クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

いいね!光源氏くん 関連記事

  • ドラマ『いいね!光源氏くん』に出演する(左から)桐山漣、千葉雄大、伊藤沙莉

    『いいね!光源氏くん』最終話、千葉雄大&伊藤沙莉の感動ラストにネット涙 桐山漣のスピンオフ望む声も(ネタバレあり)

    エンタメ

     俳優の千葉雄大が主演するドラマ『いいね!光源氏くん』(NHK総合/毎週土曜23時30分)の最終回が23日に放送され、感動のラストにネット上で「伊藤さんと千葉くんの演技の掛け合いに涙」「今夜は涙が止まらなかった」と反響の声が寄せられた。また、桐山漣演じる中将のその後を描く続編やスピンオフを望む声も多数上がった。(以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)@@cutter 『いいね!光源氏くん』は、女性コミック誌で連載中のえすとえむによる同名人気マンガを原作としたコメディードラマ。「源氏物語」の中で雅の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現し、当たり前に見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだりするさまを描く。  次元ジャンプの手がかりをつかむために行った京都で心がすれ違ってしまった光(千葉)と沙織(伊藤沙莉)は、気まずい生活を送っていた。沙織は、光を平安時代へ帰そうと考えていたが、当の光は現代で生きる覚悟を決めていた。  仲直りのきっかけを探していた2人は、互いにお詫びの品としてスイーツを贈り合い、その場で光は、これからも沙織と共に現代で過ごしたい胸の内を伝える。しかし行方不明になっていたフィリップ(厚切りジェイソン)から光を平安時代へ戻す方法を聞いていた沙織は「光くんとはもう暮らせません。あなたのことが嫌いだから」とそれを受け入れなかった。「それは真の心か」と光と尋ねると、沙織はうつむきながら「…うん」と答える。光は「ここに私の居場所はないのだな」と涙を流すのだった。  後日、沙織の希望で光と沙織は最後のデートをする。2人でよく並んで歩いた道で、沙織は「夏になると花火がよく見えるの。光くんにも見せてあげたかったな」と話す。「一緒に見よう」という光に一度はうなずいた沙織だったが「ダメでしょ。今日でさよならなんだし」と思い直し、光は「約束もできんとは。実に切ないことよ…」とつぶやくのだった。  すると、沙織は「寄りたいところがある」と、かつて光がハワイにジャンプした横断歩道へ光を導く。フィリップが解明した「光の身に危険が迫った時に、光の脳内にある願いや希望にマッチした場所にジャンプする」という次元ジャンプの条件を満たすため、沙織は光に“大切な風景”をイメージするように伝えたうえで、道路に飛び出す。そこへ事前に打ち合わせ済みであったフィリップが運転する車が迫ると、沙織をかばうように光が車の前に倒れ込み、姿を消した…。  それから半年後、沙織は光のいない日常を過ごしていた。仕事の帰り道、沙織は浴衣の人々を見て「あそうか、今日花火大会か…」と思い出す。沙織が花火を見上げていると、横から聞き覚えのある声が。隣にいたのはなんと光。沙織が「なんでいんの!?大切な場所っていったじゃん」ととがめると、光は「気がついたらここにいたのだ。いつのまにか沙織殿と見る景色が私の最も大切なものになっていたのだな」と笑うのだった。  放送後、SNS上では「光くんの思い描いた場所は、沙織殿と一緒に花火をみる景色だったのね」「伊藤さんと千葉くんの演技の掛け合いに涙」「今夜は涙が止まらなかった」と反響が寄せられたほか、「母から続編の催促」「光くんロス確定」「烏帽子ロス…」と“ロス”の声も続出。  また、最終回で描かれなかった桐山演じる中将のその後が気になった視聴者も多いようで「中将さんの事も気になる」「続編や中将殿のスピンオフ待ってます」「中ちゃんのスピンオフお願いします」とも。桐山本人も、公式インスタグラムのストーリー機能にて、ツイッターのトレンド入りの感謝を伝えるとともに「監督スピンオフやりましょう」と呼びかけていた。

