クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

私の家政夫ナギサさん 関連記事

  • 春ドラマの20代・30代イケメン俳優をチェック!

    岡田健史・清原翔・中村倫也・田中圭…春ドラマの20代・30代イケメン俳優をチェック!

    エンタメ

     続編ものからオリジナル、原作ありの作品など、早くから注目の作品が勢ぞろいしていた4月期ドラマだが、放送がスタートしたものもあれば、新型コロナウイルス感染拡大の影響から、放送延期になっているドラマも出ている。今はじっと我慢の時。そんな時だからこそ、キャストに名を連ねているイケメンたちをチェックしながら、通常運転の再開を祈ろう。今回は20代&30代の俳優をピックアップ!@@cutter■眞栄田郷敦・岡田健史ら…キャリア序盤のフレッシュさが魅力! 20代前半  まずは『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)の眞栄田郷敦(20)。アラサー独身女子・相原メイ(多部未華子)のもとに、スーパー家政夫(大森南朋)がやってきたことで巻き起こるハートフルラブコメディで、眞栄田は新入社員の瀬川遙人役。「スーパー新人類」と煙たがれるイマドキ男子だが、性格は人懐こく真面目な、どこか憎めぬ弟的な存在のキャラクターだ。ラガーマンを演じるにあたって体重を増やして挑んだ、昨年放送の日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)では、早くもただならぬ存在感を発揮していた眞栄田。今度はそのキラキラした瞳の魅力を十二分に生かして、年下男子好きな女性たちのツボを刺激しまくってくれるはず!  @@insert1  『MIU404』(TBS系)の岡田健史(20)も見逃せない。『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』(いずれもTBS系)の脚本家・野木亜紀子によるオリジナルで、綾野剛と星野源がタッグを組む警察バディもの。岡田が演じるのは父親が警察庁刑事局長で自身もキャリアの新米刑事の九重世人だ。10代後半で中学生を演じた俳優デビュー作『中学聖日記』(TBS系)で一気に名を広めた岡田。『MIU404』では、どこか上から目線ながらかわいいところもある役柄で、チームから学びを得ていくことになる。初々しさとりりしさのある岡田のスーツや制服姿や、綾野、星野らとの化学反応が楽しみ。 @@insert2  ほかにも『ギルティ~この恋は罪ですか?~』(日本テレビ系)と『いいね!光源氏くん』(NHK)の神尾楓珠(21)や、『隕石家族』(フジテレビ系)の中尾暢樹(23)、『ハケンの品格』の杉野遥亮(24)らもフレッシュな魅力で楽しませてくれるはず。 ■清原翔・山田裕貴ら…個性が出始める20代後半  石原さとみが薬剤師の主人公・葵みどりを演じる木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)に出演するのは清原翔(27)。清原は木曜劇場2クール連続出演となる。ひょんなことからみどりと出会う青年・小野塚綾役を務める。みどりらと接することで、変化し、成長していく役どころだ。男性ファッション誌『MEN’S NON-NO』の専属モデルとしても活躍している清原だが、このところは俳優としての注目度が高い。特に昨年の連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)で北海道の牧場の真っすぐな青年・柴田照男を演じきり、幅広い世代に認知された。その後もドラマ『死役所』(テレビ東京系)、映画『うちの執事が言うことには』などで順調にキャリアを踏んでいる。また、話題のリメイクドラマ『東京ラブストーリー』(FOD 、Amazon Prime Video)で三上健一役を演じることも発表されている。 @@insert3  同じく朝ドラ『なつぞら』に出演し、北海道編と東京編の両方で好演を見せた山田裕貴(29)。『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系)シリーズの続編シリーズとして定着した井ノ原快彦主演の刑事もの『特捜9』に新メンバーの新藤亮役で加わったシリーズもseason3がスタート。今ではすっかりチームの一員に。若さを生かしたアクションシーンも見どころだ。俳優デビューを飾った『海賊戦隊ゴーカイジャー』(テレビ朝日系)から今年で10年目。1月期のドラマでは全くテイストの違う『SEDAI WARS』『ホームルーム』(いずれもMBS)の2本で主演を務めた。