クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

ニッポンノワール -刑事Yの反乱- 関連記事

  • 井浦新

    『ニッポンノワール』“才門”井浦新が血まみれ ファン悲鳴「死なないで!」(ネタバレあり)

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務めるドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第6話が17日に放送され、才門(井浦新)が血まみれで倒れる終盤の展開に、ネット上には「早すぎるだろ…」「鳥肌止まらん」などの声がネット上に寄せられた。(以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)@@cutter 警察の極秘地下組織「ニッポンノワール」の謎を追うため、警察病院の地下に潜入した清春(賀来)と才門(井浦)。2人に襲いかかる男たちを倒しながら進んでいくと、そこにガスマスクの男が姿を表す。2人はガスマスクの男を追い詰めるが、清春はNNのロゴマークを見せられ、意識を失い倒れてしまう。  目を覚ました清春が「ガスマスクの男は?」と声をあげると、才門は壁についた血痕を指差しながら「退治してやったよ…」と一言。しかし振り返った才門は口から血を流し、服も血まみれの状態。その場に座り込んだ才門はUSBを清春に渡して1人で先へ進むように指示。そして才門は清春がその場から離れたのを確認すると「少し…寝ようか…」とつぶやき、力尽きたように動かなくなってしまう。  この展開にネット上には「才門死なないで!やだ!!」「才門さん早すぎるだろ…」「まじかよ…あかんて…鳥肌止まらん」などの声が殺到。一方で、これまでの才門の言動から「才門本当に死んだのか?フェイク?」「才門さんはどこかで復活しそう」といったコメントも相次いでいた。  USBを持った清春は実験施設へたどり着く。そこにあったパソコンにUSBを差し込むと、実験施設に謎の男たちと南武(北村一輝)をはじめとした捜査一課の面々がなだれ込んでくる。そして画面が暗転すると、そこに“遊佐清春、覚醒まで34日”という文字が表示される。突如現れた“覚醒”というキーワードに、ネット上には「清春が覚醒!?」「どゆことどゆことー!?」などの投稿も集まっていた。

  • 日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』第6話場面写真

    今夜の『ニッポンノワール』賀来賢人、ベルムズと警察の“癒着疑惑”を知り…

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演する日曜ドラマ『ニッポンノワール ‐刑事Yの反乱‐』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)第6話が今夜放送される。第2部初回となる第6話では、賀来扮する清春が指名手配され、半グレ集団べルムズと警察が癒着しているという疑いが明らかとなる。@@cutter 本作は、主人公を含めた刑事全員が容疑者という異色のアンストッパブル・ミステリードラマ。広末涼子や井浦新、夏帆、工藤阿須加、北村一輝、杉本哲太らが脇を固め、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の武藤将吾が脚本を担当する。  警察署を襲撃したガスマスクの男ら約100人の武装集団。混乱の中、喜志殺害の疑いをかけられた遊佐清春(賀来)は、才門要(井浦)の手引きで逃走。追う警察は清春を全国指名手配にかける。  清春は逃亡生活の中で碓氷薫(広末)の告白が脳裏にフラッシュバックする。「十億円強奪事件の真犯人は…私よ」。これまで追いかけてきた「十億円強奪事件」と「碓氷薫殺害事件」の接点、それがまさかの碓氷薫自身がその真犯人だったという真相に繋がるが、これにより謎は一層深まる。  ではなぜ碓氷は殺害されたのか? そして手を下した人間は誰なのか?  ニッポンノワールの拠点を探る清春は、半グレ集団ベルムズと警察が癒着している疑いを知る。また複数のベルムズメンバーが警察病院で相次ぎ失踪しているとの情報を得て、才門と共に潜入を試みる。  こうした中、碓氷の息子・克喜(田野井健)が服用している薬が未認可の劇薬と判明する。  徐々に鮮明になる清春の記憶。そして、徐々に組織の輪郭が見え始めたニッポンノワール。全ての謎と伏線が明らかとなる。  日曜ドラマ『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』第6話は、日本テレビ系にて本日11月17日22時30分放送。

  • 日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』第6話の撮影を終えた片寄涼太

    片寄涼太『ニッポンノワール』ゲスト出演!「3年A組」卒業生たちが賀来賢人を救う 

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務める日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第6話(11月17日放送)に、1月期のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ)に出演していたGENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太ら、卒業した“3A”のメンバーが出演することが分かった。@@cutter 本作は、主人公を含めた刑事全員が容疑者という異色のアンストッパブル・ミステリードラマ。広末涼子や井浦新、夏帆、工藤阿須加、北村一輝、杉本哲太らが脇を固め、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の武藤将吾が脚本を担当する。  物語の設定が『3年A組』から半年後の世界となっているため、第1話では、宮城遼一刑事(細田善彦)、本城諭理事官(篠井英介)、喜志正臣(栄信)が、第4話では、富田望生と古川毅が演じる“すな華”コンビ、さらに第5話にも今田美桜が演じる諏訪唯月が登場し話題を呼んだ。  『3年A組』では甲斐軍団なるグループのリーダーで、人質となったクラス全員の解放を条件に担任の柊一颯に決闘を申し出るなど、クラスの中心的存在を演じた片寄。今回の第6話では、甲斐軍団の一員だった石倉光多(佐久本宝)とダンス練習に励んでいる中、公安部から追われて逃亡を続ける主人公・遊佐清春(賀来)が、とある人物の行方を掴もうと聞きこみに訪れる。甲斐が語った情報が、清春に重要な手がかりをもたらすきっかけになるのだが…。  「甲斐隼人を演じられることを大変嬉しく思いました」という片寄は、「甲斐隼人の半年後を考えてお芝居をするというのも役者としてすごく良い時間となり、賀来さんとの対峙は独特の緊張感があって、非常に貴重な経験となりました」と語り、「物語の展開のきっかけになるような役どころだったので、お見逃しのないようご覧いただきたいですし、『3年A組』をご覧いただいていた方には、甲斐隼人の成長も感じて頂けるのではないかと思います」とコメントした。  そのほか、同じく『3年A組』に出演していた今井悠貴は西崎颯真として、前川泰之はガルムフェニックスのスーツアクターのファイター田中として登場。高校卒業後、田中の元で修業している西崎は、清春からの依頼を受け、田中と重要な任務に就くことになるらしい…。  日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』第6話は、日本テレビ系にて11月17日22時30分放送。