  • 『いいね!光源氏くん』最終回より

    『いいね!光源氏くん』今夜ついに最終回! 「光くんばいばい?!」

    エンタメ

     俳優の千葉雄大が主演するドラマ『いいね!光源氏くん』 (NHK総合/毎週土曜23時30分)の最終回が今夜23日に放送される。@@cutter■最終回「光くんばいばい?!」  「あなたが愛した人は誰一人幸せになんかなってない」と沙織(伊藤沙莉)に言われ、光(千葉)は沙織と気まずい生活を送る。その悩みを聞いてもらおうと、光はある日、脇役人生に嫌気がさしている中将(桐山漣)を飲みに誘う。源氏物語の平安の世界では、契りを交わしたすべての女人を幸せにしたいと思っていた光だが、今は一人の女人だけを幸せにできればと思い直したことを中将に告げる。  一方沙織は、行方不明になっていたフィリップ(厚切りジェイソン)から電話をもらい、次元ジャンプで光を元に戻す方法を知る。そして迷った挙句、そのことを光に話そうとするが、光から思わぬことを告げられた沙織は一瞬動揺してしまう…。  『いいね!光源氏くん』は、女性コミック誌で連載中のえすとえむによる同名人気マンガを原作としたコメディードラマ。「源氏物語」の中で雅の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現し、当たり前に見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだりするさまを描く。  『いいね!光源氏くん』 はNHK総合にて毎週土曜23時30分放送。

  • ドラマ『いいね!光源氏くん』に出演する(左から)桐山漣、千葉雄大、伊藤沙莉

    『いいね!光源氏くん』千葉雄大&桐山漣&伊藤沙莉のすれ違いに視聴者「切なすぎる」

    エンタメ

     俳優の千葉雄大が主演するドラマ『いいね!光源氏くん』(NHK総合/毎週土曜23時30分)の第7話が16日に放送され、自身の正体を知ってしまった光(千葉)、中将(桐山漣)、沙織(伊藤沙莉)の心がすれ違っていく展開に視聴者から「切ない」と反響があったほか、次週が最終回と予告されると早くも“ロス”の声が上がった。@@cutter 『いいね!光源氏くん』は、女性コミック誌で連載中のえすとえむによる同名人気マンガを原作としたコメディードラマ。「源氏物語」の中で雅の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現し、当たり前に見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだりするさまを描く。  多元宇宙論学者のフィリップ(厚切りジェイソン)から促され、光を元の世界に戻す手がかりをつかむべく京都にやってきた沙織たち3人。「こんな面白そうな旅、なんで一緒に連れてってくれないのよ」と後から合流した詩織(入山杏奈)とともに源氏物語ミュージアムへと足を運ぶ。  展示物を眺めていくうちに中将は、『源氏物語』とは光が主人公の物語であり、自分は脇役として描かれていることに気づいてしまう。それを受けて沙織は、光と中将へ、2人はこの世に存在しない、想像上の人間であると告げた。  「私は所詮、添え物なのであろう」とショックを隠せない中将。光も心配して声を掛けるのだが、中将は「もうまっぴらなんだ!」と目に涙を浮かべる。中将の態度に光も「本当になんなのだ!」と声を荒げると、沙織は「光くんには脇役の気持ちなんてわからないもんね。もうとっとと帰っちゃえばいいじゃない」と言い放ち、4人は気まずい雰囲気で京都を後にした。  この展開にネット上の視聴者からは「めっちゃ泣いた」「切なすぎる展開」と反響があったほか、最終回の予告には「来週で終わっちゃうなんてさみしすぎる」「ロス確定した」と、早くも“ロス”の声が上がった。

  • 『いいね!光源氏くん』第7話より

    今夜の『いいね!光源氏くん』 千葉雄大&桐山漣が京都へ 抹茶パフェでご機嫌に

    エンタメ

     俳優の千葉雄大が主演するドラマ『いいね!光源氏くん』 (NHK総合/毎週土曜23時30分)の第7話が今夜16日に放送される。@@cutter■第7話「ばっくとぅ京都?」  多元宇宙論学者のフィリップから、光(千葉)を元の世界に戻す手がかりをつかむため京都行きを促された沙織(伊藤沙莉)は、翌日に会社をズル休みして光と中将(桐山漣)を連れて行く。なじみのある京の都の変わりように最初は驚く2人だったが、本場の抹茶パフェにありついてからはご機嫌に。途中で詩織(入山杏奈)も合流し、いざ旅の最終目的地である宇治の源氏物語ミュージアムへ足を運ぶが…。  『いいね!光源氏くん』は、女性コミック誌で連載中のえすとえむによる同名人気マンガを原作としたコメディードラマ。「源氏物語」の中で雅の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現し、当たり前に見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだりするさまを描く。  『いいね!光源氏くん』 はNHK総合にて毎週土曜23時30分放送。