時代劇で徳川慶喜役に挑む岡田准一主演の映画『燃えよ剣』(公開延期)も控え、快進撃は続く。 @@insert4  ほかにセカンドシーズンとなる木村拓哉主演『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の間宮祥太朗(26)、『ギルティ~この恋は罪ですか?~』の町田啓太(29)らも要チェック。@@separator■千葉雄大・中村倫也ら…波に乗る30代前半の俳優たち  今年31歳になった千葉雄大は『いいね!光源氏くん』(NHK)がスタートし、「源氏物語」の世界から現代へと現れた平安貴族の光源氏役を、トレードマークのベビーフェイスを生かしつつ(烏帽子姿がよく似合う)好演中。光源氏が居候することになるOL役の伊藤沙莉との掛け合いもばっちりで、光源氏然とした品を保ちつつ、笑いを誘っている。昨年は新たなファンを獲得した『おっさんずラブ』(テレビ朝日)の続編『おっさんずラブ-in the sky-』で成瀬竜役を演じ、Sっ気のある役どころが人気を集めた。 @@insert5  こちらも放送中の『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)で主演を務めているのは中村倫也(33)。人気漫画家、東村アキコの原作を実写化したサスペンスだ。第1話では、明智と小池栄子演じるマグダラのマリアとの禁断のキスシーンがSNSで大盛り上がり。大人が楽しめるドラマになりそうだ。いわゆる“カメレオン俳優”として称されることの多い中村は、舞台での経験も多く、ヤクザ(映画『孤狼の血』)からゆるふわ男子(ドラマ『凪のお暇』/TBS)まで、どんな役でもなり切る確かな演技力で主演、助演を問わずに見るものを魅了。“一人7役”に挑戦する映画『水曜日が消えた』(5月15日公開)も楽しみだ。 @@insert6  ほか、7年ぶりとなる続編で大きな話題を集める『半沢直樹』(TBS系)に参戦の賀来賢人(30)や、歌手・浜崎あゆみが激動の半生を基につづったフィクション小説を連続ドラマ化した『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)の三浦翔平(31)、『私の家政夫ナギサさん』の瀬戸康史(31)も波に乗る。 ■田中圭・斎藤工ら…大人の色気と安定感が増す30代後半  2000年のデビュー以降、着実に作品を積み上げてきた田中圭(35)。近年では『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)シリーズでブームを作り、その後も『あなたの番です』(日本テレビ系)など活躍が止まらず、バラエティ番組の人気コーナー「グルメチキンレース ゴチになります!」(日本テレビ系)で見せる飾らない素顔も人気を押し上げている。今期は『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)と『らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜』(テレビ東京系)の2本に出演。天才遺伝子科学者に扮する『らせん~』では主演を務める。普通っぽさを兼ね備えながらの実はイケメンというバランスもよく、30代後半に入って増してきた色気がさらに人気を上げるだろう。 @@insert7  色気という意味ではかなり前からダダ漏れ感のある斎藤工(38)は『BG~身辺警護人~』に続投。現在、前シーズンが放送されており、先に挙げた間宮祥太朗とともにセカンドシーズンに向けた復習をしておきたい。斎藤は俳優として引っ張りだこで、待機する出演映画は『糸』『劇場版 ひみつ×戦士 ファントミラージュ! 〜映画になってちょーだいします〜』『騙し絵の牙』(いずれも公開延期)、『HERO~2020~』(6月19日公開)、『シン・ウルトラマン』(2021年公開)とずらり。本人はシネフィルとして知られ、アーティスト名「齊藤工」で監督業も務めている。現在、存続の危機に立たされているミニシアター支援を目的としたクラウドファンディング「ミニシアター・エイド基金」の呼びかけも行っている。 @@insert8  ほかにも『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系)の高橋一生(39)、『いいね!光源氏くん』(NHK)の桐山漣(35)らが20代には出せない大人の色気を内からにじませてくれるはず。  なかなか放送予定が見えないドラマも多いが、辛抱ののちに会えるイケメンたちに妄想をふくらませながら、コロナの収束を待ちたい。(文・望月ふみ)

