クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

浦安鉄筋家族 関連記事

  • ドラマ24『浦安鉄筋家族』追加キャストビジュアル(上段左から)広瀬アリス、MEGUMI、(下段左から)バッファロー吾郎A、ぺこぱ・シュウペイ

    広瀬アリス、原作をこよなく愛する『浦安鉄筋家族』出演 ぺこぱ・シュウペイら追加キャスト発表

    エンタメ

     俳優の佐藤二朗が主演を務めるドラマ『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)の追加キャストとして、女優の広瀬アリスやMEGUMI、お笑い芸人のバッファロー吾郎A、ぺこぱ・シュウペイの出演が発表された。@@cutter 「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で25年以上にわたり連載を続けている浜岡賢次による人気ギャグ漫画シリーズ『浦安鉄筋家族』初のドラマ化となる本作は、千葉県浦安市に住むパワフルな一家・大沢木家が巻き起こす、どんなささいな出来事もドンチャン騒ぎになってしまう家族のエクストリーム・ホームコメディー。佐藤演じる大鉄をはじめ、個性豊かな大沢木家メンバーや近所に住む仲間たちが、“常に全力”で愛らしい浦安の日常を繰り広げる。ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日)シリーズの瑠東東一郎がチーフ監督、劇団・ヨーロッパ企画の上田誠が脚本を担当する。  広瀬アリスが演じるのは、真面目で優秀な教師・長崎屋奈々子。大沢木家の次男・小鉄(斎藤汰鷹)のクラスの副担任であり、担任である春巻(大東駿介)の奇行にあきれ気味で、容赦のないツッコミを入れる。  小学生の時から原作をこよなく愛しており、本作のドラマ化決定のニュースを見て「あれ?出たいんだけど、聞いてないな話」と思ったと笑う広瀬。「私が演じる奈々子先生は、どうしようもない小学生をまとめられる唯一の人です。でも今回は思った以上に、ちょっと大きくやっちゃいました(笑)」と語った上、「いつか最終話あたりでちょろっとでいいので、どこかの後ろで春巻先生をめちゃくちゃ説教しているシーンがあったらいいなと思います(笑)。あの先生は原作にも出てくる最高のキャラクターなんですけど…実際に演じる大東さんを見ていたら、本当に言い方悪いですけど、言葉選ばずに言うなら…腹が立ちます(笑)」とコメントした。  MEGUMIが演じるのは、大沢木家の隣に引っ越してきた関西人一家・西川家のドケチ主婦であり、小鉄の同級生・西川のり子の母役。  また、バッファロー吾郎Aは、西川のり子の父役を演じる。大沢木家の天敵の隣人、かつ大鉄と同じタクシードライバーであり商売敵。西川家が貧乏生活を強いられることになる諸悪の根源で、根っからのギャンブル好きという役どころだ。  ドラマ初出演となるぺこぱ・シュウペイは、順子(水野美紀)とのり子母のケンカに巻き込まれ、なぜか絡まれてしまうスーパーの店員役を演じる。原作の大ファンで、番組公式ツイッターの出演者募集にメッセージを送ったことから、出演が決まったという。  ドラマ24『浦安鉄筋家族』はテレビ東京系にて毎週金曜24時12分放送。