  • 千葉雄大

    『いいね!光源氏くん』千葉雄大が命を狙われ… 急展開に視聴者「情報が大渋滞」

    エンタメ

     俳優の千葉雄大が主演するドラマ『いいね!光源氏くん』(NHK総合/毎週土曜23時30分)の第6話が9日に放送され、千葉演じる光が黒服の男たちに命を狙われる急展開にネット上には「SFっぽくなってきた」「急展開過ぎて情報が大渋滞」と反響が寄せられた。@@cutter 『いいね!光源氏くん』は、女性コミック誌で連載中のえすとえむによる同名人気マンガをドラマ化。「源氏物語」の中で雅の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現し、当たり前に見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだりするさまを描くコメディードラマ。  沙織(伊藤沙莉)の家へ来ていた沙織の母親(榊原郁恵)を見送った帰り、沙織と光(千葉)、中将(桐山漣)の3人の元へ、突如現れた外国人の男性(厚切りジェイソン)。光へと掴みかかり、物陰に引っ張る男性を追い、沙織、中将が物陰へと入ると、外では黒スーツにサングラスの男らが「くそ!どこへ消えた!」と物々しい雰囲気であたりを見回している。  光を引っ張った男性の正体は、以前光がハワイに飛ばされた際に出会った恩人・フィリップ。フィリップいわく、平安時代の源氏物語から現れた光は「次元を超える能力を持つエイリアン」だとして追われており、黒スーツの男らは光を捕らえて生体解剖するつもりなのだという。フィリップは光の命を守るためにやってきたのだ。  突然の事態に混乱する沙織だったが、フィリップはさらに続ける。「一刻も早く光を元の世界に戻すべきだと思いませんか」。この世には並行してさまざまな宇宙が存在するという「多元宇宙論」を長年研究しているフィリップは、源氏物語の舞台である京都に光・中将が帰るためのヒントがあるのだと訴える。  フィリップが「今すぐ行かなくては。京都の宇治には源氏物語ミュージアムがあります。彼らの創造主・紫式部の石像もある」と熱弁していると、「行くのか?京へ」と光。中将とともに「懐かしき 花の都に いざゆかむ 心惹かるる かの抹茶パフェ」と、京都のスイーツへ思いを馳せる歌を詠む光に、沙織は「事の重大さわかってなくない?」とツッコまざるを得ないのだった。  これまでの放送回とは一線を画す物々しい展開に、ネット上の視聴者からは「SFっぽくなってきた」「いきなり全然違う話になってて笑う」「急展開過ぎて情報が大渋滞」とさまざまな反響が寄せられた。

  • 『いいね!光源氏くん』第6話より

    今夜の『いいね!光源氏くん』 千葉雄大&伊藤沙莉、プールパーティーに参加する

    エンタメ

     俳優の千葉雄大が主演するドラマ『いいね!光源氏くん』 (NHK総合/毎週土曜23時30分)の第6話が今夜9日に放送される。@@cutter■第6話「ないすとぅみーちゅー?」  光(千葉)は詩織(入山杏奈)に、沙織(伊藤沙莉)が婚活パーティーから帰った夜に泣いたことを話す。女は話を誰かに聞いてもらいたい生き物だと教えられ、沙織の話を聞こうとする光。沙織は詩織の入れ知恵だと分かりつつもうれしくなる。数日後、カイン(神尾楓珠)のところでパーティーがあり、光と沙織は久しぶりに中将(桐山漣)と顔を合わせるが、沙織が中将と仲睦まじくしているのを見て、光はなぜかこめかみに痛みを感じて…。  『いいね!光源氏くん』は、女性コミック誌で連載中のえすとえむによる同名人気マンガをドラマ化。「源氏物語」の中で雅の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現し、当たり前に見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだりするさまを描くコメディードラマ。  『いいね!光源氏くん』 はNHK総合にて毎週土曜23時30分放送。

  • ドラマ『いいね!光源氏くん』に出演する千葉雄大、伊藤沙莉

    『いいね!光源氏くん』千葉雄大&伊藤沙莉の“胸キュン”シーンに「切ない」「ドキドキしちゃう」

    エンタメ

     俳優の千葉雄大が主演するドラマ『いいね!光源氏くん』(NHK総合/毎週土曜23時30分)の第5話が2日に放送され、涙を流す伊藤沙莉の両頬を千葉が手で包み込むシーンにネットでは「切ない...」「ドキドキしちゃう」とさまざまな声が寄せられた。@@cutter 『いいね!光源氏くん』は、女性コミック誌で連載中のえすとえむによる同名人気マンガをドラマ化。「源氏物語」の中で雅の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現し、当たり前に見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだりするさまを描くコメディードラマ。  職場の後輩の結婚式に参加していた沙織(伊藤)は、同僚との会話の中で「光と同居している」とつい口を滑らせてしまう。既婚者である光との同居に「不倫はないわ。人としてのモラル捨てない方がいいよ」と指摘された沙織は、光との関係について思い悩むようになる。  平安貴族でない一般人との恋愛を真剣に考えなければならないと思った沙織は、同僚とともに婚活パーティーに参加。しかし沙織は、男性との会話を楽しみながらも、自分が男性を光と比較してしまっていることに気づき、自己嫌悪に陥る。  帰宅後、沙織は自身について「人を見かけで判断する醜い人間なんだよ」とポツリ。光が「沙織殿は美しい心を持っている」と励ますも、沙織は「いいって無理に励まさなくても」と素直に受け止められない。すると光は沙織の両頬を手で包み込み「私の言葉が信じられんのか。あの夜、誰ともわからぬ私を招き入れてくれた。かように優しい心の持ち主が、醜いなどということがあろうか」と力を込めた。  ここで沙織が涙を流すと、光はプッと吹き出してしまう。すかさず沙織が「いま人の顔見て笑ったでしょ」と指摘すると、光は「愛らしさに頬が緩んでしまったのだ」と慌てて弁解するのだった。  このシーンにネット上では「切ない...」「顔が近い。ドキドキしちゃう」「切なすぎて胸キュンすぎてどうしたらいいの」とさまざまな反響の声が寄せられた。

