クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

サ道 関連記事

  • 磯村勇斗

    「役者になりたい」夢を叶えて――躍進中の俳優・磯村勇斗が明かすプレッシャー

    エンタメ

     NHK連続テレビ小説『ひよっこ』での好青年・ヒデから、昨年放送され、映画化も決定した人気ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)の不良・相良猛、前クールに好評を博したドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)のわがままなジルベールと、作品ごとに全く違う顔を見せ、若手演技派として着実に階段を上っている俳優の磯村勇斗。そんな彼が、現在、原田泰造、三宅弘城と共に、サウナ好きによるサウナ好きのためのドラマ『サ道』に出演中だ。躍進中の磯村だが、だからこそ感じるプレッシャーもあるという。@@cutter 『サ道』では、原田演じる主人公・ナカタアツロウから、イケメン蒸し男(むしお)なるニックネームで呼ばれる、経営コンサルタントの若手サウナーを演じて、サウナにまつわる会話を繰り広げている磯村。実際にサウナに入りながらの撮影は「ドキュメンタリーっぽくて、時間がゆっくり流れています」という。 @@insert1  毎回、全国各地のサウナや、サウナに関するうんちくが語られていく本作。初回では『サ道』の作法である“ととのう”ことが紹介された。“ととのう”とは、サウナ室~水風呂~休憩を3回程度繰り返すことで得られる多幸感、一種のトランス状態のこと。磯村もしっかり体験してからクランクインした。  「元々サウナには行っていましたが、“ととのう”という作法は知りませんでした。ととのいましたよ。本当に。自然と笑みがこぼれて、トリップする感じ。これはやめられないですね」と笑顔を見せる。 @@insert2  もちろんドラマでのトリップ状態は演技であるわけだが、サウナでの“ととのう”よろしく、磯村自身、芝居をしている最中に「キタ!」と恍惚(こうこつ)を感じる瞬間というのはあるのだろうか。  「演技を超えて無心でセリフをしゃべっているとか、無心で動いているとか、そういう状態になることはありますね。たまにですけど。ただ、それがいいのかどうかは分からないです。きちんと役としてのコントロールが効いていないとダメだと思います。でも、自分がその役になってしまっているような感覚になることは、確かにありますね」。@@separator 中学時代に監督や主演を含む何役もこなして自主映画を作り、高校時代には自ら探して地元の劇団に所属するなど、“役者になりたい”という夢が明確だった磯村。いま、その夢を叶えて順調に歩んでいるように見えるが、「日々苦労です」と口にする。  「毎回、作品ごとに課題が見えてきますし、その都度、乗り越えていかなきゃならない。昔の自分と比べたら、少し力を抜いて現場にいられるようになったかもしれませんが、注目されるようになったゆえのプレッシャーも感じます。上り調子のときに、悪い評価があるとすぐに下がったりしますし。でもそこを気にしていたら仕方がない。非常にぐるぐるしている感じです」。 @@insert3  だが現在の注目度の高さは、確実に、磯村自身のビジョンが作ってきたものだ。  「同じ役が並ばないようにはしてもらっています。いろいろな顔を見せたいし、挑戦したいので。似たイメージを付けないように。そのことは意識していますし、安易に役をできないなとは思います。役作りを含めて、きちんと向き合っていきたいという思いが、一層強くなっています」。 @@insert4  そして、今回これまでとは全く違った毛色のドラマ『サ道』に挑戦した磯村は、見どころを次のように語る。「実生活でも、週3回くらいはサウナに通っています。原田さんと三宅さんとの並びなので、若手の蒸し男の“ととのう”表情は、ちょっとかわいい感じを出しました(笑)。サウナ好きな方はもちろんですが、『サウナってそうなんだ』と知っていただける作品ですし、楽しんでもらえると思います」。会話ベースのゆる~い時間の流れる本作で、磯村の新たな面が見られる。(取材・文:望月ふみ 写真:高野広美)  ドラマ25『サ道』はテレビ東京ほかにて毎週金曜24時52分より放送中。