  • 岸井ゆきの

    岸井ゆきの、セーラー服でケーキをパクリ!『浦安鉄筋家族』オフショットに「かわいすぎ」の声

    エンタメ

     女優の岸井ゆきのが10日にインスタグラムを更新し、同日にスタートした出演中のドラマ『浦安鉄筋家族』のオフショットを公開。ドラマの衣装でもあるセーラー服を着た岸井がケーキを食べる姿に、ファンからは「セーラー服違和感なさすぎ」「かわいすぎ」「天使…」などの声が集まっている。@@cutter 岸井が「こんばんは 調子はどうですか?」と投稿したのは、10日深夜に初回の放送を迎えたドラマ『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)の複数のオフショット。1枚目は、セーラー服姿の岸井をはじめ、主演の佐藤二朗や水野美紀らといったキャスト陣と、オープニング曲を歌うサンボマスターの面々のにこやかな集合写真。続く2枚目の写真は、同じくセーラー服を着た彼女が「日本アカデミー賞」の新人俳優賞受賞を祝うケーキを笑顔で食べている様子をアップで撮影したもの。そして3枚目にはケーキを食べている岸井の姿を遠くから撮影した写真が公開されている。  ドラマ『浦安鉄筋家族』は、浜岡賢次が雑誌「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載中の同名漫画を実写化したホームコメディー。パワフルで極端な大沢木家が巻き起こす騒動をハイテンションかつユーモラスに描いていく。本作で岸井は大沢木家の長女・桜を演じている。  劇中で来ているセーラー服姿で写真に収まる彼女に対して、ファンからは「セーラー服違和感なさすぎです」「制服姿ちょー似合ってますね」といった投稿が相次ぎ、さらに「かわいすぎ…」「天使…大好きです」などのコメントも多数寄せられている。   引用:「岸井ゆきの」インスタグラム(@yukino_kishii)

  • 『浦安鉄筋家族』第1話より

    今夜スタート『浦安鉄筋家族』 佐藤二朗主演、“地上波ギリギリ”でドラマ化

    エンタメ

     シリーズ累計4400万部超えの大人気ギャグ漫画原作を俳優の佐藤二朗主演で初実写化したドラマ『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)が今夜10日スタートする。@@cutter ドラマ『浦安鉄筋家族』は、漫画家・浜岡賢次が雑誌「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載中の同名漫画を実写化。パワフルで極端な家族が巻き起こすホームコメディーだ。佐藤のほかには、水野美紀、岸井ゆきの、本多力、染谷将太、松井玲奈、滝藤賢一らが出演。脚本をヨーロッパ企画の上田誠が、監督を『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)の瑠東東一郎が手掛ける。  藤田絵里花プロデューサーは本作に関して、「原作は、人間が投げられたり、食べられたり、凍ったり、漂流したり…とにかくハチャメチャです。地上波のコンプライアンスが厳しくなってきた昨今、一番実写化に向いていない作品なのではないかとも思います(笑)。がしかし、その中に垣間見える<浦安>に住む人々の生活感やご近所関係がどこか愛らしい作品でもあります。『テレビ東京にしかできない』いえ、浦安市出身で原作をこよなく愛する『私にしかできない』ドラマ作りにチャレンジしたいと思います」とコメントしている。 ■第1話「大鉄ノースモーキン」  限りなく東京に近い千葉・浦安。“夢の国”から少しはずれたところに、どんなささいな出来事でも大波乱になってしまう大沢木一家が住んでいた。  タバコ大好きなタクシー運転手・大鉄(佐藤)はある日、妻・順子(水野)による家族裁判で「禁煙刑」を言い渡されてしまう。彼氏・花丸木(染谷)とのデート代が欲しい長女・桜(岸井)をはじめとして、家族総出で父の禁煙作戦に協力しようとするが、それがまさかの監禁、チェイスととんでもない大波乱の展開に。果たして、大鉄の禁煙作戦は成功するのか!?  『浦安鉄筋家族』はテレビ東京系にて毎週金曜24時12分より放送。

