クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

同期のサクラ 関連記事

  • 水曜ドラマ『同期のサクラ』クランクインの様子

    高畑充希、橋本愛ら“同期”5人が入社式でパチリ 『同期のサクラ』撮影開始

    エンタメ

     女優の高畑充希が主演を務めるドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の放送開始日が10月9日に決定。このほど高畑と彼女の同期社員役で共演する橋本愛、新田真剣佑、竜星涼、岡山天音の5人が勢ぞろいして撮影がスタートした。@@cutter 本作は、過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障害にも自分を曲げない主人公・北野サクラ(高畑充希)と、彼女を見守る同期入社の仲間たちが駆け抜けた10年間を、1話で1年ずつ描いていく。遊川和彦によるオリジナル脚本で、遊川をはじめ、高畑主演で2017年7月期に放送された『過保護のカホコ』の制作チームが再集結している。  最初の撮影となったのは、サクラたちが入社した大手ゼネコン・花村建設の入社式の場面。入社式を終え、少しぐったりとしながら大勢の新入社員たちが帰路へ向かう中、研修グループのリーダーに任命されたサクラが、チームメンバーの4人を1人ずつ大きな声で呼び止める。まさしく5人が初めて出会うシーンから、5人そろっての収録は始まった。  この日は、台風が関東地方に接近しているタイミングだったため、日差しも強く、時折突風が吹いた。巨大な花村建設の看板前で強風に吹かれながらも、5人は思い思いのポーズでクランクインの記念写真を撮影した。  主演の高畑は撮影開始にあたり、「これまで色々なことを皆で話したり、リハーサルをしてきましたが、ようやくクランクインの日を迎えることが出来ました。初めて同期5人揃っての撮影で、みんなのスーツ姿も初めて見ましたが、新入社員らしく、パリっとしていて格好よく、素敵だと思いました。サクラだけはグレーで、ちょっと、どことなくもさっとしたスタイリングなので(笑)。まだまだ手探りの部分もありますが、みんなで面白いものにしようと頑張りますので、10月9日スタートの『同期のサクラ』をぜひ楽しみに待っていていただけると嬉しいです」とコメントした。  10月9日放送の第1話では、新人研修で同じ班になったサクラたち5人が、配属先の決定に影響する課題に取り組むことに。「故郷の離島に橋を架けたい」という夢のためには決して妥協しないサクラは、同期を巻き込んで思わぬ事態を引き起こし…。  ドラマ『同期のサクラ』は日本テレビ系にて10月9日より毎週水曜22時放送。

  • 水曜ドラマ『同期のサクラ』に出演する相武紗季

    相武紗季、『同期のサクラ』で高畑充希の先輩役 草川卓弥&大野いとは隣人カップルに

    エンタメ

     女優の高畑充希が主演を務める10月スタートのドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の追加キャストとして、女優の相武紗季、大野いと、超特急の草川拓弥らの出演が発表された。相武は主人公サクラ(高畑)の先輩社員、草川と大野はサクラのアパートの隣人カップルをそれぞれ演じる。@@cutter 本作は、過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障害にも自分を曲げない主人公・サクラと、彼女を見守る同期入社の仲間たちが駆け抜けた10年間を、1話で1年ずつ描いていく。遊川和彦によるオリジナル脚本で、遊川をはじめ、高畑主演で2017年7月期に放送された『過保護のカホコ』の制作チームが再集結。サクラの同期役で橋本愛、新田真剣佑、上司役で椎名桔平の出演が発表されている。  相武が演じるのは、サクラたちが入社するゼネコン・花村建設の人事部員・火野すみれ役。すみれはサクラたち新入社員の3週間の新人研修を担当する、サクラとは10歳年が離れた先輩で、社会人としても母親としても奮闘中。新入社員ながらも我が道を行くサクラの行動に振り回されるが、その真っすぐな生き方に、かつての自分の姿を重ね合わせていく。  相武は「サクラ達を時には厳しく、時には温かく見守りながら、すみれ自身も成長していく10年になると思います。姉御肌な役柄は初めてなので新しいキャラクターを演じることにワクワクしています」とした上、「成長して、環境に慣れるほど、全力で何かに向き合う事が難しくなってしまう気がするので、新入社員が新しいことに挑戦している姿はきっと眩しく、羨ましいほどだと思います。先輩の立場として失敗をフォローするのは大変ですが、失敗を恐れず新しい風を吹かせてほしいと思います!」と話している。  草川と大野が演じるサクラの隣人カップルは、アパートの壁が非常に薄いため、ほとんどの言動がサクラに筒抜け。10年間、隣人としてサクラを見守り続けるこのカップルが、実はサクラの後半の物語のキーパーソンとなる。全く変わらないサクラと、恋人から夫婦になり、出産、転職、離婚の危機を迎えるなど変化していく隣人カップルとのやりとりも見どころとなる。  このほか、サクラの祖父役を俳優の津嘉山正種が演じることも決まった。  ドラマ『同期のサクラ』は、日本テレビ系にて10月より毎週水曜22時放送。

