社)連載中の漫画『ラジエーションハウス』をドラマ化した本作は、レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  唯織(窪田正孝)が来てから変わりつつあるラジエーションハウスのメンバー。その日は、初めてひとりで当直をすることになり、不安でいっぱいの裕乃(広瀬アリス)。しかも、緊急時に備えて待機するオンコール担当は軒下。頼りにならない軒下にさらに不安を覚える裕乃だった…。  そんな折、乳腺外科に、軒下と中学時代の同級生だった蛭田真貴と志朗(篠原篤)の夫妻がやってくる。人間ドックで真貴の胸にしこりが見つかり、マンモグラフィー検査を受けに来たのだ。軒下と再会した真貴は、彼が卒業アルバムに将来の夢は医者と書いていたのを覚えていた。初恋の相手の真貴から、「夢をかなえたんだね」と言われ、本当のことが言えない軒下。  真貴のマンモ画像を読影した杏(本田翼)は、唯織にも意見を求め、悪性の疑いがあるため超音波検査が必要との診断を下す。それを見ていた鏑木(浅野和之)は、杏は技師に甘えていると指摘する。技師には技師の役割があり、一線を越えることは、唯織の首を絞めることになる、というのだ。  再検査が2ヵ月後になると知った志朗は、軒下に医者として検査を何とか早められないかと泣きつく。しかし、特別扱いはできないと答えるしかない軒下。それでも諦めきれない志朗は、通りかかった唯織に声をかけ、事情を説明した。真貴は自分の人生のすべて、という志朗の言葉に強く共感した唯織は、杏に相談。だが、鏑木の言葉を思い出した杏は、患者を救うのは医者の仕事だと返し…。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第7話は、フジテレビ系にて今夜5月20日21時放送。

  • (左から)本田翼、窪田正孝

    本田翼と窪田正孝がハイタッチ! 視聴者歓喜の『ラジエーションハウス』第6話

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第6話が13日に放送され、唯織(窪田)と杏(本田翼)のハイタッチする姿に、SNS上には「ハイタッチ!!!素晴らしい」「思わずおーーと叫んでしまった」などの声が寄せられた。@@cutter 腹部を強打した女の子が救急搬送され、ラジエーションハウスの面々は腹部CTの依頼を受ける。CT画像を見た杏(本田)は、脾臓の出血を確認し、傷口が目立たなくて済むように治療を行うIVR(画像下治療)による止血を提案。しかし、IVRに関しては助手の経験しかない杏に対して、鏑木(浅野和之)は、開腹手術をするよう命じるのだった…。  女の子の一件から自信をなくしてしまう杏。そんな中、大腸ガンを治療中の男性が放射線科に運び込まれる。診断の結果、杏は男性の担当医にIVRを提案。しかし男性の担当医は“不在の鏑木先生が戻るまで待つべき”と主張する。一刻の猶予を争う状況に唯織は「待っている間に、もし患者の容体が悪化すればそれこそ命を落としかねません」と担当医に指摘。ラジエーションハウスの全員で杏をサポートしようとする展開に、SNS上には「うおおお…!チームやん」「ラジハのチーム感ハンパない」などの投稿が寄せられた。  唯織たちの行動に触発された杏は「IVRは私が行います」と宣言。唯織のサポートを得た杏はIVRを成功させる。技師長の小野寺(遠藤憲一)が「とても初めてとは思えなかったぞ!」と労うと、杏は安堵の表情で「ありがとうございます!」と応える。放射線科全員で難局を乗り越える光景に、ネット上には「今回脚本がとてもよい…みんなの力を合わせて治療成功」「杏ちゃん頑張ったーーー!!!」「技師長嬉しそう!」などの反響が。  施術を終えて一息ついた彼女に、唯織はおどおどしながら「お疲れ様でした!」と声をかける。すると杏は唯織に近づいて豪快にハイタッチ。唯織を毛嫌いしていた彼女の行動に視聴者から「嘘~~~!?甘春先生と唯織くんが!ハイタッチ!!!素晴らしい」「思わずおーーーと叫んでしまった」「唯織、うれしそう(笑)」「唯織くんやったね!」などのツイートが上がっていた。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第6話場面写真