  • ドラマ24『浦安鉄筋家族』パワー系追加キャストビジュアル(左から)真壁刀義、大仁田厚、アジャ・コング

    『浦安鉄筋家族』、大仁田厚&アジャ・コング&真壁刀義の“パワー系”最強キャスト集結

    エンタメ

     俳優の佐藤二朗が主演を務める今夜4月10日スタートのドラマ『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)に、プロレス界から大仁田厚、アジャ・コング、真壁刀義のパワー系最強キャストが参戦することが発表された。@@cutter 「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で25年以上にわたり連載を続けている浜岡賢次による人気ギャグ漫画シリーズ『浦安鉄筋家族』初のドラマ化となる本作は、千葉県浦安市に住むパワフルな一家・大沢木家が巻き起こす、どんなささいな出来事もドンチャン騒ぎになってしまう家族のエクストリーム・ホームコメディー。佐藤演じる大鉄をはじめ、個性豊かな大沢木家メンバーや近所に住む仲間たちが、“常に全力”で愛らしい浦安の日常を繰り広げる。ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日)シリーズの瑠東東一郎がチーフ監督、劇団・ヨーロッパ企画の上田誠が脚本を担当する。  ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチでの命を懸けたアグレッシブなファイトで日本中を湧かせた「炎の稲妻」大仁田厚が演じるのは、破天荒な大沢木家のやりすぎ行動の歯止め役(?)となる熱血警察官・大谷暑司。大仁田は「原作読んだら『なんじゃこら~!(笑)』。出演オファーもらって『よし、ファイヤーでいくぞ!』と気合が入りました。兎にも角にも『ファイヤー!』です!」とした上、「おい! おい! おい! 俺の出番は短い! 絶対に! 絶対に! 絶対に! 見逃すなよ! ファイヤー!」と付け加えている。  30年以上リングに立ち続ける今なお現役女子プロレスラーのアジャ・コングは、彼女に捕まると車ごとパイルドライバーをくらい、病院送りまっしぐらの日本一凶暴な女性警察官・江戸紫桃代(通称・ボボヨ)役。「昔、漫画を読んでて、無茶苦茶だけど楽しくて、でも本気でこの人達が周りにいたら迷惑だろうな(笑)とか思いつつも大好きな作品でした。ボボヨを演じられるのは、世界中どこを探しても自分以外にいるわけない! 他の役者さんには大変申し訳ないですが、これだけは誰にも譲れない(笑)と思いました」と力説する。  リングでは激しい突進ファイトを見せる「暴走キングコング」。近年ではバラエティー番組などで「スイーツ真壁」としても知られる真壁刀義は、本人役で登場。「俺が新日本プロレスの寮にいた若手の頃、コミックを買って選手たちで回し読みしていたから、まさか自分がその超絶面白い漫画の実写ドラマに出演できるとは思ってもいなかった! だから、俺が出演するからには豪快さと抜けた感じを表現しようと心に誓っていた!」と語る。  ドラマ24『浦安鉄筋家族』はテレビ東京系にて今夜4月10日より毎週金曜24時12分放送。

