クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

ハケンの品格 関連記事

  • 篠原涼子『ハケンの品格』特別編、前作を最終回まで放送することが決定

    篠原涼子『ハケンの品格』特別編、前作を最終回まで放送

    エンタメ

     女優の篠原涼子が主演を務め、13年振りの復活を果たすドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/毎週水曜22時)。現在放送中の前作を再構成した『春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編』が、今夜放送の第四話以降、第五夜~第七夜まで放送されることが決定し、前作を最終回まで放送することが発表された。@@cutter 2007年1月期に放送された前作を再構成した『特別編』は、“スーパーハケン”大前春子の歴史に迫る物語で、春子役の篠原涼子、東海林武役の大泉洋、里中賢介役の小泉孝太郎の掛け合いが反響を呼んでいる。  「1話ずつじっくり見たい!」という声に応え、今夜放送の第四夜は前作の第7話「企画コンペに恋は厳禁!」、来週の第五夜では8話、翌週は9話と、5月27日放送の第七夜の最終回まで放送される。  ますます拍車がかかる春子の“スーパーハケン”ぶりと共に、春子、東海林、里中の大人の三角関係も前進。そして訪れる契約終了の時。果たして彼らはどのような道に行きつくのか。  『春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編』は、日本テレビ系にて毎週水曜22時放送。

  • 篠原涼子

    『ハケンの品格』特別編 篠原涼子の“マグロ解体ショー”にネット「かっこいい」「惚れた」

    エンタメ

     女優の篠原涼子が主演を務め、13年ぶりに新シリーズがスタートするドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の前作を再編集した『春子の物語 ハケンの品格2007特別編』(同系)の第2夜が22日に放送され、春子(篠原)がマグロの解体ショーを披露すると、ネット上には「カッコいい!!」「惚れた」「泣ける」などの声が寄せられた。@@cutter 今回の特別編は、13年ぶりの続編を前に、数々の資格を所有する時給3000円の派遣社員・春子(篠原)の仕事ぶりや、派遣先の食品商社「S&F」の東海林武(大泉洋)や里中賢介(小泉孝太郎)ら正社員たちとの交流を描いていく。  ある日「S&F」は百貨店で「マグロ解体ショー」を企画することに。ショーのために東海林はマグロ解体の名人・ツネさん(小野武彦)をブッキング。しかしショー前日、東海林の失礼な態度が元でツネさんと口論に。その際、ツネさんは事故にあい右腕を骨折。東海林と里中は代役探しに駆け回るが、見つかる気配がない。里中は春子に助けに求めるが、彼女は「それを派遣の私に頼むのは筋が違うと思います」と固辞する。そんな中、春子の元に旧知だったツネさんから電話が入り「大事な現場に穴開けちまったよ…」という言葉を聞く。  解体ショーの当日。辞職を覚悟した東海林は集まった大勢の客の前で頭を下げながらショーの中止を告知する。客からの罵声が飛ぶ中、百貨店にマグロ解体ショーのアナウンスが流れると、客の背後からマグロ包丁を持った春子が現れる。  ステージに立った春子は「ハルちゃんの買いたい買いたいどーしても買いたくなっちゃうマグロ解体ショーー!」とまくし立て、見事な手さばきでマグロをさばいてみせる。この展開に、ネット上には「すご!はるちゃん、マグロ解体の包丁まで持ってきた!!」「いや絶対この人ならマグロの解体できると思ったww」などの声が相次ぎ、さらに「カッコいい!!」「惚れたわ…」「かっこいいし泣ける」などのコメントが集まった。

  • 水曜ドラマ『ハケンの品格』特別編『春子の物語 ハケンの品格2007特別編』、さらに2回の追加放送決定!

    『ハケンの品格』特別編、さらに2回継続 篠原涼子からのメッセージも到着

    エンタメ

     女優の篠原涼子が主演を務め、4月から13年ぶりに新シリーズがスタートする予定だったドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の放送開始がさらに延期され、代わりに『春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編』の第三夜、第四夜が、それぞれ4月29日と5月6日に放送されることが決まった。@@cutter 『特別編』は、2007年1月期放送された前作を再構成し、“スーパーハケン”大前春子の歴史に迫る物語。先週放送された第一夜では、重機を運転する大前春子の“スーパーハケン”ぶりや、当時も話題になった「ホチキス対決」など、懐かしくも“スカッと”する映像が登場した。  今夜4月22日22時放送の第二夜では、春子を演じる篠原からのメッセージも放送される。  4月29日、5月6日に放送される第三、四夜では、大前春子(篠原)&東海林武(大泉洋)&里中賢介(小泉孝太郎)の三角関係が大きく進展。東海林と里中の男同士の殴り合い、そしてプロポーズのシーンも…。  前作は2007年1月期に放送され、篠原演じる一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の「〇〇ですがそれが何か?」というせりふが大きな話題となった、中園ミホ脚本による連続ドラマ。続編となる本作では、働き方改革や高齢化、副業、アウトソーシング、AI導入など、働き方もカオスと化した令和の時代を舞台に、篠原演じるスーパーハケン大前春子が再び大活躍する。  『春子の物語 ハケンの品格 2007 特別編』は、日本テレビ系にて毎週水曜22時放送。

  • 春ドラマの20代・30代イケメン俳優をチェック!

    岡田健史・清原翔・中村倫也・田中圭…春ドラマの20代・30代イケメン俳優をチェック!