  • 『いいね!光源氏くん』第5話より

    今夜の『いいね!光源氏くん』 伊藤沙莉、お見合いパーティーに参加する

    エンタメ

     俳優の千葉雄大が主演するドラマ『いいね!光源氏くん』 (NHK総合/毎週土曜23時30分)の第5話が今夜2日放送。沙織(伊藤沙莉)はお見合いパーティーに参加する。@@cutter■第5話「恋は食品さんぷる?」  光(千葉)に続き現代に現れた光のライバル・中将(桐山漣)は、沙織(伊藤沙莉)の妹・詩織(入山杏奈)の友人であるカイン(神尾楓珠)の豪邸に居候することに。カインはホストクラブに勤めていて、中将はカインに連れられて体験入店する。一方、中将が元気にしているか、光と語り合う日々を送る沙織はある日、職場の後輩に結婚を越されて、同僚とお見合いパーティーに行くことを決意する。  『いいね!光源氏くん』は、女性コミック誌で連載中のえすとえむによる同名人気マンガをドラマ化。「源氏物語」の中で雅の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現し、当たり前に見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだりするさまを描くコメディードラマ。  『いいね!光源氏くん』 はNHK総合にて毎週土曜23時30分放送。

  • (左から)千葉雄大、桐山漣

    『いいね!光源氏くん』千葉雄大&桐山漣、裸で肌寄せ合い…“美男子シーン”に歓喜の声

    エンタメ

     俳優の千葉雄大が主演するドラマ『いいね!光源氏くん』(NHK総合/毎週土曜23時30分)の第4話が25日に放送され、千葉と桐山漣が裸で眠るシーンにネット上では「ありがとうございます」「サービスタイムかよ!!」と歓喜の声が寄せられた。@@cutter 光(千葉)が消えてから意気消沈の日々を送っていた沙織(伊藤沙莉)だったが、ある新月の晩にすだれの音で目を覚ますと、そこには直衣姿の男の後ろ姿が。沙織は光が戻って来てくれたと思い喜んで抱きつくが、それは見知らぬ男(桐山)。男は源氏物語で光のライバル的な存在である頭中将(この時は三位中将)だった。  沙織の家で暮らし始め、すぐにスマートフォンを使いこなした中将は、SNSで「Purple_amore」というアカウント名の人物と交流。投稿写真から相手が光なのではないかと感じた沙織は、光との再会を期待し、中将に直接会うことを勧め、後をつける。  沙織の予想通り、「Purple_amore」は光だった。交通事故による消失後、なぜかハワイに移動していたという光は、そこで出会ったフィリップなる人物に保護され、5日ほど前に日本に帰ってきたところだという。現在はフィリップとはぐれ、ネットカフェで寝泊まりしているという光を、沙織は改めて自宅に住まわせることに。  かくして光と中将の2人を連れて帰った沙織。光と中将はリビングで、沙織は寝室で寝ることになったが、翌朝目覚めた沙織が目にしたのは、赤いバラの花びらが散る布団の上で、裸で身を寄せ合い眠る光と中将の姿。驚がくした沙織に2人は「ゆうべはやけに暑くてな」と笑うのだった。  このシーンにネットでは「ありがとうございます」「サービスタイムかよ!!」「見事なBL」と興奮の声が寄せられていた。

  • 『いいね!光源氏くん』第4話より

    今夜の『いいね!光源氏くん』 新キャラ・桐山漣、伊藤沙莉に“壁ドン”

