刑事7人 関連記事

  • ドラマ『特捜9』×『刑事7人』バトンタッチセレモニーに登場した(左から)井ノ原快彦、東山紀之

    『特捜9』井ノ原快彦、『刑事7人』東山紀之へマグカップをバトンリレー

    エンタメ

     6月26日に最終回を迎えるドラマ『特捜9 season2』(テレビ朝日系/毎週水曜21時)主演の井ノ原快彦と、同枠で7月10日よりスタートするドラマ『刑事7人』主演の東山紀之が、バトンタッチセレモニーを行った。@@cutter テレビ朝日“水9”枠の人気シリーズに主演する2人が、バトンタッチセレモニーをするのは今回が初。今年撮影期間が重なったことで実現した。『特捜9』の特捜班のセットで行われたセレモニーでは、「このセットにヒガシくんがいるということが新鮮です」と言う井ノ原に、東山が「『刑事7人』の資料室は、隅に追いやられている感があるので、こんなにキレイじゃないなぁ…(笑)」とポツリ。普段から食事に行ったり、メールでやりとりする仲だという2人らしく、終始和やかなムードで進行した。  そんな中、東山から『特捜9』チームへの差し入れとして、『刑事7人』にちなんだ7色のマカロンタワーが運び込まれる。「うわー、かわいい! しかも僕、奥さんがパティシエという設定なので、ピッタリですね。本当にうれしいです!」と大喜びする井ノ原に、「どれか一つにワサビが入っています(笑)」と東山がお茶目な発言をして現場を盛り上げた。  そんな東山に対し、井ノ原は「『特捜9』で僕が演じる浅輪は、コーヒーを飲むシーンが結構あるんです。…ということで、できれば『刑事7人』の資料室のどこかに、このマグカップを僕だと思って(笑)、置いていただけないでしょうか…?」とおねだり。このマグカップは井ノ原のお気に入りの私物だそうで、東山は「もちろん! どこに置くかは吉田鋼太郎さんと相談しておくよ。いつも白洲迅くんがコーヒーを入れて、鋼太郎さんが飲むシーンがあるからね」と快諾。東山演じる天樹悠ら専従捜査班のメンバーが集まる資料室の中に、このマグカップがどこかに置かれることになった。  東山は「井ノ原は『9係』の時代から14年という長い期間、確立された役柄を演じ、渡瀬(恒彦)さんからバトンを受けて、主演を任された。それってやっぱり、彼が本当に頑張ってきたからだと思うんです。そういう、彼の人生とともに歩んできた役を見られるのは僕にとっても幸せなことですし、そんな彼から次のクールへのバトンを受け取るというのも本当にありがたいことだと思います」とコメント。  井ノ原は東山について「僕が小学生の頃にお会いして以来、30年以上背中を追いかけてきた先輩」だとし、『刑事7人』を「映像がオシャレでかっこいいですし、なにより僕はヒガシくんと白洲くんのやり取りを参考にさせていただいているんです。僕も去年から山田(裕貴)くん演じる新藤という後輩ができたので、掛け合いの勉強になるんです!」と演技の参考にしていることを明かしている。  『特捜9 season2』最終回拡大スペシャルはテレビ朝日系にて6月26日21時放送。『刑事7人』はテレビ朝日系にて7月10日より毎週水曜21時放送。