    エンタメ

     続編ものからオリジナル、原作ありの作品など、早くから注目の作品が勢ぞろいしていた4月期ドラマだが、放送がスタートしたものもあれば、新型コロナウイルス感染拡大の影響から、放送延期になっているドラマも出ている。今はじっと我慢の時。そんな時だからこそ、キャストに名を連ねているイケメンたちをチェックしながら、通常運転の再開を祈ろう。今回は20代&30代の俳優をピックアップ!@@cutter■眞栄田郷敦・岡田健史ら…キャリア序盤のフレッシュさが魅力! 20代前半  まずは『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)の眞栄田郷敦(20)。アラサー独身女子・相原メイ(多部未華子)のもとに、スーパー家政夫(大森南朋)がやってきたことで巻き起こるハートフルラブコメディで、眞栄田は新入社員の瀬川遙人役。「スーパー新人類」と煙たがれるイマドキ男子だが、性格は人懐こく真面目な、どこか憎めぬ弟的な存在のキャラクターだ。ラガーマンを演じるにあたって体重を増やして挑んだ、昨年放送の日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)では、早くもただならぬ存在感を発揮していた眞栄田。今度はそのキラキラした瞳の魅力を十二分に生かして、年下男子好きな女性たちのツボを刺激しまくってくれるはず!  @@insert1  『MIU404』(TBS系)の岡田健史(20)も見逃せない。『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』(いずれもTBS系)の脚本家・野木亜紀子によるオリジナルで、綾野剛と星野源がタッグを組む警察バディもの。岡田が演じるのは父親が警察庁刑事局長で自身もキャリアの新米刑事の九重世人だ。10代後半で中学生を演じた俳優デビュー作『中学聖日記』(TBS系)で一気に名を広めた岡田。『MIU404』では、どこか上から目線ながらかわいいところもある役柄で、チームから学びを得ていくことになる。初々しさとりりしさのある岡田のスーツや制服姿や、綾野、星野らとの化学反応が楽しみ。 @@insert2  ほかにも『ギルティ~この恋は罪ですか?~』(日本テレビ系)と『いいね!光源氏くん』(NHK)の神尾楓珠(21)や、『隕石家族』(フジテレビ系)の中尾暢樹(23)、『ハケンの品格』の杉野遥亮(24)らもフレッシュな魅力で楽しませてくれるはず。 ■清原翔・山田裕貴ら…個性が出始める20代後半  石原さとみが薬剤師の主人公・葵みどりを演じる木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)に出演するのは清原翔(27)。清原は木曜劇場2クール連続出演となる。ひょんなことからみどりと出会う青年・小野塚綾役を務める。みどりらと接することで、変化し、成長していく役どころだ。男性ファッション誌『MEN’S NON-NO』の専属モデルとしても活躍している清原だが、このところは俳優としての注目度が高い。特に昨年の連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)で北海道の牧場の真っすぐな青年・柴田照男を演じきり、幅広い世代に認知された。その後もドラマ『死役所』(テレビ東京系)、映画『うちの執事が言うことには』などで順調にキャリアを踏んでいる。また、話題のリメイクドラマ『東京ラブストーリー』(FOD 、Amazon Prime Video)で三上健一役を演じることも発表されている。 @@insert3  同じく朝ドラ『なつぞら』に出演し、北海道編と東京編の両方で好演を見せた山田裕貴(29)。『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系)シリーズの続編シリーズとして定着した井ノ原快彦主演の刑事もの『特捜9』に新メンバーの新藤亮役で加わったシリーズもseason3がスタート。今ではすっかりチームの一員に。若さを生かしたアクションシーンも見どころだ。俳優デビューを飾った『海賊戦隊ゴーカイジャー』(テレビ朝日系)から今年で10年目。1月期のドラマでは全くテイストの違う『SEDAI WARS』『ホームルーム』(いずれもMBS)の2本で主演を務めた。時代劇で徳川慶喜役に挑む岡田准一主演の映画『燃えよ剣』(公開延期)も控え、快進撃は続く。 @@insert4  ほかにセカンドシーズンとなる木村拓哉主演『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の間宮祥太朗(26)、『ギルティ~この恋は罪ですか?~』の町田啓太(29)らも要チェック。@@separator■千葉雄大・中村倫也ら…波に乗る30代前半の俳優たち  今年31歳になった千葉雄大は『いいね!光源氏くん』(NHK)がスタートし、「源氏物語」の世界から現代へと現れた平安貴族の光源氏役を、トレードマークのベビーフェイスを生かしつつ(烏帽子姿がよく似合う)好演中。光源氏が居候することになるOL役の伊藤沙莉との掛け合いもばっちりで、光源氏然とした品を保ちつつ、笑いを誘っている。昨年は新たなファンを獲得した『おっさんずラブ』(テレビ朝日)の続編『おっさんずラブ-in the sky-』で成瀬竜役を演じ、Sっ気のある役どころが人気を集めた。 @@insert5  こちらも放送中の『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)で主演を務めているのは中村倫也(33)。人気漫画家、東村アキコの原作を実写化したサスペンスだ。第1話では、明智と小池栄子演じるマグダラのマリアとの禁断のキスシーンがSNSで大盛り上がり。大人が楽しめるドラマになりそうだ。いわゆる“カメレオン俳優”として称されることの多い中村は、舞台での経験も多く、ヤクザ(映画『孤狼の血』)からゆるふわ男子(ドラマ『凪のお暇』/TBS)まで、どんな役でもなり切る確かな演技力で主演、助演を問わずに見るものを魅了。“一人7役”に挑戦する映画『水曜日が消えた』(5月15日公開)も楽しみだ。 @@insert6  ほか、7年ぶりとなる続編で大きな話題を集める『半沢直樹』(TBS系)に参戦の賀来賢人(30)や、歌手・浜崎あゆみが激動の半生を基につづったフィクション小説を連続ドラマ化した『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)の三浦翔平(31)、『私の家政夫ナギサさん』の瀬戸康史(31)も波に乗る。 ■田中圭・斎藤工ら…大人の色気と安定感が増す30代後半  2000年のデビュー以降、着実に作品を積み上げてきた田中圭(35)。近年では『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)シリーズでブームを作り、その後も『あなたの番です』(日本テレビ系)など活躍が止まらず、バラエティ番組の人気コーナー「グルメチキンレース ゴチになります!」(日本テレビ系)で見せる飾らない素顔も人気を押し上げている。今期は『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)と『らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜』(テレビ東京系)の2本に出演。天才遺伝子科学者に扮する『らせん~』では主演を務める。普通っぽさを兼ね備えながらの実はイケメンというバランスもよく、30代後半に入って増してきた色気がさらに人気を上げるだろう。 @@insert7  色気という意味ではかなり前からダダ漏れ感のある斎藤工(38)は『BG~身辺警護人~』に続投。現在、前シーズンが放送されており、先に挙げた間宮祥太朗とともにセカンドシーズンに向けた復習をしておきたい。斎藤は俳優として引っ張りだこで、待機する出演映画は『糸』『劇場版 ひみつ×戦士 ファントミラージュ! 〜映画になってちょーだいします〜』『騙し絵の牙』(いずれも公開延期)、『HERO~2020~』(6月19日公開)、『シン・ウルトラマン』(2021年公開)とずらり。本人はシネフィルとして知られ、アーティスト名「齊藤工」で監督業も務めている。現在、存続の危機に立たされているミニシアター支援を目的としたクラウドファンディング「ミニシアター・エイド基金」の呼びかけも行っている。 @@insert8  ほかにも『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系)の高橋一生(39)、『いいね!光源氏くん』(NHK)の桐山漣(35)らが20代には出せない大人の色気を内からにじませてくれるはず。  なかなか放送予定が見えないドラマも多いが、辛抱ののちに会えるイケメンたちに妄想をふくらませながら、コロナの収束を待ちたい。(文・望月ふみ)