    エンタメ

     俳優の千葉雄大が主演するドラマ『いいね!光源氏くん』 (NHK総合/毎週土曜23時30分)の第4話が今夜25日放送。新たなキャラクターとして、頭中将役の桐山漣が登場する。@@cutter■第4話「らいばるにご用心?」  光(千葉)が消えてから意気消沈の日々を送る沙織(伊藤沙莉)だったが、ある晩すだれの音で目が覚めて、直衣姿の男の後ろ姿を発見。光が戻って来てくれたと思い、喜んで抱きつくが、振り返るとそれは見知らぬ男(桐山)だった。話をするうちに源氏物語で光のライバル的な存在の頭中将(この時は三位中将)だと分かる。沙織は、中将をしばらく家に置いておけば、光の居場所が分かるかもしれないと思い、再び平安貴族の居候と暮らし始めるが…。  『いいね!光源氏くん』は、女性コミック誌で連載中のえすとえむによる同名人気マンガをドラマ化。「源氏物語」の中で雅の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現し、当たり前に見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだりするさまを描くコメディードラマ。  『いいね!光源氏くん』 はNHK総合にて毎週土曜23時30分放送。

  • 千葉雄大

    『いいね!光源氏くん』千葉雄大に起きた衝撃の展開に「大きな声でた」「続き気になる」

    エンタメ

     俳優の千葉雄大が主演するドラマ『いいね!光源氏くん』(NHK総合/毎週土曜23時30分)の第3話が18日に放送され、ラストに起こった衝撃の展開に、ネット上には「大きな声でた」「続き気になるパターン」と反響の声が寄せられた。@@cutter 本作は、女性コミック誌で連載中のえすとえむによる同名人気マンガのドラマ化。「源氏物語」の中で雅の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現し、当たり前に見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだりするさまを描くコメディー。光源氏を千葉が演じるほか、源氏をひも同然のように住まわせることになる、地味で自分に自信がないこじらせOL・沙織を伊藤沙莉が演じる。ほかに、桐山漣、AKB48の入山杏奈、神尾楓珠らが出演する。  風呂上がりに「湯にじかに身を浸すというのも、慣れてくると気持ちがいいものだな」とつぶやき、冷蔵庫から牛乳を取り出し飲むなど、現代の生活にすっかり馴染んだ光(千葉)。お尻で冷蔵庫を閉める光に「元の世界に帰る気はあんのかねぇ」とつぶやいていた沙織(伊藤)は、その日の夜、リビングから聞こえた物音で目を覚ます。  何事かと様子を伺うと、そこには何度もすだれを掲げては、切なげな表情で外を眺める光の姿があった。沙織は、光がすだれを通して現代にやってきたことを思い出し、光は平安時代に帰りたがっているのではないか、と思うようになる。光がやってきたのは新月の夜。光と沙織は、光が現代にやってきたときと条件をそろえることで、光が平安時代に戻れるのではないかと試みるのだった…。  終盤、外を歩いていた沙織と光。横断歩道を渡る沙織の元へ、トラックが迫りくる。沙織が轢かれそうになったその瞬間、「危ない!」と飛び出した光は沙織を突き飛ばし、烏帽子が宙を舞う。沙織が身体を起こすと、その場には烏帽子だけが残されていた。  この衝撃の展開にネット上では「大きな声でた」「嘘…」「続き気になるパターン」と反響が寄せられていた。

  • 春ドラマの20代・30代イケメン俳優をチェック!

    岡田健史・清原翔・中村倫也・田中圭…春ドラマの20代・30代イケメン俳優をチェック!