  • ドラマ25『サ道』フィンランドサウナアンバサダー授与式・番組制作発表にて

    原田泰造、サウナ好きが集った現場をエンジョイ「毎日幸せでした」

    エンタメ

     ネプチューンの原田泰造、俳優の三宅弘城、磯村勇斗が8日、都内で開催されたドラマ25『サ道』フィンランドサウナアンバサダー授与式・番組制作発表に出席。原田は「サウナに行きたいなって、思ってもらえるようなドラマだと思います。人を殺すとか、恋愛が始まるとか、一切ありません。ただサウナに入っている、そんなドラマです」と作品の魅力を語った。@@cutter 本作は、タナカカツキが実体験をベースにサウナの魅力・マナーなどを描いた『マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~』(講談社モーニングKC刊)を映像化。伝説のサウナーの後を追い全国を旅する主人公・ナカタアツロウ(原田)が、中年サラリーマンのサウナー・偶然さん(三宅)、コンサル会社経営のイケメン蒸し男(磯村)と織りなす交流の模様を描く。当日は、3人がフィンランドサウナアンバサダーに任命される一幕もあった。  原田は原作者のタナカがサウナの歴史を語るうえで重要で、自身もファンだとしたうえで周囲の反響に言及。「『へえ、すごいじゃん』くらいなんですけど、そんなもんじゃない! 『自分の中でものすごいことなんだ!』と。それくらいの気持ちなんですよね。あんまり伝わらないんですよ」ともどかしそうな表情を見せつつ「でも、この番組がいかにすごいかって、ここにいる人たちは相当分かってくれてて。本当に幸せなことで。撮影の日、毎日幸せでした」と、サウナ好きが集まった現場を楽しんだ様子だった。  原作者のタナカと親交があるという三宅は、本作の出演をマネージャーに直談判したそうで「どんなことがあってもやらせてくれと。これは僕がやらなきゃダメな役なんですって、たぶん鬼気迫るような眼で訴えていたと思う」と告白。「他の人がやっていたら、たぶん見ていないか、けちょんけちょんに貶してたか、どっちか」と、思い入れの深さを見せた。  一方の磯村は本作を機にサウナにはまったそうで「僕からしたら、サウナを知らない方、特に若い男性・女性に、この『サ道』を見て、サウナの魅力にたっぷりはまっていってほしい。そしてこのドラマを見れば必ず、サウナの入り方を含め、サ道にはまる。もうすんごい。もうね、なんて言うんですかね。サウナが好きになるドラマになっているので」と笑顔でコメントしていた。  ドラマ25『サ道』は、テレビ東京系にて7月19日より毎週金曜24時52分放送。

  • 新ドラマ『サ道』ポスタービジュアル イラスト:タナカカツキ 撮影:池田晶紀

    サウナドラマ『サ道』、荒川良々&小宮有紗ら追加キャスト発表

    エンタメ

     ネプチューンの原田泰造が主演する、サウナを題材にした7月スタートのドラマ『サ道』(テレビ東京系/毎週金曜24時52分)の追加キャストとして、俳優の荒井敦史、山下真司、荒川良々、女優の小宮有紗の出演が発表された。@@cutter 本作は、タナカカツキが実体験を元にサウナの奥深さや入り方、マナーなどを描いた『マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~』(講談社モーニングKC刊)の実写化。伝説のサウナーの後を追って全国を旅する主人公・ナカタアツロウ役を原田が演じるほか、「偶然、偶然!」が口ぐせの中年サラリーマンのサウナー・偶然さん役を三宅弘城、コンサル会社を経営する若手のサウナー・イケメン蒸し男役を磯村勇斗と、自他共に認めるサウナ好きな俳優陣が集結。このレギュラー陣に加え、ナカタがその後を追う伝説のサウナー・蒸しZ役を宅麻伸が演じる。  荒井が演じるのは、ナカタアツロウ、偶然さん、イケメン蒸し男の3人が集結するホームサウナ「サウナ北欧」の新人スタッフ兼熱波師・赤井君。役どころについて荒井は「真面目で純粋で一生懸命なやつです。メインの3人との絡みでどうなって行くかも楽しんで下さい。ある意味赤井の成長物語でもあります。笑」とアピール。  小宮は、平日は都内で働くOLで、週末になるとサウナを求め各地を訪れている“サウナガール”ミズキ役。「なんだかソワソワして落ち着かない時も、思いつめてしまってモヤモヤしている時もサウナに入って汗をかいたらスッキリして、更に水風呂で毛穴も心もキュッと引き締めてくれる。また明日から頑張ろうと思える。ドラマでは普段のサウナーを見られてしまうかも」と、小宮自身もサウナ好きなことを明かしている。  山下が演じるのは、偶然さんが勤める会社の取引先の、サウナ嫌いの社長役。山下自身はサウナには20代の頃から通っている大のサウナ好きだそうで、「自分に嘘をつきながら芝居をするのがこんなに大変だと思いませんでした」と話している。  荒川は、窓際会社員の営業課長で、家族や部下からぞんざいな扱いを受けている悲哀のサウナー・村田直行役。自身もよく利用しているサウナで行われた撮影に、「自分は素っ裸です。スタッフはサウナなのに服を着てます。女性も居ます。不思議な気持ちになりました」とコメントを寄せた。  なお、番組公式オリジナルグッズ「ととのいセット」(限定数)が販売されることも決定した。詳しくは「テレ東本舗。WEB」にて。  ドラマ25『サ道』は、テレビ東京系にて7月19日より毎週金曜24時52分放送。