  • (左から)篠原涼子、大泉洋

    『ハケンの品格』特別編 篠原涼子vs大泉洋 “ホッチキス対決”にネット歓喜

    エンタメ

     女優の篠原涼子が主演を務め、13年ぶりに新シリーズがスタートするドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の2007年に放送された前作を再編集した特別編『春子の物語 ハケンの品格2007特別編』(同系)が15日に放送され、篠原演じるヒロインの派遣社員と俳優の大泉洋扮する正社員のホッチキス対決のシーンに、ネット上には「やっぱり面白い」「爆笑」などの声が寄せられた。@@cutter 今回放送されるのは、13年ぶりに復活する新シリーズを前に“スーパーハケン”大前春子(篠原)の歴史に迫った特別編。数々の資格を所有し語学も堪能な時給3000円で特Aランクの派遣社員・春子の背景や彼女の仕事ぶり、さらに派遣先の食品商社「S&F」に所属する東海林武(大泉)や里中賢介(小泉孝太郎)ら正社員たちとの出会いを描いていく。  派遣社員に対して尊大な態度をとる東海林は、自らのミスが原因で春子から人前で恥をかかされてしまう。東海林が冷静な春子に突っかかっているところに部長の桐島(松方弘樹)がやってきて、大量の書類をホッチキスで止めて社内に配布するように彼女に指示する。すると東海林は桐島に対して「部長! その仕事、俺がこのハケンさんに手本見せますよ」と言い放つと、続けて「俺、もうこれ以上引き下がれませんので…ホッチキスで決着つけさせてください!」と大真面目な顔でぶち上げる。このシーンにネット上には「ホッチキス対決くるー!」「伝説のホッチキス対決や!!」といったコメントが集まった。  その後、春子と東海林は“謝罪”をかけて、1000部の書類を早く綴じるホッチキス対決で雌雄を決することに。春子と東海林が真剣な表情で次々と書類をホッチキスで綴じ、その姿を派遣社員と正社員が熱狂して応援する姿に、ネット上には「やっぱり面白いドラマだ〜」「謎のホチキス対決始まって爆笑」などの投稿も相次いでいた。

  • 水曜ドラマ『ハケンの品格』特別編『春子の物語 ハケンの品格2007特別編』の放送決定!