    エンタメ

     続編ものからオリジナル、原作ありの作品など、早くから注目の作品が勢ぞろいしていた4月期ドラマだが、放送がスタートしたものもあれば、新型コロナウイルス感染拡大の影響から、放送延期になっているドラマも出ている。今はじっと我慢の時。そんな時だからこそ、キャストに名を連ねているイケメンたちをチェックしながら、通常運転の再開を祈ろう。今回は20代&30代の俳優をピックアップ!@@cutter■眞栄田郷敦・岡田健史ら…キャリア序盤のフレッシュさが魅力! 20代前半  まずは『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)の眞栄田郷敦(20)。アラサー独身女子・相原メイ(多部未華子)のもとに、スーパー家政夫(大森南朋)がやってきたことで巻き起こるハートフルラブコメディで、眞栄田は新入社員の瀬川遙人役。「スーパー新人類」と煙たがれるイマドキ男子だが、性格は人懐こく真面目な、どこか憎めぬ弟的な存在のキャラクターだ。ラガーマンを演じるにあたって体重を増やして挑んだ、昨年放送の日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)では、早くもただならぬ存在感を発揮していた眞栄田。今度はそのキラキラした瞳の魅力を十二分に生かして、年下男子好きな女性たちのツボを刺激しまくってくれるはず!  @@insert1  『MIU404』(TBS系)の岡田健史(20)も見逃せない。『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』(いずれもTBS系)の脚本家・野木亜紀子によるオリジナルで、綾野剛と星野源がタッグを組む警察バディもの。岡田が演じるのは父親が警察庁刑事局長で自身もキャリアの新米刑事の九重世人だ。10代後半で中学生を演じた俳優デビュー作『中学聖日記』(TBS系)で一気に名を広めた岡田。『MIU404』では、どこか上から目線ながらかわいいところもある役柄で、チームから学びを得ていくことになる。初々しさとりりしさのある岡田のスーツや制服姿や、綾野、星野らとの化学反応が楽しみ。 @@insert2  ほかにも『ギルティ~この恋は罪ですか?~』(日本テレビ系)と『いいね!光源氏くん』(NHK)の神尾楓珠(21)や、『隕石家族』(フジテレビ系)の中尾暢樹(23)、『ハケンの品格』の杉野遥亮(24)らもフレッシュな魅力で楽しませてくれるはず。 ■清原翔・山田裕貴ら…個性が出始める20代後半  石原さとみが薬剤師の主人公・葵みどりを演じる木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)に出演するのは清原翔(27)。清原は木曜劇場2クール連続出演となる。ひょんなことからみどりと出会う青年・小野塚綾役を務める。みどりらと接することで、変化し、成長していく役どころだ。男性ファッション誌『MEN’S NON-NO』の専属モデルとしても活躍している清原だが、このところは俳優としての注目度が高い。特に昨年の連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)で北海道の牧場の真っすぐな青年・柴田照男を演じきり、幅広い世代に認知された。その後もドラマ『死役所』(テレビ東京系)、映画『うちの執事が言うことには』などで順調にキャリアを踏んでいる。また、話題のリメイクドラマ『東京ラブストーリー』(FOD 、Amazon Prime Video)で三上健一役を演じることも発表されている。 @@insert3  同じく朝ドラ『なつぞら』に出演し、北海道編と東京編の両方で好演を見せた山田裕貴(29)。『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系)シリーズの続編シリーズとして定着した井ノ原快彦主演の刑事もの『特捜9』に新メンバーの新藤亮役で加わったシリーズもseason3がスタート。今ではすっかりチームの一員に。若さを生かしたアクションシーンも見どころだ。俳優デビューを飾った『海賊戦隊ゴーカイジャー』(テレビ朝日系)から今年で10年目。1月期のドラマでは全くテイストの違う『SEDAI WARS』『ホームルーム』(いずれもMBS)の2本で主演を務めた。時代劇で徳川慶喜役に挑む岡田准一主演の映画『燃えよ剣』(公開延期)も控え、快進撃は続く。 @@insert4  ほかにセカンドシーズンとなる木村拓哉主演『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系)の間宮祥太朗(26)、『ギルティ~この恋は罪ですか?~』の町田啓太(29)らも要チェック。@@separator■千葉雄大・中村倫也ら…波に乗る30代前半の俳優たち  今年31歳になった千葉雄大は『いいね!光源氏くん』(NHK)がスタートし、「源氏物語」の世界から現代へと現れた平安貴族の光源氏役を、トレードマークのベビーフェイスを生かしつつ(烏帽子姿がよく似合う)好演中。光源氏が居候することになるOL役の伊藤沙莉との掛け合いもばっちりで、光源氏然とした品を保ちつつ、笑いを誘っている。昨年は新たなファンを獲得した『おっさんずラブ』(テレビ朝日)の続編『おっさんずラブ-in the sky-』で成瀬竜役を演じ、Sっ気のある役どころが人気を集めた。 @@insert5  こちらも放送中の『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)で主演を務めているのは中村倫也(33)。人気漫画家、東村アキコの原作を実写化したサスペンスだ。第1話では、明智と小池栄子演じるマグダラのマリアとの禁断のキスシーンがSNSで大盛り上がり。大人が楽しめるドラマになりそうだ。いわゆる“カメレオン俳優”として称されることの多い中村は、舞台での経験も多く、ヤクザ(映画『孤狼の血』)からゆるふわ男子(ドラマ『凪のお暇』/TBS)まで、どんな役でもなり切る確かな演技力で主演、助演を問わずに見るものを魅了。“一人7役”に挑戦する映画『水曜日が消えた』(5月15日公開)も楽しみだ。 @@insert6  ほか、7年ぶりとなる続編で大きな話題を集める『半沢直樹』(TBS系)に参戦の賀来賢人(30)や、歌手・浜崎あゆみが激動の半生を基につづったフィクション小説を連続ドラマ化した『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)の三浦翔平(31)、『私の家政夫ナギサさん』の瀬戸康史(31)も波に乗る。 ■田中圭・斎藤工ら…大人の色気と安定感が増す30代後半  2000年のデビュー以降、着実に作品を積み上げてきた田中圭(35)。近年では『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)シリーズでブームを作り、その後も『あなたの番です』(日本テレビ系)など活躍が止まらず、バラエティ番組の人気コーナー「グルメチキンレース ゴチになります!」(日本テレビ系)で見せる飾らない素顔も人気を押し上げている。今期は『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)と『らせんの迷宮 〜DNA科学捜査〜』(テレビ東京系)の2本に出演。天才遺伝子科学者に扮する『らせん~』では主演を務める。普通っぽさを兼ね備えながらの実はイケメンというバランスもよく、30代後半に入って増してきた色気がさらに人気を上げるだろう。 @@insert7  色気という意味ではかなり前からダダ漏れ感のある斎藤工(38)は『BG~身辺警護人~』に続投。現在、前シーズンが放送されており、先に挙げた間宮祥太朗とともにセカンドシーズンに向けた復習をしておきたい。斎藤は俳優として引っ張りだこで、待機する出演映画は『糸』『劇場版 ひみつ×戦士 ファントミラージュ! 〜映画になってちょーだいします〜』『騙し絵の牙』(いずれも公開延期)、『HERO~2020~』(6月19日公開)、『シン・ウルトラマン』(2021年公開)とずらり。本人はシネフィルとして知られ、アーティスト名「齊藤工」で監督業も務めている。現在、存続の危機に立たされているミニシアター支援を目的としたクラウドファンディング「ミニシアター・エイド基金」の呼びかけも行っている。 @@insert8  ほかにも『竜の道 二つの顔の復讐者』(カンテレ・フジテレビ系)の高橋一生(39)、『いいね!光源氏くん』(NHK)の桐山漣(35)らが20代には出せない大人の色気を内からにじませてくれるはず。  なかなか放送予定が見えないドラマも多いが、辛抱ののちに会えるイケメンたちに妄想をふくらませながら、コロナの収束を待ちたい。(文・望月ふみ)

