セミオトコ 関連記事

  • 金曜ナイトドラマ『セミオトコ』三宅健、撮影現場でのサプライズバースデーの様子

    三宅健、40歳! 『セミオトコ』ヤンキー姿でサプライズ誕生祝い

    エンタメ

     Hey!Say!JUMPの山田涼介主演で7月にスタートする連続ドラマ『セミオトコ』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)に“伝説のヤンキー”役で出演するV6の三宅健が、7月2日に40歳の節目となる誕生日を迎え、撮影現場でこのほどお祝いのセレモニーが行われた。@@cutter 本作は、東京郊外のアパート「うつせみ荘」を舞台に、人間の姿になったセミ(山田)と、食品工場に勤めるアラサー女性・大川由香(木南晴夏)との、セミの命が尽きるまで7日間限定の共同生活を描く。三宅は、由香の兄で、地元では有名な“伝説のヤンキー”健太役を演じる。  そんな三宅が40歳の誕生日を迎えた。撮影現場には三宅のほか、妹役の木南、そして両親役の高杉亘、田中美奈子もそろい、大川家家族団らんのシーンを撮影。そのシーンの合間にお祝いのセレモニーが開かれ、大きなケーキと花束で三宅の誕生日を祝った。  スタッフがケーキを持って登場すると、周りからは「おめでとう!」という声と拍手が。木南から花束を手渡されると、三宅は「ありがとうございます! 撮影初日からこんなにお祝いしてもらえてうれしいです」とはにかみながら感謝の言葉を述べた。  木南も「かわいい」と絶賛したケーキには、たくさんのフルーツが盛られ、その中心にはヤンキー座りをした健太の姿が。「健太参上」と書かれた旗も立てられ、ドラマの中の三宅の役にぴったりなケーキに、三宅も終始うれしそうな笑顔を浮かべていた。  40歳という節目を「二度目の成人式を迎えるようなものなので、しっかりしなくてはと思っています」と表現した三宅。「襟元正して、しっかりやっていきたい」と力強い抱負も語った。  金曜ナイトドラマ『セミオトコ』はテレビ朝日系にて7月26日より毎週金曜23時15分放送。

  • 金曜ナイトドラマ『セミオトコ』に出演する三宅健

    V6・三宅健、山田涼介主演『セミオトコ』に出演決定 伝説の“おバカ”ヤンキー役

    エンタメ

     Hey!Say!JUMPの山田涼介主演で7月にスタートする連続ドラマ『セミオトコ』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)に、V6の三宅健がレギュラー出演することが発表された。木南晴夏演じるさえないアラサー女子・由香の兄で、由香いわく「地元で有名な“伝説のヤンキー”」大川健太役を演じる。併せて解禁されたビジュアルでは、“おバカ”なヤンキー姿を披露している。@@cutter 本作は、『南くんの恋人』(テレビ朝日)、『ちゅらさん』(NHK)など数々のヒットドラマを生み出し、近年ではNHK連続テレビ小説『ひよっこ』で橋田賞を受賞した脚本家・岡田惠和による完全オリジナルストーリー。東京郊外のアパート「うつせみ荘」を舞台に、人間の姿になったセミ(山田)と、食品工場に勤めるアラサー女性・大川由香(木南)との、セミの命が尽きるまで7日間限定の共同生活を描く。主演の山田、ヒロイン役の木南のほか、アパートの大家の通称「国分寺姉妹」役で阿川佐和子と檀ふみ、他の住人役で今田美桜、山崎静代、やついいちろう、北村有起哉が共演する。  三宅が演じる健太は、由香の“ことごとくツイていなかったこれまでの人生”の要因のひとつでもある重要人物。というのも、健太が“伝説のヤンキー”と呼ばれるのは、ただ強いからというわけではなく、伝説になるほどのバカという意味も。あまりに物事を知らないため、自分でも知らないうちに窃盗に手を染め、よりによって妹の通報によって逮捕されるというとんでもない過去を持つ男だ。  役どころについて三宅は「とにかくバカなんです(笑)。でも愛されるバカであってほしいなと思っているので、ドラマを見てくださるみなさんにもそんな風に思ってもらえるようなお兄ちゃんを演じたいと思います」と話す。  三宅がテレビ朝日のドラマに出演するのは、2017年放送の『トットちゃん!』以来約2年ぶり、金曜ナイトドラマ枠への出演は初めてとなる。後輩グループ・Hey! Say! JUMPの山田が主演を努める本作で、「絶妙なスパイスになれるよう頑張りたいと思います」と意気込んでいる。  金曜ナイトドラマ『セミオトコ』は、テレビ朝日系にて7月26日より毎週金曜23時15分放送。

