監察医 朝顔 関連記事

  • 『監察医 朝顔』第1話に出演する粟野咲莉

    『なつぞら』“小なつ”粟野咲莉、新月9『監察医 朝顔』出演決定

    エンタメ

     子役の粟野咲莉が、上野樹里主演の7月期月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第1話に出演することが分かった。現在放送中の連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)で、広瀬すず演じるヒロイン・なつの幼少期の役を演じ一躍注目を集めた粟野にとって、本作が月9デビューとなる。@@cutter 本作は、2006年に「週刊漫画サンデー」で連載を開始し、人気を博した同名漫画をアレンジしてドラマ化した感動作。東日本大震災により母が行方不明となった経験を持つ新米法医学者・万木朝顔(上野)が、父のベテラン刑事・万木平(時任三郎)とともに、解剖と捜査というそれぞれの立場から遺体の“生きた証”を見つけ出すため、懸命に遺体と向き合う姿を描く。  粟野が出演する第1話は、とある倉庫で30代後半の女性の遺体が発見されることから事件の幕が上がる。平たちが急行し、遺体の状況を調べるも詳しい死因が分からず、朝顔たちがいる法医学教室に遺体を運ぶことに。朝顔が、主任教授の夏目茶子(山口智子)とともに解剖を行うと、女性は溺死したのではないかという可能性が浮上する。  不可解な状況に一同は困惑するが、その後も朝顔たちは遺体の組織などを丹念に調べ、平たちも捜査を続ける中、遺体の女性の家族が判明。遺体安置所で妻に再会した夫の明彦(辻本耕志)は遺体にすがりつく一方で、一人娘である10歳の早紀(粟野)は、必死に涙をこらえながらも母の遺体には決して会おうとしない。そんな早紀を不思議に思う朝顔だったが、早紀の胸には大きな後悔が秘められていて…。  粟野は、早紀を演じたことについて「ちょうど私くらいの歳の早紀を演じて、早紀ちゃんと同じことが自分に起きたらと思ったら、すごく苦しくなりました。いつか出てみたいと思っていた月9ドラマで、その早紀ちゃんの気持ちがしっかり伝えられたらいいなと思って、頑張りました」とコメント。  初共演となる主演の上野については「上野さんのお芝居がすごくて、本番中は上野さんのお芝居が早紀の気持ちを引っ張ってくださっていました。お芝居の気持ちを作るのが難しいシーンの時に、“外の空気吸う?”と言って誘ってくれて、“水溜まりを見ると落ち着くよ”と、優しく励ましてくださり、本番前にも私の気持ちを助けてくださいました。終わった時には“頑張ったね!”と誉めていただいてとてもうれしかったです」と撮影時を振り返る。  そして「監督と上野さんが、お芝居1つ1つにこだわって、お話ししながら作り上げて行くのを間近で見て、すごいなー!と思いました。私もできるだけ早紀ちゃんになりきれるように、気持ちを考えてお芝居しました。早紀のお母さんに対する気持ちの変化に注目してもらえたらうれしいです」とメッセージを寄せている。  新月9ドラマ『監察医 朝顔』は、フジテレビ系にて7月8日より毎週月曜21時放送(初回は30分拡大)。

