ファイナルファンタジーXIV~光のお父さん~ 関連記事

  • 『劇場版 ファイナルファンタジーXIV光のお父さん』ポスタービジュアル

    坂口健太郎×吉田鋼太郎『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』公開決定

    映画

     俳優の坂口健太郎と吉田鋼太郎がダブル主演で親子役を演じる『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』が6月21日より全国公開されることが決定。ポスタービジュアルと特報映像が解禁された。@@cutter 本作は、息子であることを隠して父とオンラインゲームをプレイする日々をつづったブログが原作。このブログ連載はたちまち人気を集め、累計アクセス数は1000万を突破、最終回がYahoo!ニュースで取り上げられるほど話題となった。書籍化や地上波でのドラマ化もされている。  今回の劇場版では、息子・岩本アキオ役を坂口、父・岩本暁役を吉田が演じるほか、アキオの会社の同僚・里美役に佐久間由衣、アキオの妹・美樹役に山本舞香、アキオの会社の先輩・吉井役に佐藤隆太、アキオの母親役に財前直見が決定。監督は野口照夫(実写パート)と 山本清史(ゲームパート)。  「この人が死んだとき、泣いたりするんだろうか」。自分が子供の頃から、何を考えているのか全く分からなかった父の背中を見て、心の中でそうつぶやくアキオ(坂口)。仕事一筋で単身赴任中だった父(吉田)が、突然会社を辞めて家に帰って来たのだ。一日中ボーっとテレビを見ている父を、母と妹も遠巻きに眺めている。父の本音を知りたい、そんな願いに突き動かされたアキオに、ある計画がひらめく。アキオの得意なオンラインゲーム『ファイナルファンタジーXIV』の世界に父を誘導し、自分は正体を隠して、共に冒険に出るのだ。その名も<光のお父さん計画>。アキオは顔も本名も知らないゲーム仲間たちに協力を呼び掛け、励まされる。だが、この時のアキオは思いもしなかった。父に家族も知らない意外な顔があるとは─。  ポスターには、パソコンの画面をほほ笑みながら見つめるアキオと、対照的に険しい表情、慣れない様子でコントローラーを手にする暁の姿が。その2人を結ぶかのように、中央にはアキオがファイナルファンタジーXIV内で使用するキャラクター・マイディーに向かって、暁が使用するキャラクター・インディがひざまずこうとする姿が切り取られており、実世界とゲームの世界で全く違う2人の関係性を感じさせるビジュアルとなっている。  特報映像は「いつからだろう? 父との間に会話がなくなったのは…」というアキオの切ない言葉で始まり、暁の“堅物な父親像”や父と子のすれ違いが伝わってくる。その後、ファイナルファンタジーXIVの映像とともに、アキオの「“父を知るための秘密の”光のお父さん計画」が明かされる。最後は、暗い部屋で必死でテレビに向かって慣れない手つきでゲームをプレイする姿をアキオに見つかってしまう暁の気まずそうな表情。ゲームの世界で築かれたマイディーとインディの絆の一方、実世界でのアキオと暁の関係性は果たしてどうなるのか、今後の展開を期待させる映像となっている。  『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』は6月21日より全国公開。

  • 『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』製作発表記者会見に出席した、千葉雄大

    千葉雄大、FF実写ドラマは「スケールが大きい」 大杉漣とゲームを通じて芝居

    エンタメ

     俳優の千葉雄大が23日、ゲーム『ファイナルファンタジー』初の実写ドラマ化となる『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』製作発表記者会見に登壇した。実写とゲームを織り交ぜた構成となっている本作。千葉は「ゲーム画面を見ながら、僕たちはお芝居をするのですが、全く初めての経験だったので、勝手がわからなくて難しかったです。実際に、大杉漣さん演じるお父さんとゲームを通じてお芝居をするのですが、画面から温度を感じることができたので、すごくやりやすかったです」と述懐した。@@cutter 司会者から「完成したドラマの感想をうかがってもよろしいですか?」と質問された千葉は「自分の知らないシーンやゲームパートの場面などもあり、現場はアットホームだったのですが、スケールの大きいドラマになっていて、びっくりしました」と明かす。撮影現場では多くの差し入れがあったようで、千葉は「おなかも満たされて、いい感じでお芝居に向かうことができました」と白い歯を見せていた。  本作はマイディーによるブログ『一撃確殺SS日記』内の記事のひとつが原作。ゲームに熱中するサラリーマンのアキオ(千葉)と60歳を超えてオンラインゲームに夢中になった父・博太郎(大杉)が、オンラインゲーム内で互いを理解して距離を縮め、親子の絆を取り戻す。  ほか、当日はヒロイン・正田陽子役の馬場ふみか、エンディングテーマを担当するSILENTSIREN、マイディー役の声を担当する南条愛乃、野口照夫監督、山本清史監督、吉田直樹プロデューサーが登壇。ドラマ『光のお父さん』はMBSで4月16日スタート、毎週日曜24時50分から。TBSでは4月18日から毎週火曜25時28分から放送。

  • FF通した親子愛のドラマ『光のお父さん』場面ショット

    千葉雄大、FFシリーズ初の実写ドラマ『光のお父さん』で主演に! 父親役は大杉漣

    エンタメ

     人気オンラインRPGゲーム『ファイナルファンタジーXIV』をテーマに、親子の絆を描く一風変わったドラマ『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』が4月から放送されることが分かった。主演は現在、注目を集めている若手俳優の千葉雄大。父親役として、大杉漣が出演する。@@cutter ドラマの原作は、ゲーム『ファイナルファンタジーXIV』プレイヤーの人気ブログ。タイトルは、様々なジャンルのオンラインゲームやプラモデルなどを題材にしたブログ『一撃確殺 SS 日記』内の記事のひとつだった。ブログ主と父を巡る実話を基にした内容は、各種ニュースサイトでも話題を集めた。  本作では、仕事にゲームに奮闘する等身大の若者を千葉雄大が熱演。オンラインゲームのリアルなプレイヤー像を演じる一方、大杉漣は仕事一筋で60歳を超えてから、オンラインゲームにハマってしまった父親を熱演。たがいに「秘密」を抱えながらも、ゲーム内の世界で相手を理解し、次第に距離を縮めていくという親子関係を描いたヒューマンドラマとなっている。  ドラマ『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』は、MBS/TBSのドラマイズム枠で放送。MBSは4月16日スタート、毎週日曜24時50分から。TBSは4月18日スタート、毎週火曜25時28分から。

あわせて読みたい

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access