    今夜『ラジエーションハウス』、窪田正孝らと浅野和之が治療方針で対立

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第6話が今夜放送される。第6話では、最新の医療技術の駆使をめぐって唯織(窪田)たち放射線技師らと一部の医師が対立。患者の人生を背負う医療者の苦悩が描かれる。@@cutter 「グランドジャンプ」(集英社)連載中の同名漫画を原作とする本作は、レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  唯織は、杏(本田翼)と辻村(鈴木伸之)がある小説の話で盛り上がっているところを目撃する。その小説とは、鏑木(浅野和之)が取材協力した医療小説だった。さっそくその小説を読み始める唯織。  同じころ、鏑木は、院長の渚(和久井映見)に会い、放射線技師の役割を超えた唯織の行為は医師法に抵触する可能性があり、憂慮すべき事態だと告げる。それに対して、唯織は技師としての所見を述べているに過ぎない、と返す渚。そこで、問題が起きた場合は渚が責任を取るという言質を得た鏑木は、軒下(浜野謙太)に接触し、唯織の行動を監視するよう命じる。  そんな折、公園で遊んでいて手すりから落下し、腹部を強打した女の子・沙里が救急搬送されてくる。腹部CTの依頼を受ける小野寺(遠藤憲一)や、たまき(山口紗弥加)たちラジエーションハウスの面々。CT画像を見た杏は、脾臓の出血を確認し、将来、傷口が目立たなくて済むように画像診断装置で患者の体の中を透かして見ながら治療を行うIVR<画像下治療>による止血を提案する。裕乃(広瀬アリス)達も沙里への負担が少ないIVRを期待していた。ところが鏑木は、IVRではなく開腹手術をするよう命じ…。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第6話は、フジテレビ系にて今夜5月13日21時放送。

  • 月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』取材会に登場した窪田正孝

    窪田正孝が“名推理” 「コナン並みに鋭い」の声 『ラジエーションハウス』第5話

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第5話が6日に放送され、ある少年の死について推理する唯織(窪田)の姿に、SNS上には「推理探偵みたい」「コナン並みに鋭い」などの声が寄せられた。@@cutter 威能(丸山智己)は、通称「Ai」と呼ばれる死亡時画像診断のスペシャリストだった。鏑木(浅野和之)は、放射線科の受診患者増加などを理由に、「Ai」の受け入れを最小限にとどめようと提案。しかし院長の渚(和久井映見)は、「Ai」と解剖を組み合わせることは医療界全体の未来にとって必要だと考えていた。そんな折、ラジエーションハウスに、公園で倒れているところを発見され、その後死亡が確認された少年・藤本直樹(南出凌嘉)の「Ai」依頼が届く。  直樹の父・勝彦(三浦誠己)が「Ai」を拒否したことから、ラジエーションハウスの面々は直樹の死因が“勝彦による虐待死”なのでは、と疑う。しかし直樹の母・歩美(森脇英理子)が希望したことから直樹の「Ai」を実施。診断の結果、直樹の死因は肝臓破裂による出血性ショックと断定。唯織は「もし一撃で致命傷を与えることができたとしたら、それはおそらく格闘技の経験者です」と話すと、直樹が右側の肝臓を損傷していたことを説明し「つまり、左手での攻撃ということになります」と解説する。診断結果から犯人を特定していく唯織の解説にネット上には「唯織くん、推理探偵みたい」「ええ唯織くんが謎解きすんの??すげえな」「凄腕の技師は事件の推理もしちゃうのか」などの声が上がった。  唯織は、病院に同行していた直樹の友人・肇(小林喜日)の左手に拳ダコがあること、そして携帯電話を左手で持ったことやボールをとっさに左手でキャッチしたことを挙げ、肇が直樹を殴ったのでは、と推理を展開。さらに直樹の携帯電話を肇が持っている事実が明るみになると、肇は自分が直樹を殴ったことを認める。唯織の名探偵ぶりに視聴者からは「コナン並みに鋭い」「コナンくんみたいなこともするんだね」「悲しすぎる展開だったし、コナン君だった」などのツイートも寄せられていた。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第5話場面写真