  • ドラマ『刑事7人』ビジュアル

    東山紀之『刑事7人』シーズン5放送決定 「僕の夏になくてはならないもの」

    エンタメ

     東山紀之が主演を務めるドラマ『刑事7人』(テレビ朝日系/毎週水曜21時)のシーズン5が7月から放送されることが分かった。1年ぶりに、熱い正義とチームワークで犯罪に挑む。@@cutter 2015年から毎年7月期に放送されている本作は、東山演じる天樹悠を中心に、個性あふれる刑事たちが、時代とともに複雑化していく超凶悪犯罪や難解な未解決事件に挑むシリーズ。前作に引き続き、東山の他、田辺誠一、倉科カナ、白洲迅、塚本高史、吉田鋼太郎、北大路欣也という7人の「専従捜査班」のメンバーが集結し、難解な刑事事件に挑む姿が描かれる。  第5シリーズとなる今回、「専従捜査班」が警視庁独自の部署として正式に発足することに。犯罪の複雑化、高度化によって未解決事件が急増、野放しの犯罪者たちも増加の一途をたどる中、組織の論理にとらわれず、独自の判断で自由に捜査を行い、時には「司法取引」さえも武器に、超凶悪犯罪を徹底的に捜査し、巨悪に挑む。  東山は撮影にあたり「5年目を迎えることができるのはスタッフや共演者の皆さんの努力のたまものだと思いますし、今回は令和時代になって迎える最初のシーズンなので、気持ちも新たにやっていきたいと思います」と意気込みを語る。  撮影初日について東山は「7人揃ってクランクインを迎えた際も、まるでデジャビュのようでしたよ。年数を重ねてきただけあって、すでにチームができているので、一年のブランクなんてなかったかのように、自然に役に入ることができました」と振り返り、「このチームワークのよさを皆さんにも感じていただけるように、ドラマにも反映させていきたいと思います」とコメント。  この夏に7人でやってみたいことについての質問には「みんなでトライアスロンをやった後に食事会でもしましょうか」と答え、「うちでやるのが一番のおもてなしかなと思うので、この夏はみんなで集まりたいですね」とチームワークの良さをアピールした。  ドラマ『刑事7人』はテレビ朝日系にて、7月10日より毎週水曜21時放送。

  • ドラマ『刑事7人』第4シリーズキャスト

    東山紀之復活『刑事7人』新メンバーに田辺誠一&白洲迅

    エンタメ

     東山紀之が主演を務める7月スタートのドラマ『刑事7人』(テレビ朝日系/毎週水曜21時)に、新メンバーとして田辺誠一と白洲迅の出演が発表された。田辺は「自分が出演することになるとは思わず、ビックリしました。それと同時にとても光栄でした」と語っている。@@cutter 本作は、2015年から毎年7月期に放送されている東山主演の刑事ドラマ。個性的な7人の刑事たちが、難解な刑事事件に挑む姿が描かれていく。第4シリーズとなる今回は、東山演じる天樹悠が所属していた「第11方面本部準備室」の解体から1年後、警視庁内の巨大なデータバンクである“刑事資料係”を舞台に、バラバラだったメンバーが再結集。資料室に眠る超凶悪犯罪の解決に乗り出していく。  第4シリーズから合流する田辺演じる海老沢芳樹は、吉田鋼太郎演じる片桐正敏の采配で特別チームに加わることになる中堅刑事。7年前のとある事件をきっかけに、警察組織に対して強い不信感を抱いている。田辺は「天樹たちを無自覚に振り回してしまう役割かもしれないなと思っています」と自身の役柄についてコメント。  もう一人の新メンバー白洲が演じるのは新人刑事・野々村拓海。好奇心旺盛で無邪気だが、どこか空回りしがちな野々村という役について白洲は「拓海を演じる上でのキーワードは“熱さ”。いい意味でこれまでの『刑事7人』の雰囲気を崩していけたらいいなと思っています」と意気込みを語った。  新メンバーを迎えることになった主演の東山は「田辺さんとガッツリ組むのは初めてなので、どんなお芝居をされるのかが楽しみですね。白洲くんは若手ならではの力で、いい意味でかき回してくれると思います」と期待を寄せている。  また吉田は「『刑事7人』の直近の作品が『おっさんずラブ』だったので、見ていらっしゃる方が『片桐が急に天樹を口説き出すんじゃないか』って思わなければいいですけど…。いや、むしろ隙があったらそういうシーンを入れてもらおうかな(笑)?」とコメントを寄せた。  本作にはほかに、倉科カナ、塚本高史、北大路欣也も前作に引き続き出演する。  ドラマ『刑事7人』はテレビ朝日系にて、7月より毎週水曜21時放送。