  • 千葉雄大

    『いいね!光源氏くん』千葉雄大のツイートと公式アカウントが連動 ファンびっくり

    エンタメ

     俳優の千葉雄大が主演するドラマ『いいね!光源氏くん』(NHK総合/毎週土曜23時30分)の第2話が11日に放送され、劇中で千葉がツイッターを投稿するのに連動し、公式ツイッターがリアルタイムに更新されると、ネット上には「テレビと並行してツイートされるのはヤバすぎる」「光くん公式、ナイス仕事…」「手が込んでるな光くん公式」と称賛の声が相次いだ。@@cutter 本作は、女性コミック誌で連載中のえすとえむによる同名人気マンガのドラマ化。「源氏物語」の中で雅の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現し、当たり前に見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだりするさまを描くコメディー。光源氏を千葉が演じるほか、源氏をひも同然のように住まわせることになる、地味で自分に自信がないこじらせOL・沙織を伊藤沙莉が演じる。ほかに、桐山漣、AKB48の入山杏奈、神尾楓珠らが出演する。  沙織(伊藤)の家でひも同然に暮らす光(千葉)だったが、ある日の夜中に出かけたまま朝帰りをする。朝帰りの理由を光は「歌を詠んでいた」と説明するが、かつて平安貴族は歌を詠んで女性を口説いたと思い当たった沙織は、光の夜ばいを疑う。その後も悪気なく沙織の感情を逆なでしてしまう光に腹を立てた沙織は、ついに光を家から追い出してしまう。  沙織に家を追い出され、行く宛てもなくとぼとぼと道を歩く光は、花や犬、理容室のサインポールといった日常の何気ない風景をツイッターにアップ。番組の公式ツイッターでも、光の投稿がリアルタイムに反映されるとネット上には「テレビと並行してツイートされるのはヤバすぎる」「光くん公式、ナイス仕事…」「手が込んでるな光くん公式」と感心の声が相次いだ。

  • 『いいね!光源氏くん』第2話より

    今夜の『いいね!光源氏くん』光源氏・千葉雄大、“ひも”なのに朝帰り?

    エンタメ

     俳優の千葉雄大が主演するドラマ『いいね!光源氏くん』 (NHK総合/毎週土曜23時30分)の第2話が今夜11日放送される。@@cutter 本作は、女性コミック誌で連載中のえすとえむによる同名人気マンガのドラマ化。「源氏物語」の中で雅の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現し、当たり前に見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだりするさまを描くコメディー。光源氏を千葉が演じるほか、源氏をひも同然のように住まわせることになる、地味で自分に自信がないこじらせOL・沙織を伊藤沙莉が演じる。ほかに、桐山漣、AKB48の入山杏奈、神尾楓珠らが出演する。 ■第2話「ひもなのに朝帰り?」  沙織(伊藤)が会社に行っている間に、妹の詩織(入山)が家にやって来て光(千葉)と遭遇。光は驚がくするが、彼女が沙織の妹だと分かり、光は詩織に誘われて街に出かける。  仕事が終わるや否や速攻帰宅する沙織。光がいないので心配するが、詩織と共に帰ってきて2人のプリクラ写真を見せられてあ然。詩織に恋人なの? と聞かれ否定するが、同棲していることに変わりなく、ごまかす。  翌日、沙織は光に身の上を聞くと、源氏物語の主人公と全く同じことを言う。さらに、テレビ画面に映る女優が板に閉じ込められてかわいそうだと嘆く姿を見て、もしや本物の光源氏かもと思い始める。  それから平安貴族に現代の生活を教え込んでいたある日、光が夜中に出かけたまま朝帰りし、沙織は夜ばいを疑うが…。  『いいね!光源氏くん』 はNHK総合にて毎週土曜23時30分放送。