  • ドラマ24『浦安鉄筋家族』追加キャストビジュアル(上段左から)松井玲奈、染谷将太、大東駿介、(下段左から)宍戸美和公、滝藤賢一

    染谷将太、『浦安鉄筋家族』で花丸木役! 驚異の再現度!?追加キャスト一挙解禁

    エンタメ

     浜岡賢次による人気ギャグ漫画シリーズを、俳優の佐藤二朗を主演に迎えてドラマ化する『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系/4月10日より毎週金曜24時12分)より、染谷将太、滝藤賢一ら追加キャスト陣が発表され、再現度に驚くビジュアルが解禁された。@@cutter 「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で25年以上にわたり連載を続けている大人気ギャグ漫画シリーズ『浦安鉄筋家族』初のドラマ化となる本作は、千葉県浦安市に住むパワフルな一家・大沢木家が巻き起こす、どんな些細な出来事もドンチャン騒ぎになってしまう家族のエクストリーム・ホームコメディ。  佐藤演じる大鉄をはじめ、水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫が個性豊かな大沢木家メンバーを演じ、“常に全力”で愛らしい浦安の日常を繰り広げる。スタッフは、ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日)シリーズの瑠東東一郎が監督、ヨーロッパ企画の上田誠が脚本を担当する。  今回解禁されたのは、大沢木家をとりまく個性派キャラクターを演じるキャスト陣。  染谷が演じるのは、ベテランのいじめられっ子かつ、肌の抵抗が少なく服が脱げやすい天然変態で、岸井ゆきの演じる桜の彼氏・花丸木役。「子役時代、『浦鉄』が実写化した際は絶対に参加したいという思いから、ひたすら漫画を読みこみ自分なりに演じてみて、熱演のあまり親にうるさいと言われたりなどしながら、出演する準備を勝手にしてきました。そんな日から約20年。まさか、実現するとは!」とコメント。  大鉄のタクシー常連客役で出演するのは、同放送枠のドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』で古舘寛治とダブル主演を務めた滝藤。「まさか、『コタキ兄弟と四苦八苦』の流れで『浦安鉄筋家族』に出られるとは…」という滝藤は、「私もできる範囲でやりたい放題やらせていただきました(笑)。ああ!『コタキ兄弟と四苦八苦』!終わってほしくない!ああ!でも『浦安鉄筋家族』!早く観たい!」とコメントした。  また、染谷、滝藤のほか、大東駿介が斎藤汰鷹演じる小鉄の担任・春巻龍役、松井玲奈が大鉄やタクシー運転手仲間が行きつけのファミレスの店長・麻岡ゆみ役、宍戸美和公が小鉄の同級生・土井津仁の母であり、超ド貧乏なため、自宅の隣の墓場からお供え物を奪って食らい血肉とする、大鉄と並ぶMs.ノーコンプライアンスママ・仁ママをそれぞれ演じることも発表された。  ドラマ24『浦安鉄筋家族』はテレビ東京系にて4月10日より毎週金曜24時12分放送。

  • ドラマ24『浦安鉄筋家族』原作者・浜岡賢次描き下ろしの、エンディング曲を担当するBiSHコラボイラスト

    BiSH『浦安鉄筋家族』エンディング曲担当 原作・浜岡賢次描き下ろしイラスト到着

    エンタメ

     浜岡賢次による人気ギャグ漫画シリーズを、俳優の佐藤二朗を主演に迎えてドラマ化する『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系/4月10日より毎週金曜24時12分)のエンディング曲が、6人組の“楽器を持たないパンクバンド”・BiSHによる書き下ろし楽曲「ぶち抜け」に決定した。@@cutter 「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で25年以上にわたり連載を続けている大人気ギャグ漫画シリーズ『浦安鉄筋家族』初のドラマ化となる本作は、千葉県浦安市に住むパワフルな一家・大沢木家が巻き起こす、どんな些細な出来事もドンチャン騒ぎになってしまう家族のエクストリーム・ホームコメディ。  佐藤演じる大鉄をはじめ、水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫が個性豊かな大沢木家メンバーを演じ、“常に全力”で愛らしい浦安の日常を繰り広げる。スタッフは、ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日)シリーズの瑠東東一郎が監督、ヨーロッパ企画の上田誠が脚本を担当する。  エンディング曲を担当するBiSHは、アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dの6名から成る“楽器を持たないパンクバンド”。横浜アリーナ、幕張メッセ、大阪城ホール等アリーナワンマンを次々に成功させ、2018年の『第60回輝く!日本レコード大賞』(TBS系)で新人賞を受賞。また、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で“BiSHドハマり芸人”がオンエアされ大きな話題を呼んだ。  ドラマのためにモモコグミカンパニーが作詞した楽曲「ぶち抜け」は、ハチャメチャな大沢木家が今にも飛び出してきそうな、疾走感あふれる、エモーショナルな1曲。  原作について「人生で最も影響を受けた漫画」と語るアユニ・Dは、「エンディングを飾れることに抑えきれぬ興奮と感謝で発狂しております。実写化ということで佐藤二朗様が演じる大鉄は楽しみ過ぎて胸が熱いです。大好きな『浦安鉄筋家族』に愛を込めたエンディングをお送りします、何卒」とコメントした。  併せて、原作・浜岡賢次が描き下ろした、BiSHのメンバーと本作のコラボイラストも初公開された。  ドラマ24『浦安鉄筋家族』はテレビ東京系にて4月10日より毎週金曜24時12分放送。

  • ドラマ24『浦安鉄筋家族』オープニング曲を担当するサンボマスター

    サンボマスター『浦安鉄筋家族』オープニング曲担当 浦安で全力の人間愛を叫ぶ!!

