クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

死役所 関連記事

  • ドラマホリック!『死役所』場面写真

    今夜スタート『死役所』 松岡昌宏、死者が訪れる“シ役所”の案内係に

    エンタメ

     TOKIOの松岡昌宏が主演を務めるドラマ『死役所』(テレビ東京系/毎週水曜24時12分)が16日の今夜スタート。松岡が死者が訪れる“シ役所”の総合案内係・シ村に扮し、訪れる死者に「お客様は仏様です」と、いんぎん無礼に接していく。@@cutter あずみきしの同名漫画を実写化する本作は、この世を去った者たちが最初に訪れる、あの世の「シ役所」が舞台。訪れる死者たちの壮絶な生前の姿が次々とあぶり出されていく。松岡が主人公・シ村に扮し、黒島結菜がキーパーソンとなる女子大生役を、松本まりか、清原翔、でんでんが主人公の同僚のシ役所職員役を演じる。第1話から4話のゲストは、少年忍者/ジャニーズJr.の織山尚大、酒井若菜、野間口徹ら。  目を覚ました三樹ミチル(黒島)は、見知らぬ場所にいた。ここはどこなのか? 戸惑うミチルに声をかけたのは、総合案内係として働くシ村(松岡)だった。ここは、此岸と彼岸の境界に存在する、市役所ならぬ「シ役所」で、自殺、他殺、病死、事故死など、ありとあらゆる死者が訪れ、自分の死の手続きをしていく場所だというシ村の言葉で殺されたことを思い出したミチルは、他殺課でイシ間(でんでん)に「どうすればあの女に復しゅうできるのか」と訴える。  その頃、シ村はベンチに座る中学年3生の鹿野太一(織山)に声をかけていた。シ村は、曲がった脚を見て、自殺課へ連れていく。成仏するには、成仏許可申請書に具体的な自殺理由を書かねばならない。ためらいながらも書き始める太一だったが、自殺の要因となった陰湿ないじめ、無関心な両親など嫌な過去が蘇り錯乱してしまう。そんな中、太一はシ役所である人物と遭遇する…。  ドラマ『死役所』はテレビ東京系にて、今夜10月16日より毎週水曜24時12分放送。

  • ドラマホリック!『死役所』記者会見にて

    松岡昌宏、テレ東初主演作で「新しい引き出し」を期待

    エンタメ

     TOKIOの松岡昌宏が10日、都内で行われたドラマ『死役所』(テレビ東京系/10月16日スタート)の記者会見に出席。今回の役柄に「新しい引き出しであることは間違いない」と期待を寄せた。@@cutter 同作は、あずきみきし氏による、累計300万部(電子書籍含む)を超えるベストセラー漫画を初映像化。テレビ東京ドラマ初主演となる松岡が、この世を去った者たちが最初に訪れる「死役所」の職員・シ村を演じる。会見には松岡のほか、共演の黒島結菜、清原翔、松本まりか、でんでんが出席した。  松岡は「テレビで表現できるのかなという不安と同時に、僕がイチ視聴者でも見たいと思わせる作品になっていると思いますので、ぜひやらせていただきたいということで参加させていただきました」とコメント。これまで演じた役柄とは一味違うキャラクターに、松岡は「新しい引き出しであることは間違いない。手探りながら、やったことないから何やってもいいだろうみたいな」と心境を明かした。  また松本は、自身が演じるニシ川に対して「強烈なビジュアルとイメージの強い役」と感じたよう。役作りについて「自分からあまりにもかけはなれていたので、いかに原作に忠実なところまでいけるというのを、ここまで徹底したことはないほど本当に細かい調整をしていただいて作りました」と打ち明け、「絶対に笑ってはいけない役なので、今日もなるべく笑わないようにしています。笑ってる写真は撮らないでいただけるとありがたいです」と話しながらも思わず笑みがこぼれてしまい、必死に顔を隠していた。  そんな松本の様子に松岡は「いいんじゃないの別に(笑)。そこまで望んでないでしょ」とフォロー。松本は「そうなんですかね? そこまで望んでないですか?」と拍子抜けしていた。  さらに、現場でのキャストの裏側を聞かれた松本は「松岡さんは第2の監督。すべてが見えてらっしゃるから、仕切りがすごくて。すごくスムーズに行くんですよ、現場が」と報告。松岡は「テキパキやるほうが芝居がスムーズに行くかなと思って」と笑い、自身は清原について「清原が、飲むと尾崎豊を歌います」と暴露した。  松岡の暴露に清原は「ちょっとそれは秘密かもしれない」と戸惑いつつ、「内に秘めた熱い思いが溢れちゃうというか」とこぼして笑いを誘った。  ドラマホリック!『死役所』は、テレビ東京系にて10月16日より毎週水曜24時12分放送。