  • 『セミオトコ』に出演する今田美桜

    今田美桜、山田涼介主演『セミオトコ』でテレビ朝日ドラマ初出演

    エンタメ

     Hey!Say!JUMPの山田涼介主演で7月にスタートする連続ドラマ『セミオトコ』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)に、女優の今田美桜がレギュラー出演することが発表された。デザイナーを夢見て福岡から上京してきた専門学校生の役で、テレビ朝日のドラマは初出演となる。@@cutter 本作は、『南くんの恋人』(テレビ朝日)、『ちゅらさん』(NHK)など数々のヒットドラマを生み出し、近年ではNHK連続テレビ小説『ひよっこ』で橋田賞を受賞した脚本家・岡田惠和による完全オリジナルストーリー。東京郊外のアパート「うつせみ荘」を舞台に、人間の姿になったセミ(山田)と、食品工場に勤めるアラサー女性・大川由香(木南晴夏)との、セミの命が尽きるまで7日間限定の共同生活を描く。主演の山田、ヒロイン役の木南のほか、アパートの大家の通称「国分寺姉妹」役で阿川佐和子と檀ふみ、他の住人役で山崎静代、やついいちろう、北村有起哉が共演する。  今田が演じるのは、うつせみ荘の住人で、服飾系の専門学校に通う熊田美奈子。かわいらしい見た目とは裏腹に、言いたいことをズバズバ言う今どきの女の子だが、アパートの住人たちには服を作ってあげており、とても愛されているキャラクターだ。  「台本をいただいたらすごくファンタジックで素敵なお話でした。山田涼介さん演じるセミと木南晴夏さん演じる由香のラブストーリーはもちろん、『うつせみ荘』の住人のみなさんも個性溢れる方々ばかりなので、これから撮影が楽しみです」という今田。「私が演じる熊田美奈子は、デザイナーを夢見て博多から出てきた女の子。劇中で博多弁がポロポロ出ちゃうシーンがあるのですが、私も福岡出身なので、ちょっと楽しみにしているんです(笑)」と話した上、他の共演者について「阿川佐和子さん、檀ふみさんはじめ、大先輩ばかりですが、みなさんの中で吸い込まれながら頑張りたいと思います!」と意気込んでいる。  金曜ナイトドラマ『セミオトコ』は、テレビ朝日系にて7月26日より毎週金曜23時15分放送。