  • 水曜ドラマ『同期のサクラ』に出演する(左から)竜星涼と岡山天音

    高畑充希『同期のサクラ』、新たな同期に竜星涼&岡山天音

    エンタメ

     女優の高畑充希が主演を務める10月スタートのドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系/毎週水曜22時)に、俳優の竜星涼と岡山天音が出演することが発表された。2人は主人公サクラ(高畑)の同期の仲間を演じる。@@cutter 本作は、過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障害にも自分を曲げない主人公・サクラと、彼女を見守る同期入社の仲間たちが駆け抜けた10年間を、1話で1年ずつ描いていく。遊川和彦によるオリジナル脚本で、遊川をはじめ、高畑主演で2017年7月期に放送された『過保護のカホコ』の制作チームが再集結。サクラの同期役で橋本愛、新田真剣佑、上司役で椎名桔平の出演が発表されている。  竜星演じる清水菊夫は、熊本出身のアツい男。大学では応援部出身で、仲間や頑張っている人の力になりたいと思っている。しかし、サクラのような「故郷に橋を作る」というような明確な夢や目標はなく、応援部の先輩に勧められるまま花村建設に入社したことに少し引け目を感じている。  一方岡山演じる土井蓮太郎は、努力家で能力はあるが、なんでも悪いほうに考えてしまうネガティブ男。最初は、何にでも前向きで、夢を熱く語るサクラに懐疑的であるが、同期の仲間との共同作業に、次第に心を開いていく。  竜星は「自分の未来に対して明るい夢を持っている若者はどのくらいいるのだろうか? 明るい夢を忘れずに持ち続けてる大人はどこまでいるのだろう? 脚本を読んで、サクラのまぶしく、勇ましいセリフは胸を打つものがありました。菊夫という心優しい男が、本当の大人になるまでの10年を丁寧にみなさんに届けていきます」とコメント。  岡山は「蓮太郎の喜びや悩みを僕自身が一緒に味わって、桜、百合(橋本)、葵(新田)、菊夫とたくさんの事を学び、共に成長していければと思います。自分の役割を全うし、“同期”のみんなと反響し合いながら、力強い作品にしていきたいです」と意気込みを語った。  ドラマ『同期のサクラ』は日本テレビ系にて10月より毎週水曜22時放送。