    『ハケンの品格』名シーン再び! “スーパーハケン”大前春子の歴史に迫る特別編放送

    エンタメ

     女優の篠原涼子が主演を務め、13年ぶりに新シリーズがスタートするドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/毎週水曜22時)。この度、新シリーズ放送の前に、“スーパーハケン”大前春子の歴史に迫る『春子の物語 ハケンの品格2007特別編』が4月15日と22日の22時から2週連続で放送されることが決定した。@@cutter 今回放送されるのは、13年ぶりに復活を果たす新シリーズを前に“スーパーハケン”大前春子の歴史に迫ることができる特別編。特Aランクの派遣社員で、時給がなんと3000円。看護師、助産師、ふぐ調理師、理容師、危険物取扱者、核燃料取扱主任者、車両系建設機械運転者など数々の資格を所持し、スペイン語、ロシア語が堪能。オフはスペインで過ごしフラメンコで男性を魅了する…といった謎が多すぎる春子だが、そんな彼女の歴史を振り返りながら、大泉洋、小泉孝太郎との三角関係、丁々発止など、『ハケンの品格』の魅力を余すことなく振り返ることができる内容となる。  2020年版ではこのお馴染みの3人をはじめ、勝地涼、上地雄輔らが前作に引き続き出演し、新メンバーとして杉野遥亮、吉谷彩子、中村海人(Travis Japan)、山本舞香、塚地武雅(ドランクドラゴン)、伊東四朗が加入。彼ら新メンバーがどのように今作で絡んでくるのか、想像と期待を膨らませながら特別編を楽しみたい。  『春子の物語 ハケンの品格2007特別編』第一夜・第二夜は、日本テレビ系にて4月15日、22日の22時より2週連続放送。

  • 水曜ドラマ『ハケンの品格』営業企画課集合ショット

    篠原涼子『ハケンの品格』、営業企画課集合ショット到着

    エンタメ

     女優の篠原涼子が主演を務め、13年ぶりに新シリーズがスタートするドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/4月15日から毎週水曜22時)より、篠原演じるスーパーハケン・大前春子が復帰する食品商社S&Fの営業戦略課のキャスト集合ショットが解禁された。@@cutter 中園ミホ脚本で、2007年1月期に放送され、篠原演じる一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の「〇〇ですがそれが何か?」というせりふが大きな話題となった前作。続編となる本作では、働き方改革や高齢化、副業、アウトソーシング、AI導入など、働き方もカオスと化した令和の時代を舞台に、篠原演じるスーパーハケン大前春子が再び大活躍する。  篠原のほか、前作に引き続き小泉孝太郎、大泉洋、勝地涼、上地雄輔らが続投し、新たに山本舞香、吉谷彩子、杉野遥亮、塚地武雅、中村海人(Travis Japan)、伊東四朗が出演。大泉洋も特別出演を果たす。  解禁されたのは本作の舞台となる食品商社S&F営業戦略課メンバーの集合ショット。前作では主任だった里中賢介(小泉)が課長、前作では平社員だった浅野務(勝地)が主任を務めるこの課には、今作から登場する営業企画課課長・宇野一平(塚地)、新入社員の井手裕太郎(杉野)、三田貴士(中村)、派遣社員の福岡亜紀(吉谷)や千葉小夏(山本)など豪華なキャストが集結する。  さらに課の社員には、きったん、ラブ守永、マンマーレ、キサラギ富樫、早出明弘、ノブナガ信太、こじらせハスキー橋爪、第2PKせーや、シロたろし、はしこばし橋田、シロクマズ山本ら芸人が大集合。春子を中心としたオフィスでの丁々発止はもちろん、様々な出演者の表情豊かなリアクションなどに期待だ。  ドラマ『ハケンの品格』は、日本テレビ系にて4月15日より毎週水曜22時放送。

  • 水曜ドラマ『ハケンの品格』チェーンソーを持つ篠原涼子の場面写真

    『ハケンの品格』初映像解禁 篠原涼子が大泉洋に「このくるくるパーマ…」

    エンタメ

     女優の篠原涼子が主演を務め、13年ぶりに新シリーズがスタートするドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/4月15日から毎週水曜22時)より、初の本編公開となる第1話の映像と鈴木雅之が歌う主題歌「Motivation」の入ったPRスポットが解禁された。@@cutter 前作は2007年1月期に放送され、篠原演じる一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の「〇〇ですがそれが何か?」というせりふが大きな話題となった、中園ミホ脚本による連続ドラマ。続編となる本作では、働き方改革や高齢化、副業、アウトソーシング、AI導入など、働き方もカオスと化した令和の時代を舞台に、篠原演じるスーパーハケン大前春子が再び大活躍する。  かつての勢いを失った食品商社S&Fで、営業戦略課の課長になった里中賢介(小泉孝太郎)はつぶやく。「今、彼女が来てくれたら…」。当時を知る浅野(勝地涼)が聞く。「まさかあの人呼ぶんですか」。  「私を雇って後悔はさせません。三ヶ月間お時給の分はしっかり働かせていただきます」。こうして、伝説のスーパーハケン大前春子(篠原)は戻ってきた。「とっくりが舞い戻ったって本当か!」。旭川支社長補佐の東海林武(大泉洋)は春子との再会に感激するが、完全に無視されるのだった。  そんな中、停泊するクルーザー上での社運をかけた商談で、通訳を任される春子。しかし商談は決裂寸前。すると里中の携帯が鳴る。新人ハケンの小夏(山本舞香)からだった。「助けてください。人事部の人達に監禁されて…」。ハケンの亜紀(吉谷彩子)が社員からセクハラされているのを、小夏が匿名で告発したら、軟禁されてしまったらしい。クルーザー上の春子と里中、保養所に監禁された小夏たち、研修中の東海林。実はこの後、春子の決断で彼らの身にトンデモない出来事が同時に起ころうとしていた…。  PRスポットでは、昔と変わらない「このくるくるパーマ…」のやりとりから、新メンバーそれぞれの姿、そして13年の時を経てさらにパワーアップした大前春子まで、出し惜しみしない仕上がりとなっている。本編&主題歌初解禁となるPRスポットは、地上波放送と日テレ公式Youtubeにて配信。  併せて解禁された新カットでは、チェーンソーを持った春子(篠原)の姿が捉えられている。  ドラマ『ハケンの品格』は、日本テレビ系にて4月15日より毎週水曜22時放送。