  • 『ラジエーションハウス特別編~旅立ち~』に出演する(左から)広瀬アリス、中尾明慶

    新月9『監察医 朝顔』中尾明慶、『ラジエーションハウス』にクロスオーバー出演

    エンタメ

     俳優の窪田正孝が主演を務めるドラマ『ラジエーションハウス特別編~旅立ち~』(フジテレビ系/6月24日21時)に、7月8日よりスタートする上野樹里主演の月9ドラマ『監察医 朝顔』に出演する中尾明慶がクロスオーバー出演することが決定した。@@cutter 『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』は、「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックが原作。レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描いた。『ラジエーションハウス特別編~旅立ち~』では、唯織(窪田)が杏(本田翼)との“新しい約束”を胸にアメリカへと旅立つ道中で偶然の再会を果たす様や、唯織が旅立った中でのラジエーションハウスメンバーの奮闘が描かれる。  一方の『監察医 朝顔』は、2006年に「週刊漫画サンデー」で連載を開始し、人気を博した同名漫画をアレンジしてドラマ化。東日本大震災により母が行方不明となった経験を持つ新米法医学者・万木朝顔(上野)が、父のベテラン刑事・万木平(時任三郎)とともに、解剖と捜査というそれぞれの立場から遺体の“生きた証”を見つけ出すため、懸命に遺体と向き合う姿を描く。  今回、『ラジエーションハウス特別編~旅立ち~』でクロスオーバー出演する中尾が演じるのは、『監察医 朝顔』と同じ役の高橋涼介。高橋は、解剖の補助や臓器の病理検査を行い、朝顔たち法医学者を縁の下で支える検査技師。明るく天真爛漫な性格で周囲から愛され、時にイジられる役回りになることもあるキャラクターだ。そんな検査“技師“の高橋が、クールを超えて、窪田演じる唯織ら放射線“技師”たちがいる“ラジエーションハウス”に登場するという、技師×技師のコラボレーションが実現した。  撮影を終えた中尾は「『ラジエーションハウス』は観させていただいていたので、撮影現場に入ると“あ、テレビで見たセットだ!”と、一視聴者としても、うれしかったですし、こういった機会はなかなかないので、すごく新鮮でした。撮影が始まる前は、どんな現場なんだろう、と少し汗ばんでいたのですが(笑)、出演者の方もスタッフの方も笑顔で迎えてくださり、本当にステキなチームで楽しかったです」と感想をコメント。  続けて「皆さんが楽しんでご覧になっている『ラジエーションハウス』で、僕が演じる高橋という役が、どういった形で登場し、どのように絡むのか。一瞬、どこに出ているんだ?と思われるかもしれませんが、ぜひ見つけて欲しいな、と思います。また、高橋はこういうキャラクターなんだな、と知っていただけるように、短い間の撮影でしたけど演じさせていただきました。高橋から少しでも『監察医 朝顔』の魅力を感じていただき、『ラジエーションハウス』から引き続き『監察医 朝顔』をご覧いただけたら、本当に幸せです」と視聴者にメッセージを寄せている。  『ラジエーションハウス特別編~旅立ち~』は、フジテレビ系にて6月24日21時放送。『監察医 朝顔』は、フジテレビ系にて7月8日より毎週月曜21時放送。

  • 7月8日スタートの月9ドラマ『監察医 朝顔』で母娘役の上野樹里と石田ひかり

    石田ひかり、『あすなろ白書』以来26年ぶり月9レギュラー出演 上野樹里の母親役

    エンタメ

     女優の石田ひかりが、上野樹里主演の7月期月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系/毎週月曜21時)にレギュラー出演することがわかった。石田の月9レギュラー出演は、1993年放送の『あすなろ白書』以来26年ぶりとなる。@@cutter 『監察医 朝顔』は、2006年に「週刊漫画サンデー」(実業之日本社)で連載を開始し、人気を博した同名漫画が原作。上野演じる主人公の新米法医学者・万木朝顔と朝顔の父でベテラン刑事の万木平(時任三郎)が、解剖と捜査というそれぞれの立場から遺体の“生きた証”を見つけ出すため、懸命に遺体と向き合う姿を描く感動作。  石田が演じるのは、朝顔(上野)の母・万木里子。東北生まれの東北育ちで、朝顔の愛情深く心優しい部分は里子譲り。里子は、娘の朝顔、夫の平と円満な日々を送っていたが、ある日、東北の海沿いの街にある実家に帰省中、東日本大震災に被災。以来、里子は行方不明のまま今日に至る。  石田は里子を演じるにあたって、「2011年3月11日。あの日のことは今でも鮮明に思い出すことができます。里子のように今も行方が分からない方々、そのご家族のことを思うと、言葉になりません。ひとりひとりにかけがえのない人生があること、そして行き場のない思いがある事をしっかりと胸に刻んで、心を込めて演じていきたいと思っています」と感慨深げにコメント。  26年ぶりとなる月9ドラマへのレギュラー出演については、「『あすなろ白書』は、若かりし頃に懸命に取り組んだ、わたしにとって、とても大切なドラマでありましたので、やはり月9には特別な思いがあります」と告白。  また、今回初共演となる上野に対し「お誕生日が同じ5月25日で、昔から一方的に親近感を持っていました。樹里ちゃん可愛いです! とっても! 背が高くて細くて色が白くて、ほんとうに可愛い!」とラブコールを送っている。  新月9ドラマ『監察医 朝顔』は、フジテレビ系にて7月8日より毎週月曜21時放送。

  • 窪田正孝から上野樹里へ、月9バトンタッチ!