  • 水曜ドラマ『同期のサクラ』に出演する椎名桔平

    椎名桔平、『同期のサクラ』で高畑充希の上司役に決定

    エンタメ

     女優の高畑充希が主演を務める10月スタートのドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系/毎週水曜22時)に、俳優の椎名桔平が出演することが発表された。主人公サクラ(高畑)の上司となる花村建設の人事部長役を演じる。@@cutter 本作は、過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障害にも自分を曲げない主人公・サクラと、彼女を見守る同期入社の仲間たちが駆け抜けた10年間を、1話で1年ずつ描いていく。遊川和彦によるオリジナル脚本で、遊川をはじめ、高畑主演で2017年7月期に放送された『過保護のカホコ』の制作チームが再集結している。サクラの同期役で橋本愛、新田真剣佑の出演が発表されている。  椎名が演じるのは、サクラたちが入社するゼネコン・花村建設の人事部長・黒川森雄役。サクラたち新入社員は入社式の翌日から正式配属までの3週間、新人研修を受ける。黒川は人事部長として新入社員全員を預かり、それぞれの配属先を決定。そしてサクラにとっては、10年間、上司として深く関わる人物となる。「大人」や「社会」の象徴として、優しい一面と厳しい一面を持ち、時には「許しがたい理不尽」も表現することになる重要な役どころだ。  椎名は「もともと建築には興味があり、今でも都心のビルを見上げては『どうやってこんな高いものが作れるんだろう?』と子供のような気持ちになります。黒川は、そんな素朴な気持ちを忘れず、しかし、会社のために大人としての役割を担っていこうとする人だと考えています」と話す。  さらに椎名は「遊川さんとは以前、スペシャルドラマでご一緒させて頂きました。独自の視点を持ち、人や社会の本質を描き切ることの出来る方と思っています。今回初めて、連続ドラマでご一緒出来る事をとても嬉しく思います」と語った上、「会社勤めの経験が無い私には、『同期』という感覚がありません。今回の若い方たちに対して、そんな無いものねだりの様な羨ましさを抱きながら、『同期』とは? 或いは仲間、人、社会、人生とは、、、と思いを巡らせていきたいと考えてます」と意気込んでいる。  ドラマ『同期のサクラ』は日本テレビ系にて10月より毎週水曜22時放送。

  • 水曜ドラマ『同期のサクラ』に出演する新田真剣佑

    新田真剣佑、新ドラマ『同期のサクラ』で高畑充希の同期に

    エンタメ

     女優の高畑充希が主演を務める10月スタートのドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系/毎週水曜22時)に、俳優の新田真剣佑が出演することが分かった。主人公サクラ(高畑)の同期で、強いコンプレックスを持ちながらも社長を目指す野心家の木島葵役を演じる。@@cutter 本作は、過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障害にも自分を曲げない主人公・サクラと、彼女を見守る同期入社の仲間たちが駆け抜けた10年間を、1話で1年ずつ描いていく。遊川和彦によるオリジナル脚本で、遊川をはじめ、高畑主演で2017年7月期に放送された『過保護のカホコ』の制作チームが再集結している。  新田が演じる葵は、サクラが入社したゼネコン・花村建設で入社後配属までの研修期間、サクラと同じグループになった5人のうちの1人。国交省の幹部で厳格な父と、東大卒でエリート官僚の道を進む兄に強いコンプレックスを持っている。2人に続いて、東大進学を目指すが不合格となり、アメリカの大学に留学。卒業後、日本に帰国して花村建設に入社し、新入社員ながらも社長を目指すと明言する野心家である。また、社長になる野望のためなら、サクラとは対照的に、上司とも部下とも上手くやっていけるキャラクターだ。  新田が連続ドラマにレギュラー出演するのは、2018年1月期のドラマ『トドメの接吻(キス)』(日本テレビ)以来1年半ぶり。本作への出演にあたり新田は「今回高畑さんとも橋本(愛)さんとも初めてご一緒させて頂くので、どんな現場になるのか楽しみにしています。葵の10年間の成長と変化を楽しみながら演じられたらと思っています」とコメント。  大平太プロデューサーは「今回、出演をお願いするために、初めて新田真剣佑くんに会った時、その圧倒的なオーラに驚きました」と振り返り、葵のキャラクターについて「家庭では、優秀過ぎる父と兄に疎外され、居場所がないけれど、反発する勇気もなくて、会社で、精一杯、虚勢を張っている」と説明。  そして「複雑で繊細な心を持つキャラクターを、彼がどのように演じるのか? 最初は、変わった動物でも見るような目で見ていたサクラが、彼にとって、かけがえのない存在になっていく10年間の変遷も丁寧に描いていくつもりです」と抱負を語っている。  ドラマ『同期のサクラ』は日本テレビ系にて10月より毎週水曜22時放送。