  • 賀来賢人

    『ニッポンノワール』10億円強奪 まさかの真犯人にネット騒然(ネタバレあり)

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務めるドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第6話が3日に放送され、10億円強奪事件の真犯人が明かされ、第一部が終了するという展開に、ネット上には「え!!!!」「処理しきれん!!」などの声がネット上に寄せられた。(以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)@@cutter ガスマスクの男が約100人の武装集団を率いて警察の建物を襲撃。清春(賀来)らが男たちと戦っている最中、ベルムズのメンバーだった喜志(栄信)がそこへ乗り込んでくる。清春と喜志は建物の屋上で対峙することになったが、そこにガスマスクの男が現れ喜志を射殺。そしてガスマスクの男が壁に“NN”のロゴマークを映し出すと、清春は意識を失いその場に倒れ込んでしまう。  目覚めた清春は、亡くなった碓氷薫(広末涼子)と山小屋で対面した日のことを思い出していた。清春の記憶の中の薫は「あなたに10億円強奪事件の真相を伝えようと思う」と切り出すと「10億円強奪事件の真犯人は…私よ」と言い放つ。この言葉にネット上には「え!!!!」「は??待って??意味わからん」「どういうこと???」といった声が相次いだ。  薫の告白に驚きの表情を浮かべる清春の顔が画面に映し出されると、一転して黒い画面になり “第1部、完結――。”の文字が。この展開に「処理しきれん!!はよ来週になれ!」「衝撃の第一部完」などのコメントもネット上に多数寄せられた。

  • 日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』第5話場面写真

    今夜の『ニッポンノワール』賀来賢人ら『3A』登場の“ベルムズ”に襲撃され…

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演する日曜ドラマ『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)第5話が今夜放送される。第1部の完結となる第5話では、賀来扮する清春たちが、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)にも登場した半グレ集団べルムズに襲撃される。@@cutter 本作は、主人公を含めた刑事全員が容疑者という異色のアンストッパブル・ミステリードラマ。広末涼子や井浦新、夏帆、工藤阿須加、北村一輝、杉本哲太らが脇を固め、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の武藤将吾が脚本を担当する。  依然として謎に包まれた「十億円強奪事件」と「碓氷薫(広末)殺害事件」の接点。才門要(井浦)は遊佐清春(賀来)に、強奪された十億円は警察の極秘プロジェクト「ニッポンノワール」の資金で、さらに薫は十億円事件を追う中で謎の組織ニッポンノワールの存在を突き止め殺害された可能性が高いとも告げる。  一方、捜査一課長の南武修介(北村一輝)は、警察組織の中に「ニッポンノワール」の息がかかった人物が紛れ込んでいる可能性を示唆する。規模も目的も謎に包まれた「ニッポンノワール」。薫はどこまで真相に迫っていたのか。そして真相に迫ったからこそ殺害されたのか…  こうした中突然、清春たちはガスマスクの男に散弾銃で襲撃される。防犯カメラの映像などから、犯行は半グレ集団べルムズの現リーダー・陣内によるものだと判明。ニッポンノワールとの繋がりなどについて取り調べを進める清春に対し陣内は「碓氷克喜(田野井健)だっけ?俺はあいつのすべてを知っている」と謎めいた言葉を投げかける。  一方その頃、警察の建物には、ガスマスクを装着した男が約100人の武装集団を率いて歩みを進めていた…。  日曜ドラマ『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』第5話は、日本テレビ系にて本日11月10日22時30分放送。

  • 日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』第5話に出演する今田美桜

    今田美桜『ニッポンノワール』参戦 元恋人・ベルムズリーダーと再会!?

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務める日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第5話(11月10日放送)に、1月期のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ)に出演していた女優の今田美桜が出演することが分かった。今田は『3年A組』と同じ諏訪唯月を演じ、第1話から登場していた半グレ集団べルムズ元リーダー・喜志正臣(栄信)と半年ぶりに遭遇する。@@cutter 本作は、主人公を含めた刑事全員が容疑者という異色のアンストッパブル・ミステリードラマ。広末涼子や井浦新、夏帆、工藤阿須加、北村一輝、杉本哲太らが脇を固め、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の武藤将吾が脚本を担当する。  物語の設定が『3年A組』から半年後の世界となっているため、第1話では、宮城遼一刑事(細田善彦)、本城諭理事官(篠井英介)、喜志正臣(栄信)が登場。さらに前回第4話でも、富田望生と古川毅が演じる“すな華”コンビが登場し話題を呼んだ。  第5話では、主人公・遊佐清春(賀来賢人)の暴走する捜査を横目に喜志が独りでグラスを傾けるバーを、偶然にも唯月(今田)が訪れる。自身の生き方に思い悩むような心の叫びを漏らす喜志に、元恋人の唯月が投げかけた言葉は…。  今田は「久しぶりに3年A組チームのみなさんとお会いできて、楽しく撮影させていただきました。そして、また諏訪唯月として、ニッポンノワールに参加させていただけたこと嬉しく思います」とコメントした。  今田美桜が登場する、日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』第5話は、日本テレビ系にて11月10日22時30分放送。

  • 日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』第4話場面写真

    『ニッポンノワール』タイトル回収&克喜の父親判明にネット騒然「今回えぐい」(ネタバレあり)

