クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~ 関連記事

  • ドラマ10『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』第1話場面写真

    今夜スタート『ハムラアキラ』 シシド・カフカが“世界で最も不運な探偵”に

    エンタメ

     ミュージシャン・女優・モデルのシシド・カフカがドラマ初主演を務める、ドラマ10『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』(NHK総合/毎週金曜22時)が今夜24日スタート。シシドがハードボイルドな“世界で最も不運な探偵”役を演じ、依頼の解決に向け手加減なく突き進む。@@cutter 本作は、ミステリー作家の若竹七海が20年以上にわたり描いてきた「女探偵・葉村晶」シリーズを初めてテレビドラマ化する、新時代の「探偵物語」。シシドのほか、間宮祥太朗、池田成志、津田寛治、板橋駿谷、松尾貴史、中村靖日、大後寿々花、浦上晟周、中村梅雀らが出演する。第1話ゲストは、女優のMEGUMIと俳優の村上淳。  古書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」でバイト店員をしながら探偵業を営む葉村晶(シシド)。ある日、姉・珠洲(MEGUMI)が彼女のもとを訪ねて来る。晶は今まで珠洲に散々な目に遭わされており、彼女を毛嫌いしていた。珠洲は今までのことを詫びたいと海外旅行のチケットを手渡し、必ず行くよう強要する。  そんな中、とある山中で女性遺体が発見される。その身分証にはなんと「葉村晶」と記されていた…。晶に付きまとう謎の男(村上)。晶を亡き者にしようとする陰謀の真相とは…。  ドラマ10『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』第1話は、今夜1月24日スタート。NHK総合にて毎週金曜22時より放送。

  • ドラマ10『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』出演者会見に登場したシシド・カフカ

    シシド・カフカ「どれだけ自分を大きく強く見せるか」と躍起になった過去を明かす

    エンタメ

     ミュージシャンで女優のシシド・カフカが17日、都内で開催された主演ドラマ10『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』(NHK総合/1月24日スタート)の試写・記者会見に、共演の間宮祥太朗、中村梅雀とともに登壇。シシドは、自身が演じる探偵と共通する部分を聞かれると、音楽活動を振り返り「男の人が多い中で、どれだけ自分を大きく強く見せるかっていうのに躍起になっていた時期もありました」と明かした。@@cutter 本作は、ミステリー作家の若竹七海による「女探偵・葉村晶」シリーズを、初めてテレビドラマ化したもの。ミステリー専門書店でのバイトの傍ら、白熊探偵社の調査員として働いている葉村晶(シシド)の姿を映し出す。間宮は、葉村が一目置く警視庁の超エリート・岡田正太郎、中村は書店の店長であり、冗談で白熊探偵社を始めた富山泰之を演じる。  役作りについてシシドは「本を読ませていただいたときに、葉村晶にいちばん最初に感じたイメージっていうのが、足癖の悪さ」と発言。「キレイに足をそろえて座らない。わざわざ男の人のように座って見せるっていうのは、葉村晶のバックボーンを考えても、一番簡単にできる、自分を強く見せるやり方だったんじゃないかなという風に思って」としたうえで「自分自身もずっと音楽をやってきましたけど、男の人が多い中で、どれだけ自分を大きく強く見せるかっていうのに躍起になっていた時期もありましたので(笑)、そういったところは繋がるところでもあるのかな」と続けた。  不運でトラブルに巻き込まれがちな役柄を演じたことについては「エピソードトークが一つもないというくらい、平々凡々と生きているので、今回初めてですね。すっころんで殴られて転げまわってっていうのは」とコメント。「こんな人生、本当に絶対嫌ですけど、こんな感じでいろいろな経験をさせてもらえるのは、新鮮な気持ちになれて、面白いものだなあと思っています」とハードボイルドな役柄を楽しんでいる様子だった。  一方の間宮はエリート警視の役柄について、別のドラマでエリートやくざを演じていることに言及し「エリートにもいろいろある」と白い歯を見せていた。  ドラマ10『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』は、NHK総合にて1月24日より毎週金曜22時放送。

  • ドラマ10『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』に出演する間宮祥太朗

    間宮祥太朗、『ハムラアキラ』出演決定 シシド・カフカの敵か味方か?