  • 水曜ドラマ『ハケンの品格』今作(2020年版)のポスタービジュアル(ロゴ、コピーなし)

    13年前と変わらぬ美しさ! 篠原涼子『ハケンの品格』美脚ポスター解禁

    エンタメ

     女優の篠原涼子が主演を務め、4月15日から13年ぶりに復活するドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/毎週水曜22時)より、ポスタービジュアルが解禁。13年前の『ハケンの品格』と同じ構図となった本作のポスターでも、篠原は変わらぬ美脚を披露している。@@cutter 前作は2007年1月期に放送され、篠原演じる一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の「〇〇ですがそれが何か?」というせりふが大きな話題となった、中園ミホ脚本による連続ドラマ。続編となる本作では、働き方改革や高齢化、副業、アウトソーシング、AI導入など、働き方もカオスと化した令和の時代を舞台に、篠原演じるスーパーハケン大前春子が再び大活躍する。篠原のほか、前作に引き続き小泉孝太郎、大泉洋、勝地涼、上地雄輔らが続投し、新たに山本舞香、吉谷彩子、杉野遥亮、塚地武雅、中村海人(Travis Japan)、伊東四朗が出演する。  前作から13年―。時代は、平成から令和となり、日本人の仕事に対する考え方、彼らを取り巻く環境は大きく変化。『ハケンの品格』のポスターも、構図は全く同じに制作されたが、背景は重厚な部屋からシティービューな部屋に変わり、春子を取り巻く社員の中には女性がいたり、彼らが持つ紙資料がPC、タブレットになっていたりと「働き方改革」「IoT社会」など時代の変化が見て取れる。  しかし、そんな中でも“スーパーハケン”大前春子は髪型、スタイル、衣装など、13年もの時が経とうと、社会を取り巻く環境がどう変化しようと、前作と変わらないまま。そして実は、春子を取り巻く外国人も3名は全く同じ人。篠原が来ている衣装も13年前と全く同じものという、ちょっとした仕掛けが組まれている。  そんなポスターは、4月1日より汐留地下歩道ライティングウォール、4月6日よりJR東日本首都圏全線のドア横などに掲出予定だ。  ドラマ『ハケンの品格』は、日本テレビ系にて4月15日より毎週水曜22時放送。

  • 水曜ドラマ『ハケンの品格』の主題歌を担当する鈴木雅之

    『ハケンの品格』主題歌は鈴木雅之 東京ゲゲゲイとのコラボも

    エンタメ

     女優の篠原涼子が主演を務め、4月15日から13年ぶりに新シリーズがスタートするドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の主題歌が、鈴木雅之の歌う「Motivation」 に決まった。@@cutter 前作は2007年1月期に放送され、篠原演じる一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の「〇〇ですがそれが何か?」というせりふが大きな話題となった、中園ミホ脚本による連続ドラマ。続編となる本作では、働き方改革や高齢化、副業、アウトソーシング、AI導入など、働き方もカオスと化した令和の時代を舞台に、篠原演じるスーパーハケン大前春子が再び大活躍。小泉孝太郎、大泉洋も前作から続投する。  主題歌「Motivation」を歌う鈴木は、今年でデビュー40周年。同曲はドラマ放送開始日と同じ4月15日に発売される40th Anniversaryアルバム『ALL TIME ROCK ’N’ ROLL』に収録されている。ドラマ内ではアーティスト集団・東京ゲゲゲイとタイトルバックで初コラボ。東京ゲゲゲイが振り付けを担当したオリジナルダンスと共に披露され、華やかな歌声と“キテレツメンタルワールド”がドラマを彩る。  鈴木は「今年、デビュー曲『ランナウェイ』から40周年を迎えることができました。その記念すべき年に、ドラマ『ハケンの品格』の主題歌を担当させていただくことになり、ドラマ制作チームから『思わず踊り出したくなるナンバーを』というオーダーを受けて制作に臨み、40周年のヒストリーには欠かせないファンクテイストな一曲『Motivation』が完成しました」と報告。  楽曲については「より豊かな明日に向けて進んでいこうという意味も込められたラヴソングに仕上がっています」と話し、「昨今の世情を顧みるに、モチベーション上げて前向きに日々を過ごす糧となっていただけたら嬉しいです」としている。  ドラマ『ハケンの品格』は、日本テレビ系にて4月15日より毎週水曜22時放送。