    今夜『ラジエーションハウス』、窪田正孝たちは「Ai」を駆使し少年の死因を探る

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第5話が今夜放送される。唯織ら放射線科のメンバーは、死亡した少年の死亡時画像診断を駆使して真相究明を図るが…。@@cutter 全122作品を数える“平成の月9”の大トリを飾る本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の同名漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  唯織(窪田)は、杏(本田翼)から、あるCT画像について意見を求められる。画像をのぞき込んだ唯織は、杏との距離が近いことに照れてしまう。  裕乃(広瀬アリス)は、威能(丸山智己)が遺体画像を見ていたことに驚く。実は威能は、CTやMRIを使って遺体の死因を究明するオートプシー・イメージング、通称「Ai」と呼ばれる死亡時画像診断のスペシャリストだった。鏑木(浅野和之)は、放射線科の受診患者増加などを理由に、「Ai」の受け入れを最小限にとどめようと提案していた。だが、院長の渚(和久井映見)は、「Ai」と解剖を組み合わせることは医療界全体の未来にとって必要だと考えていた。  そんな折、ラジエーションハウスに、公園で倒れているところを発見され、その後死亡が確認された美しい顔の少年・藤本直樹(南出凌嘉)の「Ai」依頼が届く。第一発見者は直樹とキャッチボールするために公園に来たという弟の雄太(斎藤汰鷹)。救急通報をしたのは、藤本家の近所に住む少年・山村肇(小林喜日)だった。  辻村(鈴木伸之)は、心臓付近に擦過傷が見られたことから、胸骨の未発達な子どもの胸に衝撃が加わることで起こる心臓震盪(しんとう)の可能性に言及した。直樹は、上に向かってボールを投げてそれをキャッチしていた、という目撃情報もあった。だが、直樹の父母、勝彦(三浦誠己)と歩美(森脇英理子)は、小野寺(遠藤憲一)らの説得にも耳を貸さず、「Ai」をかたくなに拒否する。周囲は虐待死を隠ぺいするためだと疑い始め…。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第5話は、フジテレビ系にて今夜5月6日21時放送。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第5話に出演する(左から)小林喜日、南出凌嘉、斎藤汰鷹

    『ラジエーションハウス』に令和を担う次世代スター子役が大集合!

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の今夜放送の第5話に南出凌嘉、小林喜日、斎藤汰鷹が出演。令和を担う次世代子役スターが顔をそろえる。@@cutter 全122作品を数える“平成の月9”の大トリを飾る本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の同名漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  公園で倒れているところを発見される美しい顔の少年・藤本直樹を演じる南出は、映画『キングダム』やNHK連続テレビ小説『純と愛』に出演し、大物俳優の幼少期を演じてきた実力派。直樹の友人・山村肇役の小林はドラマ『グッドワイフ』をはじめ、数々の映画やドラマで活躍中。そして直樹の弟・藤本雄太を演じる9歳の斎藤は、ドラマ『グッド・ドクター』や大河ドラマ『西郷どん』にも出演した将来有望な逸材だ。  月9ドラマ初出演という南出は「同じ事務所の窪田さんと本田さんとご一緒できるのがとてもうれしくて楽しみです」とコメント。小林は「自分の役は難しいので、しっかり山村という役に入り込んで現場の皆さんとすばらしい回にできるように頑張ります!」と意気込みを明かした。また斎藤は本作を視聴者として見ていたようで「出れると決まった時は、“超サイコー!”って思いました! 頑張ります」と話している。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第5話は、フジテレビ系にて今夜5月6日21時放送。