  • 新ドラマ『サ道』ポスタービジュアル イラスト:タナカカツキ 撮影:池田晶紀

    原田泰造主演『サ道』ドラマ化決定 磯村勇斗らサウナ好き集結

    エンタメ

     ネプチューンの原田泰造が主演を務める、サウナを題材にしたドラマ『サ道』が、テレビ東京の「ドラマ25」枠で7月にスタートすることが発表された。@@cutter 本作は、タナカカツキが実体験を元にサウナの奥深さや入り方、マナーなどを描いた『マンガ サ道~マンガで読むサウナ道~』(講談社モーニングKC刊)の実写化。伝説のサウナーの後を追って全国を旅する主人公・ナカタアツロウ役を原田が演じるほか、「偶然、偶然!」が口ぐせの中年サラリーマンのサウナー・偶然さん役を三宅弘城、コンサル会社を経営する若手のサウナー・イケメン蒸し男役を磯村勇斗と、自他共に認めるサウナ好きな俳優陣が集結。このレギュラー陣に加え、ナカタがその後を追う伝説のサウナー・蒸しZ役を宅麻伸が演じる。  フリーランスのクリエイター、ナカタアツロウ(原田)はサウナに興味がなく、むしろ苦手意識をもっていたが、 ある日、謎の男「蒸しZ」(宅麻)に出逢い、サウナの本当の気持ちよさを知ってしまう。 偶然さん(三宅)やイケメン蒸し男(磯村)など個性的なサウナ仲間との会話をベースに、都内のほか各地人気施設を訪れ、「サウナとは」「ととのうとは」を追究。サウナーなら誰もが会いたい、サウナ界の重鎮も続々登場する。  ナカタを演じる原田は「なんで、サウナを好きなのか? 正直、自分でも今ひとつ分からない。ただ夜になるとサウナに行きたくてウズウズする」と話しており、ロケ場所のサウナには前日から一人で前乗りし、必ず「ととのって」から撮影に臨むという。  偶然さん役の三宅は、サウナを啓もうするために原作本を配って歩いていたというエピソードを持つ鉄人サウナー。「サウナの魅力に取り憑かれて四半世紀、まさか自分の仕事とこんなカタチで結びつくとは、夢にも思いませんでした」と出演を喜んだ上、「このドラマをきっかけにたくさんの方々にサウナの魅力、気持ち良さが伝わればいいなと願っています」と期待する。  イケメン蒸し男を演じる磯村は「『サ道』のお話を頂いた時、これがサウナとの運命的な出会いになるとは思ってもいませんでした。温泉は好きだったものの、今やそれ以上にサウナが好きになり、ピュアサウナーとして日々サウナ道を磨くことになりました」と話し、「蒸し男として、磯村として、サウナを広めて行きたいと思います」と意気込んでいる。  原作者のタナカは「かねてよりサウナのあの恍惚の世界が、音と映像で表現されたならば、どんなに話が早いだろうと願っておりました」とした上、「多くの方々とサウナの楽しみを共有できることに喜びを感じております」とコメントしている。  ドラマ25『サ道』は、テレビ東京系にて7月より毎週金曜24時52分放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access