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務めるドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第4話が3日に放送され、終盤でタイトルの意味と克喜(田野井健)の父親が明かされる展開に、ネット上には「今回えぐい」「今日の内容濃すぎ」などの声がネット上に寄せられた。(以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)@@cutter 清春(賀来)は、捜査一課長の南武(北村一輝)と殺害された碓氷薫(広末涼子)の息子・克喜と一緒にいたところを、ガスマスクをつけた男に襲撃される。清春は男の正体を暴くために単身、追跡を開始。清春が男に追いつくと、そこでガスマスクの男と壮絶な死闘を展開するのだが…。  しかしガスマスクの男がスマートファンを取り出して清春に画面を見せつけると、そこに“NN”の文字があしらわれた動画が流れはじめ、清春はそのまま意識を失ってしまう。公安部の才門(井浦新)はそんな清春を助けると、死んだ自分の恋人が関わっていた警察の地下組織について、その名前が“ニッポンノワール”であることを明かす。ドラマのタイトルの意味が明かされると、ネット上には「タイトル回収した&謎また増えたぞ」「このドラマのタイトルそういう意味か」といった声が多数寄せられた。  そして一部の記憶を取り戻した清春は、ある日、薫から「克喜はあなたの子よ」と告げられる瞬間を回想する。この展開に「やっぱり清春の息子なんじゃん! わー! わー!」「清春さん早く記憶取り戻してよー!」などのコメントがネット上に殺到。第4話について「いやー今回えぐい」「今日の内容濃すぎませんか」といった評価も上がっていた。

  • 日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』第4話場面写真

    今夜の『ニッポンノワール』北村一輝が黒幕? 賀来賢人が“直接対決”を決意するも…

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演する日曜ドラマ『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)第4話が今夜放送される。第4話では、北村一輝扮する捜査一課長の南武が黒幕だと疑われる。@@cutter 本作は、主人公を含めた刑事全員が容疑者という異色のアンストッパブル・ミステリードラマ。賀来のほか、広末涼子や北村、井浦新、夏帆、工藤阿須加、杉本哲太、立花恵理らが脇を固め、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の武藤将吾が脚本を担当する。  「十億円強奪事件」と「碓氷薫(広末)殺害事件」。2つの事件をつなぐ黒幕を追う遊佐清春(賀来)。同じく黒幕を追う才門要(井浦)は「南武(北村)がホンボシだ」と清春に告げる。  さらに携帯電話の解析から、薫は殺害された当日、南武に呼び出されていたことも判明。捜査一課長でもあり捜査の指揮をとる南武に疑惑が深まる一方、南武には事件当日、江國光成(杉本)と海外視察に行っているという鉄壁のアリバイもあった。  相手の弱みを握って利用するのが実に巧かったという南武。このアリバイの裏には何かがあると判断した清春は、南武と直接対峙を決意するが、その現場にはまさかの“裏切り者”が潜んでいた…。  日曜ドラマ『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』第4話は、日本テレビ系にて本日11月3日22時30分放送。

  • 『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』に登場した古川毅と富田望生の“すな華”カップル

    賀来賢人『ニッポンノワール』に『3年A組』のあのカップルが登場!?

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務める日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)第4話(11月3日放送)に、1月期のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ)に出演していた女優の富田望生と、SUPER★DRAGONの古川毅が出演することが分かった。2人は『3年A組』と同じキャラクターを演じる。@@cutter 本作は、主人公を含めた刑事全員が容疑者という異色のアンストッパブル・ミステリードラマ。広末涼子や井浦新、夏帆、工藤阿須加、北村一輝、杉本哲太らが脇を固め、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の武藤将吾が脚本を担当する。  物語の設定が『3年A組』から半年後の世界となっている本作は、第1話から、宮城遼一刑事(細田善彦)、本城諭理事官(篠井英介)、半グレ集団べルムズの元リーダー喜志正臣(栄信)が登場したことでも話題を呼んだ。  第4話で富田と古川が演じるのは、『3年A組』で2人が演じた“すな華”。“すな華”とは『3年A組』で富田が演じる魚住華と、古川が演じる須永賢の名前から取ったカップルのネーミング。華の12回にわたる告白に、ついに須永が折れて交際がスタートしたという、ドラマに出演した魁皇高校の生徒たちの中でも、特に視聴者から熱い応援が寄せられた2人だ。  今回の出演は、殺害された碓氷薫の息子・克喜(田野井健)が、ともに暮らす主人公の遊佐清春(賀来)とは別行動で、とある人物と待ち合わせする遊園地を、“すな華”の2人も訪れるというもの。彼らの関係はどのように変化しているのか、それともしていないのか? 2人の登場シーンに注目だ。  富田は「あの事件から半年後…と言うことで、一視聴者としても、卒業生としても、見ないわけにはいかない『ニッポンノワール』まさかの出演ですが、卒業した彼らがグッ、クルッ、パッしながら生きている世界だと思うと、感慨深いものがありました」と振り返る。一方の古川は「今作の舞台が事件から半年後の世界という事を知った時は、まさかとは思いましたが、このような形でお話をいただけた事をとても光栄に思っています。卒業生として、少しでも恩返しが出来るならば、こんなに嬉しい事はありません」とコメントしている。  “すな華”の2人が登場する、日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』第4話は、日本テレビ系にて11月3日22時30分放送。

  • ドラマ『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』に出演する賀来賢人(左)と井浦新(右)

    賀来賢人&井浦新、死闘の末の“衝撃オフショット”にファン興奮

    エンタメ

     俳優の井浦新が28日、自身のインスタグラムを更新。ドラマ『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の放送終了後に賀来賢人とのバトルシーンのオフショットを掲載し、反響を呼んでいる。@@cutter 本作は、『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』の武藤将吾が脚本を担当するミステリードラマ。『3年A組〜』の半年後に発生した女性刑事・碓氷薫(広末涼子)の殺害事件と、その背景にある“十億円強奪事件”の真相に、型破りな刑事・遊佐清春(賀来賢人)が迫っていく。第3話では2つの事件の背後で動く公安部の才門(井浦新)と清春が対峙する姿が描かれ、死闘とも言えるバトルシーンが大きな話題となっている。  放送が終了した後、井浦は「CG合成一切なしのバトル 清春マジで吹っ飛んでます あんなシーン演れたらさぁ 全身全霊全部出しきりそりゃあ無にもなりますよ公式さん 役者冥利に尽きました」と感謝の言葉を自身のインスタグラムに掲載。同時に、顔に血や泥がついてボロボロになった賀来とのモノクロ写真を掲載した。  ドラマの急展開と合わさったこれらの投稿に、視聴者は大興奮。「あのシーンすごく良かったです!!」「釘付け。最高でした」「すごい迫力でカッコ良くって素晴らしかった」といった称賛のコメントはもちろん、合成なしの撮影だったことに対し驚きの声も多数相次いだ。  また、ドラマの公式インスタグラムでも、賀来と井浦の怪我メイクの接写も公開。さらに第2話で繰り広げられた、賀来と工藤阿須加の“半裸相撲”のオフショットなども掲載されており、視聴者から大きな反響が寄せられている。 引用:「井浦新」インスタグラム(@el_arata_nest) 『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』インスタグラム(@nny_ntv)

