ボイス 110緊急司令室 関連記事

  • 新土曜ドラマ『ボイス 110緊急指令室』に出演する増田貴久(NEWS)

    NEWS・増田貴久、黒髪で初の刑事役 『ボイス』で“唐沢兄貴”と初共演

    エンタメ

     俳優の唐沢寿明が妻を殺された敏腕刑事役で主演を務め、女優の真木よう子と初共演する7月13日スタートのドラマ『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系/毎週土曜22時)に、NEWSの増田貴久が出演することが決まった。唐沢演じる樋口を「兄貴」と慕う後輩の刑事役を務める。@@cutter 増田は日本テレビの連続ドラマへのレギュラー出演も、刑事役を演じるのも初めて。唐沢とも初共演となる。役に合わせて黒髪の短髪にし、清潔感とりりしさを兼ね備えた姿で撮影に臨んでいる。  本作の舞台は警察の緊急指令室。彼らの使命は、電話による通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」。一つ一つの判断が被害者の生死を分ける、タイムリミットサスペンスとなる。唐沢が演じる樋口彰吾は、勘と行動力で突き進むすご腕刑事で、猟奇殺人犯に妻を殺され、犯人への復讐に燃える男。真木は、緊急指令室の室長でボイスプロファイラー(声紋分析官)の橘ひかり役を務める。  増田が演じるのは、港東署ECU(Emergency Call Unit)緊急出動班の捜査員・石川透役。石川はもともとは強行犯係に在籍し、当時係長だった樋口(唐沢)のことを今でも「兄貴」と呼んで慕っている。樋口が交番勤務となり、荒々しい捜査で問題を起こすたび、いつもかばってきた。今回、樋口のECU配属とともに、自らも配属となった。主に現場で樋口と共に捜査活動にあたり、樋口としても心を許せる存在。ひょうひょうとしており、現場のムードメーカーだが、腕っぷしは強い。  増田は初めての刑事役について「やはり刑事には“カッコいい存在”という印象があります。頼り甲斐があって、強く、優しい刑事を演じていきたいです」と語る。唐沢との初共演には「大好きな俳優さんなので、一緒の空間で時を刻めることがとても嬉しいです」と喜んでいる。  新土曜ドラマ『ボイス 110緊急指令室』は、日本テレビ系にて7月13日より毎週土曜22時放送。

  • 新土曜ドラマ『ボイス 110緊急指令室』より

    唐沢寿明、新ドラマ『ボイス』撮影開始 初日からハードアクション挑戦

    エンタメ

     俳優の唐沢寿明が主演を務め、女優の真木よう子と初共演する7月スタートのドラマ『ボイス 110緊急指令室』(日本テレビ系/毎週土曜22時)で、「ハマの狂犬」の異名をとる敏腕刑事・樋口彰吾を演じる唐沢がクランクイン。役作りのため無精ひげを生やした姿で撮影現場に現れ、初日からハードなアクションを繰り広げた。@@cutter 撮影現場は横浜の夜の港。強行犯係・樋口が同僚と張り込んでいると、強盗殺人犯たちが現れ、格闘の末に取り押さえるシーンだ。  ハードなアクションシーンも大きな見どころとなる今回のドラマ。唐沢は「撮影に向けて、体づくりはずっとやっていました。走りこんだり、格闘技のレッスンに参加したり、ケガをしないように毎日ストレッチをして柔軟性を高めたりして、いつでも撮影に挑めるような準備はしています」と語っており、その言葉通り、キレのあるアクションを披露した。アクション監督の指導の下、何度も入念に動きを確認。犯人役の屈強な男たちを相手に、海上で壮絶な大捕物を演じ、撮影は深夜にまで及んだ。  撮影を終えた唐沢は「初日からかなり激しいシーンでしたね(笑)。アクションチームは以前にも一緒に仕事をしたことがあるチームだったけど、今日はさらに激しいアクションだったから、あちこちにアザが出来ちゃったよ」と苦笑しつつも手応えを感じている様子。今後のアクションにも自信をのぞかせた。  本作の舞台は警察の緊急指令室。彼らの使命は、電話による通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」。一つ一つの判断が被害者の生死を分ける、タイムリミットサスペンスとなる。唐沢が演じる樋口彰吾は、勘と行動力で突き進むすご腕刑事で、猟奇殺人犯に妻を殺され、犯人への復讐に燃える男。真木は、緊急指令室の室長でボイスプロファイラー(声紋分析官)の橘ひかり役を務める。  新土曜ドラマ『ボイス 110緊急指令室』は日本テレビ系にて7月より毎週土曜22時放送。

  • (左から)日本テレビ7月期新土曜ドラマ『ボイス 110緊急指令室』に出演する唐沢寿明、真木よう子

    唐沢寿明、7月新ドラマで真木よう子と初共演 刑事×声紋分析官でバディ結成

    エンタメ

     俳優の唐沢寿明が主演を務め、女優の真木よう子と初共演するドラマ『ボイス 110緊急指令室』が、日本テレビ系にて7月から毎週土曜22時に放送されることが決まった。唐沢は妻を殺された敏腕刑事役、真木は絶対聴感能力を持つ声紋分析官を演じる。@@cutter 本作の舞台は警察の緊急指令室。彼らの使命は、電話による通報から「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」。一つ一つの判断が被害者の生死を分ける、タイムリミットサスペンスとなる。  唐沢が演じるのは、勘と行動力で突き進むすご腕刑事で、猟奇殺人犯に妻を殺され、犯人への復讐に燃える男・樋口彰吾役。日本テレビ土曜ドラマ主演は3年ぶりとなる。  真木は、緊急指令室の室長でボイスプロファイラー(声紋分析官)の橘ひかり役を務める。ひかりは、どんなかすかな音でも聞き分けることができる絶対聴感能力の持ち主。助けを求める被害者の声と、その後ろから聞こえてくる常人では聞こえないような小さな環境音をヒントに、被害者の場所を迅速に特定し、彰吾ら現場の刑事に指示を出す。真木が日本テレビのドラマに出演するのは初めて。  唐沢は「刑事ドラマといっても『ボイス』はこれまで自分が演じたものとは全く違う刑事像になります」と話した上、初共演となる真木については「前から一度共演できたらなと思っていました。彼女は俳優としていい意味で陰があって、悲哀がある…深いストーリーを演じることができる方だと思いますし、今回の役も彼女にとても合っていると思います」とコメントしている。  一方、真木は「警察官の役はこれまでもさせてもらっていて、クールで男っぽい役が多かったのですが、今作は『人の命を救いたい』という正義感と優しさを持った、どちらかというと女性らしく真っすぐに戦おうとする役です」と話し、「新しい女性像を演じていきたい」と意気込む。主演の唐沢については「現場の空気を明るくしたり役に熱心に取り組んだりメリハリを持っている方だと勝手なイメージがあります。今から楽しみだしドキドキしています(笑)」と期待する。  新土曜ドラマ『ボイス 110緊急指令室』は日本テレビ系にて7月より毎週土曜22時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access