クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

サギデカ 関連記事

  • 土曜ドラマ『サギデカ』主演の木村文乃

    『サギデカ』木村文乃の“エモい”取り調べにネット喝采「聞き入っちゃった…」

    エンタメ

     女優の木村文乃が主演を務める土曜ドラマ『サギデカ』(NHK総合/毎週土曜21時)の第1回が8月31日に放送され、木村文乃扮する女性刑事が、振り込め詐欺に加担した青年(高杉真宙)に対して放ったエモーショナルな言葉に「聞き入っちゃった…」「まじすっきりする」「しみる」などの声が寄せられた。@@cutter 本作は『透明なゆりかご』『きのう何食べた?』の安達奈緒子がシナリオを手がけた、振り込め詐欺や還付金詐欺などの特殊詐欺を題材にしたオリジナル作品。警視庁の女性刑事・今宮夏蓮(木村)が詐欺グループ摘発に心血を注ぐ姿を描いていく。  警視庁捜査二課の今宮は、ある振り込め詐欺グループの実行犯“かけ子”たちの逮捕に成功する。しかし犯罪組織の末端である彼らは、上層部のことを何も知らない。かけ子の青年(高杉)に至っては、彼自身がどこの誰なのか、その素性さえ全くつかめない。そして青年は今宮の取調べに対し奇妙な話をし始める…。  かけ子の青年は、高度経済成長を担った高齢者のところに金が留まり、若い世代に行き届いていないと説明し、振り込め詐欺が“富の再分配”であると主張。青年自身も「僕らは強い者から奪ってる」と豪語し「僕らが今の社会で同じように努力したとして“振り込め”と同じ額のお金が稼げますか?」と主張する。  数日後、青年の取り調べに挑んだ今宮は、振り込め詐欺の被害に遭い、自責の念から自殺した人について話しながら「あなたたちは相手を選んでいない」と語ると「このご時世に未だに恫喝で人にいうことを聞かせて、若者を虐げて搾取して、自分は労せず、庶民が見たこともないようなお金を集めて誰にも渡さず、既得権益に守られて、のうのうと生きてる、そういう奴から奪いなさいよ!!」と怒りを叩きつける。今宮のこの言葉に「聞き入っちゃった…今宮…熱い…」「そうだそうだ!」「主人公の言ってることまじすっきりするな」などの声がSNSに多数寄せられた。  取調室を出た今宮だったが、上司の手塚(遠藤憲一)から「警官が人様から奪えつったらおしまいだろ」と叱られてしまう。一方で正義感から暴走した今宮に対して「事情聴取してるシーンのセリフ、文言がしみる」「今宮のこの正義感で空回りする役、悪くない。むしろ好き」といったツイートも投稿されていた。

  • 土曜ドラマ『サギデカ』第1話場面写真

    今夜スタート『サギデカ』木村文乃、“振り込め詐欺”の摘発に執念を燃やす刑事に

    エンタメ

     女優の木村文乃が主演を務め、“振り込め詐欺”の摘発に執念を燃やす刑事を演じる土曜ドラマ『サギデカ』(NHK総合/毎週土曜21時)が今夜スタート。第1話「名前のない男」では、木村が振り込め詐欺グループのアジトに突入する。@@cutter 振り込め詐欺や還付金詐欺などの特殊詐欺を題材にした本作。詐欺グループを何としてでも摘発しようと心血を注ぐ、警視庁の女性刑事を主人公としたオリジナル作品。脚本は『透明なゆりかご』『きのう何食べた?』の安達奈緒子が担当する。  木村のほか、共演に高杉真宙、眞島秀和、清水尋也、足立梨花、遠藤憲一らが顔をそろえる。第1話では、泉ピン子がゲスト出演。  警視庁捜査二課の今宮夏蓮(木村)は、がむしゃらかつ綿密な捜査を重ね、バイクを駆って犯人をどこまでも追い詰めていくような女性刑事。彼女の内偵が功を奏し、同僚の森安(眞島)らは係長・手塚(遠藤)の指揮の下、振り込め詐欺のアジトに突入。実行犯“かけ子”たちの逮捕に成功する。  しかし彼らは犯罪組織の末端に過ぎず、大金を手にする上層部のことを何も知らない。そのうちの一人の青年(高杉)に至っては、彼自身どこの誰なのか、全く手がかりがつかめない。そして青年は今宮の取調べに対し「僕らの“仕事”は社会の役に立っている」と奇妙な主張を始める…。  土曜ドラマ『サギデカ』第1話はNHK総合にて今夜8月31日より毎週土曜21時放送。