  • 井浦新

    『ニッポンノワール』井浦新の“黒幕”告白にネット騒然「展開が読めない」(ネタバレあり)

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務めるドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第3話が放送され、意外な人物に黒幕の可能性が浮上する展開に「衝撃的情報」「えぇーまさかの父親が!?」「今後の展開が全く読めない」などの声がネット上に寄せられた。(以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)@@cutter 本作は、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の武藤将吾が脚本を担当するミステリードラマ。『3年A組〜』の半年後に発生した女性刑事・碓氷薫(広末涼子)の殺害事件と、その背景にある“十億円強奪事件”の真相に、型破りな刑事・遊佐清春(賀来賢人)が迫っていく。  本城(篠井英介)の死をもって“碓氷薫殺害事件”と“十億円強奪事件”は、警察上層部によって早期の幕引きが行われようとしていた。上層部は捜査の終了を告げるものの、疑念の拭えない清春を後押しするように、捜査一課長・南武修介(北村一輝)は独断で捜査の続行を命じる。清春は、2つの事件の背後で動く公安部の才門(井浦新)と対峙する。  才門は清春に対して、自身の婚約者が警察の極秘プロジェクトの実態を暴こうとして殺されたことを告白。さらにそのプロジェクトが十億円強奪事件と関連していることや、婚約者が暴こうとした真相を突き止めるためにわざと上層部に取り入ろうとしたことも明かす。そして才門は清春に「俺の読みが正しければ、本ボシは南武だ」と明言。才門の言葉にネット上には「えーーっまじ〜」「おーっと衝撃的情報」「南部課長が怪しいの??」といった声が相次いだ。  また才門は続けて「克喜は南武の子どもかもしれない」とも発言。これまで謎に包まれていた碓氷薫の息子・克喜(田野井健)の父親に関する証言が飛び出す展開に「えぇーまさかの父親が??」「確かに動き方が父親っぽい感じ少ししたけどね」「今後の展開が全く読めない」などのコメントがネットに多数上がっていた。

  • 日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』第3話場面写真

    今夜の『ニッポンノワール』井浦新が黒幕? “公安のエース”の意外な過去とは

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演する日曜ドラマ『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)第3話が今夜放送される。第3話では、井浦新扮する“公安のエース”才門要の意外な過去が明かされる。@@cutter 本作は、主人公を含めた刑事全員が容疑者という異色のアンストッパブル・ミステリードラマ。広末涼子や井浦、夏帆、工藤阿須加、北村一輝、杉本哲太、立花恵理らが脇を固め、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の武藤将吾が脚本を担当する。  「碓氷薫(広末)殺害事件」と「十億円強奪事件」。警視庁捜査一課が追い続けた2つの事件は、死亡した理事官・本城諭(篠井英介)の犯行ということで幕を閉じた…かのように見えた。  「本当に本城が首謀者なのか…」「俺にハメようとした黒幕も本城だったのか…」。明らかに何者かによる事件の早期幕引きの狙いが見え隠れする中、遊佐清春(賀来)は警察上層部に対する疑念を拭えないでいた。  一度は捜査終了を命じられるも、捜査一課長・南武修介(北村)の独断で捜査を続ける清春ら旧碓氷班。すると十億円強奪事件の実行犯の1人・風間岳人が、実は警察が作り上げた架空の経歴である可能性が浮上する。なぜ警察は十億円強奪事件の実行犯グループに風間を送り込んだのか。謎が謎を呼ぶ中 清春は、風間の正体と公安のエース・才門要との間に過去にあった意外な接点の存在に気が付く。才門が事件の黒幕だったのか…?。  日曜ドラマ『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』第3話は、日本テレビ系にて本日10月27日22時30分放送。

  • 日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』第2話場面写真

    『ニッポンノワール』井浦新の“怪演”に称賛の声「怪しすぎ」(ネタバレあり)

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務めるドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第2話が放送され、警視庁公安部刑事で主人公・清春(賀来)の先輩・才門要を演じる井浦の怪演に「かっこいい!」「怪しすぎる」などの声がネット上に寄せられた。(※以下、ネタバレがあります。ご了承の上、お読みください)@@cutter 本作は、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の武藤将吾が脚本を担当するミステリードラマ。女性刑事殺害事件と、その背景にある“十億円強奪事件”の真相を描いていく。  十億円強奪事件の背後に、警視庁捜査一課官・本城諭(篠井英介)の娘・芹奈(佐久間由衣)の存在を突き止めた清春(賀来)は彼女と接触。一方その頃、本城はヘリウムガスで声を変えた正体不明の人物から「娘が清春と会っている」と知らされる。  十億円強奪事件と芹奈の関わりを隠蔽するための工作を続けていた本城は、事実が明らかになることを恐れ、殺された薫(広末涼子)の一人息子・克喜(田野井健)を誘拐。現場に駆けつけた清春は、克喜を助けるために発砲し本城を殺してしまう。失意の清春に、才門(井浦)は「彼を救う方法はこれしかなかった」と言い聞かせる。  しかしその翌日、本城は十億円強奪事件の首謀者で薫殺害の容疑者であると濡れ衣を着せられる。怒った清春が才門を問い詰めると「これ以上、警察の醜態をさらすわけにはいかないの」と言い放つ才門。この展開に「こうするために殺した?罪を着せた?」「才門はかなり怪しいというのだけは間違いない」などの反響がネット上に集まった。  その後、一人になった才門は机からスプレー缶を取り出して吸い込むと、ヘリウムガスの声で「ご協ー力に感謝いたしまーす!」と敬礼してみせる。クセ者・才門を飄々(ひょうひょう)と演じる井浦の姿に、ネット上には「ゲスい大人の才門さん役、井浦新さんで良かった〜」「井浦新かっこいい!!」「井浦さんの役らしすぎて好き」といった声が相次いだ。