    窪田正孝から上野樹里へ 月9バトンタッチで“エール交換”

    エンタメ

     17日にいよいよ最終回を迎える月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系/毎週月曜21時)で主演を務める窪田正孝から、7月から放送される月9ドラマ『監察医 朝顔』主演の上野樹里へ、バトンタッチが行われた。@@cutter レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師が、病の“写真家”として患者の命を次々と救う姿を描く『ラジエーションハウス』。まもなくクランクアップを控える窪田が、『監察医 朝顔』で上野演じる主人公・朝顔が暮らす家のセットに登場。  上野から「お疲れさまです!」と窪田に花束が渡され、また、窪田からは激励の思いを込めて朝顔の絵柄の風鈴が手渡された。同風鈴はそのまま朝顔の家に飾られることが決定し、今後は『監察医 朝顔』の劇中で登場することとなっている。  2人は『ラジエーションハウス』の現場の雰囲気や、『監察医 朝顔』の放送がこれから始まるにあたってのアドバイスを上野が窪田へ尋ねるなど終始和やかな雰囲気で話に花を咲かせ、まさに“エール交換”のひと時となった様子。  7月8日から放送されるドラマ『監察医 朝顔』は、同名漫画作品を原作に、ドラマ化をするにあたって大きくアレンジをした感涙のヒューマンドラマ。  主人公の万木朝顔(上野)は、神奈川県にある興雲大学の法医学教室に勤める新米法医学者。法医学者とは、事件性の疑いの有無にかかわらず、死因不明の遺体の死因を究明することを職務としている医師であり、朝顔は時に犯罪を看破し、時に遺族の悲しみを癒やし、何より遺体が最後に伝えたかった思いをくみ取る。  『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』最終回は、フジテレビ系にて6月17日21時放送(15分拡大)。

  • 月9ドラマ『監察医 朝顔』に出演する(左から)三宅弘城、藤原季節

    上野樹里主演『監察医 朝顔』、追加キャストに藤原季節 ツイッター生配信も

    エンタメ

     上野樹里が主演を務める7月スタートの月9ドラマ『監察医 朝顔』にて、俳優の藤原季節が初の月9レギュラー出演を果たすことが決定。さらに、共演の三宅弘城とともに、ドラマ公式ツイッターアカウント(@asagao_2019)にて定期的にライブ配信することも発表された。@@cutter 本作は、同名漫画作品を原作に、ドラマ化をするにあたって大きくアレンジを加えたヒューマンドラマ。主人公の万木朝顔(上野)は、興雲大学の法医学教室に勤め、死因不明の遺体の死因を究明することを職務としている新米法医学者。そんな朝顔と2人暮らしの父・万木平(時任三郎)は、ずっと捜査畑を歩んできた真面目で堅物なベテラン刑事。東日本大震災で母を失った2人は、その穴を埋めるように寄り添いながら、かたや解剖、かたや捜査により、さまざまな遺体の謎を解き明かしていく。  藤原が演じるのは、鑑識として事件にかかわる沖田宗徳。事件が発生すると、三宅扮する検視官・伊東純とともに現場へ急行し、事件解決へ向け、鑑識の腕を振るう。伊東が人情味あふれる検視官である一方、沖田は一心不乱に仕事をする職人気質で、上司である伊東にも厳しい目を向けることも。  今回が初の月9レギュラー出演となる藤原は、自身の演じる役柄について「沖田はマイペースでちょっと自己中心的、一つのことを極めるタイプで、他人に嫌われることを恐れていない。典型的なB型男子の特徴なので、僕にピッタリだと思います。そういう男に限ってガラスのハートだったりするので、面白そうだなと思います」とコメント。  さらに、ドラマ内では上司と部下のコンビを演じる三宅と藤原の2人が、ドラマ公式ツイッターアカウント(@asagao_2019)にて定期的にライブ配信することが決定。「『監察医 朝顔』の検視&鑑識結果」として、三宅が演じる検視官と、藤原演じる鑑識、それぞれの役どころにかけて、2人がドラマの撮影現場で起きていることを調べ、時に物を採取し、分析しながら紹介するという内容だ。ドラマの裏側や出演者の素顔など、『監察医 朝顔』をより楽しめる情報が披露される。  ドラマ『監察医 朝顔』は、フジテレビ系にて7月8日より毎週月曜21時放送。

