クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

トップナイフ‐天才脳外科医の条件‐ 関連記事

  • ネタ披露時のアキラ100% ※「アキラ100%」インスタグラム

    アキラ100%、レアな着衣ショット! 「全く気づきませんでした」と驚く人も

    エンタメ

     女優の天海祐希が主演を務めるドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の公式インスタグラムが22日、お笑い芸人・アキラ100%のオフショットを公開。“裸芸”のイメージが強いアキラの珍しい着衣姿に、ネット上では「本当に役者に向いているかただと思います。才能」「ホントにいそう」といった感想や、「服着てたから気づけない!」といった驚きの声も寄せられている。@@cutter 同作は、外科医の中でも一握りの「手術の天才」が集う脳外科を舞台に、常に完璧を求められ、手術はすべて成功して当たり前という最高の医師(トップナイフ)たちがそれぞれに抱える秘密と爆弾を巡る群像劇。アキラは救命医の織田直人として初回からレギュラー出演中だ。  「アキラ100%さん イケメンカット公開」と題されて投稿されたのは、メガネを着用し、手術着に身を包んだアキラのショット。笑顔で撮影した1枚や、ポージングを決めている姿のほか、ヒロインを演じる天海や共演する広瀬アリスとの3ショットも公開されている。  ファンからは「アキラさん、良い味出てます」「本当に役者に向いているかただと思います。才能」「ホントにいそうだねぇ~」「アキラさんかっこいい」といった声のほか、「全く気づきませんでした!!すごい!!」「服着てたから気づけない!」といったドラマ視聴者と思しき驚きの声も寄せられている。 引用:ドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』インスタグラム(@topknife_ntv)

  • 広瀬アリス

    広瀬アリス、森田望智らとニッコリ! よく見ると…“手元”にファン悲鳴

    エンタメ

     女優の天海祐希が主演を務めるドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の公式インスタグラムが14日に、出演者の広瀬アリス、椎名桔平、森田望智の3ショットを投稿。広瀬の手元に付いた血のりについて、ファンからは「アリスちゃん!! 手に血…」「血ぃ付いてますやん!」などの声が寄せられた。@@cutter 同作は、外科医の中でも一握りの「手術の天才」が集う脳外科を舞台に、常に完璧を求められ、手術はすべて成功して当たり前という最高の医師(トップナイフ)たちがそれぞれに抱える秘密と爆弾を巡る群像劇。  同アカウントが投稿したのは、脳神経外科医・黒岩を演じる椎名を中央に、両隣に専門研修医・小机役の広瀬と看護師・小沢に扮する森田が、手術着姿でにこやかに並んでいる写真。リラックスムードの3人の様子に、ファンからは「桔平さんかっこいい」「両手に花ですな」といった声が投稿された。  一方で、広瀬の手袋には生々しい血のりがべったり。彼女の手元にも注目が集まり「アリスちゃん!!手に血…血が」「広瀬さん!手袋に血ぃ付いてますやん!」などのコメントが集まった。 引用:ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』インスタグラム(@topknife_ntv)

  • 『トップナイフ‐天才脳外科医の条件‐』第1話より

    今夜スタート『トップナイフ』 天海祐希が“女帝”医師に 椎名桔平らと早くも衝突!