  • 月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』取材会に登場した広瀬アリス

    広瀬アリスの女子高生姿に「なんの違和感もない」「似合う」『ラジエーションハウス』第4話

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第4話が29日に放送され、広瀬アリス演じる新人放射線技師・裕乃の高校時代を描く回想シーンで制服姿が披露されると、ネット上には「制服姿可愛い」「制服似合うなぁ」「なんの違和感もない」などの声が寄せられた。@@cutter 本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の漫画が原作にした医療ドラマ。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、患者の命を救う姿を描いていく。  ある日、甘春総合病院にロックバンドでギターを弾いている大学生の坂元美月(山本舞香)がやってくる。美月は右肩の痛みを訴えていたが、原因が特定できない。それを受け、整形外科の辻村(鈴木伸之)は、しばらく様子を見ると美月に伝える。診察を終え、慌ててバンドの練習に向かおうとした美月は、病院の廊下で裕乃(広瀬アリス)とぶつかる。その際、落ちたスマホ画面から、美月がある曲を聴いていたことを知る…。  第4話の冒頭、高校時代にバスケットボール部で活躍した裕乃が試合で華麗なドリブルでゴールを狙うと、SNS上には「アリスちゃんバスケうまいな!」「広瀬さん実際バスケやってたんだよね」「さすが経験者!」などの反響が。  バンドにとって大事なステージを控えているものの、右肩の痛みを抱えている美月。ひょんなことから美月がイヤホンで聞いていた曲を知った裕乃は、自分の高校時代のことを思い出す。裕乃は練習中に膝の痛みが原因で転倒。練習後、制服姿の裕乃は膝に抱えた違和感に思い悩む。それを見ていたチームメイトは、裕乃の元に駆け寄りCDをプレゼントする。  高校時代の裕乃を演じる広瀬の制服姿が映し出されるとネット上には「広瀬アリスちゃんの高校の制服姿可愛い」「かわいいなぁ、制服似合うなぁ」「制服姿になんの違和感もないアリスちゃんさすが、女神」などのコメントが多数寄せられ、さらに「アリスちゃん高校生役まだまだいけるな~」「まだまだ制服イケるやん!」「あと5年は高校生役やれる」などの声も上がっていた。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第4話場面写真

    今夜『ラジエーションハウス』、広瀬アリスは夢を追う山本舞香に自分を重ね…

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第4話が今夜放送される。バンドでギターを弾いている大学生・坂元美月(山本舞香)が、右肩の痛みを訴えて来院。最後のライブを成功させたいと願う美月に、新人放射線技師の裕乃(広瀬アリス)はかつての自分を重ね合わせる。@@cutter 全122作品を数える“平成の月9”の大トリを飾る本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の同名漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  唯織(窪田)は杏(本田翼)と偶然出くわす。杏は友人を誘って飲みに行った帰りだった。公園で杏を介抱した唯織は、彼女が以前、股関節痛と診断した男性患者のことを気にかけていると知る。画像所見と血液検査の結果が合わないからだった。杏の力になろうと早速動き出す唯織。  あくる日、甘春総合病院にロックバンドでギターを弾いている大学生・坂元美月がやってくる。美月は右肩の痛みを訴えていたが、検査をしてもその原因は特定できなかった。それを受け、整形外科の辻村(鈴木伸之)は、しばらく様子を見ると美月に伝える。  診察を終え、慌ててバンドの練習に向かおうとした美月は、病院の廊下で裕乃とぶつかる。その際、落ちたスマホ画面から、美月がある曲を聴いていたことを知る裕乃。その曲は、高校時代バスケットボールに打ち込み、全国大会を目指していた裕乃にとっても、大切な、そして苦い思い出の詰まった「FLY AGAIN」と言う曲だった。裕乃は、プロデビューするという夢こそ破れたが、大好きな仲間たちと行う最後のライブを成功させたいと願う美月に、かつての自分の姿を重ね合わせる。  そんな折、唯織は患者の情報を盗み見たことを鏑木(浅野和之)から叱責されるが…。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第4話は、フジテレビ系にて今夜4月29日21時放送。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』に出演する山本舞香