  • 水曜ドラマ『ハケンの品格』場面写真(左から)篠原涼子、大泉洋、小泉孝太郎

    『ハケンの品格』篠原涼子&大泉洋&小泉孝太郎、3ショット公開

    エンタメ

     女優の篠原涼子が主演を務め、4月15日から13年ぶりに復活するドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/毎週水曜22時)より、前作でも話題になっていた三角関係(?)となる、春子(篠原)、里中賢介(小泉孝太郎)、東海林武(大泉洋)の3ショット場面写真が解禁された。@@cutter 前作は2007年1月期に放送され、篠原演じる一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の「〇〇ですがそれが何か?」というせりふが大きな話題となった、中園ミホ脚本による連続ドラマ。続編となる本作では、働き方改革や高齢化、副業、アウトソーシング、AI導入など、働き方もカオスと化した令和の時代を舞台に、篠原演じるスーパーハケン大前春子が再び大活躍。小泉、大泉も前作から続投する。  解禁された場面写真は、実に13年ぶりの春子、里中、東海林の3ショットとなるが、「とっくり!」「くるくるパーマ!」が飛び交う「春子と東海林のバトル、それをなだめる里中」の構図は、相変わらず健在の様子。  第1話(4月15日放送)では、かつての勢いを失った食品商社S&Fで、営業戦略課の課長になった里中賢介(小泉)はつぶやく。「今、彼女が来てくれたら…」。こうして、伝説のスーパーハケン大前春子(篠原)は戻ってきた。「とっくりが舞い戻ったって本当か!」と、旭川支社長補佐の東海林武(大泉)は春子との再会に感激するが、完全に無視されるのだった。  そんな中、停泊するクルーザー上での社運をかけた商談で、通訳を任される春子。しかし商談は決裂寸前。すると里中の携帯が鳴る。新人ハケンの小夏(山本舞香)からだった。「助けてください。人事部の人達に監禁されて…」。ハケンの亜紀(吉谷彩子)が社員からセクハラされているのを小夏が匿名で告発したら、軟禁されてしまったらしい。クルーザー上の春子と里中、保養所に監禁された小夏たち、研修中の東海林。実はこの後、春子の決断で彼らの身にトンデモない出来事が同時に起ころうとしていた…。  ドラマ『ハケンの品格』は、日本テレビ系にて4月15日より毎週水曜22時放送。

  • 『ハケンの品格』への続投が決まった大泉洋

    大泉洋『ハケンの品格』緊急参戦! “とっくり!”“くるくるパーマ!”篠原涼子とのバトル再び

    エンタメ

     女優の篠原涼子が主演を務め、4月15日から13年ぶりに新シリーズがスタートするドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/毎週水曜22時)に、前作にも出演していた俳優の大泉洋が緊急参戦することが発表された。@@cutter 前作は2007年1月期に放送され、篠原演じる一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の「〇〇ですがそれが何か?」というせりふが大きな話題となった、中園ミホ脚本による連続ドラマ。続編となる本作では、働き方改革や高齢化、副業、アウトソーシング、AI導入など、働き方もカオスと化した令和の時代を舞台に、篠原演じるスーパーハケン大前春子が再び大活躍。脚本も中園が担当する。  大泉演じる東海林武は、春子の派遣先「S&F」の正社員だが、前作ラストで名古屋支店へ異動に。大前春子との恋の行方も不透明なままだったが、13年の時を経た今、一体どんな関係になっているのか…。「とっくり!」「くるくるパーマ!」と、当時も話題になった春子との掛け合いも注目される。  大泉は「続編のお話をいただいた時には既に舞台の出演が決まっていまして…。しかし『ハケンの品格』は私にとって非常に思い出深い作品ですので何としても出たい、とスケジュールなど色々調整し、何とか出演できる事になりました。確か前作の時も舞台とスケジュールが被っていたような気がします。不思議な話ですが、なんであれまた出演させていただけるのは光栄ですし、13年ぶりにまた皆さんにとお会いできると思うと今からとても楽しみです」とコメント。  また「台本を見る限りまた篠原さん演じる大前春子とやり合う事になりそうですので、是非楽しみにお待ちください」としている。  ドラマ『ハケンの品格』は、日本テレビ系にて4月15日より毎週水曜22時放送。

  • 『ハケンの品格』篠原涼子フラメンコ場面写真

    篠原涼子、13年前と変わらぬプロポーション!『ハケンの品格』フラメンコカット解禁

    エンタメ

     女優の篠原涼子が主演を務め、4月15日から13年ぶりに新シリーズがスタートするドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/毎週水曜22時)より、主人公・大前春子のフラメンコカットが解禁された。@@cutter 前作は2007年1月期に放送され、篠原演じる一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の「〇〇ですがそれが何か?」というせりふが大きな話題となった、中園ミホ脚本による連続ドラマ。続編となる本作では、働き方改革や高齢化、副業、アウトソーシング、AI導入など、働き方もカオスと化した令和の時代を舞台に、篠原演じるスーパーハケン大前春子が再び大活躍。脚本も中園が担当する。  主演の篠原のほか、小泉孝太郎、勝地涼、上地雄輔ら13年前から続投のキャストに加え、杉野遥亮、吉谷彩子、山本舞香、中村海人(Travis Japan)、塚地武雅、伊東四朗ら新キャストも登場する。  主人公の大前春子は、いくつもの資格を持ち、どんな業務でも淡々かつ最速でこなし、会社の空気を一切読まず残業はしない。そして、派遣期間が過ぎると颯爽と姿を消す、特Aクラスのスーパー派遣。そんないつもクールな春子だが、オフの時は一人の女性の顔を見せる。  今回解禁されたのは、春子がオフの時に見せる“ギャップ”の部分ともいえるフラメンコ姿を捉えたカット。撮影現場で篠原は、13年前と変わらないプロポーションで情熱的な踊りを披露し、スペイン人のエキストラたちから大きな歓声と拍手が沸き起こったという。  ドラマ『ハケンの品格』は、日本テレビ系にて4月15日より毎週水曜22時放送。

  • 水曜ドラマ『ハケンの品格』続投が決まった(上段左から)今作での上地雄輔、勝地涼と(下段左から)13年前の2人のビジュアル

    勝地涼&上地雄輔、『ハケンの品格』続投 主任昇進&就職してカムバック!