    エンタメ

     女優の天海祐希が脳外科医役を演じるドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』(日本テレビ系/毎週土曜22時)が本日スタートする。初回では、院内で“女帝”と名高い脳神経外科医・瑤子(天海)の前に、3人の医師が新しく赴任。オペをめぐって早くも瑤子と衝突する。@@cutter 本作は、外科医の中でも一握りの「手術の天才」が集う脳外科を舞台に、常に完璧を求められ、手術はすべて成功して当たり前という最高の医師(トップナイフ)たちがそれぞれに抱える秘密と爆弾を巡る群像劇。患者を救うために天才医師たちは何を手放したのか、神の技術と人間の苦悩・葛藤を描く。  東都総合病院で“女帝”と名高い脳神経外科医の深山瑤子(天海)は、脳外部長の今出川孝雄(三浦友和)から、新しく赴任する3人の脳神経外科医のまとめ役を押し付けられ、ストレスを抱えていた。  その3人とは、“世界のクロイワ”の異名を持つ世界的名医だが私生活では女癖の悪さで有名な黒岩健吾(椎名桔平)、外科とカテーテルの二刀流で三度の飯よりオペが好きな西郡琢磨(永山絢斗)、そして医学部を首席で卒業した自信家だが現場での実力が伴っていないことに自覚のない専門研修医の小机幸子 (広瀬アリス)。  赴任早々、急患の対応を任されフリーズした幸子の前に現れた深山は、的確な判断と鮮やかな腕で患者の危機を救う。一度傷つけば取り返しのつかない“脳”を扱う脳神経外科は執刀医の腕が全て。深山は現場で使い物にならない幸子に早速苛立ちを覚える。さらにナースたちの間では腕の立つ“トップナイフ”である黒岩と西郡が“女帝”と衝突するだろうとうわさされており…。  そんな中、深山は黒岩がオペを担当する脳腫瘍患者の妻・宅間みどり(堀内敬子)から「もっとしっかり患者を診てくれる先生に手術をやってもらいたい」と急きょオペの中止を頼まれる。これまでの経過を診てきた深山が代わりにオペを請け負うものの、みどりの反応はなぜか冴えない。さらに深山は簡単に自分の患者のオペを譲る黒岩と、患者との向き合い方をめぐって衝突。黒岩にライバル心を燃やす西郡がサポートに入り、オペが行われることになる。だがオペ直前、“ある秘密”を抱えたみどりが再び手術の中止を申し出る…。  新土曜ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』は、日本テレビ系にて1月11日より毎週土曜22時放送。

  • ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』犬飼剛役の福士誠治

    天海祐希『トップナイフ』、看護師役に福士誠治&藤本泉&森田望智

    エンタメ

     女優の天海祐希が脳外科医役で主演を務める2020年1月11日スタートのドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』(日本テレビ系/毎週土曜22時)に、俳優の福士誠治、女優の藤本泉、森田望智が、いずれも看護師役で出演することが発表された。@@cutter 本作は、外科医の中でも一握りの「手術の天才」が集う脳外科を舞台に、常に完璧を求められ、手術はすべて成功して当たり前という最高の医師(トップナイフ)たちがそれぞれに抱える秘密と爆弾を巡る群像劇。患者を救うために天才医師たちは何を手放したのか、神の技術と人間の苦悩・葛藤を描く。天海は、東都総合病院脳神経外科の脳動脈瘤のスペシャリスト・深山瑤子役を演じる。  福士が演じるのは、天才脳外科医たちを支え、時に振り回されるベテラン看護師・犬飼剛役。犬飼は、女帝・深山からの厳しい要求に応え続けてきた数少ない看護師だが、私生活は謎に包まれている。福士は「犬飼は医師と患者、人と人を繋げる役どころ。天海祐希さんをはじめ個性あふれるキャストのみなさまの中で関節部分のように存在できたら素敵だなと思います」とコメントしている。  森田は、いつでも冷静沈着、優秀な若手看護師・小沢真凛役。役どころについて「ツッコミ系のキャラクターで、冷静で仕事が出来る23歳。個性的な5人の医者を客観的に見ている看護師なので、どこか視聴者の方々の目線に近いのではないのかなと思います」と話す。公式ツイッターで展開される“#Mのつぶやき”では、森田自身が若きスーパーナース・小沢真凛として、本作の舞台となる東都総合病院の裏側を届けていく。  藤本は同じく看護師の伏見愛子役。「脳は特有の働きをするさまざまな部位が集まって一つとなりますが、私も個性あふれる魅力的な面々が集まる脳外を支える一人として、精一杯頑張ります」と意気込んでいる。  新土曜ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』は、日本テレビ系にて2020年1月11日より毎週土曜22時放送。

  • ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』主題歌を担当するJUJU

    天海祐希×JUJU、3度目のタッグ! 『トップナイフ』主題歌担当

    エンタメ

     女優の天海祐希が脳外科医役で主演を務める、2020年1月11日スタートの医療ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の主題歌が、JUJUの新曲「STAYIN’ ALIVE」に決定した。天海とJUJUとのタッグは今回で3度目となる。@@cutter 本作は、外科医の中でも一握りの「手術の天才」が集う脳外科を舞台に、常に完璧を求められ、手術はすべて成功して当たり前という最高の医師(トップナイフ)たちがそれぞれに抱える秘密と爆弾を巡る群像劇。天海が東都総合病院脳神経外科に所属する脳動脈瘤のスペシャリスト・深山瑤子を演じ、椎名桔平、広瀬アリス、永山絢斗、古川雄大、三浦友和らが脇を固める。  そんなリアル・ドクターストーリーの主題歌に決定したのが、デビュー16年目を迎え、ますます精力的な活動を続けているJUJUの新曲「STAYIN’ ALIVE」。JUJUが主演の天海とタッグを組むのは、ドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日)の「Door」、『偽装の夫婦』(日本テレビ)の「What You Want」に続き3度目。新曲「STAYIN’ ALIVE」は、「What You Want」の系譜を継ぐ、歌って踊れるグルーヴィーなアッパーチューンとなっており、拭えない不安やストレス、忙殺される毎日を吹き飛ばし、日本中を元気にする、JUJU会心のパワーソングとなった。  主演の天海は「この曲の様に私が演じる深山瑤子もドラマの中で起こる様々な出来事を乗り越えてやる! JUJUちゃーん! ありがとうございます!『STAYIN’ ALIVE』で私達も『トップナイフ』に果敢に立ち向かいます!」とコメント。  一方JUJUは「私自身も歌っていてとてもパワーをもらえる『STAYIN’ ALIVE』。日々生きる皆様にドラマと共に可愛がっていただけたら幸いです」と語り、「それにしても3度、天海さんのドラマで歌わせていただける幸せったらこの上ないです!! オンエアが本当に待ち遠しい!!!」とメッセージを残した。   新土曜ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』は、日本テレビ系にて2020年1月11日より毎週土曜22時放送。

  • ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』キャスト陣集合ビジュアル

    天海祐希『トップナイフ』、広瀬アリス&永山絢斗ら実力派キャスト集結

    エンタメ

     女優の天海祐希が脳外科医役で主演を務める、2020年1月11日スタートの医療ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』(日本テレビ系/毎週土曜22時)より、メインキャストとして、椎名桔平、広瀬アリス、永山絢斗、古川雄大、三浦友和が出演することが発表された。@@cutter 本作は、外科医の中でも一握りの「手術の天才」が集う脳外科を舞台に、常に完璧を求められ、手術はすべて成功して当たり前という最高の医師(トップナイフ)たちがそれぞれに抱える秘密と爆弾を巡る群像劇。天海が演じる深山瑤子は、東都総合病院脳神経外科に所属する脳動脈瘤のスペシャリスト。自分の実力一つで患者の人生が変わるのが脳外科医だと実感し、その責任と重要性を自覚して、患者の命を第一に考えている。しかし、その裏では家族を捨てたという罪悪感を抱えている。  そして今回発表されたのは、主人公の瑤子(天海)を翻弄し、振り回すメインキャスト5名。  椎名が扮するのは、東都総合病院脳神経外科の脳腫瘍のスペシャリスト・黒岩健吾。「世界のクロイワ」の異名をとるスター脳外科医。自分第一主義で、仕事で散々人の命を救っているのだから、それ以外はすべて自分を優先してもいいと考えている。椎名は黒岩を演じるにあたり「世界的な脳外科医という役どころですが、そこに至るまで彼がどうやって闘ってきたのか、軽い印象を与える台詞が多い中で、その部分を感じさせる表現を心がけなければと思いました」とコメント。  広瀬が演じるのは、東都総合病院脳神経外科の専門研修医・小机幸子。幼い頃から神童ともてはやされ、何事も一番が当たり前の人生を歩んできた。だが医局に入り、実技がからっきしダメな新人と噂されるも本人にその自覚はなし。しかも、恋愛経験がゼロで26歳にして初恋を経験する。広瀬は「常に成績トップだった彼女が、社会に出ていざ実戦になると、どこかヘタレで頼り甲斐のないというところがとても面白い役だと思いました。作品の中では少し異色なキャラクターかもしれませんが、しっかりとそこに存在する人物としていられるように頑張りたいと思います」と意気込む。  永山は、東都総合病院脳神経外科に所属する、外科もカテーテルも出来る二刀流の医師・西郡琢磨役を担当。「脳外科医という役を勉強していく中で、日々色々なモノを見させられて驚愕していますが、皆さまに楽しんで観ていただけるように、ベストを尽くしたいと思います」と語っている。  古川が演じるのは、病院の近くにあるため、多くの医師たちの憩いの場となっているBAR「カサブランカ」のオーナー・来島達也。古川は役柄について「ノリが良く、女の子が大好きで、一見チャラく見えるのですがどこか憎めない存在です。脳外科医の皆さんとは離れたところにいますが、来島の振る舞いによって、みんなが『またカサブランカに行きたい』と思う空気を自然に作り出せていければと思っています」とコメント。  三浦が担当するのは、東都総合病院脳神経外科部長の今出川孝雄。医者としては平凡だが、人の適材適所を見分ける能力に長けている。天才医師たちをこの脳外科に集めたのには、誰にも言えない秘密があって…。三浦は撮影に向けて「嬉しい共演者の方々でニコニコです。天海さんのパワーに押されっぱなしにならないように気合いを入れて臨みます」と率直に語っている。  新土曜ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』は、日本テレビ系にて2020年1月11日より毎週土曜22時放送。

  • ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』主演の天海祐希

    天海祐希、4年ぶり日テレ主演 『コード・ブルー』林宏司脚本で天才脳外科医に

    エンタメ

     女優の天海祐希が脳外科医役で主演を務める医療ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』が、日本テレビ系にて2020年1月より毎週土曜に放送されることが決まった。@@cutter 本作は、外科医の中でも一握りの「手術の天才」が集う脳外科を舞台に、常に完璧を求められ、手術はすべて成功して当たり前という最高の医師(トップナイフ)たちがそれぞれに抱える秘密と爆弾を巡る群像劇。患者を救うために天才医師たちは何を手放したのか、神の技術と人間の苦悩・葛藤を描く。  天海が日本テレビのドラマで主演を務めるのは、『偽装の夫婦』(2015年10月期)以来約4年ぶりとなる。脚本は『コード・ブルー』『医龍』など医療ドラマを牽引する林宏司が担当。演出を『女王の教室』の大塚恭司が務める。  天海が演じる深山瑤子(50)は、東都病院脳神経外科で脳動脈瘤のスペシャリスト。自分の実力一つで患者の人生が変わるのが脳外科医だと実感し、その責任と重要性を自覚して、患者の命を第一に考えている。しかし、その裏では家族を捨てたという罪悪感を抱えている。  天海は、初めて演じる脳外科医という役について、「少し調べただけでも長時間労働、勉強と緊張の連続、熟練した脳外科医の余命はとても短いなど、厳しい現状が浮かび上がりました。様々を踏まえ、お芝居に活かせたらと思っています」と語る。  『BOSS』以来、久々にチームを組む脚本の林については「視点、書かれる台詞一つ一つ、とても彩り豊かで心に響きます。ちょっと笑えるところも、とてもセンス良くて、悔しい(笑)」、『演歌の女王』以来となる演出の大塚については「(演出が)細部まで計算されていて、演じる側としても、いつも幾つもの発見があります。今回も、そんな瞬間を楽しみにしています」とコメントしている。  新土曜ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』は、日本テレビ系にて2020年1月より毎週土曜放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access