  • 土曜ドラマ『サギデカ』会見に登場した木村文乃、高杉真宙

    木村文乃、“警察チーム”の仲良しぶりを告白 高杉真宙も驚き

    エンタメ

     女優の木村文乃と俳優の高杉真宙が20日、都内で行われた土曜ドラマ『サギデカ』(NHK総合/8月31日スタート)会見に出席。木村をはじめとする警察役の面々の仲がよく、詐欺師役の高杉が寂しくなってしまったと告白した。@@cutter 同作は、振り込め詐欺・還付金詐欺などの特殊詐欺犯罪の実態に肉薄し、何としてでも摘発しようと心血を注ぐ、警視庁の女性刑事を主人公とした社会派ヒューマンドラマ。  刑事役は経験があったが捜査二課は初めてだったという木村は「資料の充実さ、綿密さにおどろきました。この作品にかける思いを背負いながら撮影に臨みました」と回顧。ドラマの内容について「おおげさでドラマチックな話でなくて、スタッフの方にも被害者がいたので、“隣にある話”だと思って観ていただければと思います」と、同作で描かれる出来事が身近であることを強調した。  一方、詐欺師・加地を演じた高杉は「詐欺師側は詐欺師側で、やらなきゃどうにもならなかったっていう背景があって、『加地くんのことを愛してほしい』と言われてやらせてもらったんですけど、そうせざるを得なかった状況があるというのを感じてもらえるように演じました」と振り返った。  また、木村が撮影現場について「全員が揃ったの、結構終盤でしたね。ネタバレがあるからこの写真使えないよと言ってたのにテンションあがって写真たくさん撮ってましたね」と明かすと、高杉は「警察チームが仲良くてびっくりしたんですよ。警察チームに僕もなりたかったって思いました」と吐露。  それを受け、木村が「大人チームの先輩俳優が遠目に見てるとき『あまりにも楽しそうに話してるから寂しくなってきちゃった』って言って会話に混じるくらい。こっち来ちゃいなよ」と高杉をイジると、高杉は「いやー、捜査二課入りたかったな」とこぼし、笑いを誘った。  土曜ドラマ『サギデカ』は、8月31日よりNHK総合にて毎週土曜21時放送。

  • NHK土曜ドラマ『サギデカ』主演の木村文乃

    木村文乃、NHK初主演 「特殊詐欺」犯罪者を追う女性刑事に

    エンタメ

     女優の木村文乃が、8月31日スタートの土曜ドラマ『サギデカ』(NHK総合/毎週土曜21時)で主演を務めることが明らかになった。木村は「特殊詐欺」犯罪者を追う女性刑事を演じ、今作がNHK初主演となる。@@cutter 振り込め詐欺や還付金詐欺などの特殊詐欺を題材にした本作は、詐欺グループのトップにたどり着けないジレンマと愚直に向き合い、何としてでも摘発しようと心血を注ぐ、警視庁の女性刑事を主人公としたオリジナル作品。脚本は『透明なゆりかご』『きのう何食べた?』の安達奈緒子が担当する。  共演には、高杉真宙、眞島秀和、遠藤憲一、香川京子、清水尋也、足立梨花らが顔をそろえ、各話ゲストに泉ピン子、筒井真理子、伊東四朗らが出演することも発表された。  捜査二課・知能犯担当の今宮(木村)は、バイクを駆って犯人をどこまでも追い詰めていくような女性刑事。振り込め詐欺の実行犯“かけ子”の逮捕に成功するが、彼らは末端で上層部のことは何も知らない。係長の手塚(遠藤)は、かけ子の加地(高杉)を釈放して泳がせる事を提案する。  「地面師詐欺」や「投資詐欺」など今日的な事案にも向き合いながら、さまざまなジレンマに直面する今宮。また、目の前の被害を食い止めるか、泳がせて上を狙うか、究極の決断を迫られる刑事たち。彼らは狡猾に逃げる詐欺グループの全貌を徐々に掴んでいく。  主演を務める木村は「無意識下で背負わされた闇を抱えながらも、被害者、加害者どちらにも寄り添う事を選ぶ情の厚さのある主人公です。頼れるようで危なっかしいアンバランスさを、監督、スタッフそして頼もしく分厚いキャスト、さらに身に余る豪華ゲストの皆さんと作り上げ、視聴者の皆さんに楽しんでいただける作品に出来るよう邁進します」と意気込みを語っている。  ドラマ『サギデカ』は、NHK総合にて8月31日より毎週土曜21時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access