    エンタメ

     女優の篠原涼子が主演を務め、4月15日から13年ぶりに新シリーズがスタートするドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/毎週水曜22時)に、前作に出演していた俳優の勝地涼、上地雄輔が続投することが発表された。@@cutter 前作は2007年1月期に放送され、篠原演じる一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の「〇〇ですがそれが何か?」というせりふが大きな話題となった、中園ミホ脚本による連続ドラマ。続編となる本作では、働き方改革や高齢化、副業、アウトソーシング、AI導入など、働き方もカオスと化した令和の時代を舞台に、篠原演じるスーパーハケン大前春子が再び大活躍。脚本も中園が担当する。  13年前、S&Fの新入社員だった勝地演じる浅野務は、主任に昇進した一方で、思い込みや前のめりゆえの失敗も多い性格は昔と変わらず。同じく13年前、パソコンスキルが高い派遣社員だった上地演じる近耕作は、派遣元であるハケンライフの正社員として就職するが、仕事に振り回される日々を過ごしている、という役どころ。  勝地は「前作の撮影中に『パート2やれたらいいね』と話していましたが、まさか13年の時を経て復活するとは思っていませんでしたし、続編をできる事は役者にとってとても光栄な事です!」と話した上、「13年の時を経て、生活も、働き方も変化してはいますが、時代にブレない大前春子がどのような活躍を見せてスカッとさせてくれるのか、僕も楽しみにしています」と期待する。  上地は「『13年』もの時が経ってのパート2はあまり聞かない話なので、少し不思議な感覚でもありますが、出演者、スタッフの皆さんとまたご一緒できるのはとても嬉しいです。13年前は僕もまだ20代で、足らないところもあったと思うので…、是非今回は皆さんに恩返しできたらと思っています」と意気込んでいる。  一方、前作の『ハケンの品格』が、3月11日12時よりTVerにて無料配信されることも決まった。  ドラマ『ハケンの品格』は、日本テレビ系にて4月15日より毎週水曜22時放送。

  • 水曜ドラマ『ハケンの品格』クランクインした篠原涼子

    篠原涼子、『ハケンの品格』クランクイン! 13年前共演の馬の子孫とまさかの遭遇

    エンタメ

     女優の篠原涼子が主演を務め、4月15日から13年ぶりに新シリーズがスタートするドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/毎週水曜22時)が、好天のスペインで縁起の良いクランクインを迎えた。@@cutter 前シリーズは2007年1月期に放送され、篠原演じる一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の「〇〇ですがそれが何か?」というせりふが大きな話題となった、中園ミホ脚本による連続ドラマ。続編となる本作でも、大前春子を篠原が演じ、脚本を中園が担当。俳優の小泉孝太郎が前作で演じた里中賢介役を続投するほか、山本舞香、吉谷彩子、杉野遥亮、塚地武雅、中村海人(Travis Japan)、伊東四朗が出演する。  3月上旬、13年ぶりに“大前春子”になった篠原が現場に登場すると、集まったスタッフから大きな拍手が起こった。  最初のシーンは、春子がオフで過ごしているスペインのとある村。春子が村から馬車で去るシーンからのスタートとなったが、この馬車は、なんと13年前、同様のシーンで使われたのとまったく同じ馬車。さらに馬車を引くのは、13年前に出演した馬の子供と孫だという。  その驚きの事実に、篠原はスタッフと一緒に盛り上がり、撮影の合間には馬と一緒に写真を撮るなどして、好天のなか終始穏やかな雰囲気で撮影は進行。さらに終了後、スペインの子役たちと写真撮影をした際には空に虹が架かるサプライズが起こり、縁起の良い滑り出しとなった。  主演の篠原は「ついに13年ぶりのハケンの品格の幕が上がりました。当時着ていた衣装が出てきたり、同じ馬車が出てきたり、スタッフみんなの作品への愛とこだわりをいろんなところで感じています」と現場の印象を明かし、「チーム一丸となり新たな気持ちで頑張ります!」と意欲をみなぎらせた。  ドラマ『ハケンの品格』は、日本テレビ系にて4月15日より毎週水曜22時放送。

  • 水曜ドラマ『ハケンの品格』(2020年4月期)発表された追加キャスト陣ビジュアル(上段左から)杉野遥亮、吉谷彩子、(中段左から)山本舞香、中村海人(Travis Japan)、(下段左から)塚地武雅(ドランクドラゴン)、伊東四朗