  • 山田涼介主演ドラマ『セミオトコ』共演者が決定(左上から)阿川佐和子、壇ふみ、木南晴夏(左下から)やついいちろう、山崎静代、北村有起哉

    木南晴夏、山田涼介演じる『セミオトコ』と恋に落ちるアラサー女子に

    エンタメ

     女優の木南晴夏が、Hey!Say!JUMP・山田涼介主演の7月スタートの連続ドラマ『セミオトコ』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)でヒロイン役を務めることが発表された。木南は本作について「一体どんな展開になるのかとドキドキしながら楽しみにしております」と語っている。@@cutter 本作は、『南くんの恋人』(テレビ朝日)、『ちゅらさん』(NHK)など数々のヒットドラマを生み出し、近年ではNHK連続テレビ小説『ひよっこ』で橋田賞を受賞した脚本家・岡田惠和による完全オリジナルストーリー。都心からちょっと離れた郊外のアパート「うつせみ荘」を舞台に、山田演じる人間の姿になったセミとうつせみ荘で暮らす女性との7日間限定の生活を描いていく。  本作で木南が演じるのはうつせみ荘に住むアラサー女性の大川由香。食品工場に勤めており、人と円滑なコミュニケーションをとることが苦手というキャラクター。セミの命を救ったことから猛烈に感謝され、ワケもわからぬまま7日間だけ一緒に過ごすことになってしまう。  木南は「セミとのラブストーリーとお聞きし、それだけでもう面白そうだなと思いました」とコメント。さらに「セミオトコとの関係だけではなく、色々抱えている登場人物の皆さんとの関係やその後起こるであろう変化を、岡田さんの織り成す物語の中で、全身で感じながら演じたいと思います」と意気込みを語った。 一方、木南との共演について山田は「木南さんはパンがとても好きだと伺っているのですが…実は僕も大好きなんですよ!」と明かすと「僕より圧倒的にお詳しいと思いますが、ドラマの撮影期間中にはぜひパンについていろいろ語りたいなと思っているんです」と話している。 また木南のほか、うつせみ荘の大家を務める庄野ねじこ・くぎこ姉妹役に阿川佐和子と壇ふみ、うつせみ荘で暮らす絵本作家・岩本春役を山崎静代、住人役でやついいちろう、北村有起哉も出演することが決定した。  ドラマ『セミオトコ』は、テレビ朝日系にて7月より毎週金曜23時15分放送。

  • 金曜ナイトドラマ『セミオトコ』主演の山田涼介

    山田涼介、セミの王子様に テレ朝ドラマ初主演×脚本家・岡田惠和とタッグ

    エンタメ

     Hey!Say!JUMPの山田涼介が、7月スタートの連続ドラマ『セミオトコ』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)でテレビ朝日の連続ドラマに初主演することが分かった。NHK連続テレビ小説『ひよっこ』の岡田惠和が脚本を手掛ける。併せて、セミ役の山田が木に寄りかかるスチールカットも公開された。@@cutter 本作は、『南くんの恋人』(テレビ朝日)、『ちゅらさん』(NHK)など数々のヒットドラマを生み出し、近年ではNHK連続テレビ小説『ひよっこ』で橋田賞を受賞した脚本家・岡田による完全オリジナルストーリー。テレビ朝日で脚本を担当するのは『可愛いだけじゃダメかしら?』以来20年ぶりとなる。  物語の舞台は、都心からはちょっと離れた郊外にあるアパート「うつせみ荘」。山田演じるセミは、そのアパートにつながる庭の地中で誕生。何年もの間、地中で羽化するときを待ち続け、ようやく地上にはい出たとき、頭上から落下してきた女性の下敷きになりそうになる。  落下してきたうつせみ荘の住人、由香の機転により、ぺしゃんこの難は逃れたものの、彼女の寂しそうな雰囲気が気になったセミは「この人を笑顔にしてあげたい」と強く願ううちに、なんと人間の姿に。由香の前に人間として現れたセミは、命を救ってもらったお礼を伝えると「恩返しに何でもしますから、7日間一緒にいましょう」と持ちかけ、ふたりの7日間限定の生活がスタートする。  主演の山田は「最初にお話をいただいたときは、斬新でこれまでのドラマで見たことのない毛色の作品だなと思いました。岡田惠和さんが脚本を手がけてくださるのですが、その台本もとても面白いんです!」と作品についてコメント。役どころについて「人の心を動かすようなセリフがたくさんあるので、そういうところに共感していただけたらうれしいです」とアピールした。  脚本の岡田は、「今回、最初から山田涼介さんを勝手に希望して、オリジナル企画を考えました。面白がってくださり、出演オファーを受けていただけて嬉しかったです。これは、かなり野心作であると同時に自信作です」と語っている。  金曜ナイトドラマ『セミオトコ』は、テレビ朝日系にて7月より毎週金曜23時15分放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access