  • 月9ドラマ『監察医 朝顔』に出演する山口智子

    山口智子、『ロングバケーション』以来23年ぶり月9出演 髪もバッサリ

    エンタメ

     女優の山口智子が、上野樹里が主演を務め、俳優の時任三郎と親子役で共演する7月8日スタートのドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系/毎週月曜21時)に出演することが分かった。山口は木村拓哉とのダブル主演作『ロングバケーション』以来23年ぶりの月9ドラマ出演となる。@@cutter 本作は、2006年に「週刊漫画サンデー」で連載を開始し、人気を博した同名漫画(原作・香川まさひと、漫画・木村直巳)をアレンジしてドラマ化。東日本大震災により母が行方不明となった経験を持つ新米法医学者・万木朝顔(上野)が、父のベテラン刑事・万木平(時任)とともに、解剖と捜査というそれぞれの立場から遺体の“生きた証”を見つけ出すため、懸命に遺体と向き合う姿を描く。  山口が演じるのは、朝顔が勤める興雲大学の法医学教室の主任教授・夏目茶子。法医学の権威で、1つの死の影には多くの人たちの悲しみがあるのを忘れないことを矜持(きょうじ)とする。仕事は非の打ち所がない一方、「明日、死ぬかもしれないから」がモットーで、困難な仕事を抱えていてもプライベートと仕事は完全に別物。その言動は自由奔放で神出鬼没、年齢不詳という謎多き女性だ。  同時に、朝顔が法医学者を目指すきっかけにもなった人物であり、父の平とも長年の親交を持ち、母を失った万木家にとっては、まさに“心強い姉”のような存在となっている。  山口は23年ぶりの月9出演について、「去年、木村拓哉さんと22年ぶりに共演させていただいたのですが、まるで2分くらいしか時が経っていないような感じで(笑)。『監察医 朝顔』と『ロングバケーション』はドラマのテイストは違いますが、“月9”という言葉には、離れていた時間を感じさせない、幼なじみに再会したような、正月に実家に帰ったような(笑)、ほっとする親近感を覚えます」とコメント。  今回、原作漫画の“茶子先生”のイラストに合わせ、髪を10センチ以上カットしてマッシュボブにして臨む山口。「「原作の茶子は、一見キノコの妖怪のような風貌で(笑)、超個性的で強烈な存在感です」と明かしつつ、「死というものに日々向き合っているからこそ、人の100倍濃密に生きようとするたくましさと、今この一瞬を輝かせようとするバイタリティーは圧倒的です。太陽のように生命力の象徴のような茶子像を目指します」と意気込みを語っている。  ドラマ『監察医 朝顔』は、フジテレビ系にて7月8日より毎週月曜21時放送。

  • 『監察医 朝顔』に出演する(上段左より)森本慎太郎(SixTONES/ジャニーズJr.)、志田未来、風間俊介、中尾明慶、坂ノ上茜、(下段左より)戸次重幸、三宅弘城、柄本明、板尾創路、平岩紙