  • トーク番組『A‐Studio+』での笑福亭鶴瓶とゲストの多部未華子

    多部未華子、親友とのやり取り暴露されハイテンション! 珍しい姿に鶴瓶&藤ヶ谷もびっくり

    エンタメ

     女優の多部未華子が、今夜放送の笑福亭鶴瓶と藤ヶ谷太輔(Kis‐My‐Ft2)がMCを務めるトーク番組『A‐Studio+(プラス)』(TBS系/毎週金曜23時)にゲスト出演。親友とのやり取りを暴露され、珍しくハイテンションな姿を披露する。@@cutter 主演ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系/毎週火曜22時)の放送を控える多部。小学生の時、ミュージカル『アニー』を観劇したことがきっかけで女優を志し、2005年に映画『HINOKIO』『青空のゆくえ』で、第48回ブルーリボン賞新人賞を受賞。2007年には連続ドラマ『山田太郎ものがたり』(TBS)で民放連続ドラマ初出演。2009年にはNHK連続テレビ小説『つばさ』の主演に抜擢された。以降も数々の映画、TVドラマ、舞台、そしてCMと、さまざまなジャンルで活躍している。  2016年4月1日以来2回目の出演となる多部。MCの鶴瓶は、現在海外赴任中だという多部の中学時代からの大親友・まりさんにテレビ電話で取材を敢行。まりさんとは学生時代、とあるお笑い番組の話題がきっかけで友達になり、離れていても毎日メールをやり取りするほど。多部の体調も全部わかるというほどの仲だそう。  鶴瓶がまりさんとのやり取りの内容を明かすと、多部は普段あまり見せたことがないようなテンションが上がった姿を見せ、鶴瓶と藤ヶ谷は、冷静沈着でクールビューティーなイメージが強い多部のリアクションに驚く。  一方、藤ヶ谷は、多部が日頃友人として仲良くしているという俳優の松尾諭に極秘取材。松尾からは、多部が意外に明るい人柄だと教えてもらったと言い、普段大人しいイメージの多部の意外な素顔が明かされる。  そのほか、鶴瓶は俳優で演出家でもあるノゾエ征爾やドラマの共演者である瀬戸康史を取材。さらに藤ヶ谷は鶴瓶にも内緒で多部の主演ドラマ『私の家政夫ナギサさん』の撮影現場に極秘潜入した話を披露する。  多部未華子がゲスト出演する『A‐Studio+』はTBS系にて今夜4月10日23時放送。

  • TBS

    TBS、『オールスター感謝祭』&『半沢直樹』ら新ドラマ放送延期

    エンタメ

     TBSは1日、放送予定だった『オールスター感謝祭2020春』と、4月にスタート予定だった新ドラマ『半沢直樹』『MIU404』『私の家政夫ナギサさん』の放送を延期することを発表した。いずれの番組も、延期後の放送日は未定。@@cutter 1991年以来、毎年春と秋の風物詩として放送されてきた『オールスター感謝祭』。この4月も、4日に今田耕司と島崎和歌子の司会により、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から通常とは違った形で生放送を予定し、恒例の「赤坂5丁目ミニマラソン」も、今回は赤坂では行わないことなどが発表されていたが、番組自体の放送が延期となった。TBSでは「東京都から感染爆発の“重大な局面”が続いているとの認識が示されていることなど、諸事情を勘案して、放送を延期することを決定致しました」としている。  また4月期の3ドラマ、10日スタート予定だった綾野剛と星野源がW主演する『MIU404』(毎週金曜22時)、14日スタート予定の多部未華子主演『私の家政夫ナギサさん』(毎週火曜22時)、19日スタート予定の堺雅人主演『半沢直樹』(毎週日曜21時)も放送開始が延期となった。いずれも新型コロナウイルスの感染拡大で、撮影スケジュールに影響が出ているため。    新たな放送日は決定次第発表される。