  • ドラマ『死役所』第2話にゲスト出演する酒井若菜

    酒井若菜、松岡昌宏と久々の共演!『死役所』新キャスト&ゲスト発表

    エンタメ

     TOKIOの松岡昌宏が主演を務める10月16日スタートのドラマ『死役所』(テレビ東京系/毎週水曜24時12分)に、追加レギュラーキャストとして女優の余貴美子、第1話から4話までのゲスト出演者として織山尚大(少年忍者/ジャニーズJr.)、酒井若菜、野間口徹、三浦貴大、豊嶋花が出演することが発表された。@@cutter あずみきしの同名漫画を実写化する本作は、この世を去った者たちが最初に訪れる、あの世の「シ役所」が舞台。訪れる死者たちの壮絶な生前の姿が次々とあぶり出されていく。松岡がシ役所「総合案内」で働くミステリアスな主人公・シ村を演じ、彼の同僚のシ役所職員役として、黒島結菜、松本まりか、清原翔、でんでんが出演することがすでに発表されている。  余が演じるのは、おおらかで、いい男に絡むのが好きで、逆に女性職員にはなかなか冷たく、シ役所職員の過去も知っている油断ならない死産課のシ役所職員・シン宮。原作者のあずみきし本人が「もともと余貴美子さんをイメージして作ったキャラクター」と語っており、今回理想のキャスティングとなった。  余は原作について「早く続きが読みたいと思うぐらい引き込まれています」と明かし、「撮影現場では、血だらけの若者、天寿を全うされたおじいさんおばあさんなど、様々な理由で亡くなられた方々が死役所を訪れるため多勢の出演者が居ます。そんな死者に囲まれ非日常の空間の中で、ついつい自分の死に方を考えてしまう半面、シン宮を演じる中で成仏できる生き方をしたいと感慨深いものもあります」と撮影現場の感想を語っている。  第1話「自殺ですね?」にゲスト出演する織山が演じるのは、義理の父との関係性に悩み、また学校でのいじめの末に自殺をしたことでシ役所に現れる鹿野太一役。織山は「不思議な世界に入り込んでしまった感じで、『人との温かい交わりが亡くなった後にあぶり出される』という今までになかった作品のような気がします」と感想をコメント。  第2話「母」に登場する酒井が扮する荻野泉水は、不妊治療に励んでやっと赤ちゃんを宿すが、ある日赤ちゃんと共に自身も生命の危機に陥る。それでもさまざまな困難を乗り越え、前に進もうとする女性だ。『サイコメトラーEIJI』『マンハッタンラブストーリー』などで松岡との共演経験がある酒井は「この母親が感じた痛みを、40分1話の中に凝縮させることへの難しさを痛感しました」と振り返り、「大切な人を亡くした経験のあるかたがこのドラマをご覧になったとき、『死役所』という場所を想像し、ほんの少しでもその想像力が心を軽くするきっかけになればいいな、と願うばかりです」と真摯に語っている。泉水の夫・荻野貴宏役を演じた野間口も「自分の身近な出来事を重ねながら演じました」とコメントを寄せている。  第3話「人を殺す理由」で三浦が演じるのは、父親から引き継いだ定食屋を夫婦二人三脚で守っていたが、とある因縁の男に殺され、納得できないままシ役所に来ることとなる坂浦眞澄役。三浦は「人間の死を通して生きる意味や希望を描いている作品なので、ぜひフラットに見ていただき、その先の希望を見出していただければと思います」と作品をアピール。  第4話「初デート」で豊嶋が扮するのは、大好きな彼との夢のようなデートの途中で不慮の事故により亡くなってしまう伊達夏加役。「好きな人の前では奇麗なままの姿で」という女性ならではの繊細な感情をのぞかせる夏加について豊嶋は「ドラマの中でも特に痛々しい姿になる子です」と明かし、本作について「1日1日を大切に後悔のない人生を送りたいと考えさせられるドラマだと思います」と語っている。  ドラマ『死役所』は、10月16日よりテレビ東京系にて毎週水曜24時12分放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access