  • 水曜ドラマ『同期のサクラ』に出演する橋本愛

    橋本愛が高畑充希の同期に!『同期のサクラ』で5年ぶり民放連ドラレギュラー出演

    エンタメ

     女優の高畑充希が主演を務める10月スタートのドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系/毎週水曜22時)に、女優の橋本愛が出演することが分かった。主人公サクラ(高畑)の生き様を一番近いところで目撃し続ける同期入社の月村百合役を演じる。@@cutter 本作は、過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障害にも自分を曲げない主人公・サクラと、彼女を見守る同期入社の仲間たちが駆け抜けた10年間を、1話で1年ずつ描いていく。遊川和彦によるオリジナル脚本で、遊川をはじめ、高畑主演で2017年7月期に放送された『過保護のカホコ』の制作チームが再集結している。  橋本が演じる百合は、サクラが入社したゼネコン・花村建設で入社後配属までの研修期間、サクラと同じグループになった5人のうちの1人。自分の夢にひたむきで決して忖度(そんたく)しないサクラとは対照的に、クールで、場の空気を読むが、常に「自分の居場所」を探しているイマドキの若者だ。花で言えばユリのように大きくあでやかに咲き誇り、濃厚な香りも漂わせ、すらりとした茎に咲く「華麗な花」。大地にしっかりと根を張り、どんな風雨にも負けず花を咲かせる桜とは対照的だ。常に変わらないサクラと共に10年を過ごし、成長していく。  橋本が民放の連続ドラマにレギュラー出演するのは5年ぶり、日本テレビの連続ドラマ出演は初めてとなる。本作への出演にあたり橋本は「沢山の勇気を持って生きる百合さんという女性を、勇気を持って演じたいと思います。変わらないことの美しさと同等に、変わることの美しさをお伝えできれば。沢山の人の想いや生き方を肯定できるように頑張ります。そして一人でも、『こんな風に生きたい』と思ってもらえるように」とのコメントを寄せている。  ドラマ『同期のサクラ』は日本テレビ系にて10月より毎週水曜22時放送。

  • 水曜ドラマ『同期のサクラ』主演の「高畑充希」

    高畑充希、10月期日テレ水曜ドラマ主演 『過保護のカホコ』チーム再集結

    エンタメ

     女優の高畑充希が主演を務めるドラマ『同期のサクラ』が、日本テレビ系にて10月から毎週水曜22時に放送されることが決まった。@@cutter 本作は、過疎の離島で育ち、夢のためにはどんな障害にも自分を曲げない主人公・サクラと、彼女を見守る同期入社の仲間たちが駆け抜けた10年間を、1話で1年ずつ描いていく。遊川和彦によるオリジナル脚本で、遊川をはじめ、高畑主演で2017年7月期に放送された『過保護のカホコ』の制作チームが再集結している。  2009年春、スーパーゼネコンの最大手・花村建設。精鋭たちが集う大企業の入社式に、明らかに異彩を放つ田舎者丸出しの新入社員がいた。名前はサクラ(高畑)。彼女は「故郷の島に橋を架ける!」という夢を語ることをはばからない。しかし、新入社員研修で「どうしても自分を貫いた」ことで、会社人としての歯車が徐々に狂い出す。サクラが夢や愛する人を失い、絶望の淵に沈んだ時、彼女から夢のために自分を貫くことの素晴らしさを教わった同期たちが立ち上がる―。  高畑は自らの演じるサクラについて、「『生まれ育った離島に橋を架けたい!』という夢だけをもって、東京の大手建設会社に就職をするのですが、同期全員が何か『強い想い』を抱いて仕事をするものだと思い込んで上京してきたのに、実は全くみんな違っていて、サクラは驚き、戸惑います。でもサクラは、どんなことがあっても忖度(そんたく)しません。サクラという女性は、ひたすら変わりません。変わることのほうが簡単な環境のなかで、10年間変わらない、ひとりの姿を描きます」と説明。  その上で、「『変わっていくことが大人になること』って言われがちですが、『大人になるって何なんだろう?』『変わらないって何だろう?』『変わるって何だろう?』というのを繊細に描いていければと思っています」と話し、「私にとってもサクラは、新しい挑戦の連続になると思うので、不安も恐怖もありますが、みんなで絶対に面白い作品にしようという気持ち満々で取り組んでおります」と意気込んでいる。  ドラマ『同期のサクラ』は日本テレビ系にて10月より毎週水曜22時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access