    エンタメ

     浜岡賢次による人気ギャグ漫画シリーズを、俳優の佐藤二朗を主演に迎えてドラマ化する『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系/4月10日より毎週金曜24時12分)のオープニング曲が、3人組ロックバンドのサンボマスターによる書き下ろし楽曲に決定した。@@cutter 「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で25年以上にわたり連載を続けている大人気ギャグ漫画シリーズ『浦安鉄筋家族』初のドラマ化となる本作は、千葉県浦安市に住むパワフルな一家・大沢木家が巻き起こす、どんな些細な出来事もドンチャン騒ぎになってしまう家族のエクストリーム・ホームコメディ。佐藤演じる大鉄をはじめ、水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫が個性豊かな大沢木家メンバーを演じ、“常に全力”で愛らしい浦安の日常を繰り広げる。スタッフは、ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日)シリーズの瑠東東一郎が監督、ヨーロッパ企画の上田誠が脚本を担当する。  オープニング曲を手掛けることに決まったサンボマスターは、2000年結成のスリーピースロックバンド。2005年にドラマ『電車男』(フジテレビ)の主題歌「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」がスマッシュヒットし、その後もドラマ・アニメ・CMなど、数々の楽曲を担当する一方、ワンマンライブのみならず、名だたる大型フェスにも定期的に出演し、今年で結成20周年を迎える。彼らの大ファンである瑠東監督がオープニング映像を手掛けることも発表されている。  サンボマスターの唄とギター・山口隆は「この曲がドラマを観てくださる方や出演者のみなさん、スタッフのみなさんに何かしらの幸せを運びますよ―に!ドラマともども僕らの新曲もよろしくお願いいたします!」とアピール。  主演の佐藤は「ソウルとパンチ、何より“愛”に溢れたサンボマスターさんの楽曲は、まさに『浦安鉄筋家族』にドンピシャ。これ以上ない心強い援軍です」、瑠東監督は「この曲を最初に聞いた心の痺れは一生忘れないでしょう。ぶっ飛びまくったエクストリームな家族の物語。その奥にある柔らかい部分は、サンボマスターの輝くような光のロックが代弁してくれています。ロックンロールイズノットデッド!浦鉄もノットデッド!」とそれぞれ喜びを語った。  ドラマ24『浦安鉄筋家族』はテレビ東京系にて4月10日より毎週金曜24時12分放送。