    山本舞香、『ハケンの品格』で新卒の派遣社員に 杉野遥亮&吉谷彩子ら追加キャストも発表

    エンタメ

     女優の篠原涼子が主演を務め、4月15日から13年ぶりに新シリーズがスタートするドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の追加キャストとして、女優の山本舞香、吉谷彩子、俳優の杉野遥亮らの出演が発表された。@@cutter 前シリーズは2007年1月期に放送され、篠原演じる一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の「〇〇ですがそれが何か?」というせりふが大きな話題となった、中園ミホ脚本による連続ドラマ。続編となる本作でも、大前春子を篠原が演じ、脚本を中園が担当する。  山本は、就活中は大手企業を受けるもすべて不合格でハケンの道を選んだ、新卒の派遣社員・千葉小夏役。「ドラマのテーマでもあり、私が演じさせていただく小夏の『派遣社員』という仕事、立場はわからない事も多いですが、演じながら学び、理解を深めていけたらと思っています」とコメントしている。  杉野は、親戚のつてを使ってS&Fにコネ入社した新入社員・井手裕太郎役。「『ハケンの品格』は母親が目を輝かせながら観ていたドラマ。その横でちょこんと座っていた僕が、その世界に入る事。憧れの上司、大前春子さんと一緒に働けるかもしれない事に胸の高鳴りが止まりません。と、同時に僕と同世代の社会人の方が考え、今感じている事を『伝えたい』と強く思ってます」と意気込む。  吉谷は、辛い過去体験がトラウマで契約更新毎におびえる中堅ハケン・福岡亜紀役を演じる。「私が演じる亜紀は中々自分の事を上手く口に出せない子で、きっと共感してくれる人も多いと思うので、できる限り精一杯演じさせていただきたいです」としている。  このほか、S&F営業事業部・部長で、春子とは真逆でとにかく調子が良い男・宇野一平役に、ドランクドラゴンの塚地武雅。趣味はSNSと株式投資で、起業家セミナーなどにも通う「意識高い」系新入社員・三田貴士役に、ジャニーズJr.内ユニットTravis Japanのメンバーで、連続ドラマ初レギュラーとなる中村海人。一見人当たりが良いが、実は「社員ファースト」のハケン嫌いなS&F新社長・宮部蓮三役に伊東四朗が決まった。  ドラマ『ハケンの品格』は、日本テレビ系にて4月15日より毎週水曜22時放送。

  • 水曜ドラマ『ハケンの品格』続投が決まった小泉孝太郎の(左から)現在のビジュアルと13年前のビジュアル

    小泉孝太郎、13年ぶり『ハケンの品格』で続投決定 大前春子との恋の行方は?

    エンタメ

     俳優の小泉孝太郎が、女優の篠原涼子主演で4月から13年ぶりに新シリーズがスタートするドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系/毎週水曜22時)で、前作で演じた里中賢介役を続投することが発表された。@@cutter 前シリーズは2007年1月期に放送され、篠原演じる一匹狼の最強ハケン社員・大前春子の「〇〇ですがそれが何か?」というせりふが大きな話題となった、中園ミホ脚本による連続ドラマ。続編となる本作でも、大前春子を篠原が演じ、脚本を中園が担当する。  小泉演じる里中賢介は、13年前はマーケティング課の主任だったが、「ハケン弁当」の大成功も後押しし、営業事業部営業企画課・課長に出世。しかし近年の「働きかた」の複雑化やそれぞれの立場によっての矛盾や対立が増え、それでも良い管理職であろうと不器用に汗をかく毎日…。会社の未来に漠然とした不安を抱き、右肩下がりの会社とその社員たちに良い刺激を与えようと、一大決心で、“スーパーハケン”大前春子を呼び出す。  果たして里中は、揺らぐ会社(S&F)を建て直すことができるのか。そして大前春子との恋の行方は…。  小泉は「復活を聞いた時は、もちろん嬉しかったですが、『本当に…?』とちょっと信じられない思いの方が強かったです。ただ、今日衣装合わせをして、スタッフさんと会って、役柄・共演者の話をしてく中で徐々に実感が沸いてきました。また大前春子に会えると思うと…視聴者の皆さんと同じくらい楽しみです」と期待を膨らませる。  そして、自身の役どころについて「僕が演じる里中は、主任から課長に昇進してはいますが、彼の持つ人柄は変わっておらず、立場が変わったからこその悩みや目線は、きっと視聴者に近いものだと思うので、里中を通していろんなことを感じていただけたら嬉しいです」とコメントを寄せた。  ドラマ『ハケンの品格』は、日本テレビ系にて4月より毎週水曜22時放送。

  • 水曜ドラマ『ハケンの品格』ビジュアル

    篠原涼子、あの“スーパーハケン”が13年ぶりに帰ってくる!『ハケンの品格』4月スタート

    エンタメ

     女優の篠原涼子が主演し、2007年に放送されたドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)の続編が、4月にスタートすることが分かった。篠原は13年ぶりに一匹狼の最強ハケン社員・大前春子を演じる。@@cutter 『ハケンの品格』は、2007年1月期に放送され、篠原演じる主人公の「〇〇ですがそれが何か?」という台詞が当時大きな話題となった、中園ミホ脚本による連続ドラマ。続編となる本作でも、主人公の大前春子を篠原が演じ、脚本を中園が担当する。  新卒で会社に就職し正社員になれば将来は安泰、という雇用システムは終わりを告げ、「サラリーマンになれば一生安泰」という考えは幻想となった現代。「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI導入」「過労死」…、日本人の仕事に対する考え方も大きな変化を見せている。そんなカオスと化したこの令和の時代、スーパーハケン・大前春子はどんな働き方をしているのか…。本作は、そんな新しい時代に働く者の品格を問うドラマとなる。  篠原は「時代も平成から令和になり、“働き方改革”が謳われる世の中で、スーパーハケンの大前春子がどのように働き、生きて行くのか、私自身も今から演じるのを楽しみにしておりますので、視聴者の皆様にも楽しみにお待ち頂けたらと思います」とコメントした。  一方、13年前と比べ、「ハケンの皆さんを取り巻く環境は改善されず、むしろ厳しくなっていると感じます」と語る中園は、「それでも笑顔で働き続ける彼女たちこそ、日本の宝!と私は思います。すべての働く女性たちにエールを送れるよう、新たな『ハケンの品格』に取り組んでいます。ご期待ください!」と意気込みを語った。  篠原涼子が主演する、ドラマ『ハケンの品格』の続編は、日本テレビ系にて4月より毎週水曜22時放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access