リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~ 関連記事

  • ドラマBiz『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~』で夫婦役を演じる反町隆史と和久井映見

    反町隆史、和久井映見と『バージンロード』以来22年ぶり夫婦役共演

    エンタメ

     俳優の反町隆史が主演を務める7月スタートのドラマ『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~』(テレビ東京系/毎週月曜22時)に、女優の和久井映見が出演することが発表された。主人公の弁護士・村越誠一(反町)を支える妻・祥子の役を演じる。2人の共演はドラマ『バージンロード』(フジテレビ系)以来22年ぶりで、本作でも夫婦役を演じる。@@cutter 本作は、中小企業の会社再建に心血を注ぐ弁護士・村越誠一の奮闘を描く。原作は、現役弁護士・村松謙一氏の『いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる』(角川文庫/KADOKAWA刊)。松村氏の奮闘は、『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)でもとり上げられ大きな反響を呼んだ。主人公の村越弁護士を演じる反町は、初の弁護士役で、テレビ東京での連続ドラマ単独初主演となる。  和久井が演じる祥子は、夫の村越誠一を、優しく、力強く支えつつ、時に法律事務所のスタッフが思いもつかないアドバイスもする。夫婦の間には、より強い絆を育んだ出来事があるという。  和久井が1997年放送の『バージンロード』で主演を務めた際は、反町とは偽の婚約者同士で、最後に結婚する設定だったが、今回は初めから夫婦役だ。  和久井は反町との22年ぶりの共演について、「久々にまたご一緒させて頂ける事がとても嬉しく、ありがたく、以前と変わることなくご自身の仕事に真摯に向かわれる反町さんに、私も頑張らなければ…と思いながらおります」と話し、「反町さんの演じられる『パパ』はとってもステキなので、私の演じる『ママ』はバランス大丈夫かしら…と焦りつつ、以前ご一緒させていただいた事が、今回夫婦を演じるうえで、画面の中の、なにか素敵な空気につながっているといいなぁと思いながらおります」とコメント。  一方、反町は「和久井さんと久しぶりにご一緒させて頂けると聞いた時はとても嬉しかったですね。しかも奥さん役で共演できることに、不思議とほっとした感じがあったんです」と告白。「和久井さんの出演作品を観ていて、素敵に歳を重ねられているなというのが印象的ですごく再会が楽しみでした。当時も今もかわらず、現場で多くを話さなくてもしっくりと来る空気感が、シーンの随所に活かされていると思います」と語っている。  ドラマBiz『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~』第1話は、テレビ東京系にて7月22日21時放送(初回2時間スペシャル)。第2話以降毎週月曜22時放送。

  • (左から)ドラマBiz『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~』に出演する小池栄子、堀井新太、橋爪功

    反町隆史主演『リーガル・ハート』、共演に小池栄子&堀井新太&橋爪功

    エンタメ

     俳優の反町隆史が主演を務める7月スタートのドラマ『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~』(テレビ東京系/毎週月曜22時)に、反町を取り巻く共演陣として女優の小池栄子、俳優の堀井新太、橋爪功、また第1話のゲストとして俳優の石黒賢、高嶋政宏、女優の高橋ひとみが出演することが発表された。@@cutter 本作は、中小企業の会社再建に心血を注ぐ弁護士・村越誠一の奮闘を描く。原作は、現役弁護士・村松謙一氏の『いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる』(角川文庫/KADOKAWA刊)。松村氏の奮闘は、『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)でもとり上げられ大きな反響を呼んだ。主人公の村越弁護士を演じる反町は、初の弁護士役で、テレビ東京での連続ドラマ単独初主演となる。  小池が演じるのは、村越法律事務所の経理担当・永井茜。毒舌女子ながら猫グッズ好きというかわいらしい一面を持つ。役どころについて小池は「主人公村越の部下でありながら、何があっても村越を信じ、何があっても受け止める、母の様な存在でもあります。私も最後まで人を信じたいタイプなので、そういう所は似ているかなと思っています」と話す。初共演となる反町については「とっても『ナイスガイ』な先輩です。真摯に作品に向き合っている姿や、現場で誰よりも声を出している姿からチームみんながパワーを頂いています」と絶賛している。  堀井は、村越法律事務所の事務員で、司法試験に失敗しながらも熱き情熱と実直さで事務所を盛り上げるムードメーカーの池田伸司役。橋爪は、大手弁護士事務所の所長で、村越の師匠に当たる弁護士・米倉正臣役を務める。  一方、第1話のゲスト出演者として石黒が演じるのは、経営悪化で首が回らなくなり、村越に最後の望みを託す魚市場の社長・山谷護。高橋はその妻・山谷千佳役、高嶋は山谷のメインバンクの審査部として村越と対立する佐々木原役を担当する。  石黒は「今回の作品を通じて会社の再建を専門にやっている弁護士がいるということを知ったと同時に、台本には特に法的な部分が多く描かれていて、こういう方法で企業の再建の仕方があるのだと学びました」とした上で、山谷の役柄については「セリフにある『社員は家族なんです』という、実直で面倒見の良い中小企業の社長、自分の事よりも自分の社員のことを思う男、を心を込めて表現しました」と話している。  ドラマBiz『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~』は、テレビ東京系にて7月より毎週月曜22時放送。

  • ドラマBiz『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~』主演の反町隆史

    反町隆史、倒産から中小企業を救う弁護士に 7月期テレ東ドラマで主演

    エンタメ

     俳優の反町隆史が、7月から放送の連続ドラマ『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~』(テレビ東京系/毎週月曜22時)にて、主演を務めることがわかった。反町は初の弁護士役で、テレビ東京での連続ドラマ単独初主演となる。@@cutter 本作は、中小企業を年間8000件以上に及ぶ倒産から救うことに、心血を注ぐ弁護士を描く。原作は、現役弁護士・村松謙一氏の『いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる』(角川文庫/KADOKAWA刊)。松村氏の奮闘は、『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)でもとり上げられ大きな反響を呼んだ。  そんな村松氏をモデルに描かれる同作について、中川順平プロデューサーは「会社が倒産する事は、そこに関わる多くの人々の暮らしを、人生を直撃する“いのち”の問題である。そう捉える主人公は、人を救うため、ひたすら奔走します」とコメント。  主人公・村越誠一役の反町は「再建弁護士・村松謙一さんを演じるということで、先生の名に恥じないよう、骨太な人間ドラマを作りたいと思っています」と実在の人物を演じることへの思いを話す。  撮影前に村松氏本人と実際に会ったという反町は、そのときの様子を「初対面にもかかわらず、ふっと先生に気持ちを預けて、何でも話したくなるような優しさに包まれたのが印象的でした」と語り、「言葉や表情はもちろんですが、相手を安心させたり、勇気付けるような、鋭く、時に温かな眼差しを心がけて撮影に臨んでいます」と、その経験を撮影に活かしていることをコメントしている。  最後に「命がけの会社再建をめぐる、手に汗握る人間ドラマが毎週繰り広げられます。豪華なキャストを迎え、見応えのあるドラマをぜひご覧ください」と抱負を語った。  新ドラマ『リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~』は、テレビ東京系にて7月より毎週月曜22時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access