  • 『刑事7人』で主演を務める、東山紀之

    『相棒』に続く大ヒット刑事ドラマの誕生か!? テレ朝7月ドラマは風変わりな刑事が登場

    エンタメ

     テレビ朝日の大ヒットドラマといえば、『相棒』シリーズや『警視庁捜査一課9係』など、刑事ドラマを思い浮かべる人も多いだろう。そんな中、7月からは東山紀之主演『刑事7人』と橋爪功&名取裕子のW主演『最強のふたり〜京都府警 特別捜査班〜』の新たな刑事ドラマ2作品が放送される。@@cutter 『刑事7人』(毎週水曜21時)は、これまで『相棒』シリーズなど人気刑事ドラマを世に送り出してきた水曜21時枠で放送される刑事ドラマの真骨頂とも呼べるドラマ。東山扮する風変わりな刑事は、「時間」に執着し、空白の時間を埋めながら“事件のタイムライン”を綿密につなぎ合わせ、事件の真相と関係者たちの思いを浮き彫りにしていく。さらに、高嶋政宏、片岡愛之助、鈴木浩介、倉科カナ、吉田鋼太郎、北大路欣也らがそれぞれ個性的な刑事を演じ、物語に命を吹き込んでいく。  木曜ミステリー枠の大ヒットシリーズ『京都迷宮案内』『京都地検の女』でそれぞれ長年に渡って主演を張ってきた橋爪功と名取裕子がW主演する『最強のふたり〜京都府警 特別捜査班〜』(毎週木曜20時/7月16日スタート)。嘱託出戻り刑事と現役バリバリの女班長が、同じ事件を“王道”と“脇道”という真逆の捜査方法で解決していく。木曜ミステリーの顔ともいえる2人が掛け合いの妙なやりとりの面白さ、そしてセリフの応酬で毎回面白おかしく見せていく。共演には、和田正人、酒井美紀、田中要次、羽場裕一ら実力派が揃う。  若く美しい社会派ヒロインとして武井咲が主演を務める『エイジハラスメント』(毎週木曜21時)。本作は、2008年に人気脚本家の内館牧子が刊行した『エイジハラスメント』(幻冬社)を原作に、自らドラマ脚本の執筆を行った作品で、内館にとっては10年ぶりに手掛けるテレビドラマとなる。いまだ日本企業にはびこる“年齢差別=エイジハラスメント”に、反逆のヒロイン“総務の女王”が毅然と立ち向かう姿が描かれる。武井のほかに、稲森いずみ、瀬戸康史、要潤、内藤理沙、原幹恵、小泉孝太郎ら豪華出演者が脇を固める。  金曜夜のドラマ枠は、遠藤憲一と菅田将暉がW主演する『民王』(毎週金曜23時15分/7月24日スタート)。本作は、ある日突然、“心”と“体”が入れ替わってしまった内閣総理大臣の父と大学生の息子が、日本国民を巻き込んで繰り広げる、ファンタジックでドタバタで、ハートフルな物語。原作は、ベストセラー作家・池井戸潤の同名小説。これまで、数々の作品がドラマ・映画化されている池井戸作品だが、テレビ朝日でドラマ化されるのは今回が初となる。共演には本仮屋ユイカ、知英、高橋一生、金田明夫、六角精児、草刈正雄、西田敏行ら魅力的な出演者が並ぶ。

  • 東山紀之、水9枠で初主演!

    東山紀之、『相棒』枠で刑事ドラマ主演!片岡、倉科、北大路ら7人が難事件に挑む

    エンタメ

     東山紀之が、7月よりスタートするテレビ朝日の新ドラマ『刑事7人(けいじしちにん)』にて主演を務めることが分かった。『相棒』シリーズや『警視庁捜査一課9係』など、人気刑事ドラマを世に送り出してきた“水曜21時枠”での初主演を果たす東山が演じるのは、“時間” に対してこだわりを見せるちょっと風変わりな刑事・天樹悠。高嶋政宏、片岡愛之助、鈴木浩介、倉科カナ、吉田鋼太郎、北大路欣也ら豪華メンバーと共に、難事件の解決に挑む。@@cutter 東山演じる天樹は、協調性がなく何を考えているのかまったく分からない謎多き男だが、その捜査能力も超一級。死亡推定時刻や犯行時刻、アリバイ時刻、タイムリミットなどから導き出した“加害者と被害者のタイムライン”を徹底的に洗い出す。  物語は、そんな天樹が「札付き刑事たちの追い出し部屋」と揶揄される「警視庁捜査一課12係」に所属するところから始まる。情報分析のエキスパートで熱血刑事・山下巧(片岡)、結果至上主義の係長・片桐正敏(吉田)、帰国子女のクールな女性刑事・水田環(倉科)など、超個性的メンバーがずらり。さらに、12係と連携する法医学教授の権威・堂本俊太郎(北大路)とも深い人間関係を築いてゆく。  東山は、豪華な共演者に対し「どなたも素晴らしく、そして思わず『濃いな~!』と言っちゃったほどの顔ぶれ! これだけのキャストに囲まれた僕はとても幸せです」と喜びを語る。  さらに東山は「どう考えても顔のインパクトでは皆さんに劣るので(笑)、違うところで勝っていかなきゃいけないな、と考えているところです。これから3ヵ月、皆さんと関わることによって、僕自身も深みを出せるような人間になりたいですね」と意欲を示した。

あわせて読みたい


トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access