  • 火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』主題歌を担当する「あいみょん」

    多部未華子『私の家政夫ナギサさん』、主題歌はあいみょんのバラード「裸の心」に

    エンタメ

     女優の多部未華子が主演を務め、俳優の大森南朋、瀬戸康史が共演するドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系/4月14日より毎週火曜22時)の主題歌が、あいみょんの新曲「裸の心」に決まった。@@cutter 本作は、電子書籍サイト「コミックシーモア」で連載中の四ツ原フリコによるコミック『家政夫のナギサさん』を実写ドラマ化。多部がキャリアウーマンの主人公・相原メイ役、大森がエプロン姿で家事をするおじさんでスーパー家政夫・鴫野ナギサ役、瀬戸がメイの仕事のライバルとなる田所優太役をそれぞれ演じる。脚本は『おっさんずラブ』の徳尾浩司。  相原メイ(多部)は、製薬会社の医療情報担当者(MR)としてバリバリ働くキャリアウーマン。仕事は誰よりもできるのに、家事は苦手な生活力ゼロのアラサー独身女子だ。そんなメイの28歳の誕生日の夜、家に帰ると見たことのないエプロン姿のおじさん・鴫野ナギサ(大森)が突然現れる。その正体は、料理・洗濯・掃除といった家事全般をパーフェクトにこなすスーパー家政夫。最初は拒むメイだったが、共に時間を過ごす中で、いつしかナギサさんの存在に安らぎや温かみを感じていく―。  主題歌「裸の心」は、5月13日にあいみょんの10枚目のシングルとして発売されるほか、4月28日より先行配信。今回、楽曲の世界観を組み込んだ新アーティスト写真&ジャケット写真、そして新曲の一部が視聴できる“very short movie”も公開に。  あいみょんは「この曲ができたのは2017年。いつかいつか、と思っていた楽曲。ようやく聴いてもらえる日が来ました」と明かした上、「シングル曲でバラードのリリースは初めてですし、ドラマへの『起用』という形も初めてで、新鮮な気持ちと、緊張してます。でも、楽しみです。沢山の人に受け止めて欲しいなぁ」とコメント。  「あいみょんさんはとても好きなアーティストさんだった」という主演の多部は「素敵な歌詞で、このドラマのどの場面で流れるのかを想像するとワクワクしてきますし、この曲に力を貰いながら、毎日の撮影を乗り越えたいと思います」と意気込む。  火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』はTBS系にて4月14日より毎週火曜22時放送。

  • 火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』追加キャスト陣(上段左から)趣里、草刈民代、(下段左から)宮尾俊太郎、飯尾和樹、夏子

    『私の家政夫ナギサさん』多部未華子の妹役に趣里&母親役に草刈民代 追加キャスト発表

    エンタメ

     女優の多部未華子が主演を務め、俳優の大森南朋、瀬戸康史が共演するドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系/4月14日より毎週火曜22時)の追加キャストとして、女優の趣里、草刈民代らの出演が発表された。趣里は主人公メイ(多部)の妹役、草刈は母親役をそれぞれ演じる。@@cutter 本作は、電子書籍サイト「コミックシーモア」で連載中の四ツ原フリコによるコミック『家政夫のナギサさん』を実写ドラマ化。多部が、製薬会社の医療情報担当者(MR)で、仕事は誰よりもできるのに家事は苦手な生活力ゼロのアラサー独身女子・相原メイ役に扮する。大森は、家事全般をパーフェクトにこなすスーパー家政夫で、ひょんなことからメイに雇われる鴫野ナギサ役、瀬戸は、メイの仕事のライバルとなる田所優太役をそれぞれ演じる。脚本は『おっさんずラブ』の徳尾浩司。  メイの妹で、ナギサが所属する家事代行サービス業者「NTSクリーンハウス」で働いている唯役を演じる趣里は、「人と関わることの大切さや、家族、恋愛、仕事。毎日いろいろなことがありますが、このドラマを観て、ふと自分のことと重ねて考えられる、そんな時間をお届けできるように、精一杯頑張ります」と意気込む。  メイの母で、家事が大の苦手の美登里役を演じる草刈は「いつもクールな役を演ずることが多い私ですが、今回は今までお見せしたことがない側面を楽しんでいただけたらと思っています」と話している。  このほか、メイを応援する医薬品卸会社「しろくまメディカル」の営業課長・駒木坂春夫役でお笑いコンビ・ずんの飯尾和樹、メイがMRとして通う「肥後すこやかクリニック」の医師・肥後菊之助役でバレエダンサーの宮尾俊太郎、メイが勤める天保山製薬横浜支店のメンバーの行きつけである薬膳居酒屋「万薬の長」の店員・吉川かりん役で夏子が出演することも決まった。  火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』は、TBS系にて4月14日より毎週火曜22時放送。