  • 『いいね!光源氏くん』第1回より

    今夜スタート『いいね!光源氏くん』 千葉雄大、現代に現れた「源氏物語」の光源氏に

    エンタメ

     俳優の千葉雄大が主演するドラマ『いいね!光源氏くん』 (NHK総合/毎週土曜23時30分)が今夜4日、スタート。千葉ふんする「源氏物語」の光源氏が現代に現れ、右往左往するコメディードラマだ。@@cutter 本作は、女性コミック誌で連載中のえすとえむによる同名人気マンガのドラマ化。「源氏物語」の中で雅の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現し、あたりまえに見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだりするさまを描くコメディー。光源氏を千葉が演じるほか、源氏をヒモ同然のように住まわせることになる、地味で自分に自信がないこじらせOL・沙織を伊藤沙莉が演じる。ほかに、桐山漣、AKB48の入山杏奈、神尾楓珠らが出演する。  藤原沙織(伊藤沙莉)は会社から帰宅した週末、非日常の解放感に浸るためすだれとお香をセットしてうたた寝していると、突然すだれを潜って直衣(のうし)の衣装をまとった男(千葉)が現れる。  不審者と思い男をバットで殴った沙織は、警察を呼ぶ。尋問される最中、男がイケメンで平安時代の扮装をしているのが分かった沙織は、ふと“光源氏”と口にし、男はさも自分がそうだと言わんばかりに沙織を抱擁。カップルの痴話げんかと勘違いした警察は退去。沙織は仕方なく人助けのつもりで光をしばらく住まわせることにするが…。  『いいね!光源氏くん』 は今夜4日スタート。NHK総合にて毎週土曜23時30分放送。

  • 『いいね!光源氏くん』で光源氏を演じる千葉雄大

    千葉雄大、“光源氏”に! 現代に現れOL宅に居候 2020年4月スタート

    エンタメ

     俳優の千葉雄大が、2020年4月スタートのドラマ『いいね!光源氏くん』(NHK/毎週土曜23時30分)に出演することが決定。千葉は現代に出現した平安貴族・光源氏を演じる。@@cutter 本作は、女性コミック誌で連載中のえすとえむによる同名人気マンガのドラマ化。「源氏物語」の中で雅の世に生きていた平安貴族・光源氏が、まったく世界観の違う現代に出現し、あたりまえに見える現実世界とのギャップに驚いたり、楽しんだりするさまを描くコメディ。光源氏を千葉が演じるほか、源氏をヒモ同然のように住まわせることになる、地味で自分に自信がない今風のこじらせOL・沙織を伊藤沙莉が演じる。ほかに、桐山漣、AKB48の入山杏奈、神尾楓珠らが出演する。  藤原沙織(伊藤)は会社から帰宅した週末、非日常の解放感に浸るため、バリで買ったすだれとお香をセットしてうたた寝していると、突然すだれを潜って昔の衣装をまとった男(千葉)が現れる。沙織は不審者と思って警察に来てもらうが、尋問中、男がイケメンで平安時代の扮装をしていることから、ふと“光源氏”を思い出し、その名前を口にする。  そして、男はさも自分が光源氏と言わんばかりに沙織に抱きつき、カップルの痴話喧嘩と思い込んだ警察は退去。沙織は、ただのコスプレーヤーだと思う男が「事情があって帰るところもない」と聞き、人助けのつもりでしばらく住まわせることにする。ところが、妹の詩織(入山杏奈)にこの同棲を知られたり、やがて源氏物語で光のライバル(?)の中将(桐山漣)も出現し…。  絶対的美男子として、数多くの女性たちをトキめかせてきた人物として知られる光源氏。千葉は「光源氏を演じる日が来るとは思っていなかったので、びっくりしておりますが、雅に取り組んでいきたいと思います。愛される作品を目指して、スペクタクルな仕掛けも借りつつ、超ド真面目に演じます。そして、伊藤沙莉さんとの共演とてもうれしいです」とコメントしている。  土ドラ『いいね!光源氏くん』はNHKにて4月より毎週土曜23時30分放送(全8回)。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access