  • 日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』第2話場面写真

    『ニッポンノワール』賀来賢人&工藤阿須加の“乳首相撲”に「筋肉たまらん」の声

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務めるドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第2話が20日に放送され、清春(賀来賢人)と後輩刑事の時生(工藤阿須加)が“乳首相撲”をするシーンに「なに!?」「男前2人でやめて笑」などの声がネット上に寄せられた。@@cutter 本作は、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の武藤将吾が脚本を担当するミステリードラマ。『3年A組〜』の半年後に発生した女性刑事殺害事件と、その背景にある“十億円強奪事件”の真相を描いていく。  “十億円強奪事件”を追っていた碓氷(広末涼子)殺害の疑いをかけられた清春。彼は碓氷の一人息子・克喜(田野井健)を自宅に住まわせることにし、さらに自分を山小屋で襲撃してきた後輩刑事・時生も自宅へ連れて帰る。そんな3人が潜伏する清春の自宅を家宅捜索するために、警視庁捜査一課の理事官・本城(篠井英介)と特殊部隊SITが突入する。  SITの隊員が部屋に突入し銃を構えると、そこには互いの両乳首に洗濯バサミをつけた清春と時生の姿が。真顔の清春が「ん!」と声を上げると、真剣な表情の時生は「うーん!」と声をあげて痛みに耐えている様子。あまりにもシュールな光景に、ネット上には「なにしてんの」「なに!?!?」「いきなり乳首相撲!」といったツッコミが殺到。  そして清春によって両乳首から洗濯バサミを奪われた時生は、痛みにもん絶しながら「ウォォーい! 俺の夢と希望がぁ!」と絶叫。このコミカルなやりとりに「男前2人でやめて笑」「狂ってる笑」「ここで乳首相撲が出るとは思わなかった笑」などのコメントが集まった。  さらに裸の上半身をあらわにした賀来賢人の肉体美について称賛する声も多く「賀来賢人さんのバキバキのボディが凄いわ」「賀来賢人の筋肉…たまらん」といった投稿も多数寄せられている。

  • 日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』第2話場面写真

    今夜の『ニッポンノワール』賀来賢人はハメられた? 佐久間由衣が隠す“秘密”とは…

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演する日曜ドラマ『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)第2話が今夜放送される。第2話では、賀来扮する記憶喪失となった刑事・遊佐清春が刑事殺しを疑われたある秘密が明かされる。@@cutter 本作は、主人公を含めた刑事全員が容疑者という異色のアンストッパブル・ミステリードラマ。広末涼子や井浦新、夏帆、工藤阿須加、北村一輝、杉本哲太、立花恵理らが脇を固め、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の武藤将吾が脚本を担当する。  碓氷薫(広末)殺害の疑いをかけられた遊佐清春(賀来)。ここ数か月の記憶は綺麗に吹き飛んだように消え去っていた。殺害された薫が死の直前まで追っていた「十億円強奪事件」の真相。その犯行には警察関係者が関与していた疑いが浮上していた。  清春の自宅に残されていた「十億円強奪事件」の計画書と犯行に使われた拳銃。清春は本当に犯人なのか?。  そしてついに、本城諭(篠井英介)率いるSITが突入する。警察の用意周到な包囲網に、まだ自らが犯人だという根拠を持てない清春は『誰かが俺をハメようとしている―』と感じ、身内であるはずの警察関係者すべてが怪しく見えてくる。  碓氷班の面々は捜査一課長の南武(北村)から「碓氷薫殺害事件」と「十億円強奪事件」を同時進行での捜査を指示される。2つの事件の鍵を握るのは薫の一人息子・克喜(田野井健)。清春は克喜とともに薫が隠した「十億円強奪事件」の証拠を追う。  その捜査の中、本城の娘・芹奈(佐久間由衣)が隠していた「ある秘密」が明らかになる。そして芹奈は1週間前に今は亡き薫と会っていたという。さらに捜査を進める清春だが、その頃、克喜のもとには“意外な人物”の手が伸びていた。  日曜ドラマ『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』第2話は、日本テレビ系にて本日10月20日22時30分放送。