    上野樹里主演『監察医 朝顔』、追加キャストに風間俊介&志田未来

    エンタメ

     女優の上野樹里が主演を務め、俳優の時任三郎と親子役で共演する7月8日スタートのドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の追加キャストとして、俳優の風間俊介、女優の志田未来らの出演が発表された。風間は上野演じる主人公・朝顔の恋人で新米刑事の桑原真也役、志田はアルバイトで法医学助手を務める医学部生・安岡光子役を演じる。@@cutter 本作は、2006年に「週刊漫画サンデー」で連載を開始し、人気を博した同名漫画(原作・香川まさひと、漫画・木村直巳)をアレンジしてドラマ化。東日本大震災により母が行方不明となった経験を持つ新米法医学者・万木朝顔(上野)が、父のベテラン刑事・万木平(時任)とともに、解剖と捜査というそれぞれの立場から遺体の“生きた証”を見つけ出すため、懸命に遺体と向き合う姿を描く。上野の月9ドラマ主演は、2006年に俳優の玉木宏とダブル主演を務めた『のだめカンタービレ』以来13年ぶりで、今回は初の単独主演となる。  風間が演じる桑原は、長らくの交番勤務を経て強行犯係に配属となった新米刑事。朝顔とは交番勤務時代からの交際で、正義感が強い好青年な一方、小心者で心配性な一面も。同じ警察署に異動してきた平と捜査でコンビを組むこととなり、平が朝顔の父親であることを知って、義父になるかもしれない上司との日々に胃が痛い思いをすると同時に、平の仕事ぶりと人間性に尊敬の念を抱いていく。風間は上野とは初共演、時任とは『救命病棟24時』第5シリーズ(2013年)以来6年ぶりの共演となる。  風間は「“月9”は憧れであり、宝物のような作品を沢山くれました。このドラマも、誰かの宝物になっていくと思います。僕も憧れの場所で、見てくださる皆様、そして、あの頃の自分が喜んでくれるよう、頑張りたいと思います」と意気込んでいる。  志田が演じる光子は第2話からの登場で、アルバイトとして法医学助手を務める医学部生。時給目当てで応募しただけで法医学に興味もなく、周りの空気を読まずに思ったことをすぐ口にする光子に、最初は朝顔たちも振り回されることに。しかし、遺体や遺族に対する朝顔たちの姿勢に接していくうち、光子の中で徐々に変化が訪れる。  光子の役どころについて志田は「シャキシャキと明るく、何でも口に出してしまう女の子です。ご遺体と向き合う法医学教室の中で、少しでもホッとしてもらえる安心感のある存在になれればと思っています」と語る。  このほか、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES/ジャニーズJr.)、坂ノ上茜、戸次重幸、平岩紙、三宅弘城、板尾創路、柄本明の出演が発表された。  ドラマ『監察医 朝顔』は、フジテレビ系にて7月8日より毎週月曜21時放送。

  • 月9ドラマ『監察医 朝顔』に出演する上野樹里

    上野樹里、“のだめ”以来13年ぶり月9主演 共演に時任三郎

    エンタメ

     女優の上野樹里が、7月8日スタートの月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系/毎週月曜21時)で主演を務め、時任三郎と共演することが発表された。上野は2006年に俳優の玉木宏とダブル主演を務めた『のだめカンタービレ』以来、13年ぶりの月9主演となり、今作が初の月9単独主演となる。@@cutter 新元号・令和にスタートする最初の月9である本作は、2006年に「週刊漫画サンデー」で連載を開始し、人気を博した同名漫画が原作。  上野演じる主人公の新米法医学者・万木朝顔と朝顔の父でベテラン刑事の万木平(時任)が、解剖と捜査というそれぞれの立場から遺体の“生きた証”を見つけ出すため、懸命に遺体と向き合う姿を描く感動作だ。  今回の連続ドラマ化にあたり、原作の「朝顔の母親が阪神淡路大震災で亡くなっている」という設定が「東日本大震災により母が行方不明になっている」という設定に。存在自体が“生きた証”である母の遺体が見つからない中、震災と母の存在に向き合い、肩を寄せ合って少しずつ前へと進んで行く父娘の日常と心の機微も深く細やかに描いていくという。  上野は13年ぶりの月9について「特別な思い入れのある枠に、また出演することができて大変うれしく思います」とコメント。「刑事である父とともに事件と向き合い、被害者のご遺体に残されたメッセージと心から向き合います。太陽とともに咲く朝顔の花のように、辛いことがたくさんあっても明るく前向きに生きている主人公を演じていけたら」と抱負を述べた。  時任は今作について「“死”をテーマにしたドラマですが、半面的に“生きることの素晴らしさ”をお伝えできたらと思っています」と語っている。  ドラマ『監察医 朝顔』は、フジテレビ系にて7月8日より毎週月曜21時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access