    エンタメ

     ミュージシャン・女優・モデルのシシド・カフカがドラマ初主演を務める、2020年1月24日スタートのドラマ10『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』(NHK総合/毎週金曜22時)より、追加キャストが発表された。主人公と共に難事件をひもといていくキャラクターとして、間宮祥太朗、大後寿々花、浦上晟周、津田寛治、中村梅雀、池田成志、松尾貴史、中村靖日、板橋駿谷が出演する。@@cutter 本作は、ミステリー作家の若竹七海が20年以上にわたり描いてきた「女探偵・葉村晶」シリーズを初めてテレビドラマ化する、新時代の「探偵物語」。シシドは主人公のハードボイルドな女探偵を演じる。  葉村晶(シシド)は34歳独身、ミステリー好きで生活は質素。訳ありの転職、転居十数回を経て、今はミステリー専門書店MURDER BEAR BOOKSHOPのバイトの傍ら、書店のオーナーが冗談で始めた白熊探偵社の調査員として働いている。何かと災難に巻き込まれる彼女を、人は面白がって「世界で最も不運な探偵」と呼ぶ。「女はタフでなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない」。この言葉をまさに実践していく主人公の活躍を、大胆かつスタイリッシュに描く。  間宮が演じるのは、ドラマオリジナルキャラクターで、葉村が唯一その知性に一目置く警視・岡田正太郎。葉村と唯一渡り合う存在だが、その知性の裏には隠された姿があり、敵なのか味方なのか謎に包まれている。  葉村を面白がり探偵社を立ち上げたMURDER BEAR BOOKSHOP店長には中村梅雀。大後は書店の常連客でキャバ嬢のアケミ役、浦上は書店でアルバイトする大学生の浅川役、松尾は書店の常連客で商店主の野々村役、中村靖日は書店の常連客でサラリーマンの柿崎役を担当。さらに、葉村の探偵の先輩で元警察官の村木義弘役を池田、影山東署刑事で葉村の貴重な情報源となる柴田要役を板橋、同じく影山東署の刑事で柴田刑事とコンビを組む速見治松役を津田が務める。  葉村は書店を中心に、常連客の野々村や柿崎、アケミ、アルバイトの浅川、探偵の先輩・村木、刑事の速見や柴田の手を借りながら、事件解決に向けて奮闘。事件と対峙する中で彼女自身の人生とも対峙し、タフに、そして優しく生きていく。  ドラマ10『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』はNHK総合にて2020年1月24日より毎週金曜22時放送。

  • ドラマ10『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』主演のシシド・カフカ

    シシド・カフカ、ドラマ初主演 若竹七海原作『ハムラアキラ』1月開始

    エンタメ

     ミュージシャン・女優・モデルのシシド・カフカが、2020年1月24日スタートのドラマ10『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』(NHK総合/毎週金曜22時)でドラマ初主演を務めることが発表された。@@cutter 本作は、ミステリー作家の若竹七海が20年以上にわたり描いてきた「女探偵・葉村晶」シリーズを初めてテレビドラマ化する、新時代の「探偵物語」。シシドは主人公のハードボイルドな女探偵を演じる。  葉村晶(シシド)は34歳独身、ミステリー好きで生活は質素。訳ありの転職、転居十数回を経て、今はミステリー専門書店MURDER BEAR BOOKSHOPのバイトの傍ら、書店のオーナーが冗談で始めた白熊探偵社の調査員として働いている。何かと災難に巻き込まれる彼女を、人は面白がって「世界で最も不運な探偵」と呼ぶ。「女はタフでなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない」。この言葉をまさに実践していく主人公の活躍を、大胆かつスタイリッシュに描く。  シシドは「最初に主演というお話を頂いた際は、“まさか自分が”と夢にも思っていなかったので驚きました。ハムラアキラについては、探偵役ということで今までに演じてきた役柄とは、また違った印象ですが、探偵という仕事柄、私生活からゆるみのないところなどは自分と共感する一面もあります。クランクインにあたって、リズム感や間合い、ライブ感を楽しみつつ、これから自分の中でのハムラアキラを膨らませていきたいと思います」と意気込んでいる。  脚本は黒沢久子と木田紀生、音楽は菊地成孔が担当。  ドラマ10『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』はNHK総合にて2020年1月24日より毎週金曜22時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access