  • 日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』第1話場面写真

    『ニッポンノワール』に『3年A組』の登場人物が続々! 視聴者興奮の展開

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務めるドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第1話が13日に放送され、今年1月期に放送された『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(同系、以下『3年A組~』)と関連する描写の数々に「特撮ヒーロー映ったよね」「ベルムズ出てきたのは興奮」といった反響がネット上に寄せられた。@@cutter 本作は、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の武藤将吾が脚本を担当するミステリードラマ。『3年A組〜』の半年後に発生した女性刑事殺害事件と、その背景にある“十億円強奪事件”の真相を描いていく。  森の中にある一軒の山小屋で目を覚ました警視庁捜査一課の遊佐清春(賀来)。彼の隣には女性刑事・碓氷薫(広末)の亡きがらがある。そして、彼の右手には拳銃が握られていた。しかし、清春はここ数ヵ月の記憶が抜け落ちていることに気づく。薫が死亡したのはそこから2日前。薫殺害事件の捜査はやがて彼女が追っていた“十億円強奪事件”へと繋がっていく…。  第1話の冒頭、暗闇から伸びる手やコインロッカー、叫ぶ老婆、さらには“新型インフル感染拡大”の見出しが躍る新聞記事などの映像が断片的に次々と映し出される中、特撮ヒーローが戦う映像が登場。この映像にネット上には「特撮ヒーロー映ったよね」「ガルムフェニックスいなかった!?」などの反響が。『3年A組〜』では劇中に登場する特撮ヒーロー「ガルムフェニックス」が物語の重要なモチーフとして度々登場していた。  その後、山小屋で目覚めた清春は自分の証拠を消し去ると、ある工場へ。服を脱いだ清春が手を洗っていると、そこに清春の協力者・貴志正臣(栄信)がやってくる。「お前がハメたんじゃねぇだろうな!?」と疑う清春に、貴志は「違いますよ! 俺はベルムズから足を洗ったんだ!」と返す。このやりとりに「今、ベルムズって言った」「ベルムズ出てきたのは興奮」などの反響が。貴志は『3年A組〜』に登場した半グレ集団「ベルムズ」の元リーダーとして、渋々清春の捜査に協力していくというキャラクターだ。  その後、警視庁捜査一課の理事官として、篠井英介演じる本城諭や清春の同期の刑事として細田善彦扮する宮城遼一といった『3年A組〜』のキャラクターが登場。第1話終了後には、本作が『3年A組〜』の半年後の物語であることと、『3年A組〜』で菅田将暉が演じた主人公・柊一颯が事件終結の1年後に亡くなっているという設定から「立てこもり事件から半年後ってことはよ?ブッキーはまだ生存してるってことだよね?」「もしかしてブッキーまだ生きてるのかな?」といった声も寄せられていた。

  • 日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』第1話場面写真

    『ニッポンノワール』初回 賀来賢人vs工藤阿須加 “壮絶アクション”に視聴者驚き

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務めるドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第1話が13日に放送され、賀来賢人演じる主人公の刑事を、工藤阿須加扮する後輩刑事が襲撃するシーンに「すげー展開だな」「超展開が過ぎる」といった反響がネット上に寄せられた。@@cutter 本作は、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の武藤将吾が脚本を担当するミステリードラマ。『3年A組〜』の半年後に発生した女性刑事殺害事件と、その背景にある“十億円強奪事件”の真相を描いていく。  森の中にある一軒の山小屋で目を覚ました警視庁捜査一課の遊佐清春(賀来)。彼の隣には女性刑事・碓氷薫(広末)の亡きがらがある。そして、彼の右手には拳銃が握られていた。しかし、清春はここ数ヵ月の記憶が抜け落ちていることに気づく。薫が死亡したのはそこから2日前。薫殺害事件の捜査はやがて彼女が追っていた“十億円強奪事件”へと繋がっていく…。  薫の一人息子・克喜(田野井健)の面倒を見る羽目になった清春。克喜から“事件現場に連れて行ってほしい”と頼まれた清春は、彼と共に山小屋を訪れる。そこで克喜が母との生活について語っていると突然、銃声が響き渡る。外から襲撃されたことを悟った清春は克喜を守りながら戦闘体制に入ると「あいつらしいなぁ…」と一言。そして天井に向けて発砲した清春は「お前の手の内はわかってんだよ! 名越!!」と大声をあげる。天井にいた警視庁捜査一課所属で清春の後輩・名越時生(工藤阿須加)が「さっすが先輩ー!!」と応じると、ハイテンションに「パーティーピーポー!!」と叫びピストルで応戦する。この展開にネット上には「一話目から裏切り者割れるの!?」「いきなりすげー展開だな」「超展開が過ぎるだろ」などの声が相次いだ。  天井からガラスを突き破って山小屋に入ってきた名越。それに対して清春は発煙筒で視界を塞いでナイフを投げると、名越が怯んだ隙に彼を掴み山小屋の外へ連れ出す。そして2人は土砂降りの雨の中で掴み合い、互いに拳を交える。賀来と工藤が演じるアクションシーンに対して「アクションきれきれ」「身体張ってるなぁ」などの声と共に「賀来刑事、かっこよすぎる」「パリピ阿須加めっちゃいい!アクション最高」といった反響もネットに上がっていた。

  • 日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』第1話場面写真

    今夜スタート『ニッポンノワール』賀来賢人、“刑事殺し”を疑われる記憶喪失の刑事に

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演する日曜ドラマ『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)が今夜スタートする。賀来扮する記憶喪失となった刑事・遊佐清春が、刑事殺しを疑われる。@@cutter 本作は、主人公を含めた刑事全員が容疑者という異色のミステリードラマ。広末涼子や井浦新、夏帆、工藤阿須加、北村一輝、杉本哲太、立花恵理らが脇を固め、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の武藤将吾が脚本を担当する。  森の中にある一軒の山小屋で目を覚ました遊佐清春(賀来)。彼の目に最初に飛び込んできたのは女性刑事・碓氷薫(広末)の亡きがら。そして、自分の右手には拳銃が握られていた。確実に自分が彼女を殺したこの状況。しかし、清春はなぜかここ数ヵ月の記憶が綺麗に吹き飛んだようになくなっていた。自分に薫を殺す理由も道理もない。だが、記憶を失った以上その可能性は拭いきれない。俺が殺したのか…、それとも何者かにハメられたのか…。清春はこのままだと自分が疑われるに違いない証拠の数々を綺麗に消し、その山小屋を後にする。だがすぐに殺人事件の現場招集として、今度は「刑事」としてあの山小屋へ向かうこととなる。  薫が死亡したのは2日前。その間無断欠勤をしていた清春は、「警視庁のガン」とも称される前評判も相まって、薫殺害の疑いの目を捜査員一同から向けられることに。そんな中、清春は捜査一課長の南武(北村)から薫の一人息子・碓氷克喜(田野井健)の世話をするように言われる。この出会いが、大きな運命の始まりとは未だ知らずに…。  薫殺害事件の捜査はやがて薫が死の直前に追いかけていた「十億円強奪事件」と繋がりを持っていくこととなる。既に解決済みとされていたこの事件には、実は警察関係者が犯行に関与していた疑いがあり、その捜査中に薫は命を失ったのだという。  キナ臭すぎる2つの事件。もしも罪を犯した警察関係者の人間が薫を殺害したのだとしたら…。この瞬間、清春も含め、すべての人間が今回の事件の容疑者となる―。  日曜ドラマ『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』第1話は、日本テレビ系にて本日10月13日22時30分放送。