    山本舞香、『ラジエーションハウス』ゲスト出演 窪田正孝とドラマ初共演

    エンタメ

     女優の山本舞香が、今夜放送される俳優の窪田正孝が主演を務める『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート〜』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第4話にゲスト出演することが分かった。山本は2クール連続の月9出演で、主演の窪田とはドラマ初共演となる。@@cutter 本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の同名漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の写真家として患者の命を次々と救う姿を描く。  山本が演じるのは、22歳の大学生・坂元美月。仲間たちと結成した女性バンドでギターを弾いている美月は、プロのミュージシャンを目指していたが、卒業後は就職してメンバーがバラバラになってしまうこともあり、二週間後に解散ライブを行うことに。美月は、大好きなメンバーとの最後のライブを絶対に成功させたいと願っていたが、その矢先、右肩の痛みに襲われ、甘春総合病院で診察を受ける。しかし、その痛みの原因はわからず…。  今回、撮影に使用されたライブハウス「Shibuya eggman」は、原作でも美月たちのバンドがラストライブを行なった場所。加えて、主題歌を担当するMAN WITH A MISSIONにとって、日本で初めてライブを行なったのが同所であり、そんなゆかりの地での撮影となった。さらに、山本は、MAN WITH A MISSIONが楽曲を提供したCMにも過去に出演しており、夢の競演となる。  山本は今回ドラマ初共演となる窪田について、「今回がドラマ初共演になりますが、たまにご飯に連れて行ってくれる優しくて、頼もしい先輩です!!」とコメント。「一生懸命がんばりますのでぜひご覧ください」と視聴者へのメッセージも寄せている。  『ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜』第4話は、フジテレビ系にて今夜4月29日21時放送。

  • 東京ドームで行われた福岡ソフトバンクホークス×オリックス・バファローズ戦で始球式に登板した鈴木伸之

    鈴木伸之、人生初の始球式で球速122km 自己採点は「90点!」

    エンタメ

     月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)に出演中の劇団EXILE・鈴木伸之が、22日東京ドームで行われた、プロ野球 パ・リーグ 福岡ソフトバンクホークス×オリックス・バファローズ戦で始球式に登板。見事なフォームから球速122kmの速球を披露し球場を沸かせた。@@cutter 今夜第3話が放送される本作で、初の月9出演で医者役に初挑戦している鈴木。容姿端麗で女性ウケがいい将来有望な外科医で、主人公・唯織(窪田正孝)とは、杏(本田翼)を巡り恋のライバルとなる辻村駿太郎という重要な役どころを演じている。  この日、福岡ソフトバンクホークスのユニフォームに身を包み、始球式に初挑戦した鈴木は、「いやー気持ちよかった」と一言。小学1年~中学2年まで野球をやっていたそうで、「少年野球をやっていたので夢だった。人生で初めての始球式だったのでめっちゃ緊張しましたが、楽しかったです」と夢の舞台を振り返る。続けて「自己採点は90点です。ちょっと高めに行ってしまいましたが」と満足げな様子を見せた。  球速122kmを記録したことを告げられると「練習では115kmがMAXだったのでうれしいですね!」と喜び、「肘を壊してやめてしまいましたが、こういった形で始球式ができてよかった」と語った。  鈴木伸之が出演する『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』は、フジテレビ系にて毎週月曜21時放送。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話場面写真