  • ドラマ24『浦安鉄筋家族』大沢木家のキャスト&キャラクタービジュアル

    水野美紀、岸井ゆきの、坂田利夫…『浦安鉄筋家族』大沢木ファミリー笑撃のキャスト解禁

    エンタメ

     浜岡賢次による人気ギャグ漫画シリーズを、俳優の佐藤二朗を主演に迎えてドラマ化する『浦安鉄筋家族』(テレビ東京系/4月より毎週金曜24時12分)より、主人公・大鉄(佐藤)を取り巻く大沢木ファミリーを演じるキャストが発表された。水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫らが出演する。@@cutter 「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で25年以上にわたり連載を続けている大人気ギャグ漫画シリーズ『浦安鉄筋家族』初のドラマ化となる本作は、千葉県浦安市に住むパワフルな一家・大沢木家が巻き起こす、どんな些細な出来事もドンチャン騒ぎになってしまう家族のエクストリーム・ホームコメディ。佐藤演じる大鉄をはじめ、個性豊かな大沢木家メンバーや近所に住む仲間達が、“常に全力”で愛らしい浦安の日常を繰り広げる。主演を佐藤が務めるほか、ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日)シリーズの瑠東東一郎が監督、ヨーロッパ企画の上田誠が脚本を担当する。  今回発表されたのは、主人公の大鉄(佐藤)を取り囲む大沢木一家を演じるキャスト。水野が演じるのは、大鉄の妻であり大沢木家の影の大黒柱・順子役。順子は料理上手で子煩悩、普段はおしとやかだがスイッチが入ると誰もその暴走を止められない。水野は「順子を演じるにあたって、逆に意気込みだけしかありません。それ以外はどうすれば良いのか分かりません。そして大鉄役の佐藤二朗さんの印象はクレイジー。このドラマはコンプライアンスに抵触していそうなところが見どころ。岸井ちゃんの入浴シーンもあるかもしれません。ないかもしれません」とユーモラスにコメント。  岸井が演じるのは、大沢木家の長女・桜役。家族の中で一番まともに見えるが、彼氏のこととなると盲目になり、恋人関係を守るためならすべてを捨てて全力奔走する、メルヘンかつ現実的な女の子だ。岸井は「数多くのファンの方がいるこの作品に関わることはプレッシャーが大きく、漫画を読み返しては悩んだりもしました」と明かし、「ですが、台本が届き、読みはじめた瞬間に文字から飛び出す楽しげな大騒ぎとそのハチャメチャさに、今はただワクワクしています。周りにどう思われようと、なにが起きようと、なんだかんだ家族を愛している大沢木家同様、わたしもこのチームを愛し、最終回まで突き進んでいきたいと思います!」と意気込みを語っている。  そのほか、大沢木家の長男で、アニメ・発明オタクで大沢木家の自宅警備員を務める永遠の浪人生・晴郎役に本多、大沢木家の次男で浦安一のおバカな小学生・小鉄役に斎藤、大鉄の父で腰痛持ちの高齢だが、とっさにとんでもない反射神経を発揮する金鉄役には坂田利夫が扮する。そして、大沢木家の三男・裕太役は、諸事情(?)により制作スタッフの愛息子であるキノスケに決定している。  ドラマ24『浦安鉄筋家族』はテレビ東京系にて4月より毎週金曜24時12分放送。

  • ドラマ24『浦安鉄筋家族』(左から)主演の佐藤二朗、佐藤演じる大沢木大鉄の原作ビジュアル

    『浦安鉄筋家族』笑撃のドラマ化 佐藤二朗主演で2020年4月スタート

    エンタメ

     俳優の佐藤二朗が、2020年4月から放送されるドラマ『浦安鉄筋家族』で主演を務めることが発表された。佐藤は、とにかく超テキトーでだらしがない大沢木家の大黒柱・大鉄を演じる。@@cutter 「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で25年以上にわたり連載を続けている大人気ギャグ漫画シリーズ『浦安鉄筋家族』初のドラマ化となる本作は、千葉県浦安市に住むパワフルな一家・大沢木家が巻き起こす、どんな些細な出来事もドンチャン騒ぎになってしまう家族のエクストリーム・ホームコメディ。佐藤演じる大鉄をはじめ、個性豊かな大沢木家メンバーや近所に住む仲間達が、“常に全力”で愛らしい浦安の日常を繰り広げる。主演を佐藤が務めるほか、ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日)シリーズの瑠東東一郎が監督、ヨーロッパ企画の上田誠が脚本を担当する。  「これは、もう、役作りは不要。なんなら演じることも不要。なにせ“精神年齢8歳の50歳児”の僕です」と語る佐藤は、「テレ東さんと手を携え、地上波のギリギリに、ふにゃふにゃしながら挑みたいと思っています」とコメントした。  プロデューサーからの第一声が「テレ東史上最大の問題作にして下さい」だったと明かす瑠東監督は「その魅力の全てを作品に詰め込んで、前代未聞の問題作に昇華出来ればと思います。“笑い”のその奥に、家族ならではの“やわらかいもの”を描ければと思います」と意気込む。脚本の上田は「1話の1シーン目から、撮影できるのかなこれ、という場面になりましたけど、瑠東監督と佐藤二朗さん、そしてキャストの皆様の家族愛にも似たチームワークで乗り越えてくださるでしょう」と期待を込めた。  ドラマ24『浦安鉄筋家族』はテレビ東京系にて2020年4月より毎週金曜24時12分放送。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access