  • 日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』に高橋ひかるの代役で出演する佐久間由衣

    佐久間由衣、『ニッポンノワール』出演 降板した高橋ひかるの代役

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務める10月13日スタートのドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に、女優の佐久間由衣が出演することが発表された。今月始めに体調不良のため降板した高橋ひかるの代役を務める。@@cutter 本作は、主人公を含めた刑事全員が容疑者という異色のミステリードラマ。広末涼子や井浦新、夏帆、工藤阿須加、立花恵理、杉本哲太、笹野高史、北村一輝らが脇を固め、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の武藤将吾が脚本を担当する。  遊佐清春(賀来)は、森の中で目を覚ました時、直前数ヵ月の記憶を失っていた。横には上司だった女性刑事・碓氷薫(広末)の亡きがらが。彼女を殺したのは自分か、それともわななのか。かつての仲間だった同僚刑事たちは一夜にして敵に。やがて事件は未解決の「10億円強奪事件」の真相へとつながっていく…。  佐久間が演じるのは、警察幹部の娘でヤンチャな友人と自由気ままに遊び歩くワケアリ女子・本城芹奈役。芹奈は父親が警察幹部であることで、悪い友人たちからは重宝されている。本作でカギとなってくる碓氷薫殺害事件や10億円強奪事件のような血なまぐさい世界とは一見無縁のように見えるが、実は人知れず重大な秘密を抱える。  そして彼女の父親は、『3年A組』で描かれた魁皇高校立てこもり事件で特殊部隊の指揮を執るほどのキャリア幹部・本城諭(篠井英介)。警察幹部の娘だったことが、彼女の運命に大きな影を落とす。  代役を務めることになった佐久間は「限られた時間の中ではありますが、役柄として自分に出来ることは全て捧げ、嘘なく大切に演じ切りたいと思っております」とコメントを寄せている。  ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』は、日本テレビ系にて10月13日より毎週日曜22時30分放送。

  • 井浦新

    井浦新が“ヤバい男”に! 別人すぎるビジュアルにファンびっくり

    エンタメ

     10月スタートの賀来賢人主演ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系/10月13日より毎週日曜22時30分)の公式インスタグラムが26日、同ドラマに出演する井浦新のビジュアルを公開。別人すぎるワイルドな姿にファンからは「どなたぁ?とビックリ!」「かっこよすぎ」「癖ありそう」などの声が集まっている。@@cutter 本作は、主人公を含めた刑事全員が容疑者という異色のミステリードラマ。『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の武藤将吾が脚本を担当する。井浦が演じるのは、第1話の冒頭で亡きがらとして発見される女性刑事・碓氷薫(広末涼子)の死に対して、事件捜査に緊急招集される公安部の超有能刑事・才門要。身体能力も高く腕っぷしも強い才門は、飄々としながら心の奥に強い信念を持ち男というキャラクター。  投稿された写真は、才門を演じる井浦の姿を収めた写真。黒いスーツ姿にサングラスでカメラに向かって凄んでいるようにも見える姿は、これまでにない強烈な役柄を想像させる。  井浦の新境地とも言えるキャラクターにファンからは「どなたぁ?とビックリ!」「かっこよすぎですね」「癖ありそうですね」「いや〜悩殺されました」などのコメントが殺到。井浦本人も自身のアカウントで写真をリポストし、「いろんな意味でかなりヤバい男に育ってきてます」と、自身の役柄への自信をのぞかせている。 引用:ドラマ『ニッポンノワール‐刑事Yの反乱‐』インスタグラム(@nny_ntv)

  • 日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』誕生日を迎えた井浦新とバースデーケーキとキャスト陣

    賀来賢人主演『ニッポンノワール』シーン写真が初解禁! 井浦新のサプライズBDも

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演し10月にスタートするドラマ『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)より、シーン写真が初解禁となった。キャストたちのさまざまな姿が写し出されている。@@cutter 本作は、主人公を含めた刑事全員が容疑者という異色のミステリードラマ。広末涼子や井浦新、夏帆、工藤阿須加、北村一輝、杉本哲太、立花恵理らが脇を固め、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の武藤将吾が脚本を担当する。  9月上旬にクランクインし、主人公・遊佐清春を演じる賀来と公安部のエース・才門要(井浦)が激しいやり取りを交わすシーンや、物語冒頭で遺体となって発見される碓氷薫(広末)が息子と過ごした日々の回想シーン、さらに「パーリーピーポー!」が決めゼリフのファンキー刑事・名越時生(工藤)が所狭しと暴れまわるシーンなど順調に撮影が進む。  そして先日、ホームグラウンドとなる捜査一課のセットが完成し、遊佐をはじめ捜査一課長の南武修介(北村)、刑事の江國光成(杉本)、高砂明海(立花)ら碓氷班メンバーも初めて勢揃いしてスタジオ撮影の初日を迎えた。  張り詰めた空気の中、スタッフとキャストがアイデアを出し合いながら細部までこだわった撮影が進められたが、そんな中、先日誕生日を迎えた井浦をキャストとスタッフがお祝いする一幕も。  ドラマの中では公安部の超有能刑事・才門要として、腕っぷしが強く“雲のような存在感”で異彩を放つ役を演じている井浦も、この時ばかりは嬉しそうにおちゃめな表情を見せる。緊張感のある中での温かいサプライズイベントで、今後への期待が高まるセットイン初日となった。  賀来はここまでの撮影を振り返り「演じてみると、遊佐清春はより人間的だし、その魅力を膨らませる方法がすごくあるキャラクターだと感じていて、彼のクールだけじゃない部分も表現できると思っています。演じていくうちにもっとアイデアが出てくるオリジナル作品だと思うので、OAを楽しみにして頂けたらと思います」とコメントしている。  ドラマ『ニッポンノワール -刑事Yの反乱-』は、日本テレビ系にて10月13日より毎週日曜22時30分放送。