    今夜『ラジエーションハウス』、窪田正孝は内山理名の異変に気付くが…

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第3話が今夜放送される。マンモグラフィ検査を受けた女性誌編集者・葉山今日子(内山理名)に、放射線科医の杏(本田翼)は「異常なし」の診断結果を出すが、画像を見て何かに気づいた放射線技師の唯織(窪田)は、今日子の後を追いかける。@@cutter 本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の同名漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  唯織は甘春総合病院の放射線科入局説明会であいさつをする杏の姿を見に行く。堂々と話す杏に見とれる唯織。しかし、杏が整形外科医の辻村(鈴木伸之)と食事に行ったことを偶然知り、ショックを受けてしまう。  同じ頃、裕乃(広瀬アリス)はマンモグラフィ検査に苦戦していた。そこに、結婚を控えた女性誌編集者・葉山今日子がやってくる。今日子は、母と祖母ががんに罹患(りかん)していることから毎年検査を受けていた。不安そうな今日子を和ませようと話しかける裕乃。だが、それを聞いていたたまき(山口紗弥加)から「ここはおしゃべりを楽しむ場所じゃない」と叱られてしまう。  今日子は日本人に多いデンスブレスト(=乳腺密度が濃い)の女性だった。読影した杏は鏑木(浅野和之)に相談したものの、病変が見つからないことから「異常なし」との診断結果を下す。  一方、たまきは友人から相談されたと言って、杏に1枚のマンモ画像を見せる。杏は右胸にある腫瘤が悪性の可能性を否定できないとして、再検査をした方がいいとたまきに伝える。  そんな中、唯織は、今日子のマンモ画像に目を止める。何かに気づいた唯織は、今日子の後を追いかけ、なるべく早く超音波検査を受けてほしいと伝えた。  その夜、たまきは裕乃に声をかけ、自ら被検者となってマンモグラフィ検査の練習をさせる。するとたまきは、その画像をこっそり持ち帰り…。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話は、フジテレビ系にて今夜4月22日21時放送。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』に出演する内山理名

    内山理名、19年ぶり月9出演 「37歳の自分にとって今しかできない役」

    エンタメ

     女優の内山理名が、今夜放送される俳優の窪田正孝主演の月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)第3話にゲスト出演することが分かった。19年ぶりの月9出演となる本作で乳がん患者を演じる内山は「今回のテーマはメッセージ性が強いと思いますのでやりがいがありますし、37歳の自分にとって“今しかできない役”だと思っています」とコメントを寄せている。@@cutter 本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の同名漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  内山が演じるのは、女性誌の編集者・葉山今日子。結婚を控えている今日子は、ブライダルチェックの一つとして甘春総合病院の乳腺外科を訪れ、マンモグラフィ検査を受ける。検査の結果、異常なしとの診断を受けるが、今日子のマンモ画像を見て追いかけてきた唯織(窪田)から、なるべく早く超音波検査を受けるようにと言われ…。  内山は乳がんについて「とても見つかりにくい病気で、私ぐらいの世代にはすごく身近なものです」と語り、ドラマの概要に聞いたときに「“やります!早く台本を読みたいです!”と即答しました」と明かす。  月9ドラマへの出演は、『バスストップ』(2000年7月期)以来19年ぶりとなるが「監督さんに芝居についてたくさん怒られた思い出があるのが月9のイメージですかね(笑)」と振り返り、「逆に今回は、自分と同世代の監督(金井紘監督)なのがすごく楽しみです。20年近くお仕事をしていると、年上の監督さんや大御所と呼ばれる方とのお仕事が多かったので“教えてもらう”という感覚がほとんどでしたが、同世代の男性の監督なのでこれは面白いなと思いまして、今回は監督に“調理”してほしいなと。ですので、監督の言うことに“はい!はい!”と従っています(笑)」と語る。  初共演となる窪田については「役どころ含め、すごくがんばってらっしゃると感じました。本当にまじめな役者さんだと思いますし、そのままストレートに演じられているのを近くで見させていただいているので、本当に気持ちいいですね」とコメント。最後に「今回は“乳がん”という病気をテーマに、女性が感じる不安に焦点が当てられています。女性の方には病気になった時の心の動きに共感して見てもらえると思いますし、男性の方には女性の気持ちをこの作品を通して、ぜひ知っていただきたいと思っています」とメッセージを寄せている。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第3話は、フジテレビ系にて今夜21時放送。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』で共演中の(左から)窪田正孝、遠藤憲一