  • 火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』瀬川遙人役の眞栄田郷敦

    眞栄田郷敦、『私の家政夫ナギサさん』で多部未華子の後輩新入社員に

    エンタメ

     女優の多部未華子が主演を務め、俳優の大森南朋、瀬戸康史が共演する4月スタートのドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系/毎週火曜22時)に、俳優の眞栄田郷敦が出演することが決まった。主人公・メイ(多部)が働く製薬会社の新入社員役で、多部とは初共演。@@cutter 本作は、電子書籍サイト「コミックシーモア」で連載中の四ツ原フリコによるコミック『家政夫のナギサさん』を実写ドラマ化。多部がキャリアウーマンの主人公・相原メイ役、大森がエプロン姿で家事をするおじさんでスーパー家政夫・鴫野ナギサ役、瀬戸がメイの仕事のライバルとなる田所優太役をそれぞれ演じる。脚本は『おっさんずラブ』の徳尾浩司。  相原メイ(多部)は、製薬会社の医療情報担当者(MR)としてバリバリ働くキャリアウーマン。仕事は誰よりもできるのに、家事は苦手な生活力ゼロのアラサー独身女子だ。そんなメイの28歳の誕生日の夜、家に帰ると見たことのないエプロン姿のおじさん・鴫野ナギサ(大森)が突然現れる。その正体は、料理・洗濯・掃除といった家事全般をパーフェクトにこなすスーパー家政夫。最初は拒むメイだったが、共に時間を過ごす中で、いつしかナギサさんの存在に安らぎや温かみを感じていく―。  眞栄田が演じるのは、メイの勤務先「天保山製薬」横浜支店にやってくる入社1年目の社員・瀬川遙人。原作にはないドラマオリジナルのキャラクターとなる遙人は、効率主義で保守的なイマドキの若者で、メイからは「スーパー新人類」と煙たがられる。しかし、性格は子犬のように素直で人懐っこく根は真面目なため、社内でもかわいがられるようになっていく。そしてメイとの関係にも徐々に変化があらわれるように…!?  また、動画配信サービス・Paraviでオリジナルストーリー『私の部下のハルトくん』が独占配信されることが決まった。イマドキ男子・遙人の新入社員ならではの悩みや葛藤、恋愛事情を描き、彼が一人前の社会人になるまでを見守るプチ成長物語だ。メイの同僚・堀江耕介を演じるハナコの岡部大や、メイの後輩でチームメンバー・天馬あかりを演じる若月佑美も出演予定。  眞栄田は役どころについて「遙人は魅力的で中毒性のあるキャラクターなので演じるのがとても楽しいです。現場の雰囲気もすごくいいですし、3カ月間楽しめそうな予感がしてます」と話す。初共演の多部については「お互い人見知りで撮影初日は挨拶以外言葉を交わしていません…。でもその空気感が落ち着くというか安心感があります」としている。  火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』はTBS系にて4月より毎週火曜22時放送。

  • 火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』追加キャスト陣(上段左から)若月佑美、富田靖子、高橋メアリージュン、(下段左から)水澤紳吾、岡部大(ハナコ)、平山祐介