  • 日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』に出演する杉本哲太

    杉本哲太が超肉体派刑事&笹野高史は夏帆の父に『ニッポンノワール』出演

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務める10月13日スタートのドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に、俳優の杉本哲太と笹野高史が出演することが発表された。杉本は超肉体派の刑事を、笹野は女優の夏帆扮するフリーライターの父親で元刑事の喫茶店マスターを演じる。@@cutter 本作は、主人公を含めた刑事全員が容疑者という異色のミステリードラマ。広末涼子や井浦新、夏帆、工藤阿須加、北村一輝らが脇を固め、ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の武藤将吾が脚本を担当する。  遊佐清春(賀来)は、森の中で目を覚ました時、直前数ヵ月の記憶を失っていた。横には上司だった女性刑事・碓氷薫(広末)の亡きがらが。彼女を殺したのは自分か、それともわななのか。かつての仲間だった同僚刑事たちは一夜にして敵に。やがて事件は未解決の「10億円強奪事件」の真相へとつながっていく…。  杉本が演じる江國光成は、遊佐(賀来)や名越時生(工藤)、南武修介(北村)ら荒くれ者が集う捜査一課の中でもまさに“武闘派”で、ベテランながら日々の鍛錬で強靭な肉体を作り上げることに余念がなく、射撃の腕も超一流の“猛獣刑事”。しかし、その陰では危険なヤツらとの関わりありとの噂も囁かれるという役どころだ。  笹野演じる深水喜一は、遊佐の住むビルの1階にある喫茶店「bonnaro」のマスター。実は元刑事で、娘はフリーライターの深水咲良(夏帆)。後輩刑事と雑誌記者がたむろする喫茶店を営みながら余生を過ごす好々爺(こうこうや)だが、過去には長女がある事件によって命を落とすという悲劇を経験しているという役どころとなる。  ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』は、日本テレビ系にて10月13日より毎週日曜22時30分放送。

  • (左から)日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』に出演する篠井英介、細田善彦、栄信

    『3年A組』のあの3人が帰ってくる!『ニッポンノワール』に同名同役で出演

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務める10月13日スタートのドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に、1月期のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ)に出演していた細田善彦、篠井英介、栄信の3人がレギュラー出演することが発表された。いずれも『3年A組』と同名同役を演じる。@@cutter 本作は、主人公を含めた刑事全員が容疑者という異色のミステリードラマ。『3年A組』の武藤将吾が脚本を担当する。  遊佐清春(賀来)は、森の中で目を覚ました時、直前数ヵ月の記憶を失っていた。横には上司だった女性刑事・碓氷薫(広末涼子)の亡きがらが。彼女を殺したのは自分か、それともわななのか。かつての仲間だった同僚刑事たちは一夜にして敵に。やがて事件は未解決の「10億円強奪事件」の真相へとつながっていく…。  細田が演じる警視庁捜査一課の新人刑事・宮城遼一は、元瀬ヶ山署生活安全課刑事で、魁皇高校立てこもり事件の解決に尽力した功績が認められ、10月に捜査一課へと配置換えとなった。実は清春(賀来)の警察学校の同期でもある。  篠井が演じる捜査一課理事官・本城諭は、魁皇高校立てこもり事件で特殊部隊の指揮を執るほどのキャリア幹部。プライベートではヤンチャな生活を送る娘の芹奈(高橋ひかる)を男一人で育てる娘思いの父親でもある。しかしその裏では誰にも言えない真実を隠していた…!?  栄信が演じる喜志正臣は、元・半グレ集団ベルムズのリーダーK。本作ではベルムズを抜け、更生の道をたどる中で、清春に頼まれ渋々捜査に協力することに―!?  本作は『3年A組』の半年後という設定。魁皇高校立てこもり事件から半年。また謎めく事件が起き、この3人は『ニッポンノワール』の世界へと絡まっていくことになる。  ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』は、日本テレビ系にて10月13日より毎週日曜22時30分放送。

  • 日曜ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』に出演する立花恵理

    ViViモデル・立花恵理、『ニッポンノワール』でドSな美人刑事に

    エンタメ

     俳優の賀来賢人が主演を務める10月13日スタートのドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に、雑誌「ViVi」専属モデルの立花恵理が出演することが発表された。連続ドラマのレギュラー初挑戦となる立花は、超ドSの女性刑事役を演じる。@@cutter 本作は、主人公を含めた刑事全員が容疑者という異色のミステリードラマ。『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の武藤将吾が脚本を担当する。  遊佐清春(賀来)は、森の中で目を覚ました時、直前数ヵ月の記憶を失っていた。横には上司だった女性刑事・碓氷薫(広末涼子)の亡きがらが。彼女を殺したのは自分か、それともわななのか。かつての仲間だった同僚刑事たちは一夜にして敵に。やがて事件は未解決の「10億円強奪事件」の真相へとつながっていく…。  立花が演じる高砂明海は、荒くれ者が集まる捜査一課の中でも我が道を行く女性刑事。クールな美貌を持つが、その内面は超ドSだ。  立花は「脚本を読んだ時、先の読めない斬新な展開と個性的なキャラクター達に終始わくわくしました。そして福井プロデューサーをはじめ、スタッフの皆さんから作品に対する熱い思いを受け、緊張する反面、どんな反応が起こってどんな作品になっていくのか、楽しみでたまりません。この作品に参加させていただけることを心から光栄に思います。男社会の中で逞しく生きる高砂明海の生き様を見ていただける様、全力で演じます」とコメントしている。  一方、冒頭シーンで遺体となって発見される碓氷薫(広末)の忘れ形見の一人息子・碓氷克喜役に、オーディションで約300人の中から、9歳の田野井健が選ばれた。  克喜は物語の重大な鍵を握る少年で、捜査一課長・南武修介(北村一輝)によって遊佐清春の元に連れられた後、清春の相棒として行動を共にすることになる。  ドラマ『ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―』は、日本テレビ系にて10月13日より毎週日曜22時30分放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access