    窪田正孝を支える“理想の上司” 遠藤憲一がカッコいい! 『ラジエーションハウス』第2話

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第2話が15日に放送され、唯織(窪田正孝)の行動をサポートする放射線技師長・小野寺(遠藤憲一)の姿に、ネット上には「上司の鑑」「理想の上司」などの声が寄せられた。@@cutter 全122作品を数える“平成の月9”の大トリを飾る本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、患者の命を救う姿を描く。  技師長の小野寺(遠藤)は、膝の痛みを訴える少年・健太郎(石田星空)のレントゲン撮影を行うことに。健太郎のレントゲン画像の読影をした杏(本田翼)は、成長痛の可能性があるとしてしばらく経過を見ることにする。  健太郎の母・美佐子(中越典子)の病歴から、健太郎自身にも重大な病が隠されている可能性に気づいた唯織は、医師からのオーダーのない膝のMRI検査を実施しようとする。小野寺は「調べて病気がなけりゃ、それでいいじゃねーか」と唯織の判断を支持。しかしMRI検査を強行する唯織たちの前に鏑木(浅野和之)が乗り込んで来て「急患でもない患者の検査なんか許可した覚えはありませんよ!」と激昂する。これに対して小野寺は「責任なら私がとります」と話すと、続けて「この検査に1人の少年と母親の未来がかかっています」と言い放つ。この小野寺の言動に、SNS上には「上司に言われたいセリフや…」「まーじ理想の上司!」「上司の鑑」「小野寺の上司としてのカッコ良さが最高」などの声が殺到した。  MRI検査の結果、健太郎から骨肉腫が発見されてしまう。小さな身体からみつかった思わぬ大病に意気消沈するラジエーションハウスの面々に、小野寺は「ガンになりやすいんだったらよ、検査のたびに俺たちが早期に見つけ出してやればいいんだろ!」と言葉をかける。この“名言”に視聴者から「心強い言葉」「カッコイイこと言ったねぇー」「エンケンさん、イイトコ持っていくなぁ…」などのツイートが寄せられた。

  • 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話場面写真

    今夜『ラジエーションハウス』、窪田正孝は本田翼に自分のことを思い出してほしいが…

    エンタメ

     窪田正孝が主演を務める月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第2話が今夜放送される。ラジエーションハウスの面々は、膝の痛みを訴える少年や愛犬を大事にする閉所恐怖症の婦人など、さまざまな患者を診察する。@@cutter 全122作品を数える“平成の月9”の大トリを飾る本作は「グランドジャンプ」(集英社)連載中の同名漫画が原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く。  唯織(窪田)は、甘春総合病院院長の渚(和久井映見)から、放射線科医として働く気はないのか、と問われる。しかし唯織は、医師免許を取ったのは放射線技師として働く上で病気について深く知った方が良いと思ったからだと言って断る。放射線科医とタッグを組めば最高の診断ができるはず、と続ける唯織。その思いを受け止めた渚は、技師として働く以上、周囲に医者であることがばれないように、と釘を刺した。  ラジエーションハウスの技師長・小野寺(遠藤憲一)は、妻から離婚を突きつけられていたが、それを拒否し続けていた。膝の痛みを訴える少年・健太郎(石田星空)のレントゲン撮影を行った際、離婚したら会えなくなるかもしれない息子のことを思い出す小野寺。辻村(鈴木伸之)とともに健太郎のレントゲン画像の読影をした杏(本田翼)は、成長痛の可能性があるとしてしばらく経過を見ることにする。  一方、唯織と裕乃(広瀬アリス)は、MRI検査にもかかわらず携帯電話を手放そうとしない富恵(宮田早苗)に手を焼く。閉所恐怖症だという富恵は、携帯電話に保存してある愛犬の写真を見せ、一緒じゃなければ入れない、と騒ぎ立てた。そのとき唯織は、かつて杏が捨て犬の手当てをしたことを思い出す。唯織は、杏がそのときのことを覚えていれば、自分のことも思い出すかもしれないと考える…。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第2話は、フジテレビ系にて今夜4月15日21時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access