    多部未華子『私の家政夫ナギサさん』、高橋メアリージュン&若月佑美ら出演決定

    エンタメ

     女優の多部未華子が主演し、俳優の大森南朋、瀬戸康史が共演する4月スタートの火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系/毎週火曜22時)に、女優の高橋メアリージュンや若月佑美らが出演することが決定した。@@cutter 本作は、電子書籍サイト「コミックシーモア」で連載中の、四ツ原フリコによるオリジナルコミック『家政夫のナギサさん』を実写ドラマ化。多部が製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマンの主人公・相原メイを演じ、大森がエプロン姿で家事をするおじさんでスーパー家政夫・鴫野ナギサ役を、瀬戸がメイの仕事のライバルとなる田所優太役を演じる。脚本は『おっさんずラブ』の徳尾浩司。  相原メイ(多部)は、製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマン。仕事は誰よりもできるのに、家事は苦手な生活力ゼロのアラサー独身女子だ。そんなメイの28歳の誕生日の夜、家に帰ると見たことのないエプロン姿のおじさん・鴫野ナギサ(大森)が突然現れる。おじさんの正体は、料理・洗濯・掃除といった家事全般をパーフェクトにこなすスーパー家政夫だった。見ず知らずの男性、ましてやおじさんが家にいるなんて絶対イヤ!と最初は拒むメイだったが、共に時間を過ごす中で、いつしかナギサさんの存在に安らぎや温かみを感じていく―。  高橋が演じるのは、メイの勤務先「天保山製薬」の同僚で、学生時代からの友人・陶山薫役。明るく積極的で裏表のない性格でイケメン好き。趣味は美容と合コンで、婚活に勤しんでいるという役どころだ。一方、若月が演じるのは、メイの後輩でチームメンバーの天馬あかり役。やる気はあるが決して無理はしない、バランス重視型のイマドキ女子で、先輩であるメイたちに容赦なくツッコミを入れたりするなど、物怖じしないキャラクターを演じる。  そのほか、メイの上司役で富田靖子、平山祐介、同僚役で水澤紳吾、岡部大(ハナコ)の出演も発表された。  火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』はTBS系にて4月より毎週火曜22時放送。

  • 火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』メインビジュアル

    多部未華子主演『私の家政夫ナギサさん』、4月スタート 共演に大森南朋&瀬戸康史

    エンタメ

     女優の多部未華子が、4月スタートのドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系/毎週火曜22時)で主演を務めることが発表された。多部は、おじさん家政夫を雇うことになる28歳の独身キャリアウーマンを演じる。@@cutter 本作は、電子書籍サイト「コミックシーモア」で連載中の、四ツ原フリコによるオリジナルコミック『家政夫のナギサさん』の実写ドラマ化。WEBコミックがTBS連続ドラマの原作となるのは初となる。脚本は『おっさんずラブ』の徳尾浩司。  物語の主人公・相原メイは、製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマン。仕事は誰よりもできるのに、家事は苦手な生活力ゼロのアラサー独身女子だ。そんなメイの28歳の誕生日の夜、家に帰ると見たことのないエプロン姿のおじさん・鴫野ナギサが突然現れる。おじさんの正体は、料理・洗濯・掃除といった家事全般をパーフェクトにこなすスーパー家政夫だった。見ず知らずの男性、ましてやおじさんが家にいるなんて絶対イヤ!と最初は拒むメイだったが、共に時間を過ごす中で、いつしかナギサさんの存在に安らぎや温かみを感じていく―。  主人公の相原メイを演じるのは、ドラマや映画、CMなど、出演作が途切れることなく活躍を続ける多部。今作では、28歳となったキャリアウーマンの主人公・メイが、仕事だけでなく恋も婚活も頑張りいっぱいいっぱいになる姿を表情豊かに明るくポップに演じる。そして、メイの生活に安らぎと潤いを与える家政夫・鴫野ナギサ役には、俳優の大森南朋が渋くてハードボイルドなイメージからは想像できない、エプロン姿で家事をするおじさん家政夫というギャップのある役どころを演じ、メイの仕事のライバルとなる田所優太役には、俳優の瀬戸康史が爽やかで一見非の打ち所がない役どころを、かっこよく、かつ魅力的に演じる。  多部は「明るいテイストの中にもほっこりしたり、じーんとしたりと、心がほかほかするドラマになるといいなと思っています。ぜひ、ご期待ください」とコメントを寄せた。  火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』はTBS系にて4月より毎週火曜22時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access